イイ俳優セレクション

スーザン・サランドン【プロフィールと出演作一覧】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ブラックバード 家族が家族であるうちに』スーザン・サランドン

1946年10月9日アメリカ、ニューヨーク生まれ。1970年、『ジョー』でデビュー。以降、『ロッキー・ホラー・ショー』(1975)、『プリティ・ベビー』(1978)に出演し、『アトランティック・シティ』(1980)で、米アカデミー賞に初ノミネートされた。その後も『テルマ&ルイーズ』(1991)、『ロレンツォのオイル/命の詩』(1992)、『依頼人』(1994)で米アカデミー賞と全米俳優組合(SAG)賞の最優秀主演女優賞に輝いた。近年の出演作に『ブラックバード 家族が家族であるうちに』『アバウト・ライフ 幸せの選択肢』などがある。(引用:『ブラックバード 家族が家族であるうちに』公式サイト

イイ男セレクション/出演作

『ジョー』『フロント・ページ』『華麗なるヒコーキ野郎』『ロッキー・ホラー・ショー』『プリティ・ベビー』『アトランティック・シティ』『ハンガー』『イーストウィックの魔女たち』『さよならゲーム』『乙女座殺人事件』『白く渇いた季節』『テルマ&ルイーズ』『ロレンツォのオイル/命の詩』『依頼人』『デッドマン・ウォーキング』『トワイライト 葬られた過去』『グッドナイト・ムーン』『地上より何処かで』『ムーンライト・マイル』『NOEL ノエル』『Shall we Dance?』『アルフィー』『エリザベスタウン』『告発のとき』『Mr.ウッドコック -史上最悪の体育教師-』『魔法にかけられて』『スピード・レーサー』『ソリタリー・マン』『ラブリー・ボーン』『ウォール・ストリート』『ハッピーニート〜おちこぼれ兄弟の小さな奇跡』『クラウド アトラス』『素敵な相棒 〜フランクじいさんとロボットヘルパー〜』『俺のムスコ』『キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け』『ランナウェイ/逃亡者』『オーバードライヴ』『グリフィン家のウエディングノート』『ラスト・スキャンダル~あるハリウッドスターの禁じられた情事~』『タミー/Tammy』『アバウト・レイ 16歳の決断』『マダム・メドラー おせっかいは幸せの始まり』『ニューヨーク、愛を探して』『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』『ブラックバード 家族が家族であるうちに』『アバウト・ライフ 幸せの選択肢』など

Amazonプライムビデオで観る

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

出演作には名作がたくさんあって、どれも印象に残っています。俳優になるべくして生まれてきた方という印象です。(2024/5/1)

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『アバウト・ライフ 幸せの選択肢』
劇場公開中/2024年7月3日DVD発売

映画『アバウト・ライフ 幸せの選択肢』ダイアン・キートン/リチャード・ギア/スーザン・サランドン/エマ・ロバーツ/ルーク・ブレイシー/ウィリアム・H・メイシー

Thelma & Louise © 1991 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.
©2012 WEDDING PRODUCTIONS, INC. All Rights Reserved.
© 2012 TCYK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
© 2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.
©2014 Metro-Goldwyn- Mayer Studios Inc. All Rights Reserved. Distributed by Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.
©THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD.
© 2019 BLACK BIRD PRODUCTIONS, INC ALL RIGHTS RESERVED
© 2023. FIFTH SEASON, LLC. All Rights Reserved.

from 2024/5/16

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年5月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP