REVIEW

愛があれば憎しみも【母と娘のさまざまな関係】特集

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『パラレル・マザーズ』ペネロペ・クルス/ミレナ・スミット

今回は、母娘の関係を描いた新作が豊富なことにちなんで、いくつか旧作も交えてこの特集をお送りします。

『パラレル・マザーズ』

映画『パラレル・マザーズ』ペネロペ・クルス/ミレナ・スミット
映画『パラレル・マザーズ』ミレナ・スミット

REVIEW
これまでの作品でも母についての物語を描いてきたペドロ・アルモドバル監督。本作では、民族、家族のルーツに絡めて、母とは何かという偉大なテーマに向き合う物語を紡ぎ出しています。ネタバレになるので、母娘がどんな関係かは書きませんが、何組かの母娘の物語が描かれています。また、ドラマチックな設定によって、母としての思いと人間としての良心で葛藤する主人公(ペネロペ・クルス)の姿が印象的に映ります。同じ愛情深い行為でも、それが親の身勝手でもあり子どものためでもあり、難しい選択を迫られる主人公の心情をリアルに体感できます。

映画『パラレル・マザーズ』ペネロペ・クルス/ミレナ・スミット

2022年11月3日より全国公開
公式サイト

『わたしのお母さん』

映画『わたしのお母さん』井上真央/石田えり/阿部純子
映画『わたしのお母さん』井上真央

REVIEW
母が苦手な主人公、夕子(井上真央)のもとに、ある出来事がきっかけで母、寛子(石田えり)が転がりこんできます。夕子は少しの間だけだと我慢しますが、何でもやり過ごそうとする夕子の態度を寛子は見逃しません。接する機会が増えた2人の間にはまた溝ができていきます。この後は本編で観ていただくとして、本作に登場する母娘は、相性が合わない母娘のオーソドックスな例といえます。でも、一見相性が合わないようでいて、その裏にはいろいろな思い出が絡んでいて、過去が2人の間を邪魔をしているのがわかります。女手一つで3人の子どもを育ててきた寛子と、大変な時期を長女として過ごしてきた夕子。どちらも悪くないのにと切なくなります。

映画『わたしのお母さん』井上真央/石田えり

2022年11月11日より全国公開
公式サイト

『ファイブ・デビルズ』

映画『ファイブ・デビルズ』アデル・エグザルコプロス
映画『ファイブ・デビルズ』

REVIEW
とても不思議な現象によって、幼い娘が母の秘密を知っていく物語。娘としてはかなり複雑な心境になる秘密が明かされていきますが、娘が大きくなった時に同じ女性としてはその秘密をどう受け取るかが変わってきそうな内容です。『ファイブ・デビルズ』というタイトルの意味が何なのかを探りながら観るおもしろさもあります。何度も観るとその都度発見がありそうですが、私は五感の比喩なのではと考えました。あくまで個人の考察なので正解かどうかはわかりません。それが五感だったとして、その先の繋がりはまだ考察しきれていません(苦笑)。皆さんもぜひ考察を楽しみながら観てください。

映画『ファイブ・デビルズ』アデル・エグザルコプロス

2022年11月18日より全国公開
公式サイト

『母性』

映画『母性』戸田恵梨香/永野芽郁
映画『母性』戸田恵梨香/永野芽郁

REVIEW
同じ出来事なのに受け取り方、記憶が異なる母と娘の両方の視点を描いた作品。母となった女性は誰もが誰かの娘でもあるというメッセージも強く伝わってききて、それが意味するところは何なのかをすごく考えさせられます。物語の軸は、ルミ子(戸田恵梨香)と清佳(永野芽郁)ですが、ルミ子と実母(大地真央)、ルミ子と義母(高畑淳子)の関係など、さまざまな母娘の関係が描かれています。愛されたいのに愛されない、愛したいのに愛せない、その両面から描くことで、“母性”の一言では片付けられない女性の複雑な心境を見事に表現しています。

映画『母性』戸田恵梨香/永野芽郁

2022年11月23日より全国公開
公式サイト

『母の聖戦』

映画『母の聖戦』アルセリア・ラミレス
映画『母の聖戦』アルセリア・ラミレス

REVIEW
ある日突然誘拐された娘を必死で取り戻そうとする母親の物語。母親の深くて強い愛情を感じ取れる内容でありながら、意味深なラストを観た後に解釈と想像を巡らせると、何だか違った解釈も浮かんできます。例えば、母は娘についてわかっているようでわかっていないということを表現している物語にも受け取れます。とはいえ、ラストは答えを明確に表現したものではなく、観た人次第で変わるはず。複数回見直して、余白を自分なりに埋めていくと、もしかしたら母娘の関係の見えていなかった側面が見えてくるかもしれません。

2023年1月20日より全国公開
公式サイト

既に配信中やブルーレイ、DVDがリリースされている作品は、ジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びます。

『ステラ』

母と娘の名作といえば、この作品。

『愛を乞うひと』

個人的に強烈なインパクトを受けた作品。母と娘の何とも言い表し難い関係を見事に描いています。

Amazonプライムで観る

『地上より何処かで』

母が自分が叶えたかった夢を娘に押し付けたり、自分が勝手に娘の輝く未来を思い描いてしまうことはいつの時代、どこにでもありそうだけれど、母自身は意外に気付けないことも多いのかもしれません。

『ホワイト・オランダー』

強い愛情がオールOKなわけではない。愛情のかけ方、向け方次第で、娘が辛い思いをすることも。

Amazonプライムで観る

『私の中のあなた』

『私の中のあなた』というタイトルの意味するところが何なのかを知ると、娘としては本当に切ない気持ちになります。

Amazonプライムで観る

『八日目の蝉』

複雑な状況が発端で母娘として暮らしてきた2人。子どもに何の罪もないですが、きっかけがきっかけなだけに辛い関係です。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 Amazonプライムで観る

『ルージュの手紙』

血の繋がらない母娘の物語。性格が真逆だから、なおややこしい。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 Amazonプライムで観る

『真実』

女性はいろいろな顔を持っています。だから、ある顔を守るために母親の顔を素直に出せないことも。

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 Amazonプライムで観る

母親は特に「こうあるべきだ」というような社会通念があって、世のお母さん達はその色眼鏡で見られることに窮屈さを感じることが大いにあると思います。でも、十人十色だし、愛情の形も表現の仕方も違えば、個人のそれぞれの生き方も違います。
ここでご紹介した作品の他にもさまざまな母娘の関係を描いた作品がありますので、いろいろ観ていただくことで母も娘のどちらの立場でも何か自分なりに折り合いが付けられるといいなと思います。

TEXT by Myson

©Remotamente Films AIE & El Deseo DASLU
©2021 F Comme Film – Trois Brigands Productions – Le Pacte – Wild Bunch International – Auvergne-Rhône- Alpes Cinéma – Division
©2022「わたしのお母さん」製作委員会
©2022映画「母性」製作委員会
©MENUETTO FILM, ONE FOR THE ROAD,LES FILMS DU FLEUVE, MOBRA FILMS&TEOREMA

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

2023年の洋画人気作はどんな因子で構成される?因子分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖18

今回は、2023年洋画ベストの投票で得たデータをもとに、因子分析を行いました。どんな因子構造になったのでしょうか。

映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩 違国日記【レビュー】

累計発行部数180万部を超える、ヤマシタトモコの人気コミック 「違国日記」を原作とした本作は…

映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン ナイトスイム【レビュー】

難病の発症を機に引退した元メジャーリーガーのレイ(ワイアット・ラッセル)は、心機一転、新しい家を探し…

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩
  2. 映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン
  3. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  4. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  5. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP