REVIEW

女の子の性にまつわる秘密の話

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『セールス・ガールの考現学』バヤルツェツェグ・バヤルジャルガル

今回は、女性の生き方に“性”が大きな影響を及ぼしたストーリーをご紹介します。実話ベースの作品から、キュートで爽やかな青春物語まで全4作、ぜひ合わせてご覧ください!

セールス・ガールの考現学

映画『セールス・ガールの考現学』バヤルツェツェグ・バヤルジャルガル

ひょんなことからアダルト・ショップでアルバイトをすることになった大学生のサロールは、店のオーナーでミステリアスな女性カティアと関わるうちにどんどん変化していきます。カティアは性的欲求を軽視してはいけないということ、性的な喜びを若いうちに知るか知らないかでその後の生き方も変わるということをサロールに伝えていきます。
このユニークなアルバイトを通して、さまざまな経験をしたサロールがどんどん綺麗になっていく姿が印象的です。そして、彼女は最後に大切なことに気づき、夢への大きな一歩を踏み出します。一見、性にまつわる話と彼女の夢は直接繋がりませんが、性的欲求や性への関心を重視することが彼女のモノの見方が変わるきっかけになっています。アダルト・ショップという設定が奇抜に思えるでしょうが、実際はとても爽やかでキュートなお話で、女性にぜひ観て欲しい作品です。

映画『セールス・ガールの考現学』バヤルツェツェグ・バヤルジャルガル

『セールス・ガールの考現学』
2023年4月28日より全国順次公開
公式サイト
センゲドルジ・ジャンチブドルジ監督インタビュー

ガール・ピクチャー

映画『ガール・ピクチャー』アーム・ミロノフ/エレオノーラ・カウハネン/リンネア・レイノ

ミンミ、ロンコ、エマ、3人の女の子の日常を描いた物語。仲良しコンビのミンミとロンコは、ショッピングモールのスムージースタンドでアルバイトをしています。ある金曜日、ロンコは1人の青年に声をかけられますが、何となく誘いを断ってしまいます。一方、ミンミはアイススケーターのエマと運命的に出会います。そんな3人は3回目の金曜日を迎えるまでにドラマチックな日々を経験し、それぞれに自分の恋愛を見つめ直していきます。
恋愛において性的な相性を重視しているロンコ、大人の関係になりつつもお互いに自立も大切だと知っていくミンミとエマの成長する姿はこれから大人になっていく女の子達の好奇心や戸惑いを正直に描いています。今大切にしたいこと、大人になっても大切にしたいこと、両方を考えるきっかけに観て欲しい1作です。

映画『ガール・ピクチャー』アーム・ミロノフ/エレオノーラ・カウハネン/リンネア・レイノ

『ガール・ピクチャー』
2023年4月7日より全国順次公開
PG-12
公式サイト

ベネデッタ

映画『ベネデッタ』ヴィルジニー・エフィラ

17世紀初めに実際にあった修道女ベネデッタ・カルリーニの同性愛についての裁判記録を基に、ポール・ヴァーホーベン監督が映画化。幼い頃から信心深く、常に聖母マリアと対話するかのごとく過ごしてきたベネデッタは6歳の時に修道院に出家します。それから18年後、すっかり大人になったベネデッタは変わらず信心深い修道女として日々を過ごしていましたが、ある1人の少女と出会ったことで、今まで経験したことのない感覚に目覚めます。
ベネデッタには、イエス・キリストからの啓示を受け取る特別な能力が目覚めたような様子と、性に目覚めた様子がほぼ同時に見られます。その2つの大きな変化が後の運命を大きく動かしていきます。修道女としての道に背いているようでいて、もう一方で深く信じるからこその突飛な行動にも見えて、真相はベネデッタ本人にしかわからないといえます。ただ、他の人間は絶対にしないであろう選択をする彼女を見ていると、やはり信心深さは並でないことがわかります。宗教と性、一見遠いところにある2つの要素が、人間を強く突き動かすものとして同時に描かれている点で、実はとても近いものであるようにも感じます。

映画『ベネデッタ』ヴィルジニー・エフィラ

『ベネデッタ』
2023年2月17日より全国順次公開中
R-18+
実話ベース
公式サイト

私、オルガ・ヘプナロヴァー

映画『私、オルガ・ヘプナロヴァー』ミハリナ・オルシャニスカ

1973年7月10日、チェコスロバキアの首都プラハの中心地で路面電車を待つ人々をトラックで轢き、8人を死亡、12人を負傷させた22歳のオルガ・ヘプナロヴァーの実話を映画化。オルガは1975年に絞首刑に処せられ、チェコスロバキアでは最後に死刑が執行された女性とされています。
オルガには自殺願望があり、映画では彼女が強い孤独感に苛まれていた様子が描かれています。また、その背景には彼女のセクシャリティも大きく関わっていたことも映画からうかがえます。いかなる理由も多くの人を犠牲にした理由にはなりませんが、彼女が抱えていたセクシャリティの問題や、上手くいかない恋愛関係は、彼女の行動に大きく影響したのかもしれないと考えると、当時も社会的に大きなインパクトを与えた出来事であっただろうと想像できます。

映画『私、オルガ・ヘプナロヴァー』ミハリナ・オルシャニスカ

『私、オルガ・ヘプナロヴァー』
2023年4月29日より全国順次公開
実話ベース
公式サイト

TEXT by Myson

© 2021 Sengedorj Tushee, Nomadia Pictures
© 2022 Citizen Jane Productions, all rights reserved
© 2020 SBS PRODUCTIONS – PATHÉ FILMS – FRANCE 2 CINÉMA – FRANCE 3 CINÉMA

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン 『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎 もしも徳川家康が総理大臣になったら【レビュー】

タイトルを聞いただけでも興味をそそりつつ、どうやって徳川家康が現代の総理大臣になるのかなと…

映画『怪盗グルーのミニオン超変身』 怪盗グルーのミニオン超変身【レビュー】

“怪盗グルー”シリーズは、本作で4作目、“ミニオン”シリーズを入れると6作目…

中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『ある一生』シュテファン・ゴルスキー ある一生【レビュー】

激動の時代を駆け抜ける感覚があり、『フォレスト・ガンプ/一期一会』を観ているような感覚…

映画『ブルーピリオド』渋谷プレミアイベント:眞栄田郷敦、高橋文哉、板垣李光人、桜田ひより、萩原健太郎監督 劇中には俳優達が描いた絵も採用『ブルーピリオド』眞栄田郷敦、高橋文哉、板垣李光人、桜田ひより、萩原健太郎監督登壇、渋谷プレミアイベント

映画『ブルーピリオド』の渋谷プレミアイベントに眞栄田郷敦、高橋文哉、板垣李光人、桜田ひより、萩原健太郎監督が登壇!

映画『ヒューマニスト・ヴァンパイア・シーキング・コンセンティング・スーサイダル・パーソン』サラ・モンプチさん&アリアーヌ・ルイ・セーズ監督メールインタビュー 『ヒューマニスト・ヴァンパイア・シーキング・コンセンティング・スーサイダル・パーソン』サラ・モンプチさん&アリアーヌ・ルイ・セーズ監督インタビュー

今回は、『ヒューマニスト・ヴァンパイア・シーキング・コンセンティング・スーサイダル・パーソン』で主演を飾ったサラ・モンプチさんとアリアーヌ・ルイ・セーズ監督にメールインタビューをさせていただきました。

映画『コンセント/同意』キム・イジュラン/ジャン=ポール・ルーヴ 『コンセント/同意』特別試写会 10組20名様ご招待

映画『コンセント/同意』特別試写会 10組20名様ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム
  2. 映画『呪葬』セリーナ・レン
  3. 映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎
  4. 映画『怪盗グルーのミニオン超変身』
  5. 映画『ある一生』シュテファン・ゴルスキー

PRESENT

  1. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  2. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
  3. 映画『コンセント/同意』キム・イジュラン/ジャン=ポール・ルーヴ
PAGE TOP