NEWS

“あるある”がテーマ。語り合いたい「海ドラ好き」に贈る 日本初!海外ドラマPopupコンセプトカフェ、東京・池袋の「Mixalive TOKYO」にて開催

  • follow us in feedly
  • RSS
ARUARU海ドラDiner:ロゴ&パースMIX

総合サービス企業シダックスグループが受託運営するLIVEエンターテインメント複合施設「Mixalive TOKYO(ミクサライブ東京)」(東京・池袋)内のカフェ「Live Cafe Mixa」にて、日本初の海外ドラマコンセプトカフェを、「トーキョー女子映画部」のプロデュースにより、2023年3月10日(金)~4月9日(日)の期間限定で開催します。

「Live Cafe Mixa」では、様々な作品の世界観に没頭できる“五感で体験するライブカフェ”を展開しています。今回は日本初、同カフェでも初の取り組みとなる、海外ドラマをコンセプトにした「ARUARU海ドラDiner」を開催。店内では、海外ドラマ史上に名を残す名作や最新作のポスター約90作品(述べ約100枚)がひしめく、独特な世界観を演出します。また、50作品以上の予告編も上映。さらに、メイク、ファッション、インテリアデザイン、DVDメーカーなど、様々な分野の専門家が海外ドラマについて語るトークコンテンツ「〇〇から見る海外ドラマあるあるTALK」も、店内のみで上映します。

【ARUARU海ドラDiner】フードメニュー
海外ドラマ“あるあるメニュー”(イメージ)

提供メニューは、チャイニーズボックスやガラスボールにお酒・炭酸・フルーツなどを入れたパンチボウル、カラフルなチョコレートがかかったドーナツなど、海外ドラマに登場する“あるあるメニュー”。海外ドラマファンの交流の場として、ぜひ“海外ドラマあるある”をお楽しみください。

【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX

【概要】
■タイトル:ARUARU海ドラDiner(あるある海ドラダイナー)
■開催期間:2023年3月10日(金)~4月9日(日) 
※3/31(金)、4/7(金)のみ休業
■開催場所:「Mixalive TOKYO」内9階「Live Cafe Mixa」(東京都豊島区東池袋1-14-3)
■営業時間:12:00~21:00(ラストオーダー及び最終入店20:30)
■入場料:フリー入場(お席をご利用の方は1ドリンク1フード制)
公式サイト 公式Twitter
■ご協力企業(DVDメーカー、CS放送、配信サービス等)はこちら
■プロデュース:トーキョー女子映画部→スタッフ店頭滞在日程
★トークコンテンツ→ゲスト詳細紹介
★フードメニュー一例などはこちら

<企画内容>

①新作から懐かしい名作まで、100枚に及ぶ海外ドラマポスターの展示、新旧50作以上の予告編上映

【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX

②店内のみで上映!「〇〇から見る海外ドラマあるあるTALK」6種
メイク、ファッション、インテリアデザインなど…様々な分野の専門家が海外ドラマを語る

ARUARU海ドラDiner:トークゲスト情報

③ファン同士の交流会
④抽選で海外ドラマグッズや書籍が当たる!くじ引き

「海外ドラマの間取りとインテリア」小野まどか氏・イエマガ編集部著(エクスナレッジ)や、海外ドラマグッズをプレゼント

⑤海外ドラマあるあるセリフによる接客
⑥海ドラKINGフォトブース/海外ドラマ キャラなりきりフォトブース

<海外ドラマ公式グッズ特別販売>

日本最大の音楽・映画・ドラマ他公式グッズストア【PGS】の協力を得て、海外ドラマ公式グッズの特別販売を実施します。長年の経験をもとに、人気の公式グッズを厳選して販売致します。ぜひこの機会にお手にとってご覧ください。
※協力:PGS(公式サイト

<“海外ドラマあるある”メニュー>
“海外ドラマあるある”をイメージしたオリジナルフード・ドリンクをご用意。下記のセットメニューをご注文の方には“海外ドラマ キャラなりきりIDカード”をプレゼント!

★手術がんばっチャイナBOXセット 医者ID付き
★裁判がんばっチャイナBOXセット 弁護士ID付き
★今日はいっぱい食べてもいいよ!失恋ヤケ食いセット ドライバーズID付き
★わかっていながら襲われに行く前に食べる生け贄セット ドライバーズID付き
★長い張り込み捜査もこれでバッチリ!ダイナーセット 捜査官ID付き

【ARUARU海ドラDiner】IDカード

“海外ドラマあるある”単品メニューもご用意しております。

「Live Cafe Mixa」では、シダックスグループのトータルアウトソーシング事業本部が、メニューの開発、食事提供、接客サービス等を担い、テーマのコンテンツに沿ったコラボカフェを運営してきました。過去には「進撃の巨人」(諫山創/講談社)、「東京リベンジャーズ」(和久井健/講談社)など、人気漫画・音楽作品・アニメなどとの多数のコラボイベントを展開し、SNSを中心に話題を生んでいます。
新型コロナウイルス対策として、間隔を空けて席を配置、検温・消毒、飛沫感染防止用のビニールシート・パーテーションの設置などの基本的な対策はもちろん、換気システム(厚生労働省推奨換気量以上)を常時稼働するなど、感染対策を徹底しながら、お客様に安心・安全で楽しい食とサービスをお届けします。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ 『ネクスト・ゴール・ウィンズ』オリジナルトートバッグ 2名様プレゼント

映画『ウィッシュ』ポストイットパッド&ステッカーシート 3名様プレゼント

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』二階堂ふみ 二階堂ふみ【プロフィールと出演作一覧】

1994年9月21日生まれ。沖縄県出身。役所広司初監督作『ガマの油』(2009)のヒロイン役で…

映画『落下の解剖学』ザンドラ・ヒュラー/ミロ・マシャド・グラネール 落下の解剖学【レビュー】

雪山の山荘で暮らす家族に、ある日突然悲劇が起きます。目が不自由な息子ダニエルは…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  2. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  3. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  4. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮
  5. 映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム

PRESENT

  1. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  2. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
  3. 映画『パリ・ブレスト 〜夢をかなえたスイーツ〜』リアド・ベライシュ
PAGE TOP