REVIEW

DUNE/デューン 砂の惑星

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『DUNE/デューン 砂の惑星』ティモシー・シャラメ/レベッカ・ファーガソン

1984年のデヴィッド・リンチ監督版『デューン/砂の惑星』を先に観ていたのですが、ベースは同じながらやはりそれぞれの監督の持ち味が出るのはおもしろいと思いました。制作された時代も30年以上離れていて映像制作技術の違いを感じつつ、改めてデヴィッド・リンチ監督の演出力の高さも実感できます。
一方今作は『メッセージ』『ブレードランナー 2049』でお馴染みドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が手掛けており、SF超大作を得意とするヴィルヌーヴ監督のセンスと手腕が余すところなく発揮された作品となっています。数々のマシーンや巨大な砂虫(サンドワーム)などはリアルかつ壮大で、最新技術を駆使して作られたクオリティの高い映像を堪能できます。マシーンのデザインとかもカッコ良いんですよね。また公式資料に寄ると、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督は1965年に出されたフランク・ハーバートの原作に10代の頃に出会い魅了されたそうで、今回念願の映画化が叶ったということです。ヴィルヌーヴ監督は当時生物学者か映画監督かになりたいと思っていたそうで、フランク・ハーバートが本の中で描いた生態環境がとても新鮮で詩的でパワフルに感じられたと語っています。そんなところにも監督のこだわりが表れていると思うので、ぜひご注目ください。
そして、本作の魅力はまだまだあります。もうキャストが豪華過ぎて忙しい(笑)。「ワ!この人もあの人もいる!」と興奮しっぱなしです。ティモシー・シャラメのドアップも何度か出てきますが、なんと美しい顔なんでしょうと見とれてしまうはず。勢力の構図はそれほどややこしくはないですが、登場人物が大変多いので事前に公式サイトで相関図だけ観ておくとすんなり観られると思います。さらに音楽はハンス・ジマーが手掛けていますよ。本作は絶対に大きなスクリーン、良い音響環境で観てください!

デート向き映画判定
映画『DUNE/デューン 砂の惑星』ティモシー・シャラメ/ゼンデイヤ

ラブストーリーの要素は多くはありませんが、美しく壮大な映像は圧巻で、誰を誘っても楽しめると思います。初デートで誘っても気まずいことはないので、どんなデートでも大丈夫です。ただ、映画好きが観るテンションと、普段あまり映画を観ない方のテンションではもしかしたらギャップがあるかもしれないので、そこを気にする方は映画好きの友達と観るほうが良いでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『DUNE/デューン 砂の惑星』ティモシー・シャラメ/ジョシュ・ブローリン

155分という尺からすると、幼いキッズはちょっと集中力が持たないかもしれませんが、スケールの大きさに圧倒されて時間はあまり気にならないので、小学校高学年くらいなら充分に楽しめるのではないでしょうか。いろいろカッコ良い要素も多いので、映画ってスゴいと感じてもらえたら嬉しいです。

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』ティモシー・シャラメ/レベッカ・ファーガソン/オスカー・アイザック/ジョシュ・ブローリン/ステラン・スカルスガルド/ゼンデイヤ/シャーロット・ランプリング/ジェイソン・モモア/ハビエル・バルデム

『DUNE/デューン 砂の惑星』
2021年10月15日より全国公開
ワーナー・ブラザース映画
公式サイト

©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

TEXT by Myson


デューン/砂の惑星(1984年版)

だいぶ前に1度観た気がしつつも、『メッセージ』『ブレードランナー 2049』を手掛けたドゥニ・ヴィルヌーヴの新作『DUNE/デューン 砂の惑星』がもうすぐ公開ということで、改めてデヴィッド・リンチ版を鑑賞。今観ると、今観るからこそのおもしろさがあります。まず、主演のカイル・マクラクランをはじめ、パトリック・スチュワートやヴァージニア・マドセンが「若っ!」ってところでテンションが上がり、デヴィッド・リンチの独特な演出、映像表現に目を奪われます。そして、ここでは褒める意味で、きも〜いキャラクターが多数出てきて、何だか子ども心をくすぐられます(笑)。あと、スティングが見事な肉体で“どうだ!パンツ”を履いて出てくるので、「カッコ良いけど、どないやねん!」と思いながら笑えます。
今の映像技術では本当に何でもできるようになりましたが、1984年版では技術で補えない分、見せ方で工夫していて、それが余計に味を出していて、逆に新鮮味を感じます。フランク・ハーバートのSF大河小説「デューン」は、デヴィッド・リンチが映画化したほか、アレハンドロ・ホドロフスキーも1975年に映画化を企画しつつも頓挫。ホドロフスキーの未完の作品については、『ホドロフスキーのDUNE』というドキュメンタリーでその裏側が明かされていますが、名監督達の心をくすぐる物語、世界観なんですね。デヴィッド・リンチ版は個人的にコミカルに観てしまいましたが、それぞれの監督が原作のどんなポイントに魅力を感じたかは、どんな映画になるかに表れると思うので、見比べてもおもしろそうですね。

デューン (字幕版)

『デューン/砂の惑星』
ブルーレイ&DVDレンタル、発売中/デジタル配信中

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

海外ドラマ『グレイズ・アナトミー シーズン19』スコット・スピードマン スコット・スピードマン【プロフィールと出演作一覧】

1975年9月1日生まれ。イギリス、ロンドン出身。 主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『ザ・タワー』
  2. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  3. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  4. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー
  5. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP