REVIEW

異端の鳥

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『異端の鳥』ペトル・コトラール

いや〜スゴい映画を観てしまいました。ストーリーそのものも、映画という芸術としても、圧倒されました。本作の原作は、自身もホロコーストを生き伸びた1人である、ポーランドの作家イェジー・コシンスキが1965年に発表した代表作「ペインティッド・バード(初版邦題:異端の鳥)」。この原作はポーランドでは発禁書となり、作家自身も1991年に謎の自殺を遂げていて、それを聞いただけでも、ただならぬものを感じますが、映画そのものもヴェネツィア国際映画祭で物議を醸しました。というのも、主人公の少年に降りかかる試練がすさまじいのです。ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門で本作が上映された際には、途中退場者が出た一方で、10分間のスタンディングオベーションが起こったとされており、賛否両論を生む作品だということをおわかり頂けると思います。ちなみに原作者のイェジー・コシンスキは、アカデミー賞最優秀監督賞ほか3部門を受賞した1981年の映画『レッズ』(ウォーレン・ベイティ監督・主演、ダイアン・キートン共演)で、ボルシェビキの指導者グレゴリー・ジノヴィエフ役を演じるなど、俳優としても活躍していたそうです。
そして、もう一つ特筆すべきは、主演のペトル・コトラールの素晴らしい演技です。彼はヴァーツラフ・マルホウル監督に偶然見出された一般人で、本作が初出演というから驚きます。本作では、舞台となる国や場所を特定されないように、人工言語“スラヴィック・エスペラント語”が採用されているとのことですが、そもそもコトラールのセリフはすごく限られていて、ほとんど非言語的表現でキャラクターを構築しています。そんな難役を見事に体現した彼のすごくリアルで繊細な演技にぜひご注目ください。さらに、本作にはウド・キアー、ステラン・スカルスガルド、ハーヴェイ・カイテル、ジュリアン・サンズ、バリー・ペッパーなど魅力的な俳優がしれっと出てきます。「しれっと」というのが味噌で、変にエンタメ感が出ることなく、作品の世界観を保持しているところに、彼等の演技力の高さと、制作陣の演出力の高さを感じます。
本作は約3時間のモノクロ映画ですが、モノクロだからこそ観る側の想像力を刺激する演出も見事です。また、これはあくまで私の解釈ですが、モノクロの映像が意味するところに、心が麻痺している人々が見ている風景が反映されているのではないかと考えます。戦争下で差別や虐待、虐殺がはびこる状況が、人を狂わせているのか、狂った人々がこの世を狂わせているのか…。色味のない世界が心を失った人々が住む世界を投影していて、むごくてグロテスクな出来事もモノクロで見えているのかも知れません。そして、主人公が子どもだからといって性的な成長を描くことを避けない点も印象的です。本作では、主人公が受ける残酷な出来事に心を痛めながらも、同時に残酷さを身につけることで彼が生き抜いていく姿も目の当たりにさせられます。良い意味で1度観ただけでは咀嚼しきれない重みがある作品。これは見逃せない1作です。

デート向き映画判定
映画『異端の鳥』ペトル・コラール

かなりヘビーなストーリーで、衝撃的な描写も出てくるので、デートで観るタイプの映画ではありません(苦笑)。ただ、一緒に観ると、間違いなく思い出の1つになるくらい強烈な作品なので、映画好きカップルはデートで観るのもありでしょう。上映時間の長さと内容の重さからして、お互い元気な時に観ることをオススメします。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『異端の鳥』ペトル・コラール

R-15+なので、15歳未満の人は観られません。大人が観ても衝撃的なので、映画を観慣れていないティーンの皆さんは、心して観てください。主人公は辛い体験ばかりするので、観ている側も辛くなってきますが、彼が生きるためにその都度重要な選択をしている点に注目して観ると、人の価値観がどうやって築かれていくのかがわかると思います。これが自分だったら極限の状況で何を大切にするか想像しながら観てください。

映画『異端の鳥』ペトル・コラール

『異端の鳥』
2020年10月9日より全国公開
R-15+
トランスフォーマー
公式サイト

COPYRIGHT @2019 ALL RIGHTS RESERVED SILVER SCREEN ČESKÁ TELEVIZE EDUARD & MILADA KUCERA DIRECTORY FILMS ROZHLAS A TELEVÍZIA SLOVENSKA CERTICON GROUP INNOGY PUBRES RICHARD KAUCKÝ

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

映画『リトル・マーメイド』ハリー・ベイリー ハリー・ベイリー【プロフィールと出演作一覧】

2000年3月27日アメリカ、ジョージア州生まれ。3歳の頃から子役として活動を始め…

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム マダム・ウェブ【レビュー】

マーベル作品で蜘蛛といえば“スパイダーマン”ということで、何か関連が…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

映画『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  2. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  3. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ
  4. 映画『ストリートダンサー』
  5. 映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP