REVIEW

異端の鳥

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『異端の鳥』ペトル・コトラール

いや〜スゴい映画を観てしまいました。ストーリーそのものも、映画という芸術としても、圧倒されました。本作の原作は、自身もホロコーストを生き伸びた1人である、ポーランドの作家イェジー・コシンスキが1965年に発表した代表作「ペインティッド・バード(初版邦題:異端の鳥)」。この原作はポーランドでは発禁書となり、作家自身も1991年に謎の自殺を遂げていて、それを聞いただけでも、ただならぬものを感じますが、映画そのものもヴェネツィア国際映画祭で物議を醸しました。というのも、主人公の少年に降りかかる試練がすさまじいのです。ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門で本作が上映された際には、途中退場者が出た一方で、10分間のスタンディングオベーションが起こったとされており、賛否両論を生む作品だということをおわかり頂けると思います。ちなみに原作者のイェジー・コシンスキは、アカデミー賞最優秀監督賞ほか3部門を受賞した1981年の映画『レッズ』(ウォーレン・ベイティ監督・主演、ダイアン・キートン共演)で、ボルシェビキの指導者グレゴリー・ジノヴィエフ役を演じるなど、俳優としても活躍していたそうです。
そして、もう一つ特筆すべきは、主演のペトル・コトラールの素晴らしい演技です。彼はヴァーツラフ・マルホウル監督に偶然見出された一般人で、本作が初出演というから驚きます。本作では、舞台となる国や場所を特定されないように、人工言語“スラヴィック・エスペラント語”が採用されているとのことですが、そもそもコトラールのセリフはすごく限られていて、ほとんど非言語的表現でキャラクターを構築しています。そんな難役を見事に体現した彼のすごくリアルで繊細な演技にぜひご注目ください。さらに、本作にはウド・キアー、ステラン・スカルスガルド、ハーヴェイ・カイテル、ジュリアン・サンズ、バリー・ペッパーなど魅力的な俳優がしれっと出てきます。「しれっと」というのが味噌で、変にエンタメ感が出ることなく、作品の世界観を保持しているところに、彼等の演技力の高さと、制作陣の演出力の高さを感じます。
本作は約3時間のモノクロ映画ですが、モノクロだからこそ観る側の想像力を刺激する演出も見事です。また、これはあくまで私の解釈ですが、モノクロの映像が意味するところに、心が麻痺している人々が見ている風景が反映されているのではないかと考えます。戦争下で差別や虐待、虐殺がはびこる状況が、人を狂わせているのか、狂った人々がこの世を狂わせているのか…。色味のない世界が心を失った人々が住む世界を投影していて、むごくてグロテスクな出来事もモノクロで見えているのかも知れません。そして、主人公が子どもだからといって性的な成長を描くことを避けない点も印象的です。本作では、主人公が受ける残酷な出来事に心を痛めながらも、同時に残酷さを身につけることで彼が生き抜いていく姿も目の当たりにさせられます。良い意味で1度観ただけでは咀嚼しきれない重みがある作品。これは見逃せない1作です。

デート向き映画判定
映画『異端の鳥』ペトル・コラール

かなりヘビーなストーリーで、衝撃的な描写も出てくるので、デートで観るタイプの映画ではありません(苦笑)。ただ、一緒に観ると、間違いなく思い出の1つになるくらい強烈な作品なので、映画好きカップルはデートで観るのもありでしょう。上映時間の長さと内容の重さからして、お互い元気な時に観ることをオススメします。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『異端の鳥』ペトル・コラール

R-15+なので、15歳未満の人は観られません。大人が観ても衝撃的なので、映画を観慣れていないティーンの皆さんは、心して観てください。主人公は辛い体験ばかりするので、観ている側も辛くなってきますが、彼が生きるためにその都度重要な選択をしている点に注目して観ると、人の価値観がどうやって築かれていくのかがわかると思います。これが自分だったら極限の状況で何を大切にするか想像しながら観てください。

映画『異端の鳥』ペトル・コラール

『異端の鳥』
2020年10月9日より全国公開
R-15+
トランスフォーマー
公式サイト

COPYRIGHT @2019 ALL RIGHTS RESERVED SILVER SCREEN ČESKÁ TELEVIZE EDUARD & MILADA KUCERA DIRECTORY FILMS ROZHLAS A TELEVÍZIA SLOVENSKA CERTICON GROUP INNOGY PUBRES RICHARD KAUCKÝ

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『しあわせのマスカット』福本莉子 しあわせのマスカット

マスカット・オブ・アレキサンドリアという品種を本作で初めて知りましたが…

映画『21ブリッジ』テイラー・キッチュ テイラー・キッチュ

1981年4月8日カナダ、ブリティッシュ・コロンビア生まれ。バンクーバーで育ち、2002年に演技の勉強のため…

映画『地獄の花園』永野芽郁/広瀬アリス/菜々緒/川栄李奈/大島美幸/勝村政信/松尾諭/丸山智己/遠藤憲一/小池栄子 地獄の花園

OL版“クローズ”といった設定で、現実ではあり得ない世界観でありつつ…

映画『ロード・オブ・カオス』ロリー・カルキン ロリー・カルキン

1989年7月21日生まれ。アメリカ、ニューヨーク州出身。俳優一家に生まれ…

映画『しあわせのマスカット』福本莉子さんインタビュー 『しあわせのマスカット』福本莉子さんインタビュー

映画『しあわせのマスカット』で、主演を務めた福本莉子さんにインタビューをさせていただきました。いろいろなお話に、福本さんの研究熱心な一面と強いチャレンジ精神がうかがえました。

映画『ファーザー』アンソニー・ホプキンス/オリヴィア・コールマン ファーザー

認知症を患う父と娘の物語ではありますが、ただ日々の様子を描いているに留まらない…

映画『ドリームランド』マーゴット・ロビー マーゴット・ロビー

1990年7月2日オーストラリア、クイーンズランド州出身。2000年代後半に母国で女優としての本格…

映画『TOMORROW パーマネントライフを探して』メラニー・ロラン 映画で“食”について考えてみよう11:家庭でできるエコの取り組み

前回は、私達の食が環境にどのような負荷を与えているのかをご紹介しましたが、今回は代替エネルギーや、私達が心掛けたいエコの取り組みについてご紹介します。

映画『ジェントルメン』マシュー・マコノヒー/ミシェル・ドッカリー ジェントルメン

今作もガイ・リッチー監督らしいスタイリッシュな作品になっている点が…

映画『なんのちゃんの第二次世界大戦』西めぐみ なんのちゃんの第二次世界大戦

本作は、太平洋戦争の平和記念館を設立させることで、ある人物の過去を改ざんしようとする市長(吹越満)と…

部活・イベント

  1. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  2. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  3. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  4. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  5. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

おすすめ記事

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『しあわせのマスカット』福本莉子
  2. 映画『地獄の花園』永野芽郁/広瀬アリス/菜々緒/川栄李奈/大島美幸/勝村政信/松尾諭/丸山智己/遠藤憲一/小池栄子
    地獄の花園

  3. 映画『ファーザー』アンソニー・ホプキンス/オリヴィア・コールマン
    ファーザー

  4. 映画『ジェントルメン』マシュー・マコノヒー/ミシェル・ドッカリー
  5. 映画『なんのちゃんの第二次世界大戦』西めぐみ
  6. 映画『大綱引の恋』三浦貴大/中村優一
    大綱引の恋

  7. 海外ドラマ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー シーズン1』アンソニー・マッキー/セバスチャン・スタン
  8. 映画『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋の終わりから』フランソワ・シビル/ジョセフィーヌ・ジャピ
  9. 映画『ビーチ・バム まじめに不真面目』マシュー・マコノヒー
  10. 映画『くれなずめ』成田凌/若葉竜也/浜野謙太/藤原季節/目次立樹/高良健吾
    くれなずめ

PAGE TOP