REVIEW

DUNE/デューン 砂の惑星

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『DUNE/デューン 砂の惑星』ティモシー・シャラメ/レベッカ・ファーガソン

1984年のデヴィッド・リンチ監督版『デューン/砂の惑星』を先に観ていたのですが、ベースは同じながらやはりそれぞれの監督の持ち味が出るのはおもしろいと思いました。制作された時代も30年以上離れていて映像制作技術の違いを感じつつ、改めてデヴィッド・リンチ監督の演出力の高さも実感できます。
一方今作は『メッセージ』『ブレードランナー 2049』でお馴染みドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が手掛けており、SF超大作を得意とするヴィルヌーヴ監督のセンスと手腕が余すところなく発揮された作品となっています。数々のマシーンや巨大な砂虫(サンドワーム)などはリアルかつ壮大で、最新技術を駆使して作られたクオリティの高い映像を堪能できます。マシーンのデザインとかもカッコ良いんですよね。また公式資料に寄ると、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督は1965年に出されたフランク・ハーバートの原作に10代の頃に出会い魅了されたそうで、今回念願の映画化が叶ったということです。ヴィルヌーヴ監督は当時生物学者か映画監督かになりたいと思っていたそうで、フランク・ハーバートが本の中で描いた生態環境がとても新鮮で詩的でパワフルに感じられたと語っています。そんなところにも監督のこだわりが表れていると思うので、ぜひご注目ください。
そして、本作の魅力はまだまだあります。もうキャストが豪華過ぎて忙しい(笑)。「ワ!この人もあの人もいる!」と興奮しっぱなしです。ティモシー・シャラメのドアップも何度か出てきますが、なんと美しい顔なんでしょうと見とれてしまうはず。勢力の構図はそれほどややこしくはないですが、登場人物が大変多いので事前に公式サイトで相関図だけ観ておくとすんなり観られると思います。さらに音楽はハンス・ジマーが手掛けていますよ。本作は絶対に大きなスクリーン、良い音響環境で観てください!

デート向き映画判定
映画『DUNE/デューン 砂の惑星』ティモシー・シャラメ/ゼンデイヤ

ラブストーリーの要素は多くはありませんが、美しく壮大な映像は圧巻で、誰を誘っても楽しめると思います。初デートで誘っても気まずいことはないので、どんなデートでも大丈夫です。ただ、映画好きが観るテンションと、普段あまり映画を観ない方のテンションではもしかしたらギャップがあるかもしれないので、そこを気にする方は映画好きの友達と観るほうが良いでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『DUNE/デューン 砂の惑星』ティモシー・シャラメ/ジョシュ・ブローリン

155分という尺からすると、幼いキッズはちょっと集中力が持たないかもしれませんが、スケールの大きさに圧倒されて時間はあまり気にならないので、小学校高学年くらいなら充分に楽しめるのではないでしょうか。いろいろカッコ良い要素も多いので、映画ってスゴいと感じてもらえたら嬉しいです。

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』ティモシー・シャラメ/レベッカ・ファーガソン/オスカー・アイザック/ジョシュ・ブローリン/ステラン・スカルスガルド/ゼンデイヤ/シャーロット・ランプリング/ジェイソン・モモア/ハビエル・バルデム

『DUNE/デューン 砂の惑星』
2021年10月15日より全国公開
ワーナー・ブラザース映画
公式サイト

©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

TEXT by Myson


デューン/砂の惑星(1984年版)

だいぶ前に1度観た気がしつつも、『メッセージ』『ブレードランナー 2049』を手掛けたドゥニ・ヴィルヌーヴの新作『DUNE/デューン 砂の惑星』がもうすぐ公開ということで、改めてデヴィッド・リンチ版を鑑賞。今観ると、今観るからこそのおもしろさがあります。まず、主演のカイル・マクラクランをはじめ、パトリック・スチュワートやヴァージニア・マドセンが「若っ!」ってところでテンションが上がり、デヴィッド・リンチの独特な演出、映像表現に目を奪われます。そして、ここでは褒める意味で、きも〜いキャラクターが多数出てきて、何だか子ども心をくすぐられます(笑)。あと、スティングが見事な肉体で“どうだ!パンツ”を履いて出てくるので、「カッコ良いけど、どないやねん!」と思いながら笑えます。
今の映像技術では本当に何でもできるようになりましたが、1984年版では技術で補えない分、見せ方で工夫していて、それが余計に味を出していて、逆に新鮮味を感じます。フランク・ハーバートのSF大河小説「デューン」は、デヴィッド・リンチが映画化したほか、アレハンドロ・ホドロフスキーも1975年に映画化を企画しつつも頓挫。ホドロフスキーの未完の作品については、『ホドロフスキーのDUNE』というドキュメンタリーでその裏側が明かされていますが、名監督達の心をくすぐる物語、世界観なんですね。デヴィッド・リンチ版は個人的にコミカルに観てしまいましたが、それぞれの監督が原作のどんなポイントに魅力を感じたかは、どんな映画になるかに表れると思うので、見比べてもおもしろそうですね。

デューン (字幕版)

『デューン/砂の惑星』
ブルーレイ&DVDレンタル、発売中/デジタル配信中

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『Sin Clock』窪塚洋介 Sin Clock

会社をクビになり、離婚して息子とも離れて暮らす主人公の高木(窪塚洋介)は…

海外ドラマ『ウォーキング・デッド ファイナル・シーズン』ジェフリー・ディーン・モーガン ジェフリー・ディーン・モーガン

1966年4月22日アメリカ生まれ。1991年に『赤いドレスの女』でデビュー。テレビを中心にキャリ…

映画『FALL/フォール』グレイス・フルトン どっちも勘弁!高さの恐怖と深さの恐怖特集

今回は、高さや深さで魅せる映画をご紹介。高い、低い、深いというシンプルな設定だけで、こんなにドラマチックになるのだなと感心します。

映画『七人の秘書 THE MOVIE』室井滋 室井滋(むろい しげる)

1958年10月22日生まれ。富山県出身。 1981年、『風の歌を聴け』でデビュー。『居酒屋ゆうれい』(1995)…

映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ 崖上のスパイ

『紅いコーリャン』をはじめ、数々の大ヒット作を手掛けてきたチャン・イーモウ監督が手掛けた本格スパイ・サスペンス。1934年…

中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン 『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『君だけが知らない』キム・ガンウ キム・ガンウ

1978年7月11日、韓国生まれ。2001年にドラマ『あなたは愛と言う 私は欲望だと思う』でデビュー。映画『シルミド』…

映画『スクロール』北村匠海/中川大志 スクロール

1991年生まれ、高校から執筆活動を始めた橋爪駿輝が、2017年に作家デビューを果たした小説「スクロール」(講談社)を映画化…

映画『レジェンド&バタフライ』木村拓哉 木村拓哉(きむら たくや)

1972年11月13日生まれ。東京都出身。主な映画出演作に…

映画『エゴイスト』鈴木亮平/宮沢氷魚 エゴイスト

『エゴイスト』というタイトルから、人間の影の部分が描かれているのかと思いきや…

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

映画『恋とニュースのつくり方』レイチェル・マクアダムス 新年にやる気がわくサクセスストーリー特集

今回は、新年にやる気がわくサクセスストーリーのオススメ作品を正式部員の皆さんから募りました。素敵なサクセスストーリーを観て、やる気をアップしましょう!

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ トーキョー女子映画部が選ぶ 2022年ベスト10

年末恒例の本企画は、今回から作品はBEST10に変更、俳優はMVPとして1名選出することにしましたマイソンとシャミがそれぞれ選んだ作品を、ぜひ冬休みにご覧ください。

映画『ドリーム・ホース』トニ・コレット 十数億円を稼ぐ名馬を逃す!?リアル一口馬主が語る醍醐味&新人騎手『ドリーム・ホース』に感動のコメント!!

実は日本でもジャンのように馬主になれるってご存じでしたか?今回は『ドリーム・ホース』をリアル体験中ともいえる…

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』メイキング、ジェームズ・キャメロン監督、サム・ワーシントン 映画好きが選んだジェームズ・キャメロン監督人気作品ランキング

『ターミネーター』『タイタニック』『アバター』など、数々の名作を手掛てきたジェームズ・キャメロン。今回は、これまでジェームズ・キャメロンが監督を務めた作品で、どの作品が好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『Sin Clock』窪塚洋介
    Sin Clock

  2. 映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ
  3. 映画『スクロール』北村匠海/中川大志
    スクロール

  4. 映画『エゴイスト』鈴木亮平/宮沢氷魚
    エゴイスト

  5. 映画『バビロン』ブラッド・ピット/ディエゴ・カルバ
    バビロン

  6. 映画『すべてうまくいきますように』ソフィー・マルソー/アンドレ・デュソリエ
  7. 映画『バイオレント・ナイト』デヴィッド・ハーバー/アレックス・ハッセル
  8. 映画『ピンク・クラウド』ヘナタ・ジ・レリス
  9. 映画『金の国 水の国』
  10. 映画『レジェンド&バタフライ』木村拓哉/綾瀬はるか

PRESENT

  1. 中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン
  2. 映画『レッドシューズ』朝比奈彩
  3. 映画『いつかの君にもわかること』ジェームズ・ノートン/ダニエル・ラモント
PAGE TOP