OTHERWISE

TAKE先生のメイク講座 produced by トーキョー女子映画部

  • follow us in feedly
  • RSS
メイク講座講師:スペシャル&ビューティー メイクアップアーティスト 今越 壮彦(TAKE)先生

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』で、「“泣けるサバイバルアクション”で心も顔も綺麗になろう!」部活を行った際に、メイク講座を開いて頂いたTAKE先生。一般の方へのメイク指導はもちろん、プロ養成や、芸能関係でのメイクも担当されています。アメリカの学校でメイクを学び、実は特殊メイクの技術も持っているという異色の経歴。
とてもわかりやすく、優しく教えてくださるので、初めての方でも安心して受けてみてください!

スペシャル&ビューティー・メイクアップアーティスト
今越 壮彦(TAKE)

1996
Joe Blasco Make-up School(アメリカ/ハリウッド)卒業後、フリーランスのメイクアップアーティストとして活動開始
1999
カネボウ化粧品とメイクアップアーティストとして契約
2000
Hair&make 「Office schone」所属
2010
独立を機に「Office TAKEsleepoo」設立
2013
クリスチャン・ディオールへ入社
トラベルリテイル・カウンターマネジャーとして従事
2014
再度フリーランスとして活動開始

Office TAKEsleepoo公式サイトはこちら

メイク講座講師:スペシャル&ビューティー メイクアップアーティスト 今越 壮彦(TAKE)先生

①久しぶりのメイクでもこわくない
“きっちりママメイク”

「結婚、出産を機に忙しさが増し、遠のくメイク…。このままでは、よくないのはわかっていても、どうして良いかわからない」
そんなママさんにオススメ!イメージとバランスを理解するだけで誰でもできる、きっちりママメイクの講座です。

  • 開催日:2019年4月25日(木)開場12:45/開始13:00/終了予定14:30
  • 場所;株式会社TSトーキョー(東京都渋谷区千駄ヶ谷5-26-5代々木シティホームズ209)→地図
  • 推奨:20代後半〜30代
  • 料金:通常5500円(税込)のところ、今回特別4500円(税込)
  • 最少催行人数:1名
  • 参加可能人数:10名まで
  • 持ち物:メモ、筆記用具(実践ではなく、講義形式ですので、メイク道具は不要ですが、質問したいことがあればお持ちください)。

お申込はこちら  
※ご予約は事前にお支払いの上、お申込の方が優先となります。

②久しぶりのメイクでもこわくない
“おでかけメイク”

「仕事、家事など、忙しさを理由に、いつの間にか適当に済ませてしまうようになったメイク。いざ時間ができて、オシャレして出かけようと思っても、どうもメイクの仕方がわからない」
せっかくのおでかけ時にはいつもと違うメイクをしておでかけしたいというあなたにオススメ!
メイク理論を細分化することでよくわかる、大人の為のお出かけメイクをレクチャーします。

  • 開催日:2019年4月25日(木)開場15:15/開始15:30/終了予定17:00
  • 場所;株式会社TSトーキョー(東京都渋谷区千駄ヶ谷5-26-5代々木シティホームズ209)→地図
  • 推奨:40代以上
  • 料金:通常5500円(税込)のところ、今回特別4500円(税込)
  • 最少催行人数:1名
  • 参加可能人数:10名まで
  • 持ち物:メモ、筆記用具(実践ではなく、講義形式ですので、メイク道具は不要ですが、質問したいことがあればお持ちください)。

お申込はこちら  
※ご予約は事前にお支払いの上、お申込の方が優先となります。

③ポイントだけおさえれば誰でもできる
“好印象就活メイク”

「今までメイクをしたことがなくて…」「いつものメイクと、就活用のメイクって、変えたほうが良いの!?」「そもそも就活にメイクは必要なの!?」
そんな就活生の疑問に応える講座。ちょっとしたポイントさえ押さえれば、どんな人にもプラスになる、好印象就活メイクです!!

  • 開催日:2019年4月25日(木)開場17:45/開始18:00/終了予定19:30
  • 場所;株式会社TSトーキョー(東京都渋谷区千駄ヶ谷5-26-5代々木シティホームズ209)→地図
  • 推奨:就活生(特別割引)18歳〜25歳
  • 料金:通常5500円(税込)のところ、今回特別3500円(税込)
  • 最少催行人数:1名
  • 参加可能人数:10名まで
  • 持ち物:メモ、筆記用具(実践ではなく、講義形式ですので、メイク道具は不要ですが、質問したいことがあればお持ちください)

お申込はこちら  
※ご予約は事前にお支払いの上、お申込の方が優先となります。

〈株式会社TSトーキョーの場所詳細〉
最寄り駅は、代々木、新宿、新宿三丁目です。
明治通り沿いの服部栄養専門学校の隣りの白いビルです。


  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・ファブル』福士蒼汰 福士蒼汰(ふくし そうた)

1993年5月30日、東京都生まれ。2011年、TVドラマ『美咲ナンバーワン!!』で俳優デビュー。同年に『仮面ライダーフォーゼ』でドラマ初主演を飾る。その後2013年に…

映画『今日も嫌がらせ弁当』篠原涼子 今日も嫌がらせ弁当

篠原涼子は、こういう役をやらせたらピカイチですね。チャキチャキの母親のキャラクターにとても共感できます。愛情たっぷりで、子どもにもそれが伝わっているはずなのに…

映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』永瀬正敏 永瀬正敏(ながせ まさとし)

1983年にデビュー以降、ジム・ジャームッシュ監督『ミステリー・トレイン』や、クララ・ロー監督『アジアン・ビート(香港編)オータム・ムーン』などに出演し、1991年に山田洋次監督作『息子』で…

映画『凪待ち』香取慎吾 凪待ち

ある殺人事件が起こりますが、犯人捜しをするのがメインのお話ではありません。ギャンブルに溺れ、恋人に甘えて暮らしていた男が、心を入れ替えられるか否かを追うストーリーが軸になっていて…

映画『神と共に 第一章:罪と罰』キム・ドンウク キム・ドンウク

1983年7月29日生まれ。高校3年生の時にパク・シニャン主演映画『キリマンジャロ』を観て俳優になる夢を抱き、韓国芸術総合学校演劇院で学ぶ。その後…

映画『神と共に 第一章:罪と罰』キム・ドンウク D.O.(ディオ)

1993年1月12日生まれ。姓であるDOから芸名をD.O.(ディオ)とし、K-POPボーイズグループEXOのメインボーカルを務め、絶大な人気を誇る。映画は…

映画『神と共に 第二章:因と縁』マ・ドンソク マ・ドンソク

1971年生まれ。1980年代末に家族と共にアメリカへ移住し、コロンバス州立大学体育学科を卒業。格闘家の個人トレーナーなど、さまざまな仕事を経験した後、2005年にSF歴史活劇『天軍』で映画デビュー。その後…

おすすめ記事

映画館【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】 座席は毎回予約する?映画好き女子行きつけの映画館とは?

映画館についてのアンケート第3弾!今回は、劇場で映画鑑賞をする際に事前に座席予約をするのか、行きつけの映画館はあるのかについて結果発表。さらに、6月28日にオープンの【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】についての情報も掲載!

【劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント】 劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント

映画館アンケート特集第2弾!今回は劇場で映画鑑賞をする際に、満足度に影響する要素&映画館のサービスで力を入れて欲しいことについての結果を発表。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

映画”PARASITE(英題)”カンヌ国際映画祭 映画好き女子が映画賞・映画祭で気にするポイント!

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第3弾!今回は、映画好き女子が作品選びをする際にどの賞に影響を受けるのかについての結果を発表します。今年のパルムドール受賞作品のニュースも!

東京国際映画祭レッドカーペット『カメラを止めるな!』 映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング【国内編】

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第2弾!今回は映画好き女子が信頼を寄せる日本の映画賞と映画祭について、結果を発表します!

REVIEW

  1. 映画『今日も嫌がらせ弁当』篠原涼子
  2. 映画『凪待ち』香取慎吾
    凪待ち

  3. 映画『ハッピー・デス・デイ』ジェシカ・ロース
  4. 映画『COLD WAR あの歌、2つの心』ヨアンナ・クーリク/トマシュ・コット
  5. 映画『ジョナサン -ふたつの顔の男-』アンセル・エルゴート
  6. 映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』ステファノ・アコルシ/ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ステファニア・サンドレッリ/イヴァノ・マレスコッティ/クラウディア・ジェリーニ/ヴァレリア・ソラリーノ/サンドラ・ミーロ
  7. 映画『神と共に 第二章:因と縁』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/D.O.(EXO)/マ・ドンソク
  8. 映画『きみと、波にのれたら』
  9. 新聞記者

  10. クリス・ヘムズワース/テッサ・トンプソン

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
PAGE TOP