REVIEW

DUNE/デューン 砂の惑星

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『DUNE/デューン 砂の惑星』ティモシー・シャラメ/レベッカ・ファーガソン

1984年のデヴィッド・リンチ監督版『デューン/砂の惑星』を先に観ていたのですが、ベースは同じながらやはりそれぞれの監督の持ち味が出るのはおもしろいと思いました。制作された時代も30年以上離れていて映像制作技術の違いを感じつつ、改めてデヴィッド・リンチ監督の演出力の高さも実感できます。
一方今作は『メッセージ』『ブレードランナー 2049』でお馴染みドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が手掛けており、SF超大作を得意とするヴィルヌーヴ監督のセンスと手腕が余すところなく発揮された作品となっています。数々のマシーンや巨大な砂虫(サンドワーム)などはリアルかつ壮大で、最新技術を駆使して作られたクオリティの高い映像を堪能できます。マシーンのデザインとかもカッコ良いんですよね。また公式資料に寄ると、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督は1965年に出されたフランク・ハーバートの原作に10代の頃に出会い魅了されたそうで、今回念願の映画化が叶ったということです。ヴィルヌーヴ監督は当時生物学者か映画監督かになりたいと思っていたそうで、フランク・ハーバートが本の中で描いた生態環境がとても新鮮で詩的でパワフルに感じられたと語っています。そんなところにも監督のこだわりが表れていると思うので、ぜひご注目ください。
そして、本作の魅力はまだまだあります。もうキャストが豪華過ぎて忙しい(笑)。「ワ!この人もあの人もいる!」と興奮しっぱなしです。ティモシー・シャラメのドアップも何度か出てきますが、なんと美しい顔なんでしょうと見とれてしまうはず。勢力の構図はそれほどややこしくはないですが、登場人物が大変多いので事前に公式サイトで相関図だけ観ておくとすんなり観られると思います。さらに音楽はハンス・ジマーが手掛けていますよ。本作は絶対に大きなスクリーン、良い音響環境で観てください!

デート向き映画判定
映画『DUNE/デューン 砂の惑星』ティモシー・シャラメ/ゼンデイヤ

ラブストーリーの要素は多くはありませんが、美しく壮大な映像は圧巻で、誰を誘っても楽しめると思います。初デートで誘っても気まずいことはないので、どんなデートでも大丈夫です。ただ、映画好きが観るテンションと、普段あまり映画を観ない方のテンションではもしかしたらギャップがあるかもしれないので、そこを気にする方は映画好きの友達と観るほうが良いでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『DUNE/デューン 砂の惑星』ティモシー・シャラメ/ジョシュ・ブローリン

155分という尺からすると、幼いキッズはちょっと集中力が持たないかもしれませんが、スケールの大きさに圧倒されて時間はあまり気にならないので、小学校高学年くらいなら充分に楽しめるのではないでしょうか。いろいろカッコ良い要素も多いので、映画ってスゴいと感じてもらえたら嬉しいです。

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』ティモシー・シャラメ/レベッカ・ファーガソン/オスカー・アイザック/ジョシュ・ブローリン/ステラン・スカルスガルド/ゼンデイヤ/シャーロット・ランプリング/ジェイソン・モモア/ハビエル・バルデム

『DUNE/デューン 砂の惑星』
2021年10月15日より全国公開
ワーナー・ブラザース映画
公式サイト

©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

TEXT by Myson


デューン/砂の惑星(1984年版)

だいぶ前に1度観た気がしつつも、『メッセージ』『ブレードランナー 2049』を手掛けたドゥニ・ヴィルヌーヴの新作『DUNE/デューン 砂の惑星』がもうすぐ公開ということで、改めてデヴィッド・リンチ版を鑑賞。今観ると、今観るからこそのおもしろさがあります。まず、主演のカイル・マクラクランをはじめ、パトリック・スチュワートやヴァージニア・マドセンが「若っ!」ってところでテンションが上がり、デヴィッド・リンチの独特な演出、映像表現に目を奪われます。そして、ここでは褒める意味で、きも〜いキャラクターが多数出てきて、何だか子ども心をくすぐられます(笑)。あと、スティングが見事な肉体で“どうだ!パンツ”を履いて出てくるので、「カッコ良いけど、どないやねん!」と思いながら笑えます。
今の映像技術では本当に何でもできるようになりましたが、1984年版では技術で補えない分、見せ方で工夫していて、それが余計に味を出していて、逆に新鮮味を感じます。フランク・ハーバートのSF大河小説「デューン」は、デヴィッド・リンチが映画化したほか、アレハンドロ・ホドロフスキーも1975年に映画化を企画しつつも頓挫。ホドロフスキーの未完の作品については、『ホドロフスキーのDUNE』というドキュメンタリーでその裏側が明かされていますが、名監督達の心をくすぐる物語、世界観なんですね。デヴィッド・リンチ版は個人的にコミカルに観てしまいましたが、それぞれの監督が原作のどんなポイントに魅力を感じたかは、どんな映画になるかに表れると思うので、見比べてもおもしろそうですね。

デューン (字幕版)

『デューン/砂の惑星』
ブルーレイ&DVDレンタル、発売中/デジタル配信中

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『もっと超越した所へ。』前田敦子/菊池風磨 『もっと超越した所へ。』キャスト&スタッフ登壇・完成披露試写会 5組10名様ご招待

映画『もっと超越した所へ。』キャスト&スタッフ登壇・完成披露試写会 5組10名様ご招待

映画『バイオレンスアクション』橋本環奈/杉野遥亮/鈴鹿央士/馬場ふみか/森崎ウィン/大東駿介/太田夢莉/佐藤二朗/城田優/高橋克典/岡村隆史 バイオレンスアクション

小学館「やわらかスピリッツ」で連載の浅井蓮次と沢田新による人気コミックを…

映画『TANG タング』二宮和也 二宮和也(にのみや かずなり)

1983年6月17日東京都生まれ。主な出演作に『青の炎』『大奥』『GANTZ』『プラチナデータ』などがあり…

韓流ドラマ(バラエティ番組)『エラー夫婦~永遠の愛を誓ったはずなのに!?~』 ここだけの話26:“直感的に観たい韓流ドラマ”2人座談会 by マイソン&シャミ

今回は、U-NEXT、ディズニープラス、Netflix、Hulu、AmazonプライムのTOP画面を2人で見ながら、直感的に観たいと思う韓流ドラマを物色しました。タイトルやあらすじなどだけ見て自由気ままに想像を膨らませて話しています。

Netflix映画『呪詛』 呪詛

ものすごく怖いと話題になっていたので、かなり身構えて観ましたが…

映画『1640日の家族』ガブリエル・パヴィ ガブリエル・パヴィ

2014年、フランス生まれ。公園で遊んでいたところを…

映画『ハウ』田中圭 ハウ

本作は、辛い体験をしたばかりの民夫(田中圭)と、ワンと鳴けない犬ハウが、お互いの存在を支えにして…

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』ローラ・ダーン ローラ・ダーン

1967年2月10日アメリカ、カリフォルニア州生まれ。1991年『ランブリング・ローズ』で…

映画『PLAN 75』倍賞千恵子 倍賞千恵子(ばいしょう ちえこ)

1941年6月29日生まれ、東京都出身。松竹音楽舞踊学校を卒業後…

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

部活・イベント

  1. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  2. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2

おすすめ記事

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』ジム・キャリー “俳優引退!?”記念 ジム・キャリー人気作品ランキング

『マスク』『エターナル・サンシャイン』『トゥルーマン・ショー』など、数々の名作に出演の名俳優、ジム…

映画『ブレット・トレイン』ブラッド・ピット/アーロン・テイラー=ジョンソン 映画好き目線でそそる2022年初秋公開映画を紹介

今回は一足お先に初秋の映画をご紹介。正式部員から立候補してくださった皆さんと「映画好き目線でそそる初秋公開映画」を選びました。そそる項目も皆で決めてチャートも作ってみました。参考にしてみてください。

映画『なまず』イ・ジュヨン キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年7月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッ…

記事作成部活20220720:初秋最新作 一緒に記事を作りませんか?【記事作成部活】2022年8月度参加者募集

2022年8月は4回開催します。オンラインとリアル、それぞれテーマを変えて行います。

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ショーシャンクの空に』

今回は『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてアンディ(アンドリュー・デュフレーン)役のティム・ロビンスとレッド(エリス・ボイド・レディング)役のモーガン・フリーマンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

REVIEW

  1. 映画『バイオレンスアクション』橋本環奈/杉野遥亮/鈴鹿央士/馬場ふみか/森崎ウィン/大東駿介/太田夢莉/佐藤二朗/城田優/高橋克典/岡村隆史
  2. Netflix映画『呪詛』
    呪詛

  3. 映画『ハウ』田中圭
    ハウ

  4. 映画『セイント・フランシス』ケリー・オサリヴァン/ラモーナ・エディス・ウィリアムズ
  5. Netflix映画『グレイマン』ライアン・ゴズリング
    グレイマン

  6. Amazon Prime Video映画『ムーンフォール』ハル・ベリー/パトリック・ウィルソン/ジョン・ブラッドリー
  7. 海外ドラマ『ビッグ・リトル・ライズ <シーズン2>』ニコール・キッドマン/リース・ウィザースプーン /シェイリーン・ウッドリー/ローラ・ダーン/ゾーイ・クラビッツ
  8. 映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』
  9. 映画『コンビニエンス・ストーリー』成田凌/前田敦子
  10. ディズニープラス映画『プレデター:ザ・プレイ』
PAGE TOP