REVIEW

異端の鳥

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『異端の鳥』ペトル・コトラール

いや〜スゴい映画を観てしまいました。ストーリーそのものも、映画という芸術としても、圧倒されました。本作の原作は、自身もホロコーストを生き伸びた1人である、ポーランドの作家イェジー・コシンスキが1965年に発表した代表作「ペインティッド・バード(初版邦題:異端の鳥)」。この原作はポーランドでは発禁書となり、作家自身も1991年に謎の自殺を遂げていて、それを聞いただけでも、ただならぬものを感じますが、映画そのものもヴェネツィア国際映画祭で物議を醸しました。というのも、主人公の少年に降りかかる試練がすさまじいのです。ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門で本作が上映された際には、途中退場者が出た一方で、10分間のスタンディングオベーションが起こったとされており、賛否両論を生む作品だということをおわかり頂けると思います。ちなみに原作者のイェジー・コシンスキは、アカデミー賞最優秀監督賞ほか3部門を受賞した1981年の映画『レッズ』(ウォーレン・ベイティ監督・主演、ダイアン・キートン共演)で、ボルシェビキの指導者グレゴリー・ジノヴィエフ役を演じるなど、俳優としても活躍していたそうです。
そして、もう一つ特筆すべきは、主演のペトル・コトラールの素晴らしい演技です。彼はヴァーツラフ・マルホウル監督に偶然見出された一般人で、本作が初出演というから驚きます。本作では、舞台となる国や場所を特定されないように、人工言語“スラヴィック・エスペラント語”が採用されているとのことですが、そもそもコトラールのセリフはすごく限られていて、ほとんど非言語的表現でキャラクターを構築しています。そんな難役を見事に体現した彼のすごくリアルで繊細な演技にぜひご注目ください。さらに、本作にはウド・キアー、ステラン・スカルスガルド、ハーヴェイ・カイテル、ジュリアン・サンズ、バリー・ペッパーなど魅力的な俳優がしれっと出てきます。「しれっと」というのが味噌で、変にエンタメ感が出ることなく、作品の世界観を保持しているところに、彼等の演技力の高さと、制作陣の演出力の高さを感じます。
本作は約3時間のモノクロ映画ですが、モノクロだからこそ観る側の想像力を刺激する演出も見事です。また、これはあくまで私の解釈ですが、モノクロの映像が意味するところに、心が麻痺している人々が見ている風景が反映されているのではないかと考えます。戦争下で差別や虐待、虐殺がはびこる状況が、人を狂わせているのか、狂った人々がこの世を狂わせているのか…。色味のない世界が心を失った人々が住む世界を投影していて、むごくてグロテスクな出来事もモノクロで見えているのかも知れません。そして、主人公が子どもだからといって性的な成長を描くことを避けない点も印象的です。本作では、主人公が受ける残酷な出来事に心を痛めながらも、同時に残酷さを身につけることで彼が生き抜いていく姿も目の当たりにさせられます。良い意味で1度観ただけでは咀嚼しきれない重みがある作品。これは見逃せない1作です。

デート向き映画判定
映画『異端の鳥』ペトル・コラール

かなりヘビーなストーリーで、衝撃的な描写も出てくるので、デートで観るタイプの映画ではありません(苦笑)。ただ、一緒に観ると、間違いなく思い出の1つになるくらい強烈な作品なので、映画好きカップルはデートで観るのもありでしょう。上映時間の長さと内容の重さからして、お互い元気な時に観ることをオススメします。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『異端の鳥』ペトル・コラール

R-15+なので、15歳未満の人は観られません。大人が観ても衝撃的なので、映画を観慣れていないティーンの皆さんは、心して観てください。主人公は辛い体験ばかりするので、観ている側も辛くなってきますが、彼が生きるためにその都度重要な選択をしている点に注目して観ると、人の価値観がどうやって築かれていくのかがわかると思います。これが自分だったら極限の状況で何を大切にするか想像しながら観てください。

映画『異端の鳥』ペトル・コラール

『異端の鳥』
2020年10月9日より全国公開
R-15+
トランスフォーマー
公式サイト

COPYRIGHT @2019 ALL RIGHTS RESERVED SILVER SCREEN ČESKÁ TELEVIZE EDUARD & MILADA KUCERA DIRECTORY FILMS ROZHLAS A TELEVÍZIA SLOVENSKA CERTICON GROUP INNOGY PUBRES RICHARD KAUCKÝ

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『偶然と想像』古川琴音/中島歩 偶然と想像

本作は、2020年のカンヌ映画祭で『ドライブ・マイ・カー』が脚本賞など4冠に輝き、一気に注目を集める濱口竜介監督の初の短編集…

映画『スイング・ステート』マッケンジー・デイヴィス マッケンジー・デイヴィス

1987年4月1日カナダ生まれ。2016年、トライベッカ映画祭でプレミア上映された『ブラック・ビューティー』で主演を飾り…

映画『雨とあなたの物語』チョ・ジンモ監督インタビュー 『雨とあなたの物語』チョ・ジンモ監督インタビュー

1通の手紙をきっかけに8年越しの真実が明かされていくラブストーリー『雨とあなたの物語』。今回は本作でメガホンをとったチョ・ジンモ監督にお話を伺い、物語の誕生秘話ややりたいことがわからず悩んでいる人達に向けたアドバイスも聞いてみました。

映画『ローラとふたりの兄』リュディヴィーヌ・サニエ/ジョゼ・ガルシア/ジャン=ポール・ルーヴ ローラとふたりの兄

タイトルにある通り兄妹関係が描かれた本作は、家族だからこそぶつかり、わかりあえることもあるという “家族あるある”が…

映画『空白』寺島しのぶ/松坂桃李 寺島しのぶ(てらしま しのぶ)

1972年12月28日生まれ、京都市出身。1989年、高校在学中にテレビドラマ『詩城の旅びと』で俳…

映画『ニューイヤー・ブルース』キム・ガンウ/ユ・インナ/ユ・ヨンソク/イ・ヨニ/イ・ドンフィ/チェン・ドゥーリン/ヨム・ヘラン/チェ・スヨン/ユ・テオ/イェ・スジョン/イ・ジュンヒョク/チョ・ハンチョル/アン・セハ/ソン・サンウン ニューイヤー・ブルース

さまざまなカップルが新年を迎えるまでの1週間を描いた本作では、婚約中のカップルから、恋人でも友達でもない2人まで…

映画『グロリア 永遠の青春』ジョン・タトゥーロ ジョン・タトゥーロ

1957年2月28日アメリカ、ニューヨーク生まれ。イェール・スクール・オブ・ドラマで学んだ後…

海外ドラマ『And Just Like That...(原題)』サラ・ジェシカ・パーカー/シンシア・ニクソン/クリスティン・デイヴィス ここだけの話22:“2021年末・年始に観たい配信作品”2人座談会 by マイソン&シャミ

今回は2021年最後の収録ということで、年末年始に観たい配信作品について語りました。いろいろな配信チャンネルがある中で、Netflix、ディズニープラス、Hulu、U-NEXT、Amazonプライムビデオの5つから、気になる作品や私達が既に観たオススメ作品などについて取り上げています。

映画『ラストナイト・イン・ソーホー』トーマシン・マッケンジー/アニャ・テイラー=ジョイ ラストナイト・イン・ソーホー

主人公はファッションデザイナーになることを夢見ているエロイーズ(トーマシン・マッケンジー)ということで…

映画『ずっと独身でいるつもり?』田中みな実 田中みな実(たなか みなみ)

1986年11月23日生まれ。埼玉県出身。2009年にアナウンサーとしてTBSに入社。退社後はフリーアナウンサー、モデルとして…

部活・イベント

  1. 映画『あまくない砂糖の話』
  2. 映画『おとなの事情』
  3. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)zoom開催イメージ
  4. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  5. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶

おすすめ記事

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン お気に入りのスパイ映画はどれ?スパイ映画人気ランキング

シリアスな展開やハラハラドキドキするアクションシーンも楽しめるスパイ映画。今年は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『キングスマン:ファースト・エージェント』など超目玉作品の公開が続きます。そこで今回は、編集部独断でスパイ映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品を聞いてみました!

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』佐藤健 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜演技派俳優編〜

楽しい妄想シリーズ第3弾!今回は、皆さんがもし1日だけ演技派俳優になって映画に出られるとしたら、誰…

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

REVIEW

  1. 映画『偶然と想像』古川琴音/中島歩
    偶然と想像

  2. 映画『ローラとふたりの兄』リュディヴィーヌ・サニエ/ジョゼ・ガルシア/ジャン=ポール・ルーヴ
  3. 映画『ニューイヤー・ブルース』キム・ガンウ/ユ・インナ/ユ・ヨンソク/イ・ヨニ/イ・ドンフィ/チェン・ドゥーリン/ヨム・ヘラン/チェ・スヨン/ユ・テオ/イェ・スジョン/イ・ジュンヒョク/チョ・ハンチョル/アン・セハ/ソン・サンウン
  4. 映画『ラストナイト・イン・ソーホー』トーマシン・マッケンジー/アニャ・テイラー=ジョイ
  5. 映画『彼女が好きなものは』神尾楓珠/山田杏奈
  6. 映画『軍艦少年』佐藤寛太
    軍艦少年

  7. 映画『成れの果て』萩原みのり
    成れの果て

  8. 映画『ベロゴリア戦記 第2章:劣等勇者と暗黒の魔術師』ヴィクトル・ホリニャック/ミラ・シヴァツカヤ
  9. 映画『グロリア 永遠の青春』ジュリアン・ムーア/ジョン・タトゥーロ
  10. 映画『天才ヴァイオリニストと消えた旋律』ルーク・ドイル/ミシャ・ハンドリー
PAGE TOP