アンケート特集

映画好き女子が映画賞・映画祭で気にするポイント!

  • follow us in feedly
  • RSS
映画”PARASITE(英題)”カンヌ国際映画祭

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第3弾!ついに今回が最終回です。カンヌ国際映画祭は先日終わりましたが、受賞作はチェックしましたか?今回は、映画好き女子が作品選びをする際にどの賞に影響を受けるのかについての結果を発表します。

アンケート回答人数 406名 ※15歳以上の女性

<映画鑑賞頻度>
ほぼ毎日観賞11.1% 週に3作ほど観賞21.7% 週に1作ほど観賞 33.0%
毎月1、2作ほど観賞 28.6% 2、3ヶ月に1作ほど鑑賞 5.1%
年に1、2作ほど鑑賞 0.5%

Q1:映画賞の部門の中で、あなた自身が観賞する作品選び(実写)に影響する賞のカテゴリーはどれですか? ※複数選択可

【女子の本音調査:映画好き女子が映画賞・映画祭で気にするポイント!】グラフQ1

<回答理由>
■助演男優賞・助演女優賞を受賞した映画で外れたと思った経験がない。(20代前半)
■作品賞はその年のナンバー1映画のようなものなので、やはり観賞したいという気持ちになります。(20代前半)
■作品賞、主演男優女優賞や監督賞、脚本賞などは作品のわかりやすい良さに通じていると思うので、チェックします。また、私が個人的にそれほど魅力がないと思っていた作品でも、美術賞や衣装デザイン賞などを受賞している作品は、やはり視覚的に盛り上がる映画になっているので、必ずチェックします。(20代後半)
■作品賞、脚本賞、外国語映画賞を受賞していれば、作品全体としておもしろいのではないかと思うので、興味がなかった作品でも観たいなと思います。(20代後半)
■やはり作品賞を受賞する作品は、映像、音楽、脚本、その他すべてのバランスが調和しているものが多いと感じるので、作品賞はかなり重視しています。そして、好きな俳優さんや女優さんが出ているor受賞するとやはり嬉しいので、必ず観に行きます。(20代後半)
■まず、監督の力は大きいので監督賞を重視します。次に影響力があるのはストーリーだから、脚本賞。最後に世界観をつくる衣装デザイン賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞などを重視します。(30代前半)
■シナリオがおもしろいのが1番重要だと思っているので、脚本賞が1番気になる。また、映画は視覚的に楽しめることもポイントだと思うので、美術賞、衣装デザイン賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞も気になります。(30代前半)
■脚本賞や外国語映画賞を受賞する作品は、年度により時代の世相を反映した作品が多いように感じるので結果が気になります。(30代前半)
■美術や衣裳で受賞したものは、目で楽しめる作品が多く、歌曲賞、作曲賞を受賞した作品も音楽を耳で楽しめるものが多い印象です。(30代後半)
■作品賞を受賞した作品はとりあえず観る感じで、外国語映画賞はいろいろな国の映画を知ることができるきっかけになる。(30代後半)
■やはり作品賞、監督賞ははずせない!という感じですが、好きな俳優が助演賞を受賞したりすると、とても嬉しくて「見逃すわけには!!」とテンションが上がります。 あと、衣裳デザイン賞も、いつも楽しみにしています。(40代前半)
■賞に値するストーリーや演技は単純に観てみたいし、監督賞を受賞する監督はその年以外にもおもしろい作品を送り出しているor送り出す可能性が高いので、追う価値があると思う。(40代前半)
■衣装デザイン賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞などは、実は日本人がアメリカでコツコツキャリアを積み重ね、活躍されていることを知る機会にもなるで、作品選びに影響する。(40代前半)
■主演、助演が良い映画は繰り返し観たくなる。良くできた作品よりキャラクターに思い入れを持ちたい。(40代前半)
■特に作品賞、助演賞、脚本賞、監督賞が気になる。助演が良いとおもしろいことが多いが、基本は脚本だと思っている。それをどう監督が料理するか、お金をどれだけかけられるかで出演者も決まってくる。(40代後半)
■わかりやすいのは、主演賞などの部門ではあるけど、1番その作品がおもしろいだろうと思えるのは脚本or脚色賞。逆に作品賞に輝くものは、自分のストライクゾーンでないことが多く、観ないわけではないが、ハードルを下げて臨むようにしている。(40代後半)
■映画をトータルで考えると、1つの部門よりたくさんの部門を受賞する作品に好みのものを見つけやすい。(50代)

トータル的にバランスが良いと思うという理由で「作品賞」を選んだ方が多くいましたが、視覚的に楽しめるという理由から「衣装デザイン賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞」「美術賞」を重視するという声も多く挙がっていました。また、受賞数も気になるという意見もあり、映画好き女子の多くが賞の行方を追っていることがわかりました。

Q2:ファンのクチコミで評判が良いものが受賞するとは限らないことについて、どう思いますか?

【女子の本音調査:映画好き女子が映画賞・映画祭で気にするポイント!】グラフQ2

それぞれの映画祭や映画賞の特徴を認識されている方が多いようで、一般の意見も重要だけど、各映画祭の特色などもあることから、全部の賞に一般の意見が反映される必要はないと考える方が多かったのかなと思いました。最近は一般の観客が選ぶ観客賞を設けている映画祭も多いので、その結果に注目したり、機会があれば投票に参加するのも楽しそうですね。

3回に分けてお送りした映画賞&映画祭の特集、いかがでしたでしょうか?映画賞の結果がどうであれ、受賞作品はもちろん、そこからさらに受賞監督、俳優の過去作を追う方などもいて、ツウな楽しみ方ができますね。カンヌ国際映画祭は閉幕しましたが、年間を通して今後も国内外でさまざまな映画祭が行われます。ご自身の好みに合う映画祭や賞を探したり、自分だったらどの作品に賞をあげるかを想像したり、ぜひ新たな映画探しの参考にしてみてください。

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

第72回カンヌ国際映画祭最高賞のパルムドールを受賞したのは?

先日行われた第72回カンヌ国際映画祭にて、ポン・ジュノ監督最新作“PARASITE(英題)”が、最高賞のパルムドールを受賞しました。審査員満場一致の決定だったそうで、韓国映画としては初となるパルムドール受賞という歴史的快挙を成し遂げました!

映画”PARASITE(英題)”カンヌ国際映画祭、ポン・ジュノ監督

今回の受賞を受けてポン・ジュノ監督は、「まさかパルムドールをもらえるなんて思ってもみませんでした。本当に光栄です。私はフランス映画から多くの影響を受けてきました。特に2人の監督、アンリー=ジョルジュ・クルゾーとクロード・シャブロルに感謝したいと思います。この作品はとても特別な冒険でした。すべてのアーティストに感謝したいと思います。そして何よりもこの作品は素晴らしい俳優がいなかったら撮れなかったと思います。彼らに感謝します。私は映画が本当に好きで、12歳の頃から映画狂の青年でした。そしてまさか監督になるなんて…!本当に何にせよ、今夜この手で、私にとって大きな賞を頂けるなんて思っていませんでした。本当にありがとうございました!」と話しました。

また、審査員長を務めたアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥは、「この映画で、私たちは予想のつかない展開を体験しました。“PARASITE(英題)”は、ユーモラスで優しく、何かを決めつけることなく現実の問題に直結していました。ローカルな映画でありながら、非常に国際的であり、映画とは何かという本質の理解によって、素晴らしく効果的に生み出されていました。私達は観た瞬間からこの映画に魅了され、観た後も自分達の中でどんどんと育っていきました。これが、私達が満場一致でこの映画を選んだ理由です」とコメント。日本公開も決定している本作。今回の受賞でますます本作への期待が高まります!

映画”PARASITE(英題)”ソン・ガンホ

“PARASITE(英題)”
日本公開決定!
監督・共同脚本:ポン・ジュノ
出演:ソン・ガンホ/イ・ソンギュン/チョ・ヨジョン/チェ・ウシク/パク・ソダム/イ・ジョンウン/チャン・ヘジン
配給:ビターズ・エンド

©2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』ダニエル・クレイグ ダニエル・クレイグ

1968年3月2日イイギリス、チェスター生まれ。リヴァプール近郊で育ち、ロンドンのナショナル・ユース・シアターとギルドホール音楽演劇学校で学び1991年に卒業。1992年ジョン・G・アヴィルドセン監督の…

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ フォー・ライフ

シリーズのノリはそのままに、主人公の“今”に合ったストーリーになっていて、ウィル・スミスが演じるマイクと、マーティン・ローレンスが演じるマーカスの個性にも…

殺人イメージ写真AC(包丁) 心理学から観る映画1-3:犯罪と脳

先天的な理由の一つとして、脳の神経構造の研究が行われています。果たして、連続殺人犯の脳と、一般の人の脳に違いはあるのでしょうか?

映画『風の電話』モトーラ世理奈/西島秀俊 風の電話

“風の電話”は、2011年に岩手県大槌町在住の庭師である佐々木格さんが、自宅の庭に設置した電話ボックスで、東日本大震災で多くの方がお亡くなりになり、故人と…

映画『パラサイト 半地下の家族』チェ・ウシク チェ・ウシク

1990年3月26日生まれ。大韓民国、ソウル特別市出身。幼少期にカナダに移住し、学生生活を過ごす。その後韓国に戻り、2011年にテレビドラマ『チャクペー相棒ー』で俳優デビューを飾る。その後…

映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』オルガ・キュリレンコ/アレックス・ロウザー 9人の翻訳家 囚われたベストセラー

巧みなトリックとどんでん返しの繰り返しで、気持ち良く騙される快感を得られます。物語は、全世界待望のミステリー小説の新刊を世界同時出版するため、9名の翻訳家がフランスの人里離れた村にある要塞のような洋館に集められるところから…

映画『サヨナラまでの30分』萩原健太郎監督インタビュー 『サヨナラまでの30分』萩原健太郎監督インタビュー

本作は、1年前に死んだバンドのボーカル・アキ(新田真剣佑)と、人付き合いが苦手な大学生、颯太(北村匠海)が1つの体を共有するというユニークな青春音楽ラブストーリー。今回、本作でメガホンを執った萩原健太郎監督にインタビューをさせて頂きました。監督のこだわり、俳優さん達について、そしてアメリカと日本の映画作りの違いなど、いろいろなお話を聞けました。

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』ステラン・スカルスガルド ステラン・スカルスガルド

1951年6月13日、スウェーデン生まれ。1968年、TVシリーズの主演に抜擢され俳優デビューし、1972年ストックホルム王立劇場の一員となり…

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:フランチェスカ・ヘイワード(ヴィクトリア役)、トム・フーパー(監督)、デブラ・ヘイワード(プロデューサー)/【日本語吹き替え版】葵わかな、山崎育三郎、高橋あず美、秋山竜次、大貫勇輔、大竹しのぶ、蔦谷好位置(音楽プロデューサー) トム・フーパー監督が8歳の頃に一目惚れしたミュージカルを映画化『キャッツ』来日ジャパンプレミア

日本での劇場公開目前となる2020年1月22日、本作を監督したトム・フーパー、主人公ヴィクトリア役を演じたフランチェスカ・ヘイワード、プロデューサーのデブラ・ヘイワードが来日し、日本語版吹き替えキャスト達とともにジャパンプレミアを行いました…

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』ジョナサン・プライス ジョナサン・プライス

1947年6月1日イギリス生まれ。ロンドンの王立演劇学校で学び、ブロードウェイにも進出してトニー賞などを受賞。1985年、テリー・ギリアム監督作『未来世紀ブラジル』で…

おすすめ記事

【東京コミコン2018】オープニングセレモニー、エズラ・ミラー イイ男セレクションランキング2020<海外20代俳優 個性・ユーモア部門ランキング>

今回は、海外20代俳優の個性部門TOP20、ユーモア部門TOP15を発表!若い時から個性やユーモアが光る俳優は、今後も演技の幅をどんどん広げていきそうな気がします。注目のランキング結果はいかに!?

映画『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』ティモシー・シャラメ イイ男セレクションランキング2020<海外20代俳優 ルックス・セクシー部門ランキング>

今回からいよいよイイ男セレクションランキング海外俳優編がスタート!まずは20代俳優についてのランキングを発表します。編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている海外20代(1990年以降の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい下記30名を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。今回は、ルックス部門TOP20&セクシー部門TOP15を発表します!

映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン ドラマを観ずに、劇場版『ダウントン・アビー』を観てみた結果を発表!

世界的に社会現象を巻き起こした人気ドラマ『ダウントン・アビー』が映画化され、2020年1月10日より劇場公開されます。本作の部活では…

映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックス トーキョー女子映画部が選ぶ 2019年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ2019年 ベスト5を発表します!劇場公開中の作品や、デジタル配信中のもの、DVDレンタル・発売中のものなど、ぜひ冬休みに観てください。

映画『ある船頭の話』オダギリジョー監督 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 総合ランキング>

いよいよ今回は、40代&50代俳優の総合ランキングを発表!各部門でランキングの入れ替えが多かった40代50代俳優ですが、果たして栄冠は誰の手に!?

映画『ドクター・スリープ』原作者:スティーヴン・キング これほど多く作品が映画化された作家はいない!スティーヴン・キング特集

2019年は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』、2020年1月には『ペット・セメタリー』と、立て続けにスティーヴン・キング原作の映画化が公開されます…

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

映画『50回目のファーストキス』完成披露試写会舞台挨拶、山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 総合ランキング>

今回は、いよいよ30代俳優の総合ランキングを発表します!20代の各部門ランキングに比べると、30代のランキングは部門毎で変動が多かった印象ですが、果たして総合ランキングはどのような結果になったのでしょうか?

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

REVIEW

  1. 映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  2. 映画『風の電話』モトーラ世理奈/西島秀俊
    風の電話

  3. 映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』オルガ・キュリレンコ/アレックス・ロウザー
  4. 映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』アダム・ドライバー/ジョナサン・プライス
  5. 映画『ロマンスドール』高橋一生/蒼井優
  6. 映画『キャッツ』フランチェスカ・ヘイワード
    キャッツ

  7. 映画『サヨナラまでの30分』新田真剣佑/北村匠海
  8. 映画『私の知らないわたしの素顔』ジュリエット・ビノシュ/フランソワ・シビル
  9. 映画『ジョジョ・ラビット』ローマン・グリフィン・デイビス/タイカ・ワイティティ
  10. 映画『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』フェリシティ・ジョーンズ/エディ・レッドメイン

部活・イベント

  1. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン シーズン1』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  2. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP