OTHERWISE

TAKE先生のメイク講座 produced by トーキョー女子映画部

  • follow us in feedly
  • RSS
メイク講座講師:スペシャル&ビューティー メイクアップアーティスト 今越 壮彦(TAKE)先生

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』で、「“泣けるサバイバルアクション”で心も顔も綺麗になろう!」部活を行った際に、メイク講座を開いて頂いたTAKE先生。一般の方へのメイク指導はもちろん、プロ養成や、芸能関係でのメイクも担当されています。アメリカの学校でメイクを学び、実は特殊メイクの技術も持っているという異色の経歴。
とてもわかりやすく、優しく教えてくださるので、初めての方でも安心して受けてみてください!

スペシャル&ビューティー・メイクアップアーティスト
今越 壮彦(TAKE)

1996
Joe Blasco Make-up School(アメリカ/ハリウッド)卒業後、フリーランスのメイクアップアーティストとして活動開始
1999
カネボウ化粧品とメイクアップアーティストとして契約
2000
Hair&make 「Office schone」所属
2010
独立を機に「Office TAKEsleepoo」設立
2013
クリスチャン・ディオールへ入社
トラベルリテイル・カウンターマネジャーとして従事
2014
再度フリーランスとして活動開始

Office TAKEsleepoo公式サイトはこちら

メイク講座講師:スペシャル&ビューティー メイクアップアーティスト 今越 壮彦(TAKE)先生

①久しぶりのメイクでもこわくない
“きっちりママメイク”

「結婚、出産を機に忙しさが増し、遠のくメイク…。このままでは、よくないのはわかっていても、どうして良いかわからない」
そんなママさんにオススメ!イメージとバランスを理解するだけで誰でもできる、きっちりママメイクの講座です。

  • 開催日:2019年4月25日(木)開場12:45/開始13:00/終了予定14:30
  • 場所;株式会社TSトーキョー(東京都渋谷区千駄ヶ谷5-26-5代々木シティホームズ209)→地図
  • 推奨:20代後半〜30代
  • 料金:通常5500円(税込)のところ、今回特別4500円(税込)
  • 最少催行人数:1名
  • 参加可能人数:10名まで
  • 持ち物:メモ、筆記用具(実践ではなく、講義形式ですので、メイク道具は不要ですが、質問したいことがあればお持ちください)。

お申込はこちら  
※ご予約は事前にお支払いの上、お申込の方が優先となります。

②久しぶりのメイクでもこわくない
“おでかけメイク”

「仕事、家事など、忙しさを理由に、いつの間にか適当に済ませてしまうようになったメイク。いざ時間ができて、オシャレして出かけようと思っても、どうもメイクの仕方がわからない」
せっかくのおでかけ時にはいつもと違うメイクをしておでかけしたいというあなたにオススメ!
メイク理論を細分化することでよくわかる、大人の為のお出かけメイクをレクチャーします。

  • 開催日:2019年4月25日(木)開場15:15/開始15:30/終了予定17:00
  • 場所;株式会社TSトーキョー(東京都渋谷区千駄ヶ谷5-26-5代々木シティホームズ209)→地図
  • 推奨:40代以上
  • 料金:通常5500円(税込)のところ、今回特別4500円(税込)
  • 最少催行人数:1名
  • 参加可能人数:10名まで
  • 持ち物:メモ、筆記用具(実践ではなく、講義形式ですので、メイク道具は不要ですが、質問したいことがあればお持ちください)。

お申込はこちら  
※ご予約は事前にお支払いの上、お申込の方が優先となります。

③ポイントだけおさえれば誰でもできる
“好印象就活メイク”

「今までメイクをしたことがなくて…」「いつものメイクと、就活用のメイクって、変えたほうが良いの!?」「そもそも就活にメイクは必要なの!?」
そんな就活生の疑問に応える講座。ちょっとしたポイントさえ押さえれば、どんな人にもプラスになる、好印象就活メイクです!!

  • 開催日:2019年4月25日(木)開場17:45/開始18:00/終了予定19:30
  • 場所;株式会社TSトーキョー(東京都渋谷区千駄ヶ谷5-26-5代々木シティホームズ209)→地図
  • 推奨:就活生(特別割引)18歳〜25歳
  • 料金:通常5500円(税込)のところ、今回特別3500円(税込)
  • 最少催行人数:1名
  • 参加可能人数:10名まで
  • 持ち物:メモ、筆記用具(実践ではなく、講義形式ですので、メイク道具は不要ですが、質問したいことがあればお持ちください)

お申込はこちら  
※ご予約は事前にお支払いの上、お申込の方が優先となります。

〈株式会社TSトーキョーの場所詳細〉
最寄り駅は、代々木、新宿、新宿三丁目です。
明治通り沿いの服部栄養専門学校の隣りの白いビルです。


  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

物語の舞台は1969年、主人公は1950年代、60年代初頭にヒットした『バウンティ・ロー』で主役を演じたリック・ダルトンと、彼のスタントマンであるクリフ・ブース。他にロマン・ポランスキー監督や、その妻シャロン・テートなど実在の人物と、フィクションの人物も登場します。1969年8月9日に起こった、チャールズ・マンソンを信奉するカルト集団によるシャロン・テート殺人事件…

映画『ライオン・キング』ジャパンプレミア、江口洋介 江口洋介(えぐち ようすけ)

1968年1月1日東京都生まれ。1987年に『湘南爆走族』でデビュー。さまざまなドラマや映画で活躍している。近年の映画出演作には…

映画『ドッグマン』マルチェロ・フォンテ ドッグマン

本作は1980年代の終わりにイタリアで実際にあった事件からインスピレーションを受けて作られたそうで、犬のトリマーやドッグショーをやっていたマルチェロは実在の人物…

映画『アルキメデスの大戦』田中泯 田中泯(たなか みん)

1945年3月10日生まれ、東京都出身。舞踊家。クラシック・バレエとモダンダンスを学び、独自の踊りのスタイル“ハイパーダンス”を展開し、海外で高く評価され…

映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾 葬式の名人

実は舞台になっている大阪府茨木市は、私の地元なので馴染みのある場所がたくさん映るだけでも…

映画『サマー・オブ・84』グラハム・バーチャー グラハム・バーチャー

2002年2月4日、カナダのバンクーバー生まれ。双子の兄弟とともに演技のクラスを受講したことから役者としての活動を始める。最初の仕事は…

映画『ロケットマン』ジャパンプレミア:タロン・エガートン(タロン・エジャトン)、デクスター・フレッチャー監督 全曲生歌で見事に演じたタロンをデクスター・フレッチャー監督が大絶賛!『ロケットマン』ジャパンプレミア

エルトン・ジョンの半生を描いた映画『ロケットマン』PRのため、主演のタロン・エガートン(タロン・エジャトン)、デクスター・フレッチャー監督が来日…

おすすめ記事

映画『フォルトゥナの瞳』神木隆之介 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 演技力部門編>

20代国内俳優第3弾の今回は、演技力部門TOP20を発表!映画ファンとしてこの結果はかなり気になります。

映画『タロウのバカ』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 個性・ユーモア部門編>

20代俳優第2弾の今回は、個性部門TOP20&ユーモア部門TOP10を発表!前回発表したルックス&セクシー部門から順位がどう入れ替わっているのかも注目です。

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

映画『キングダム』吉沢亮 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 ルックス・セクシー部門編>

トーキョー女子映画部の名物コーナー「イイ男セレクション」にちなんだ企画をスタート!まずは編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている国内20代(1990年以降の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい30名を選抜。各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。第1弾の今回は、ルックス部門TOP20&セクシー部門20代俳優TOP10を発表!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

REVIEW

  1. 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット
  2. 映画『ドッグマン』マルチェロ・フォンテ
    ドッグマン

  3. 映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾
    葬式の名人

  4. 海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ
  5. 映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』太賀/吉田羊
  6. 映画『天気の子』
    天気の子

  7. 映画『二ノ国』
    二ノ国

  8. 映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』田中圭/林遣都/沢村一樹/志尊淳/吉田鋼太郎
  9. 海外ドラマ『レジデント 型破りな天才研修医 シーズン2』マット・ズークリー
  10. 映画『マイ・エンジェル』マリオン・コティヤール

部活・イベント

  1. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  2. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  3. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP