REVIEW

ジョン・F・ドノヴァンの死と生

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』キット・ハリントン

グザヴィエ・ドランが監督を務める本作では、ジョン・F・ドノヴァンという若き人気俳優の死と、11歳の少年の物語が交錯します。ジェイコブ・トレンブレイが演じる11歳の少年ルパートは、幼少期のドラン自身がモデルになっており、ドランが8歳の頃に『タイタニック』に出ていたレオナルド・ディカプリオにファンレターを書いた思い出から着想し、10年かけて作られたそうです。劇中では、キット・ハリントンが演じるジョン・F・ドノヴァンと、ルパート少年が文通するというストーリーになっていて、ドノヴァンの物語と、ルパートの物語がそれぞれフォーカスされていきます。ルパート少年も子役というところで、ドノヴァンと同じ業界にいるわけですが、まだ2人は離れた存在。でも離れた存在だからこそ、文通という手段ができて、その交流手段を取ることで、2人の表に出さない感情が浮き彫りになるという見せ方が秀逸です。そして、この物語はドノヴァンの死から始まりますが、スターとして生きたドノヴァンの陰と陽の姿を観ることで、彼が得たもの、失ったものによって、彼にとって何が本当は必要だったのかを考えさせられます。
2つ目の大きなテーマは、グザヴィエ・ドランがこれまでの監督作品で一貫して描いてきた母と息子の関係です。母の分まで夢を背負い、子役として成功することを目指すルパートは、母に言えない思いを抱えています。そこには母への愛があるからこその反発があるのですが、母に隠れてやっていたドノヴァンとの文通がきっかけで、母と息子の本当の思いが明かされることになります。これ以上は映画で観て頂くとして、絶望と希望と愛をこうした表現で描くドランのセンスが素晴らしいのと、自身を投影しているからこそリアリティがあり、観る者に訴えかけてくるものを感じます。また、ジェイコブ・トレンブレイ、キット・ハリントン、ナタリー・ポートマンなど俳優陣の名演も見ものです。ショービズ界を舞台にしながらも、私達に身近な心情を描いていて、いろいろな視点で観られるので、老若男女楽しめる作品となっています。

デート向き映画判定
映画『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』キット・ハリントン

正直な気持ち、自分らしい態度で恋愛できていないと思う人は、体裁を気にして本当の自分を出せないでいるドノヴァンの恋愛を観て、いろいろと考えさせられると思うので、1人でじっくり観るほうが良いでしょう。そういうモヤモヤをお互いに抱えていないカップルなら、デートで観て気まずいことはなさそうですが、切ない要素がある点でウキウキして過ごしたいデートでは不向きです。今日は映画を観るぞという気持ちの時に一緒に観ると良いでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』ジェイコブ・トレンブレイ/ナタリー・ポートマン

キッズにはまだちょっと難しい部分もあるかも知れません。PG-12なので12歳未満の人が観る場合は保護者と一緒に観る必要がありますが、親子の物語でもあるのでいろいろと話し合うきっかけにできるとも考えられます。ジェイコブ・トレンブレイが演じるルパート少年の目線で、大人に対して思うことや、自分でこうしたいのにと思うところに共感できると思います。大人になってからまた観ると違った視点でも気付きが得られると思うので、何年か経ってまた観るのもオススメです。

映画『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』キット・ハリントン

『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』
2020年3月13日より全国公開
PG-12
ファントム・フィルム、松竹
公式サイト

©THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  2. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  3. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  4. 映画『ザ・タワー』
  5. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP