アンケート特集

映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング【世界編】

  • follow us in feedly
  • RSS
第72回カンヌ国際映画祭2019:映画『初恋』窪田正孝、小西桜子、三池崇史監督

今回はカンヌ国際映画祭の時期にちなんで、国内、海外で開催される数々の映画祭・映画賞についてのアンケートを行いました。今回はその第1弾として、映画好き女子が信頼を寄せる映画祭やアメリカの映画賞についての結果を発表します!

アンケート回答人数 406名 ※15歳以上の女性

<映画鑑賞頻度>
ほぼ毎日観賞11.1% 週に3作ほど観賞21.7% 週に1作ほど観賞 33.0%
毎月1、2作ほど観賞 28.6% 2、3ヶ月に1作ほど鑑賞 5.1%
年に1、2作ほど鑑賞 0.5%

Q1:あなたが信頼、共感を寄せている映画祭はどれですか? ※複数選択可

女子の本音調査:映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキングQ1

<回答理由>
■カンヌ国際映画祭は、1番有名であり、公平そうなイメージがある。(20代前半)
■カンヌ国際映画祭のある視点部門の作品が、私にとっていつもツボなのでチェックしています。東京国際映画祭は、日本で1番大きな映画祭だと思っていて、応援しています。(20代前半)
■東京国際映画祭はまだ知って2年だけど、そんなに話題でない良作を取り上げていて、多くの人に知ってもらいたいという感じが好き。映画好きの祭りって感じで皆で盛り上がる感じが素敵。カンヌ国際映画祭は、正解を教えてくれない、問いかけて考えさせる作品がノミネートされ、受賞する印象。考えが深まって好き。(20代前半)
■サンダンス映画祭の観客賞はとにかくハズレがないと思っています!(20代前半)
■カンヌとベルリンは、日本映画もコンペに出ることが多く、また、ベルリンは賞レースの中でも早いタイミングでやるので気にしています。サンダンスは、他の映画祭よりも着眼点が独創的で先進的な印象があるので、参考にしています。(20代後半)
■カンヌ国際映画祭とモントリオール世界映画祭は、商業主義的な作品よりも芸術性の高い作品が受賞しているイメージ。(20代後半)
■カンヌ国際映画祭とヴェネツォア国際映画祭は、アカデミー賞にも繋がる良作が受賞するイメージがあり、サンダンス映画祭はアカデミー賞とは違うチャレンジングなテーマの作品が受賞する印象がある。(20代後半)
■カンヌ映画祭での受賞作品をみると、ハズレが少ない気がします。好みもあるかも知れませんが、観る前後に映画の影響を受けるような体験をすることが多いです。東京国際映画祭は、毎年参加しているので、応援もしているし、一番身近な映画祭なので、自分自身も楽しめるという点で好きです。(30代前半)
■ヴェネツィア映画祭は、北野武監督や宮崎駿監督のイメージが強い。カンヌ映画祭と聞くと河瀬直美監督の『光』などで改めて認識した映画祭です。(30代前半)
■ベルリン映画祭、東京国際映画祭には参加したことがあり、ラインナップが出る時期はいつも楽しみにしています。フィルメックス映画祭は、ボランティアサポートしたことがあるため、非常に共感を寄せていて、日本で開催されているイタリア映画祭やフランス映画祭、EUフィルムデーズも大好きです。(40代前半)
■カンヌ、ベルリン、ヴェネツィアは、歴史と格式を兼ね備えているイメージがあり、トロントはアメリカのゴールデングローブ賞やオスカーへの流れを作るイメージ。(40代前半)
■アメリカのインディーズ映画の良作がわかるサンダンス映画祭は、大手にはないいろいろな映画があって、商業主義に偏らない興味深い作品があるのが見どころです。その他には、ホラー作品専門のイタリアの、シッチェス映画祭に取り上げられる作品も楽しみにしています。(50代)
■カンヌ国際映画祭は、いつもメジャーではないが、マイナーギリギリの良作を選出してるので素晴らしいと思う。『万引き家族』がパルム・ドールを獲得した時の次点のグランプリが『ブラック・クランズマン』であることを最近知りました。問題提起してる作品がきちんと選ばれるのは、作り手側にも励みになるし、観る側にも刺激になります。今後も受賞作品を期待しています。(50代)

それぞれの映画祭の特徴と自分の好みを比べて作品選びをしている方が多いとは、さすが映画好き女子!海外の大きな映画祭はもちろん、日本国内で開催される【東京国際映画祭】も身近で参加しやすく、応援しているという意見の方が多く挙がっていました。また、実際に海外の映画祭に参加したことがあるという方もいて、皆さんの映画愛を感じました。

Q2:あなたが信頼、共感を寄せているアメリカの映画賞はどれですか? ※複数選択可

女子の本音調査:映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキングQ2

■アカデミー賞は授章式自体に歴史やドラマがあっておもしろい。ゴールデングローブ賞はドラマも含まれるところが良い。(20代前半)
■ティーン・チョイス・アワードは、私も最近までティーンだったのでかなり共感できる部分がありました。授賞式も一風変わっていておもしろいですし、彼らが素直に選んだ作品や俳優さん達は、本当に素晴らしい!他の賞より信憑性があるかも知れません。(20代前半)
■アカデミー賞は映画の祭典!いろいろ言われてるけど毎年観てしまう。全米映画批評家協会賞は、作り手が選ぶので、一見地味でも優れた作品が選ばれていると思う。(20代後半)
■MTVムービー・アワードは、特にエンタテインメント性が高い!(20代後半)
■アカデミー賞&ゴールデングローブ賞は、やはりアタリの作品がかなりあると思います。そしてラズベリー賞も、案外おもしろい作品があったり、「つまらなさすぎて笑える」というものもあったりするので注目しています。(20代後半)
■オスカーはやはり一番メジャーですし1年の集大成というかお祭りのような感じで楽しんでいます。推し作品や俳優が受賞すると嬉しいのですが、いろいろなしがらみや政治的な面もあるので作品の評価の基準としては微妙な部分もあるなと思います。ゴールデンラズベリー賞は、選ばれた作品が本当にひどいと思っているわけではなく、そこに選ばれるのも、また選ばれたことに対しての俳優の度量やユーモアセンスも含めて好きです。 自分の好みには、ゴールデングローブ賞が一番近いです。(30代後半)
■ゴールデンラズベリー賞も MTVムービー・アワードも一般庶民の声を活かした賞だから信頼しています。(30代後半)
■賞自体がエンターテインメントで盛り上がっているので、好きです。特に楽しみなのはラジー賞(=ゴールデンラズベリー賞)です。ラジー賞のグランプリ作品がおもしろいこともあり、予想するのも楽しいです。(30代後半)
■賞レースシーズンはいつもネット検索で楽しんでいます。どの映画賞というよりは、全体的な傾向を把握し、日本での公開に繋がるように祈っています。(40代前半)
■ゴールデングローブ賞で受賞した作品が、その後の映画賞でノミネートされている印象。批評家協会賞は、選択する作品に信頼を感じる。(50代)
■やっぱり映画賞といったらオスカーです。“Oscar goes to”という言葉が大好き。(50代)

映画賞に関しては、誰が選んでいるのかという点に注目されている方が多いようですね。また、授章式を一種のお祭りとして楽しみにされている方が多いこともわかりました。ただ結果を知りたいというより、やっぱり授章式で毎度何か印象的なコメントがあったり、ハプニングが起きたりするので見逃せませんよね!

今回のアンケートでは、各映画祭への皆さんの注目度、結果についての分析力がうかがえました。現在は、カンヌ国際映画祭も開催(2019年5月14日~24日)されているので、そちらの様子や受賞結果にもご注目ください。こちらのアンケート結果は次回へと続きます(5/21掲載予定)。お楽しみに!

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

第72回カンヌ国際映画祭にて

第72回カンヌ国際映画祭2019:映画『初恋』窪田正孝、小西桜子、三池崇史監督
第72回カンヌ国際映画祭にて『初恋』記者会見

日本からは、三池崇史監督作『初恋』が参戦。5月15日(水)20:00~20:30(現地時間:5月15日(水)13:00~13:30)に、第72回カンヌ国際映画祭2019「監督週間」にて、窪田正孝、小西桜子、三池崇史監督が現地で記者発表を行いました。今回初めてのカンヌ参戦となった窪田は「カンヌという聖地に連れてきてもらい感無量です。作品はパワフルでスピード感がすごくて、観る者の目を惹きつける力があり、自分自身も熱くなるものがありました。世界の人に観てもらいたいです。カンヌは空気が違って、映画ファンも世界各国のメディアもたくさんいて…とても気分がいいです!テンション上がってます!」とコメント。同作については、豪華キャストも発表され、ますます期待が高まりますね。

映画『初恋』窪田正孝/大森南朋/染谷将太/小西桜子/ベッキー/村上淳/塩見三省/内野聖陽

『初恋』
2020年、全国公開
監督:三池崇史
出演:窪田正孝/大森南朋/染谷将太/小西桜子/ベッキー/三浦貴大/藤岡麻美/顏正國(YEN CHENG-KUO)/段鈞豪(TUAN CHUN-HAO)/矢島舞美 出合正幸/村上 淳/滝藤賢一/ベンガル/塩見三省/内野聖陽
配給:東映

©2020「初恋」製作委員会
カンヌ国際映画祭の写真のクレジット:© Kazuko Wakayama

映画『The Dead Don‘t Die』(原題) 2020年春、全国公開 監督・脚本:ジム・ジャームッシュ 出演:ビル・マーレイ/アダム・ドライバー/クロエ・セヴィニー

そして、鬼才ジム・ジャームッシュ監督、3年ぶりの最新作“The Dead Don’t Die(原題)”がオープニング作品&コンペティション部門作品として上映されました。本作は日本では、2020年の春に全国公開されることが決定。ビル・マーレイ、アダム・ドライバー、ティルダ・スウィントン、クロエ・セヴィニー、スティーヴ・ブシェミ、ダニー・グローバー、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、イギー・ポップ、セレーナ・ゴメス、トム・ウェイツという超豪華キャストで贈る、カンヌ国際映画祭の常連ジャームッシュ監督のゾンビ映画は遂にパルムドール受賞を果たすのでしょうか?他にも魅力的な作品が多く出品されているカンヌ国際映画祭。どんな作品が受賞するのか、楽しみですね。

“The Dead Don‘t Die”(原題)
2020年春、全国公開
監督・脚本:ジム・ジャームッシュ
出演:ビル・マーレイ/アダム・ドライバー/ティルダ・スウィントン/クロエ・セヴィニー/スティーヴ・ブシェミ/ダニー・グローバー/ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ/イギー・ポップ/セレーナ・ゴメス/トム・ウェイツ
配給:ロングライド

Credit : Abbot Genser / Focus Features © 2019 Image Eleven Productions, Inc.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

【映画館における換気実験】 映画館の空気の流れが一目瞭然!<映画館における換気実証実験>が実施

「映画館は密閉空間ではない」ということをわかりやすく理解して頂くため、専門家の指導のもと映画館内での空気の流れを“可視化”する実験が実施されました。

映画『ハニーボーイ』ノア・ジュプ ハニーボーイ

本作は、シャイア・ラブーフが“トランスフォーマー”シリーズで一躍スターの仲間入りをした後、飲酒などのトラブルを起こし、リハビリ施設で治療の一環として書き上げたという自伝的脚本を映画化したもの…

映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ジェームズ・ノートン ジェームズ・ノートン

1985年7月18日イギリス、ロンドン生まれ。トルストイの『戦争と平和』をドラマ化したBBCのミニシリーズなどに出演して人気を博している。主な映画出演作に…

映画『ブレスレット 鏡の中の私』メリッサ・ゲール 心理学から観る映画19:あなたも知らぬ間に使ってる!?戦術的な自己呈示

「私は私のことを1番わかってる」「あなたのことは私が1番わかってる」なんてことを言ったり、考えたりすることは誰にでもありますよね。どれも正解に思えるし、どれも間違えていると思えます。それは人には表に見せている面、隠している面があるからです。そこで今回は、自己呈示について考えます。

映画『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』スワン・アルロー スワン・アルロー

1981年11月30日フランス、フォントネー=オー=ローズ生まれ。祖父が役者、父が舞台装置家、母が舞台監督&チーフキャスティングといった芸能一家で育つ。2010年…

映画『ジョーンの秘密』トム・ヒューズ トム・ヒューズ

1986年4月18日イギリス生まれ。2009年バーバリーのキャンペーンモデルに抜擢。アンソニー・ホプキンスやケネス・ブラナーなどの名優を送り出した王立演劇学校(=RADA)を卒業後…

映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』ジーモン・モルツェ ジーモン・モルツェ

1996年に俳優である両親の間にウィーンで生まれた。10歳でニコラウス・ライトナー監督のテレビドラマ“DIE ENTSCHEIDUNG(原題)”でデビューを果たす。その後テレビ番組“Hannas Entscheidung(原題)”(2012)“Die Freischwimmerin(原題)”…

映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ジェームズ・ノートン 赤い闇 スターリンの冷たい大地で

物語の舞台は1933年で、ヒトラー、スターリンという名前が出てくるので戦争映画かと思いきやそうではありません。本作は、ヒトラーに取材した経験を持つ若き英国人記者ガレス・ジョーンズが…

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

映画『午前0時、キスしに来てよ』眞栄田郷敦 眞栄田郷敦(まえだ ごうどん)

2000年1月9日アメリカ生まれ。父は俳優の千葉真一、兄は俳優の新田真剣佑。2019年に映画『小さな恋のうた』で俳優デビューを飾る。また…

おすすめ記事

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ禍のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ禍の映画生活について、調査しました。

銃イメージ画像 あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『レオン』

「勝手にキャスティング企画!」第3回は『レオン』。まだ子役だったナタリー・ポートマンが、当時から可愛くて、演技も素晴らしく、虜になった方も多かったのではないでしょうか?今回はそんな本作をリメイクするとしたら、ジャン・レノが演じたレオン・モンタナ、ナタリー・ポートマンが演じたマチルダ・ランドーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『アトミック・ブロンド』シャーリーズ・セロン 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜アクション俳優編〜

楽しい妄想シリーズとして、新たに「1日あの人になってみたい!」企画をスタート。第1弾は“アクション俳優編”です。皆さんがもし1日だけアクション俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想しながら回答頂きました!

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『タイタニック』

「勝手にキャスティング企画!」第2回は『タイタニック』。名作中の名作で、日本でも一大ムーブメントを起こしたあの頃が懐かしいですね。今回はそんな本作をリメイクするとしたら、レオナルド・ディカプリオが演じたジャック・ドーソン、ケイト・ウィンスレットが演じたローズ・デウィット・ブカターを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『ハニーボーイ』ノア・ジュプ
  2. 映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ジェームズ・ノートン
  3. 映画『ジョーンの秘密』ジュディ・デンチ/ベン・マイルズ
  4. 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』浜辺美波/北村匠海/福本莉子/赤楚衛二
  5. 映画『ブレスレット 鏡の中の私』メリッサ・ゲール
  6. 映画『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』
  7. 映画『もったいないキッチン』ダーヴィド・グロス/塚本ニキ
  8. 映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』ジーモン・モルツェ/ブルーノ・ガンツ
  9. 映画『ぼくが性別「ゼロ」に戻るとき 空と木の実の9年間』林空雅
  10. 映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』長澤まさみ/東出昌大/小日向文世

部活・イベント

  1. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  2. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  3. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  4. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  5. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
PAGE TOP