アンケート特集

映画好き女子が映画賞・映画祭で気にするポイント!

  • follow us in feedly
  • RSS
映画”PARASITE(英題)”カンヌ国際映画祭

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第3弾!ついに今回が最終回です。カンヌ国際映画祭は先日終わりましたが、受賞作はチェックしましたか?今回は、映画好き女子が作品選びをする際にどの賞に影響を受けるのかについての結果を発表します。

アンケート回答人数 406名 ※15歳以上の女性

<映画鑑賞頻度>
ほぼ毎日観賞11.1% 週に3作ほど観賞21.7% 週に1作ほど観賞 33.0%
毎月1、2作ほど観賞 28.6% 2、3ヶ月に1作ほど鑑賞 5.1%
年に1、2作ほど鑑賞 0.5%

Q1:映画賞の部門の中で、あなた自身が観賞する作品選び(実写)に影響する賞のカテゴリーはどれですか? ※複数選択可

【女子の本音調査:映画好き女子が映画賞・映画祭で気にするポイント!】グラフQ1

<回答理由>
■助演男優賞・助演女優賞を受賞した映画で外れたと思った経験がない。(20代前半)
■作品賞はその年のナンバー1映画のようなものなので、やはり観賞したいという気持ちになります。(20代前半)
■作品賞、主演男優女優賞や監督賞、脚本賞などは作品のわかりやすい良さに通じていると思うので、チェックします。また、私が個人的にそれほど魅力がないと思っていた作品でも、美術賞や衣装デザイン賞などを受賞している作品は、やはり視覚的に盛り上がる映画になっているので、必ずチェックします。(20代後半)
■作品賞、脚本賞、外国語映画賞を受賞していれば、作品全体としておもしろいのではないかと思うので、興味がなかった作品でも観たいなと思います。(20代後半)
■やはり作品賞を受賞する作品は、映像、音楽、脚本、その他すべてのバランスが調和しているものが多いと感じるので、作品賞はかなり重視しています。そして、好きな俳優さんや女優さんが出ているor受賞するとやはり嬉しいので、必ず観に行きます。(20代後半)
■まず、監督の力は大きいので監督賞を重視します。次に影響力があるのはストーリーだから、脚本賞。最後に世界観をつくる衣装デザイン賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞などを重視します。(30代前半)
■シナリオがおもしろいのが1番重要だと思っているので、脚本賞が1番気になる。また、映画は視覚的に楽しめることもポイントだと思うので、美術賞、衣装デザイン賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞も気になります。(30代前半)
■脚本賞や外国語映画賞を受賞する作品は、年度により時代の世相を反映した作品が多いように感じるので結果が気になります。(30代前半)
■美術や衣裳で受賞したものは、目で楽しめる作品が多く、歌曲賞、作曲賞を受賞した作品も音楽を耳で楽しめるものが多い印象です。(30代後半)
■作品賞を受賞した作品はとりあえず観る感じで、外国語映画賞はいろいろな国の映画を知ることができるきっかけになる。(30代後半)
■やはり作品賞、監督賞ははずせない!という感じですが、好きな俳優が助演賞を受賞したりすると、とても嬉しくて「見逃すわけには!!」とテンションが上がります。 あと、衣裳デザイン賞も、いつも楽しみにしています。(40代前半)
■賞に値するストーリーや演技は単純に観てみたいし、監督賞を受賞する監督はその年以外にもおもしろい作品を送り出しているor送り出す可能性が高いので、追う価値があると思う。(40代前半)
■衣装デザイン賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞などは、実は日本人がアメリカでコツコツキャリアを積み重ね、活躍されていることを知る機会にもなるで、作品選びに影響する。(40代前半)
■主演、助演が良い映画は繰り返し観たくなる。良くできた作品よりキャラクターに思い入れを持ちたい。(40代前半)
■特に作品賞、助演賞、脚本賞、監督賞が気になる。助演が良いとおもしろいことが多いが、基本は脚本だと思っている。それをどう監督が料理するか、お金をどれだけかけられるかで出演者も決まってくる。(40代後半)
■わかりやすいのは、主演賞などの部門ではあるけど、1番その作品がおもしろいだろうと思えるのは脚本or脚色賞。逆に作品賞に輝くものは、自分のストライクゾーンでないことが多く、観ないわけではないが、ハードルを下げて臨むようにしている。(40代後半)
■映画をトータルで考えると、1つの部門よりたくさんの部門を受賞する作品に好みのものを見つけやすい。(50代)

トータル的にバランスが良いと思うという理由で「作品賞」を選んだ方が多くいましたが、視覚的に楽しめるという理由から「衣装デザイン賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞」「美術賞」を重視するという声も多く挙がっていました。また、受賞数も気になるという意見もあり、映画好き女子の多くが賞の行方を追っていることがわかりました。

Q2:ファンのクチコミで評判が良いものが受賞するとは限らないことについて、どう思いますか?

【女子の本音調査:映画好き女子が映画賞・映画祭で気にするポイント!】グラフQ2

それぞれの映画祭や映画賞の特徴を認識されている方が多いようで、一般の意見も重要だけど、各映画祭の特色などもあることから、全部の賞に一般の意見が反映される必要はないと考える方が多かったのかなと思いました。最近は一般の観客が選ぶ観客賞を設けている映画祭も多いので、その結果に注目したり、機会があれば投票に参加するのも楽しそうですね。

3回に分けてお送りした映画賞&映画祭の特集、いかがでしたでしょうか?映画賞の結果がどうであれ、受賞作品はもちろん、そこからさらに受賞監督、俳優の過去作を追う方などもいて、ツウな楽しみ方ができますね。カンヌ国際映画祭は閉幕しましたが、年間を通して今後も国内外でさまざまな映画祭が行われます。ご自身の好みに合う映画祭や賞を探したり、自分だったらどの作品に賞をあげるかを想像したり、ぜひ新たな映画探しの参考にしてみてください。

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

第72回カンヌ国際映画祭最高賞のパルムドールを受賞したのは?

先日行われた第72回カンヌ国際映画祭にて、ポン・ジュノ監督最新作“PARASITE(英題)”が、最高賞のパルムドールを受賞しました。審査員満場一致の決定だったそうで、韓国映画としては初となるパルムドール受賞という歴史的快挙を成し遂げました!

映画”PARASITE(英題)”カンヌ国際映画祭、ポン・ジュノ監督

今回の受賞を受けてポン・ジュノ監督は、「まさかパルムドールをもらえるなんて思ってもみませんでした。本当に光栄です。私はフランス映画から多くの影響を受けてきました。特に2人の監督、アンリー=ジョルジュ・クルゾーとクロード・シャブロルに感謝したいと思います。この作品はとても特別な冒険でした。すべてのアーティストに感謝したいと思います。そして何よりもこの作品は素晴らしい俳優がいなかったら撮れなかったと思います。彼らに感謝します。私は映画が本当に好きで、12歳の頃から映画狂の青年でした。そしてまさか監督になるなんて…!本当に何にせよ、今夜この手で、私にとって大きな賞を頂けるなんて思っていませんでした。本当にありがとうございました!」と話しました。

また、審査員長を務めたアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥは、「この映画で、私たちは予想のつかない展開を体験しました。“PARASITE(英題)”は、ユーモラスで優しく、何かを決めつけることなく現実の問題に直結していました。ローカルな映画でありながら、非常に国際的であり、映画とは何かという本質の理解によって、素晴らしく効果的に生み出されていました。私達は観た瞬間からこの映画に魅了され、観た後も自分達の中でどんどんと育っていきました。これが、私達が満場一致でこの映画を選んだ理由です」とコメント。日本公開も決定している本作。今回の受賞でますます本作への期待が高まります!

映画”PARASITE(英題)”ソン・ガンホ

“PARASITE(英題)”
日本公開決定!
監督・共同脚本:ポン・ジュノ
出演:ソン・ガンホ/イ・ソンギュン/チョ・ヨジョン/チェ・ウシク/パク・ソダム/イ・ジョンウン/チャン・ヘジン
配給:ビターズ・エンド

©2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『悪の偶像』ソル・ギョング ソル・ギョング

1968年5月1日、韓国生まれ。舞台役者としてキャリアをスタートさせ、第37回韓国大鐘賞の主要5部門を独占したイ・チャンドン監督の社会派ドラマ『ペパーミント・キャンディー』(2000)で注目を集める。2004年…

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

映画『グッド・ワイフ』イルセ・サラス グッド・ワイフ

物語の舞台は1982年、メキシコシティの高級地区ラスロマス。ソフィアは、ここで暮らすセレブ妻達も羨むような生活を送っていましたが…

映画『ブリット=マリー幸せなひとりだち』インタビュー:ツヴァ・ノヴォトニー監督 『ブリット=マリー幸せなひとりだち』ツヴァ・ノヴォトニー監督インタビュー

結婚してから40年間、毎日完璧に家事をこなしてきた63歳の主婦が、突然家出!この63歳の女性の“冒険”を描いたベストセラーを映画化したツヴァ・ノヴォトニー監督に、メールインタビューをさせて頂きました。誰でもいつからだって人生をやり直せることを教えてくれる本作を撮った監督はどんな価値観をもっていらっしゃるのでしょうか。

映画『ドンテンタウン』佐藤玲/笠松将 ドンテンタウン

すごく身近な日常を描いていながら、いつの間にか観る者を“ドンテンタウン(曇天街)”に誘い込んでしまう、ファンタジックでどこかSF的な物語です。スランプに陥ったシンガーソングライターのソラが…

映画『グッド・ボーイズ』ジェイコブ・トレンブレイ/ブレイディ・ヌーン/キース・L・ウィリアムズ 心理学から観る映画16:グループ行動からみる心の成長

新型コロナウィルス感染症の影響で家庭学習がメインの日々が続いていたなか、最近ようやく通学が解禁となり、徐々に通常登校に戻している学校も出てきたようです。学校に行けないことが学業に影響することはもちろんですが、友達との接触もないわけで、そのことも子ども達の心理的発達に影響を及ぼします。そこで今回は、仲間関係の変化と成長について取り上げます。

映画『リトル・ジョー』エミリー・ビーチャム リトル・ジョー

エミリー・ビーチャムとベン・ウィショーの怪しげな白衣姿にも興味をそそられる本作は、あるバイオ企業で新種の植物開発に取り組む研究者のアリスが、持ち主に幸せをもたらす特殊な花の開発に成功するも…

映画『悪人伝』マ・ドンソク 悪人伝

ヤクザと刑事が手を組んで、無差別連続殺人犯を追い詰めるという奇想天外なお話ですが、本作は実際の事件に基づいて創作されたというから驚き。どこまでが実際の事件の部分で、どこからがフィクションなのかとても気になりますが…

Netflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』荒川良々 呪怨:呪いの家

映画の“呪怨”シリーズは、清水崇監督の邦画版と洋画版(サム・ライミ製作)の両方で何作も作られたので、もう慣れたつもりで最初は余裕をぶっこいて観てましたが…

映画『チア・アップ!』チャーリー・ターハン チャーリー・ターハン

1998年6月11日アメリカ、ニュージャージー州生まれ。2007年から子役としてキャリアをスタートさせ、8歳の時にウィル・スミス主演『アイ・アム・レジェンド』で長編映画デビューを飾る。2010年の映画『きみがくれた未来』では…

おすすめ記事

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ禍のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ禍の映画生活について、調査しました。

銃イメージ画像 あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『レオン』

「勝手にキャスティング企画!」第3回は『レオン』。まだ子役だったナタリー・ポートマンが、当時から可愛くて、演技も素晴らしく、虜になった方も多かったのではないでしょうか?今回はそんな本作をリメイクするとしたら、ジャン・レノが演じたレオン・モンタナ、ナタリー・ポートマンが演じたマチルダ・ランドーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『アトミック・ブロンド』シャーリーズ・セロン 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜アクション俳優編〜

楽しい妄想シリーズとして、新たに「1日あの人になってみたい!」企画をスタート。第1弾は“アクション俳優編”です。皆さんがもし1日だけアクション俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想しながら回答頂きました!

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『タイタニック』

「勝手にキャスティング企画!」第2回は『タイタニック』。名作中の名作で、日本でも一大ムーブメントを起こしたあの頃が懐かしいですね。今回はそんな本作をリメイクするとしたら、レオナルド・ディカプリオが演じたジャック・ドーソン、ケイト・ウィンスレットが演じたローズ・デウィット・ブカターを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『ルーム』ブリー・ラーソン/ジェイコブ・トレンブレイ ここが手掛ける映画は間違いない!映画好き女子が選んだ【A24】ランキング

皆さんは“A24”というスタジオをご存知でしょうか?「あれもこれもここが手掛けたの!」と驚くほど、…

REVIEW

  1. 映画『グッド・ワイフ』イルセ・サラス
  2. 映画『ドンテンタウン』佐藤玲/笠松将
  3. 映画『リトル・ジョー』エミリー・ビーチャム
  4. 映画『悪人伝』マ・ドンソク
    悪人伝

  5. Netflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』荒川良々
  6. 映画『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』ペルニラ・アウグスト
  7. 映画『透明人間』エリザベス・モス
    透明人間

  8. 映画『タッチ・ミー・ノット~ローラと秘密のカウンセリング〜』ローラ・ベンソン
  9. Netflixアニメシリーズ『日本沈没2020』
    日本沈没2020

  10. 映画『チア・アップ!』ダイアン・キートン

部活・イベント

  1. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  2. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  3. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  4. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  5. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
PAGE TOP