アンケート特集

映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング【世界編】

  • follow us in feedly
  • RSS
第72回カンヌ国際映画祭2019:映画『初恋』窪田正孝、小西桜子、三池崇史監督

今回はカンヌ国際映画祭の時期にちなんで、国内、海外で開催される数々の映画祭・映画賞についてのアンケートを行いました。今回はその第1弾として、映画好き女子が信頼を寄せる映画祭やアメリカの映画賞についての結果を発表します!

アンケート回答人数 406名 ※15歳以上の女性

<映画鑑賞頻度>
ほぼ毎日観賞11.1% 週に3作ほど観賞21.7% 週に1作ほど観賞 33.0%
毎月1、2作ほど観賞 28.6% 2、3ヶ月に1作ほど鑑賞 5.1%
年に1、2作ほど鑑賞 0.5%

Q1:あなたが信頼、共感を寄せている映画祭はどれですか? ※複数選択可

女子の本音調査:映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキングQ1

<回答理由>
■カンヌ国際映画祭は、1番有名であり、公平そうなイメージがある。(20代前半)
■カンヌ国際映画祭のある視点部門の作品が、私にとっていつもツボなのでチェックしています。東京国際映画祭は、日本で1番大きな映画祭だと思っていて、応援しています。(20代前半)
■東京国際映画祭はまだ知って2年だけど、そんなに話題でない良作を取り上げていて、多くの人に知ってもらいたいという感じが好き。映画好きの祭りって感じで皆で盛り上がる感じが素敵。カンヌ国際映画祭は、正解を教えてくれない、問いかけて考えさせる作品がノミネートされ、受賞する印象。考えが深まって好き。(20代前半)
■サンダンス映画祭の観客賞はとにかくハズレがないと思っています!(20代前半)
■カンヌとベルリンは、日本映画もコンペに出ることが多く、また、ベルリンは賞レースの中でも早いタイミングでやるので気にしています。サンダンスは、他の映画祭よりも着眼点が独創的で先進的な印象があるので、参考にしています。(20代後半)
■カンヌ国際映画祭とモントリオール世界映画祭は、商業主義的な作品よりも芸術性の高い作品が受賞しているイメージ。(20代後半)
■カンヌ国際映画祭とヴェネツォア国際映画祭は、アカデミー賞にも繋がる良作が受賞するイメージがあり、サンダンス映画祭はアカデミー賞とは違うチャレンジングなテーマの作品が受賞する印象がある。(20代後半)
■カンヌ映画祭での受賞作品をみると、ハズレが少ない気がします。好みもあるかも知れませんが、観る前後に映画の影響を受けるような体験をすることが多いです。東京国際映画祭は、毎年参加しているので、応援もしているし、一番身近な映画祭なので、自分自身も楽しめるという点で好きです。(30代前半)
■ヴェネツィア映画祭は、北野武監督や宮崎駿監督のイメージが強い。カンヌ映画祭と聞くと河瀬直美監督の『光』などで改めて認識した映画祭です。(30代前半)
■ベルリン映画祭、東京国際映画祭には参加したことがあり、ラインナップが出る時期はいつも楽しみにしています。フィルメックス映画祭は、ボランティアサポートしたことがあるため、非常に共感を寄せていて、日本で開催されているイタリア映画祭やフランス映画祭、EUフィルムデーズも大好きです。(40代前半)
■カンヌ、ベルリン、ヴェネツィアは、歴史と格式を兼ね備えているイメージがあり、トロントはアメリカのゴールデングローブ賞やオスカーへの流れを作るイメージ。(40代前半)
■アメリカのインディーズ映画の良作がわかるサンダンス映画祭は、大手にはないいろいろな映画があって、商業主義に偏らない興味深い作品があるのが見どころです。その他には、ホラー作品専門のイタリアの、シッチェス映画祭に取り上げられる作品も楽しみにしています。(50代)
■カンヌ国際映画祭は、いつもメジャーではないが、マイナーギリギリの良作を選出してるので素晴らしいと思う。『万引き家族』がパルム・ドールを獲得した時の次点のグランプリが『ブラック・クランズマン』であることを最近知りました。問題提起してる作品がきちんと選ばれるのは、作り手側にも励みになるし、観る側にも刺激になります。今後も受賞作品を期待しています。(50代)

それぞれの映画祭の特徴と自分の好みを比べて作品選びをしている方が多いとは、さすが映画好き女子!海外の大きな映画祭はもちろん、日本国内で開催される【東京国際映画祭】も身近で参加しやすく、応援しているという意見の方が多く挙がっていました。また、実際に海外の映画祭に参加したことがあるという方もいて、皆さんの映画愛を感じました。

Q2:あなたが信頼、共感を寄せているアメリカの映画賞はどれですか? ※複数選択可

女子の本音調査:映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキングQ2

■アカデミー賞は授章式自体に歴史やドラマがあっておもしろい。ゴールデングローブ賞はドラマも含まれるところが良い。(20代前半)
■ティーン・チョイス・アワードは、私も最近までティーンだったのでかなり共感できる部分がありました。授賞式も一風変わっていておもしろいですし、彼らが素直に選んだ作品や俳優さん達は、本当に素晴らしい!他の賞より信憑性があるかも知れません。(20代前半)
■アカデミー賞は映画の祭典!いろいろ言われてるけど毎年観てしまう。全米映画批評家協会賞は、作り手が選ぶので、一見地味でも優れた作品が選ばれていると思う。(20代後半)
■MTVムービー・アワードは、特にエンタテインメント性が高い!(20代後半)
■アカデミー賞&ゴールデングローブ賞は、やはりアタリの作品がかなりあると思います。そしてラズベリー賞も、案外おもしろい作品があったり、「つまらなさすぎて笑える」というものもあったりするので注目しています。(20代後半)
■オスカーはやはり一番メジャーですし1年の集大成というかお祭りのような感じで楽しんでいます。推し作品や俳優が受賞すると嬉しいのですが、いろいろなしがらみや政治的な面もあるので作品の評価の基準としては微妙な部分もあるなと思います。ゴールデンラズベリー賞は、選ばれた作品が本当にひどいと思っているわけではなく、そこに選ばれるのも、また選ばれたことに対しての俳優の度量やユーモアセンスも含めて好きです。 自分の好みには、ゴールデングローブ賞が一番近いです。(30代後半)
■ゴールデンラズベリー賞も MTVムービー・アワードも一般庶民の声を活かした賞だから信頼しています。(30代後半)
■賞自体がエンターテインメントで盛り上がっているので、好きです。特に楽しみなのはラジー賞(=ゴールデンラズベリー賞)です。ラジー賞のグランプリ作品がおもしろいこともあり、予想するのも楽しいです。(30代後半)
■賞レースシーズンはいつもネット検索で楽しんでいます。どの映画賞というよりは、全体的な傾向を把握し、日本での公開に繋がるように祈っています。(40代前半)
■ゴールデングローブ賞で受賞した作品が、その後の映画賞でノミネートされている印象。批評家協会賞は、選択する作品に信頼を感じる。(50代)
■やっぱり映画賞といったらオスカーです。“Oscar goes to”という言葉が大好き。(50代)

映画賞に関しては、誰が選んでいるのかという点に注目されている方が多いようですね。また、授章式を一種のお祭りとして楽しみにされている方が多いこともわかりました。ただ結果を知りたいというより、やっぱり授章式で毎度何か印象的なコメントがあったり、ハプニングが起きたりするので見逃せませんよね!

今回のアンケートでは、各映画祭への皆さんの注目度、結果についての分析力がうかがえました。現在は、カンヌ国際映画祭も開催(2019年5月14日~24日)されているので、そちらの様子や受賞結果にもご注目ください。こちらのアンケート結果は次回へと続きます(5/21掲載予定)。お楽しみに!

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

第72回カンヌ国際映画祭にて

第72回カンヌ国際映画祭2019:映画『初恋』窪田正孝、小西桜子、三池崇史監督
第72回カンヌ国際映画祭にて『初恋』記者会見

日本からは、三池崇史監督作『初恋』が参戦。5月15日(水)20:00~20:30(現地時間:5月15日(水)13:00~13:30)に、第72回カンヌ国際映画祭2019「監督週間」にて、窪田正孝、小西桜子、三池崇史監督が現地で記者発表を行いました。今回初めてのカンヌ参戦となった窪田は「カンヌという聖地に連れてきてもらい感無量です。作品はパワフルでスピード感がすごくて、観る者の目を惹きつける力があり、自分自身も熱くなるものがありました。世界の人に観てもらいたいです。カンヌは空気が違って、映画ファンも世界各国のメディアもたくさんいて…とても気分がいいです!テンション上がってます!」とコメント。同作については、豪華キャストも発表され、ますます期待が高まりますね。

映画『初恋』窪田正孝/大森南朋/染谷将太/小西桜子/ベッキー/村上淳/塩見三省/内野聖陽

『初恋』
2020年、全国公開
監督:三池崇史
出演:窪田正孝/大森南朋/染谷将太/小西桜子/ベッキー/三浦貴大/藤岡麻美/顏正國(YEN CHENG-KUO)/段鈞豪(TUAN CHUN-HAO)/矢島舞美 出合正幸/村上 淳/滝藤賢一/ベンガル/塩見三省/内野聖陽
配給:東映

©2020「初恋」製作委員会
カンヌ国際映画祭の写真のクレジット:© Kazuko Wakayama

映画『The Dead Don‘t Die』(原題) 2020年春、全国公開 監督・脚本:ジム・ジャームッシュ 出演:ビル・マーレイ/アダム・ドライバー/クロエ・セヴィニー

そして、鬼才ジム・ジャームッシュ監督、3年ぶりの最新作“The Dead Don’t Die(原題)”がオープニング作品&コンペティション部門作品として上映されました。本作は日本では、2020年の春に全国公開されることが決定。ビル・マーレイ、アダム・ドライバー、ティルダ・スウィントン、クロエ・セヴィニー、スティーヴ・ブシェミ、ダニー・グローバー、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、イギー・ポップ、セレーナ・ゴメス、トム・ウェイツという超豪華キャストで贈る、カンヌ国際映画祭の常連ジャームッシュ監督のゾンビ映画は遂にパルムドール受賞を果たすのでしょうか?他にも魅力的な作品が多く出品されているカンヌ国際映画祭。どんな作品が受賞するのか、楽しみですね。

“The Dead Don‘t Die”(原題)
2020年春、全国公開
監督・脚本:ジム・ジャームッシュ
出演:ビル・マーレイ/アダム・ドライバー/ティルダ・スウィントン/クロエ・セヴィニー/スティーヴ・ブシェミ/ダニー・グローバー/ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ/イギー・ポップ/セレーナ・ゴメス/トム・ウェイツ
配給:ロングライド

Credit : Abbot Genser / Focus Features © 2019 Image Eleven Productions, Inc.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『エルヴィス』オースティン・バトラー 『エルヴィス』ジャパンプレミアイベント 20組40名様ご招待

映画『エルヴィス』ジャパンプレミアイベント 20組40名様ご招待

Netflixドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン4』ワールドプレミア、ミリー・ボビー・ブラウン(イレブン役)、フィン・ヴォルフハルト(マイク役)、ウィノナ・ライダー(ジョイス役)、ノア・シュナップ(ウィル役)他 ミリー・ボビー・ブラウン、ウィノナ・ライダーらお馴染みのメンバーが集結!『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン4』ワールドプレミア

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』待望のシーズン4は2部作となり、Vol.1が5月27日、Vol.2が7月1日よりNetflixにて配信開始!先日、NYにて本作のワールドプレミアが行われ、ミリー・ボビー・ブラウン、フィン・ヴォルフハルト、ウィノナ・ライダーら豪華メンバーが集結しました。

映画『20歳のソウル』神尾楓珠 20歳のソウル

千葉県船橋市立船橋高等学校に代々受け継がれている応援曲“市船soul“を作曲した青年と、彼を取り巻く人々の実話が映画化された本作。前半は…

映画『選ばなかったみち』エル・ファニング エル・ファニング

1998年4月9日生まれ。アメリカ、ジョージア州出身。姉は俳優のダコタ・ファニング。2歳の時に…

映画『クリーチャー・デザイナーズ ハリウッド特殊効果の魔術師たち』フィル・ティペット クリーチャー・デザイナーズ ハリウッド特殊効果の魔術師たち

これはクリーチャーが登場する映画が好きな方にとってはワクワクしてたまらないドキュメンタリー…

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ トム・クルーズ

1962年7月3日アメリカ生まれ。『トップガン』『ザ・エージェント』『卒業白書』『マイノリティ・リポート』『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』…

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

映画『チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ』 チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ

“チップとデール”というキャラクターは知っていましたが、映像で観るのは本作が初めてで、観る前のイメージと…

映画『ナイトメア・アリー』ケイト・ブランシェット ケイト・ブランシェット

1969年5月14日オーストラリア、メルボルン生まれ。マーティン・スコセッシ監督の『アビエイター』(2004)と…

映画『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』トム・シリング 『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』キャストによるオンライントーク付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』キャストによるオンライントーク付き一般試写会 10組20名様ご招待

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  2. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2
  4. MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真
  5. 映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』

おすすめ記事

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ 働く20代部員限定「仕事とキャリアについて話そう」“リアル交流会”vol.2参加者募集

トーキョー女子映画部では部員さん同士の交流機会を増やすべく、さまざまな交流会を企画しています。そして、この度【働く20代部員限定】で“仕事”“キャリア”をテーマにした交流会を開催します。

Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ 24歳以下部員限定「就職について話そう」“リアル交流会”vol.1参加者募集

今回は新たな交流会企画の第1弾として、【24歳以下の部員の方限定】で“就職”をテーマにした交流会を開催します。

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより 『神様のえこひいき』みんなのレビュー

今回は、Huluオリジナル『神様のえこひいき』3話までを正式部員の皆さんに観ていただきました。ジェンダー、性指向、アイデンティティがテーマとなっており、表現について奇譚のないご意見もいただきました。さまざまな感想があがっていて、本作の見どころが伝わってきます。

映画『ゴッドファーザー』マーロン・ブランド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ゴッドファーザー』

掟を重んじるマフィア一族の盛衰を、家族愛と壮絶なバイオレンスで描き、2度のアカデミー賞作品賞を受賞した名作“ゴッドファーザー”。今回は『ゴッドファーザー トリロジー 50th アニバーサリー 4K Ultra HD+ブルーレイセット』の発売にちなんで「勝手にキャスティング企画!」として、ドン・コルレオーネ役のマーロン・ブランドとマイケル・コルレオーネ役のアル・パチーノをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに俳優名を挙げていただきました。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 映画好きが選んだ2021邦画ベスト

今回は、日本アカデミー賞(2022年は3月11日に発表)の時期にちなんで、私達も2021年の邦画ベストを選んでみました。候補作品は2021年に劇場公開した邦画(実写)の中から編集部独断で選抜したほか、日本アカデミー賞ノミネート作品も含め、正式部員の皆さんに好きな作品へ投票していただきました。どの作品が2021年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングでご確認ください!

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会 4Kニューマスター版』トム・ハンクス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『フォレスト・ガンプ/一期一会』

ロバート・ゼメキス監督と名優トム・ハンクスがタッグを組み、米アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した不朽の名作『フォレスト・ガンプ/一期一会』。今回は本作4Kニューマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてフォレスト・ガンプ役のトム・ハンクス、ジェニー・カラン役のロビン・ライトをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

REVIEW

  1. 映画『20歳のソウル』神尾楓珠
    20歳のソウル

  2. 映画『クリーチャー・デザイナーズ ハリウッド特殊効果の魔術師たち』フィル・ティペット
  3. 映画『チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ』
  4. 映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』チャン・イー/リウ・ハオツン
  5. 映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ
  6. 映画『大河への道』中井貴⼀/松⼭ケンイチ/北川景⼦
    大河への道

  7. 映画『ハケンアニメ!』吉岡里帆/中村倫也/柄本佑/尾野真千子
  8. 映画『流浪の月』広瀬すず/松坂桃李
    流浪の月

  9. 映画『シング・ア・ソング!~笑顔を咲かす歌声~』クリスティン・スコット・トーマス
  10. 映画『グロリアス 世界を動かした女たち』ジュリアン・ムーア
PAGE TOP