取材&インタビュー

『SKIN/スキン』ガイ・ナティーヴ監督インタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『SKIN/スキン』インタビュー、ガイ・ナティーヴ監督

長編映画『SKIN/スキン』の出資を募るために、作品の趣旨を理解してもらおうと作った同作の短編(2018)が、2019年アカデミー賞短編映画賞を受賞。そして見事長編制作を叶えたガイ・ナティーヴ監督にスカイプでインタビューをさせて頂きました。短編も長編も見応え抜群で、同じテーマを扱いながら、全く違った描写で観る者に深く語りかけてくる内容になっています。そんな本作を監督はどんな思いで作ったのでしょうか。

<PROFILE>
ガイ・ナティーヴ:監督、脚本、製作
1973年、イスラエルのテルアビブに生まれる。現在は、妻でパートナー、俳優のジェイミー・レイ・ニューマンとロサンゼルスに在住。
10年以上に渡り、コカ・コーラ、ダイエット・コーク、ネスレ、シュコダ、メルセデスなどのコマーシャル作品を手掛けてきた。2007年、前々年のサンダンス映画祭で短編部門のグランプリに輝いた同名の短編作品を基にした初の長編映画“Strangers(原題)”でエレズ・タドモーと共同監督を務め、2008年のサンダンス映画祭とトライベッカ映画祭で上映された同作は、アカデミー賞の最終選考に残り、世界中の20以上の映画祭で賞を受賞した。長編第2作“The Flood (Mabul)(原題)”(2010)は、2011年のベルリン映画祭、テッサロニキ映画祭、ハイファ映画祭でそれぞれ受賞、イスラエル・アカデミー賞では6部門にノミネート。再びエレズ・タドモーと共同監督を務め、ギリシャで撮影された長編第3作“Magic Men(原題)”(2014)は、2014年のパームスプリングス映画祭でプレミア上映、イスラエル・アカデミー賞の最優秀男優賞とマウイ映画祭の観客賞を受賞した。2020年日本公開の映画『SKIN/スキン』は、アメリカでの初長編作品となる。

今カオスの時代だからこそ、映画で問いかけたい

映画『SKIN/スキン』メイキング、ガイ・ナティーヴ監督、ジェイミー・ベル

マイソン:
今回、短編の“転向”の描写がすごく視覚的で印象的でした。長編と比較すると、短編では差別が生む悲劇を象徴していて、長編では希望が見えたんですが、監督の中で短編と長編はどう位置づけされていたんでしょうか?

ガイ・ナティーヴ監督:
僕にとって短編と長編は真逆の位置づけです。短編のほうは差別とは何なのかを自分の肌で学んでいく話で、ちょっと復讐の要素もあります。親が子に教えてきたことがサイクルのようになっていて、自分に戻ってくる。つまり、自分が教えたものが自分に返ってくるんだということが込められています。長編のほうは、すでに主人公がモンスターであるところから始まります。それを自分の肌や心から脱ぎ捨てていく、逆の構造になっているんです。

マイソン:
長編の主人公のモデルになっているブライオン・ワイドナーさんご本人は、どんな方なのでしょうか?彼の映画を観た感想なども聞いていたら教えてください。

映画『SKIN/スキン』ジェイミー・ベル

ガイ・ナティーヴ監督:
ブライオンはこの映画をすごく気に入ってくれて、特にジェイミー・ベルの演技を本当に気に入ってくれました。ただ観るのがすごく辛かったと思うんですよね。辛い時期をどうしても思い出してしまうから。初めてニューヨークの映画館で上映をした時に、観客には言わずに舞台挨拶に登場してもらったのですが、スタンディングオベーションでした。ブライオン本人はとても知的で聡明な方で、ネオナチファシストでなければ、北欧神話の教授とかをやっているようなタイプなんです。でも14歳の時からこういったギャングにいたために、歪んでしまった過去を持っている方なんです。

マイソン:
劇中に、食べる物も仕事もない若者がスカウトされてギャングの仲間入りをするというシーンがありましたが、彼らのようにもとは差別主義を持っていないけれど、きっかけがあって引き込まれるということはよくあることなんですか?

ガイ・ナティーヴ監督:
それがしょっちゅう起きているのが現状です。ブライオンも含め、なぜ自分がそんなに憎しみを持ったのかわからないっていう方が多いんです。自分達はただ“家族”という感覚を味わいたい。だから、年上の親的な存在の人達からヘイトを教わると、子どもだからそのまま受け入れてしまうということなのかも知れません。

マイソン:
ギャングにいた皆のお母さん的な存在(ヴェラ・ファーミガ)もいれば、ブライオンが転向するきっかけとなったジュリーのような女性(ダニエル・マクドナルド)もいて、女性が要の存在になっていると思いました。監督から見てこの物語で女性はどんな役割を担っているのでしょうか?

映画『SKIN/スキン』ダニエル・マクドナルド

ガイ・ナティーヴ監督:
ご指摘された通り、本作に登場する女性はパワフルなキャラクターとして、特に歪んだ男社会と考えられている場に登場させることがすごく重要だったんです。どうしてもこういう物語の映画だと、男性キャラクターがパワフルに描かれることが多くて、女性はそんなに描かれることがないですが、僕はちょっと違うんじゃないかなと思っているんです。例えば、ジュリーが実際にブライオンを救うことになりますが、彼女自身が戦士であり、パワフルであり、むしろブライオンのほうに葛藤があるわけなんですよね。また、ヴェラ・ファーミガが演じたシャリーンは、女帝というか、このヒエラルキーの上にいる存在でもあります。そういったクリシェ、つまり男性がパワフルでメインの図式、それを女性が支えているという図式を壊していきたかったんです。だってそれは正しくないですから。

マイソン:
転向を手伝うダリル・L・ジェンキンスさんのお仕事は、身の危険もあって大変そうだなと思ったのですが、もしご本人とお話されたことで印象に残るエピソードや、現状でこういう問題がすごく大きいみたいなことがあったら、教えてください。

ガイ・ナティーヴ監督:
この映画の中でもダリルは本当にキャラクターとして大きい存在で、彼の物語を語りきる尺がなかったので、次の映画はダリルの視点から描こうと思っているんです。僕にとって彼はヒーローであって、試写で舞台挨拶をするたびに、スタンディングオベーションが起こります。でも、彼のやっている仕事を、皆さんが「すごく成功しているし、素晴らしい」と思ってくださっている反面、多くの方がどういう仕事をしているのか本当に理解しているのかはわかりません。そこはこれから知っていく人が増えていくのかなと思います。彼がたくさんのネオナチの人を転向させて救っていることに感謝する人も多いのですが、同時に左寄りの方で、「何でそんなに時間を無駄にするんだ。(ネオナチは)刑務所で腐らせておけば良いじゃないか」と言う人もいるんです。でも映画の中に出てきたように、彼はカウンセラーだったお父様からこういう仕事を受け継いで、実際に1人でアメリカ中を運転して、1人でドン・キホーテのように戦っているんです。

映画『SKIN/スキン』マイク・コルター

マイソン:
すごいですね!差別をテーマにした映画の多くは評価されていると思うのですが、今回最初に長編を作ろうとした時、配給会社が見つからなかったそうですね。やはりテーマが引っかかったり、タブー視されているところはあるのでしょうか?

ガイ・ナティーヴ監督:
ありますね。やっぱり現実逃避ができる作品に投資したがる、作りたがる方が多いし、観客はリアリティを観たくないんじゃないかと思う人が多いです。映画を観ている時は、泡の中にいるような時間を過ごしたい、そういう作品を観たいんじゃないかと思っている人が結構いて、この作品のようなリアルに直視しないといけない作品は、やはり制作が難しいんです。だからこそアメリカの配給に入ってくれたA24にも感謝しているし、世界60ヵ国の配給権を買ってくれたパートナーにも本当に感謝していて、イスラエル(監督の母国)でも上映されたんです。アメリカでも熱いフィードバックがたくさん寄せられて、「この時代だからこそ必要な大切な映画です」と言ってもらえて、すごく嬉しかったです。作るのは難しいけど、作った後には「やっぱり作るのは正しかったんだ」と感じました。僕は70年代の『タクシードライバー』とか『地獄の黙示録』とかちょっと社会派な映画で育ってきて、今の時代もスタジオがそういうタイプの映画を作るべきだと思っています。僕も作家として何か意味があるものを作っていきたい、何か伝えたいことがある、そういう映画を作っていきたいと思っています。

映画『SKIN/スキン』ジェイミー・ベル

マイソン:
今回観客の反応が良かったとお聞きしたんですけど、予想もしなかった反応とか、希望が持てた意見などがあったら教えてください。

ガイ・ナティーヴ監督:
まずホロコーストのサバイバーの方が上映後に僕のところにきて、「皆が観るべき映画だ」と言ってくれたのが、僕にとって1番心を動かされた言葉でした。あと、意外だったのは右翼の人から「ホワイトヘイトの監督だ」って言われたこと。それから、映画の中に登場するネオナチのキャラクター、名前はもちろん変えているのですが、実在の人物のモデルがいて、その人から「何でこんなにソフトに描いたんだ。俺はもっとイケイケだぞ!」ってメールが送られてきました(笑)。

マイソン:
え〜(笑)!あと、さきほど「社会にとって意味のある映画を撮りたい」とおしゃっていましたが、監督がこういう作品を撮りたいと思ったきっかけになった作品、魅了された作品を改めてお聞きしても良いでしょうか?

ガイ・ナティーヴ監督:
いっぱいあるから困っちゃいますね(笑)。まず日本映画だと、北野武の『BROTHER』『HANA-BI』です。それから『タクシードライバー』『地獄の黙示録』『プラトーン』『E.T.』、マチュー・カソヴィッツの『憎しみ』や、ウディ・アレン作品も好きだし、1つのジャンルじゃないんですよね。マーティン・スコセッシの『グッドフェローズ』、60年代、70年代、90年代の映画、あとは『羊たちの沈黙』『ショーシャンクの空に』『ROMA/ローマ』とか。僕は詩的な映画が好きで、そういった観察型の詩的な映画として本当に素晴らしかったです。

映画『SKIN/スキン』メイキング、ガイ・ナティーヴ監督

マイソン:
では最後の質問です。差別主義がダメっていうのはもちろん、普遍的な部分として、この作品で1番伝えたいことを教えてください。

ガイ・ナティーヴ監督:
監督の僕が問いかけているのは、かつてモンスターだった人物がより良い人間になろうとした時に、例えば「マイソンさんは受け入れられますか?」っていうことなんです。それは決して簡単に受け入れられることではないし、大きな問いかけでもあると思うんです。だってかつて自分の敵で、自分に憎しみをぶつけてきた相手が、今「普通の人間になりたい」と言った時に受け入れられるのかということなんです。決して軽い答えが返ってくるような問いではないんですけど、10年後じゃない、今カオスのこの時代だからこそ問いかけたい質問で、今だからこの映画を作りたかったんです。

マイソン:
ありがとうございました!

2020年3月26日取材 TEXT by Myson

映画『SKIN/スキン』ジェイミー・ベル

『SKIN/スキン』
2020年6月26日より全国順次公開
R-15+
監督・脚本:ガイ・ナティーヴ
出演:ジェイミー・ベル/ダニエル・マクドナルド/ダニエル・ヘンシュオール/ビル・キャンプ/ルイーザ・クラウゼ/カイリー・ロジャーズ/コルビ・ガネット/マイク・コルター/ヴェラ・ファーミガ
配給:コピアポ・フィルム

10代で親に見捨てられたブライオンは、白人至上主義グループを主宰するクレーガーとシャリーンに育てられ、今ではグループの幹部になっていた。だがある日、3人の娘を1人で育てるジュリーに出会い、ブライオンは徐々に別の生き方を意識し始めるが…。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

© 2019 SF Film, LLC. All Rights Reserved.

関連記事

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『あまくない砂糖の話』 映画で“食”について考えてみよう8:三大栄養素は体を動かすエネルギー源

今回は栄養素の基礎となる“糖質”“脂質”“たんぱく質”の三大栄養素について紹介します。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 花束みたいな恋をした

20歳前後、大学生の頃の出会いって独特だなと、本作を観ると改めて感じます…

映画『日本独立』小林薫 小林薫(こばやし かおる)

1951年9月4日、京都府生まれ。1971年から80年までの間、唐十郎主催の状況劇場に…

映画『キル・チーム』ナット・ウルフ キル・チーム

アフガニスタンに赴任していた米軍の兵士達が、現場の状況を偽装して民間人を殺害していた実話を映画化…

映画『青い、森』田中偉登 田中偉登(たなか たけと)

2000年1月24日生まれ、大阪府出身。2012年に『宇宙兄弟』で映画デビュー。以降…

映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン KCIA 南山の部長たち

1979年10月26日、韓国のパク・チョンヒ(朴正煕)大統領は、自らの側近だった中央情報部(通称:KCIA)の部長キム・ジェギュ(金載圭)に殺害…

映画『青い、森』門下秀太郎 門下秀太郎(かどした しゅうたろう)

1998年9月11日、長崎県生まれ。2016年、第3回SonyMusic×smart オーディションで…

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル どん底作家の人生に幸あれ!

本作は、イギリスの国民的作家チャールズ・ディケンズの半自伝的小説「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化…

映画『滑走路』寄川歌太 寄川歌太(よりかわ うた)

2004年3月11日生まれ、大阪府出身。2010年、歌舞伎平成中村座で…

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純
  2. 映画『キル・チーム』ナット・ウルフ
    キル・チーム

  3. 映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン
  4. 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル
  5. 映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ
    天空の結婚式

  6. 映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳
  7. Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/ザカリー・クイント(ザッカリー・クイント)/マット・ボマー/アンドリュー・ラネルズ/チャーリー・カーヴァー/ロビン・デ・ヘスス/ブライアン・ハッチソン/マイケル・ベンジャミン・ワシントン/タック・ワトキンス
  8. 映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』エマニュエル・ドゥヴォス
  9. 映画『キング・オブ・シーヴズ』マイケル・ケイン/ジム・ブロードベント/トム・コートネイ/チャーリー・コックス/ポール・ホワイトハウス/レイ・ウィンストン/マイケル・ガンボン
  10. 映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア
    聖なる犯罪者

PAGE TOP