取材&インタビュー

ソン・ガンホは作り手の恐れを突破させてくれる俳優『パラサイト 半地下の家族』ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ来日

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『パラサイト 半地下の家族』来日記者会見:ポン・ジュノ監督/ソン・ガンホ

映画『パラサイト 半地下の家族』来日記者会見:ポン・ジュノ監督/ソン・ガンホ

第72回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞し、ゴールデングローブ賞では監督賞、脚本賞、外国語映画賞3部門でノミネートされ、2020年2月に開催されるアカデミー賞では作品賞や監督賞にもノミネートされるのではないかと期待されている本作。この度、日本での劇場公開に先駆けて、ポン・ジュノ監督と主演のソン・ガンホが来日しました。

本作の着想についてポン・ジュノ監督は、「映画を観て頂くと、大学生の息子が裕福な家に家庭教師に行くというところからスタートしますよね。僕も1回大学生の時に本当に裕福な家で中学生の男の子の家庭教師をしたことがありました。その時に意図せず裕福な家の中の様子を隅々まで見る機会があったんです。そのアルバイトを紹介してくれたのは当時の彼女でした。その彼女は現在の私の妻でもあるんですね、だからなんとなく映画と似ているところがあるんじゃないかなと思います。幸いにも2ヶ月でクビになったので、この映画の後半の展開のようにおぞましい事件には至らなかったんですけども、シナリオを書いている時には当時の記憶が少しずつ蘇っていました。後半のお話については皆さんお話を控えて頂けると有り難いです」と、ネタバレに配慮しつつ振り返りました。

映画『パラサイト 半地下の家族』来日記者会見:ソン・ガンホ

この構想を初めて聞いた時のことをソン・ガンホは「約4年前だったと思います。ポン・ジュノ監督とは『殺人の追憶』から始まって、シナリオを書き終わってから渡すのではなくて、構想を練っている時から小出しにするという巧妙なやり方で私にお話をしてくださるんですね。4年前初めてこの作品について聞いた時は、貧しい家族、裕福な家族、2つの家族が出てくるお話だと聞いたので、私は当然のことながら裕福な家族のパク社長の役かなと思いました。私はそこそこの年齢ですし、その間に品位も高まりましたし、当然パク社長の役だと思っていましたが、まさか半地下に連れていかれるとは想像していませんでした」とユーモアたっぷりに回想。すると、ポン・ジュノ監督が日本語で「ホントスミマセン」と謝罪し、会場に笑いを沸かせました。

貧困と格差を描いた本作がこれだけ世界で受け入れられている状況について、監督は「是枝裕和監督の『万引き家族』や、ジョーダン・ピール監督の『アス』など、主題的に共通点のある映画が多く撮られているふうに思います。今回『パラサイト 半地下の家族』について多くの国でよく聞かれた反応は、この映画には、富める者と貧しい者に対する善悪の区別がない。悪党やヒーローに分かれているわけではないということでした。明確な悪党、明確な善人が出てこない、だからこそストーリー展開を予想するのが難しかったと聞きました。悪党は間違いなくこの映画には出ていないんですけども、終盤になるとおぞましい悲劇が起こる。そこがまさにこの映画が伝えようとしていることだと思います。善人と悪人に分かれていない、その方向性やこの映画が持つレイヤーというのが、この映画が共感を得ている理由ではないかと思います」と分析しました。

映画『パラサイト 半地下の家族』来日記者会見:ポン・ジュノ監督/ソン・ガンホ

ソン・ガンホは、「貧しい人と裕福な人の葛藤を描くだけではない映画なんですね。表面的にはそう見えるかも知れないんですけども、結局のところ監督が語ろうとしていたのは、私達がどう生きるべきかだと思います。韓国を始め、日本、アメリカ、ヨーロッパ、すべての人が同じように考えさせられる、今の時代を生きている人達にそのように考えさせてくれる、そういったところが多くの人々の共感を呼んだのではないかと思います」と話しました。

今回で4度目のタッグとなる2人ですが、ソン・ガンホはポン・ジュノ監督について「韓国でこの作品の記者会見をした時にお話したのは、これはポン・ジュノ監督の進化の形だということでした。その理由なんですけども、私はデビュー作の『吠える犬は嚙まない』から、私が出演した『殺人の追憶』『グエムル−漢江の怪物−』、出演はしていませんが『母なる証明』や『オクジャ/okja』なども観てきて、彼は20年間ずっと監督として作家として自分が生きている社会を鋭い視点で見つめています。その視線が時に温かかったり、冷淡だったりすることがあるんですが、いずれにしてもそういう状況をすべて抱えて生きていかなければいけないという叫びを感じたんです。そして、監督の世界がどんどんと深まっていき、そして拡張していくという、そういう状況をずっと見守って20年になります。なのでこの『パラサイト 半地下の家族』という作品は、ポン・ジュノ監督の芸術家としての一つの到達点であり、一つ彼が成就した視点に達していると思いました。ですので、ポン・ジュノ監督の進化の終わりは果たしてどこなのだろうか。この作品の次にくるリアリズムの発展はどんなものになるのだろうか、それを考えると怖いようでもあり、でも心待ちにもしています。とにかくドキドキさせてくれる唯一の監督だと感じています」と絶賛しました。

映画『パラサイト 半地下の家族』来日記者会見:ポン・ジュノ監督

ポン・ジュノ監督は、ソン・ガンホについて「私は演出家、監督の立場からお話させて頂くと、ソン・ガンホという俳優の演技をこの世界で最も早くモニターの脇で目撃することができる立場にいます。それは本当にゾクゾクさせられる瞬間なんですけども、全く予想だにしなかったディテールや、動物的な本能のような生々しい演技が目の前で繰り広げられた時、その演技の瞬間を真っ先に目撃できる状況というのが、本当にゾクゾクさせられますし、撮影中毎日のように起こっていることですので、ここで一つ取り上げるのが難しいくらいです。根本的に驚かされていること、重要だと考えている点は、ガンホ先輩を撮影する前、シナリオを書く段階で既に感じられています。この作品のクライマックスで、議論にならざるを得ないとても曖昧な難しいシーンが描かれています。そのシーンのシナリオを書いている時に私はいろいろなことを考えて悩みました。果たしてこのシーンは観客を説得させることができるんだろうか、このシーンを一体観客はどう受けとめるだろうか、ということを悩みながら書いていて、キーボードで作業する手が止まってしまう瞬間があったんですけども、その時そのシーンを演じる俳優がソン・ガンホさんだということを考えた時に安心して、また書くことができたんです。ソン・ガンホであれば観客を説得できるであろうという信頼があったからこそ、書き進めることができたと思うんです。なので考えてみると、シナリオを書いている段階から、恐れですとか、躊躇してしまう、気が小さくなってしまう部分を突破させてくれると気付いた時に、自ら驚かされたんです。本当に根本的な意味で私にとってはそういう存在であり、良いモノを持つ俳優なんだなということに気付かされました」と、称えました。

映画『パラサイト 半地下の家族』来日記者会見:ポン・ジュノ監督/ソン・ガンホ

第一線を常に走ってこられたお2人が、お互いにとても尊敬し合い、すごく仲が良いんだなというのが伝わってきて、とても温かい気持ちになった会見でした。ネタバレ厳禁な作品なので、注意深く話されてましたが、どんな作品になっているのかぜひ劇場で皆さんの目でお確かめください。鳥肌ものですよ!

映画『パラサイト 半地下の家族』来日記者会見:
2019年12月26日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『パラサイト 半地下の家族』ソン・ガンホ/イ・ソンギュン/チョ・ヨジョン/チェ・ウシク/パク・ソダム/イ・ジョンウン/チャン・ヘジン

『パラサイト 半地下の家族』
2019年12月27日よりTOHOシネマズ日比谷、TOHOシネマズ梅田にて先行公開2020年1月10日より全国公開
PG-12
公式サイト  映画批評&デート向き映画判定

© 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』ステラン・スカルスガルド ステラン・スカルスガルド

1951年6月13日、スウェーデン生まれ。1968年、TVシリーズの主演に抜擢され俳優デビューし、1972年ストックホルム王立劇場の一員となり…

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:フランチェスカ・ヘイワード(ヴィクトリア役)、トム・フーパー(監督)、デブラ・ヘイワード(プロデューサー)/【日本語吹き替え版】葵わかな、山崎育三郎、高橋あず美、秋山竜次、大貫勇輔、大竹しのぶ、蔦谷好位置(音楽プロデューサー) トム・フーパー監督が8歳の頃に一目惚れしたミュージカルを映画化『キャッツ』来日ジャパンプレミア

日本での劇場公開目前となる2020年1月22日、本作を監督したトム・フーパー、主人公ヴィクトリア役を演じたフランチェスカ・ヘイワード、プロデューサーのデブラ・ヘイワードが来日し、日本語版吹き替えキャスト達とともにジャパンプレミアを行いました…

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』ジョナサン・プライス ジョナサン・プライス

1947年6月1日イギリス生まれ。ロンドンの王立演劇学校で学び、ブロードウェイにも進出してトニー賞などを受賞。1985年、テリー・ギリアム監督作『未来世紀ブラジル』で…

映画『his』藤原季節 藤原季節(ふじわら きせつ)

1993年1月18日生まれ、北海道出身。2014年、映画『人狼ゲーム ビーストサイド』で俳優デビュー。以降『イニシエーション・ラブ』『ライチ☆光クラブ』『沈黙-サイレンス-』『全員死刑』『止められるか、俺たちを』など…

【東京コミコン2018】オープニングセレモニー、エズラ・ミラー イイ男セレクションランキング2020<海外20代俳優 個性・ユーモア部門ランキング>

今回は、海外20代俳優の個性部門TOP20、ユーモア部門TOP15を発表!若い時から個性やユーモアが光る俳優は、今後も演技の幅をどんどん広げていきそうな気がします。注目のランキング結果はいかに!?

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』アダム・ドライバー/ジョナサン・プライス テリー・ギリアムのドン・キホーテ

ある意味ファンタジーであり、喜劇であり、悲劇。結局何を観ていたんだろうという不思議な感覚にさせられますが、それこそが本作に…

映画『転がるビー玉』笠松将 笠松将(かさまつ しょう)

1992年11月4日愛知県生まれ。主な映画出演作に『デメキン』『カランコエの花』『リベンジgirl』『このまちで暮らせば』『響-HIBIKI-』…

映画『ジョジョ・ラビット』タイカ・ワイティティ タイカ・ワイティティ

1975年8月16日ニュージーランド、ウェリントン生まれ。監督、脚本家、俳優として活躍中。最初に注目されたのは、アカデミー賞にノミネートされた、2004年の短編映画“Two Cars, One Night(原題)”。その後…

映画『ロマンスドール』高橋一生/蒼井優 ロマンスドール

恋が始まった時は男と女、それが夫婦になって、お互いの存在がだんだん当たり前になってくる。時に夫婦としての会話が…

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』ジョン・チェスター/モリー・チェスター/愛犬トッド/動物たち 『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』5組10名様 一般試写会ご招待

おすすめ記事

【東京コミコン2018】オープニングセレモニー、エズラ・ミラー イイ男セレクションランキング2020<海外20代俳優 個性・ユーモア部門ランキング>

今回は、海外20代俳優の個性部門TOP20、ユーモア部門TOP15を発表!若い時から個性やユーモアが光る俳優は、今後も演技の幅をどんどん広げていきそうな気がします。注目のランキング結果はいかに!?

映画『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』ティモシー・シャラメ イイ男セレクションランキング2020<海外20代俳優 ルックス・セクシー部門ランキング>

今回からいよいよイイ男セレクションランキング海外俳優編がスタート!まずは20代俳優についてのランキングを発表します。編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている海外20代(1990年以降の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい下記30名を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。今回は、ルックス部門TOP20&セクシー部門TOP15を発表します!

映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン ドラマを観ずに、劇場版『ダウントン・アビー』を観てみた結果を発表!

世界的に社会現象を巻き起こした人気ドラマ『ダウントン・アビー』が映画化され、2020年1月10日より劇場公開されます。本作の部活では…

映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックス トーキョー女子映画部が選ぶ 2019年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ2019年 ベスト5を発表します!劇場公開中の作品や、デジタル配信中のもの、DVDレンタル・発売中のものなど、ぜひ冬休みに観てください。

映画『ある船頭の話』オダギリジョー監督 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 総合ランキング>

いよいよ今回は、40代&50代俳優の総合ランキングを発表!各部門でランキングの入れ替えが多かった40代50代俳優ですが、果たして栄冠は誰の手に!?

映画『ドクター・スリープ』原作者:スティーヴン・キング これほど多く作品が映画化された作家はいない!スティーヴン・キング特集

2019年は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』、2020年1月には『ペット・セメタリー』と、立て続けにスティーヴン・キング原作の映画化が公開されます…

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

映画『50回目のファーストキス』完成披露試写会舞台挨拶、山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 総合ランキング>

今回は、いよいよ30代俳優の総合ランキングを発表します!20代の各部門ランキングに比べると、30代のランキングは部門毎で変動が多かった印象ですが、果たして総合ランキングはどのような結果になったのでしょうか?

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

REVIEW

  1. 映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』アダム・ドライバー/ジョナサン・プライス
  2. 映画『ロマンスドール』高橋一生/蒼井優
  3. 映画『キャッツ』フランチェスカ・ヘイワード
    キャッツ

  4. 映画『サヨナラまでの30分』新田真剣佑/北村匠海
  5. 映画『私の知らないわたしの素顔』ジュリエット・ビノシュ/フランソワ・シビル
  6. 映画『ジョジョ・ラビット』ローマン・グリフィン・デイビス/タイカ・ワイティティ
  7. 映画『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』フェリシティ・ジョーンズ/エディ・レッドメイン
  8. 映画『ラストレター』松たか子
    ラストレター

  9. 映画『his』宮沢氷魚 /藤原季節
    his

部活・イベント

  1. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン シーズン1』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  2. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP