取材&インタビュー

ソン・ガンホは作り手の恐れを突破させてくれる俳優『パラサイト 半地下の家族』ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ来日

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『パラサイト 半地下の家族』来日記者会見:ポン・ジュノ監督/ソン・ガンホ

映画『パラサイト 半地下の家族』来日記者会見:ポン・ジュノ監督/ソン・ガンホ

第72回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞し、ゴールデングローブ賞では監督賞、脚本賞、外国語映画賞3部門でノミネートされ、2020年2月に開催されるアカデミー賞では作品賞や監督賞にもノミネートされるのではないかと期待されている本作。この度、日本での劇場公開に先駆けて、ポン・ジュノ監督と主演のソン・ガンホが来日しました。

本作の着想についてポン・ジュノ監督は、「映画を観て頂くと、大学生の息子が裕福な家に家庭教師に行くというところからスタートしますよね。僕も1回大学生の時に本当に裕福な家で中学生の男の子の家庭教師をしたことがありました。その時に意図せず裕福な家の中の様子を隅々まで見る機会があったんです。そのアルバイトを紹介してくれたのは当時の彼女でした。その彼女は現在の私の妻でもあるんですね、だからなんとなく映画と似ているところがあるんじゃないかなと思います。幸いにも2ヶ月でクビになったので、この映画の後半の展開のようにおぞましい事件には至らなかったんですけども、シナリオを書いている時には当時の記憶が少しずつ蘇っていました。後半のお話については皆さんお話を控えて頂けると有り難いです」と、ネタバレに配慮しつつ振り返りました。

映画『パラサイト 半地下の家族』来日記者会見:ソン・ガンホ

この構想を初めて聞いた時のことをソン・ガンホは「約4年前だったと思います。ポン・ジュノ監督とは『殺人の追憶』から始まって、シナリオを書き終わってから渡すのではなくて、構想を練っている時から小出しにするという巧妙なやり方で私にお話をしてくださるんですね。4年前初めてこの作品について聞いた時は、貧しい家族、裕福な家族、2つの家族が出てくるお話だと聞いたので、私は当然のことながら裕福な家族のパク社長の役かなと思いました。私はそこそこの年齢ですし、その間に品位も高まりましたし、当然パク社長の役だと思っていましたが、まさか半地下に連れていかれるとは想像していませんでした」とユーモアたっぷりに回想。すると、ポン・ジュノ監督が日本語で「ホントスミマセン」と謝罪し、会場に笑いを沸かせました。

貧困と格差を描いた本作がこれだけ世界で受け入れられている状況について、監督は「是枝裕和監督の『万引き家族』や、ジョーダン・ピール監督の『アス』など、主題的に共通点のある映画が多く撮られているふうに思います。今回『パラサイト 半地下の家族』について多くの国でよく聞かれた反応は、この映画には、富める者と貧しい者に対する善悪の区別がない。悪党やヒーローに分かれているわけではないということでした。明確な悪党、明確な善人が出てこない、だからこそストーリー展開を予想するのが難しかったと聞きました。悪党は間違いなくこの映画には出ていないんですけども、終盤になるとおぞましい悲劇が起こる。そこがまさにこの映画が伝えようとしていることだと思います。善人と悪人に分かれていない、その方向性やこの映画が持つレイヤーというのが、この映画が共感を得ている理由ではないかと思います」と分析しました。

映画『パラサイト 半地下の家族』来日記者会見:ポン・ジュノ監督/ソン・ガンホ

ソン・ガンホは、「貧しい人と裕福な人の葛藤を描くだけではない映画なんですね。表面的にはそう見えるかも知れないんですけども、結局のところ監督が語ろうとしていたのは、私達がどう生きるべきかだと思います。韓国を始め、日本、アメリカ、ヨーロッパ、すべての人が同じように考えさせられる、今の時代を生きている人達にそのように考えさせてくれる、そういったところが多くの人々の共感を呼んだのではないかと思います」と話しました。

今回で4度目のタッグとなる2人ですが、ソン・ガンホはポン・ジュノ監督について「韓国でこの作品の記者会見をした時にお話したのは、これはポン・ジュノ監督の進化の形だということでした。その理由なんですけども、私はデビュー作の『吠える犬は嚙まない』から、私が出演した『殺人の追憶』『グエムル−漢江の怪物−』、出演はしていませんが『母なる証明』や『オクジャ/okja』なども観てきて、彼は20年間ずっと監督として作家として自分が生きている社会を鋭い視点で見つめています。その視線が時に温かかったり、冷淡だったりすることがあるんですが、いずれにしてもそういう状況をすべて抱えて生きていかなければいけないという叫びを感じたんです。そして、監督の世界がどんどんと深まっていき、そして拡張していくという、そういう状況をずっと見守って20年になります。なのでこの『パラサイト 半地下の家族』という作品は、ポン・ジュノ監督の芸術家としての一つの到達点であり、一つ彼が成就した視点に達していると思いました。ですので、ポン・ジュノ監督の進化の終わりは果たしてどこなのだろうか。この作品の次にくるリアリズムの発展はどんなものになるのだろうか、それを考えると怖いようでもあり、でも心待ちにもしています。とにかくドキドキさせてくれる唯一の監督だと感じています」と絶賛しました。

映画『パラサイト 半地下の家族』来日記者会見:ポン・ジュノ監督

ポン・ジュノ監督は、ソン・ガンホについて「私は演出家、監督の立場からお話させて頂くと、ソン・ガンホという俳優の演技をこの世界で最も早くモニターの脇で目撃することができる立場にいます。それは本当にゾクゾクさせられる瞬間なんですけども、全く予想だにしなかったディテールや、動物的な本能のような生々しい演技が目の前で繰り広げられた時、その演技の瞬間を真っ先に目撃できる状況というのが、本当にゾクゾクさせられますし、撮影中毎日のように起こっていることですので、ここで一つ取り上げるのが難しいくらいです。根本的に驚かされていること、重要だと考えている点は、ガンホ先輩を撮影する前、シナリオを書く段階で既に感じられています。この作品のクライマックスで、議論にならざるを得ないとても曖昧な難しいシーンが描かれています。そのシーンのシナリオを書いている時に私はいろいろなことを考えて悩みました。果たしてこのシーンは観客を説得させることができるんだろうか、このシーンを一体観客はどう受けとめるだろうか、ということを悩みながら書いていて、キーボードで作業する手が止まってしまう瞬間があったんですけども、その時そのシーンを演じる俳優がソン・ガンホさんだということを考えた時に安心して、また書くことができたんです。ソン・ガンホであれば観客を説得できるであろうという信頼があったからこそ、書き進めることができたと思うんです。なので考えてみると、シナリオを書いている段階から、恐れですとか、躊躇してしまう、気が小さくなってしまう部分を突破させてくれると気付いた時に、自ら驚かされたんです。本当に根本的な意味で私にとってはそういう存在であり、良いモノを持つ俳優なんだなということに気付かされました」と、称えました。

映画『パラサイト 半地下の家族』来日記者会見:ポン・ジュノ監督/ソン・ガンホ

第一線を常に走ってこられたお2人が、お互いにとても尊敬し合い、すごく仲が良いんだなというのが伝わってきて、とても温かい気持ちになった会見でした。ネタバレ厳禁な作品なので、注意深く話されてましたが、どんな作品になっているのかぜひ劇場で皆さんの目でお確かめください。鳥肌ものですよ!

映画『パラサイト 半地下の家族』来日記者会見:
2019年12月26日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『パラサイト 半地下の家族』ソン・ガンホ/イ・ソンギュン/チョ・ヨジョン/チェ・ウシク/パク・ソダム/イ・ジョンウン/チャン・ヘジン

『パラサイト 半地下の家族』
2019年12月27日よりTOHOシネマズ日比谷、TOHOシネマズ梅田にて先行公開2020年1月10日より全国公開
PG-12
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

© 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『彼女が好きなものは』神尾楓珠/山田杏奈 彼女が好きなものは

多様性という言葉が徐々に浸透してきている昨今ですが、まだまだそれぞれの方の心の奥にあるものまで…

映画『あなたの番です 劇場版』福原充則さんインタビュー 『あなたの番です 劇場版』福原充則さんインタビュー

大ヒットドラマ『あなたの番です』と、この度映画化された『あなたの番です 劇場版』の脚本を担当された福原充則さんにインタビューをさせていただきました。視聴者や観客が「犯人は誰?」「あそこに伏線があった?」と盛り上がる作品ということで、以前から脚本家の方に聞いてみたかった質問もぶつけてみました。

『コーダ あいのうた』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『コーダ あいのうた』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『軍艦少年』佐藤寛太 軍艦少年

世界文化遺産に登録された軍艦島が物語の鍵を握る本作は、軍艦島が見える街が…

映画『花椒(ホアジャオ)の味』サミー・チェン サミー・チェン

1972年8月19日香港生まれ。アジア中にファンを持つトップアーティストで俳優としても輝かしい成績を残し…

映画『成れの果て』萩原みのり 成れの果て

絶対に許せない罪を犯した人物が姉と結婚しようとしているという設定だけ聞くと、いろいろな疑問が湧きますが、最後に…

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』ワールドプレミア、アンセル・エルゴート/レイチェル・ゼグラー/アリアナ・デボーズ/デヴィット・アルヴァレス/マイク・ファイスト/リタ・モレノ/スティーブン・スピルバーグ監督 スティーヴン・スピルバーグ監督&豪華キャスト集結!『ウエスト・サイド・ストーリー』聖地ニューヨークにてワールドプレミア開催

2022年2月11日より全国公開となる映画『ウエスト・サイド・ストーリー』。先日、物語の舞台にもなった聖地ニューヨーク・ウエストサイドにてワールドプレミアが行われました。会場には、スティーヴン・スピルバーグ監督をはじめ、アンセル・エルゴート、レイチェル・ゼグラーら豪華キャスト&スタッフが登場しました。

映画『ベロゴリア戦記 第2章:劣等勇者と暗黒の魔術師』ヴィクトル・ホリニャック/ミラ・シヴァツカヤ ベロゴリア戦記 第2章:劣等勇者と暗黒の魔術師

前作で一件落着したと思ったら、今度は新たな敵が出現。そして、本作では主人公イワンが本当の…

映画『アンテベラム』ジャネール・モネイ ジャネール・モネイ

1985年12月1日アメリカ、カンザス州出身。高校卒業後、ニューヨークのアメリカン・ミュージカル・アンド・ドラマ・アカデミーに進学し…

映画『悪なき殺人』ドミニク・モル監督インタビュー 『悪なき殺人』ドミニク・モル監督インタビュー

1人の女性の失踪事件から物語が始まり、予想外の人間関係と思わぬ展開を見せる『悪なき殺人』。今回は本作で監督を務めたドミニク・モルさんにリモートでインタビューをさせていただきました。本作のお話から監督の好み、コロナ禍の映画業界についてなどお話をおうかがいしました。

部活・イベント

  1. 映画『あまくない砂糖の話』
  2. 映画『おとなの事情』
  3. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)zoom開催イメージ
  4. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  5. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶

おすすめ記事

映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』 娘との距離を感じたエピソードや娘についての悩みを大募集!『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』企画

これは、娘の成長は嬉しいけれど親離れは寂しいなと思っているお父さんに向けた企画です!記事に採用された方には、『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』の劇場鑑賞券(ペア)をプレゼント!小学生のタビサと同じ年頃の娘さんがいらっしゃる方から思春期の娘さんがいらっしゃる方まで、どんなエピソード、メッセージ、お悩みでもOKですのでぜひご応募ください。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン お気に入りのスパイ映画はどれ?スパイ映画人気ランキング

シリアスな展開やハラハラドキドキするアクションシーンも楽しめるスパイ映画。今年は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『キングスマン:ファースト・エージェント』など超目玉作品の公開が続きます。そこで今回は、編集部独断でスパイ映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品を聞いてみました!

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』佐藤健 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜演技派俳優編〜

楽しい妄想シリーズ第3弾!今回は、皆さんがもし1日だけ演技派俳優になって映画に出られるとしたら、誰…

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『彼女が好きなものは』神尾楓珠/山田杏奈
  2. 映画『軍艦少年』佐藤寛太
    軍艦少年

  3. 映画『成れの果て』萩原みのり
    成れの果て

  4. 映画『ベロゴリア戦記 第2章:劣等勇者と暗黒の魔術師』ヴィクトル・ホリニャック/ミラ・シヴァツカヤ
  5. 映画『グロリア 永遠の青春』ジュリアン・ムーア/ジョン・タトゥーロ
  6. 映画『天才ヴァイオリニストと消えた旋律』ルーク・ドイル/ミシャ・ハンドリー
  7. 映画『スパゲティコード・ラブ』倉悠貴/三浦透子/清水尋也/八木莉可子/古畑新之/青木柚/xiangyu/香川沙耶/上大迫祐希/三谷麟太郎/佐藤睦/ゆりやんレトリィバァ/土村芳
  8. 映画『悪なき殺人』ダミアン・ボナール
    悪なき殺人

  9. 映画『tick, tick... BOOM!: チック、チック...ブーン!』アンドリュー・ガーフィールド
  10. 映画『ベロゴリア戦記 第1章:異世界の王国と魔法の剣』ヴィクトル・ホリニャック/ミラ・シヴァツカヤ
PAGE TOP