部員参加記事

女子100%共感!『スキャンダル』部活リポート

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

映画『スキャンダル』
2020年2月21日より全国公開
監督:ジェイ・ローチ
出演:シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー/ ジョン・リスゴー/ケイト・マッキノン
配給:ギャガ
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

本作は、アメリカで視聴率NO.1を誇るニュース放送局“FOXニュース”にまつわるスキャンダラスな実話を映画化したもので、テレビ界の帝王と呼ばれるFOXニュース・チャンネルのCEOによるハラスメント問題に対して、さまざまな立場の女性達がどう向き合うかを描いています。この度トーキョー女子映画部では本作の部活を実施。本作を観た皆さんが、女性目線でどのように感じたか、アンケート結果を発表します。

映画『スキャンダル』部活アンケート回答中の様子

※20代〜50代の女性42名が参加

Q:観る前に本作に興味を持ったポイントは? 

映画『スキャンダル』部活アンケートQ2
※複数選択可

Q:本作を観た感想は? 

映画『スキャンダル』部活アンケートQ3
※1つのみ選択 
※他選択肢に「あまり楽しめなかった」「全く楽しめなかった」も入れていた上での結果です。

95%超の方が「楽しめた」と回答!


映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン

みんなの感想

  • 楽しめるというより、苦しみへの共感が全体的にあった。メーガン、グレッチェンの立ち向かう姿勢に共感し、ロジャーを擁護する女性達に対しても怒り感じ、怒りながら観ていました。(20代後半)
  • 覚悟を決めた人のパワーの強さに勇気が出ました!トップダウンの企業らしさも出ていて職業ものとしても楽しめました。(20代後半)
  • 最後にスッキリしました!(20代後半)
  • 3人の女性の強さがそれぞれ違って良かった。(20代後半)
  • セクハラを告発してしまうと「一生自分に付いて回ってしまう」と苦悩しているシーンは、とても印象深かったです。言いたいけど、自分の身の回り、自分の人生に大きく影響してしまう重さを感じました。(20代後半)
  • 元々シャーリーズ・セロンの変貌ぶり(特殊メイク)に興味があり、観たいと思っていたが、もはや別人。ノーメイク(らしいシーン)でやっと本人とわかるレベルで驚き。(30代前半)
  • 権力に屈さず、声を上げた女性達に強さを示してもらった。何事もなかったように振る舞っていたケイラが語るシーンが辛くて、でも印象的だった。(30代後半)
  • 社会派のストーリーで、考えさせられた。テンポが良くて、シリアスなのに観やすかった。背景がわかっていたらもっと楽しめた。(30代後半)
メーガン(シャーリーズ・セロン)

Q:ストーリーにどの程度共感できましたか? 

映画『スキャンダル』部活アンケートQ5
※1つのみ選択
※他選択肢に「ふつう」「あまり共感できなかった」「全く共感できなかった」も
入れていた上での結果です。

女子共感率100%!

Q:下記の中で、共感できた女性キャラクターは?

映画『スキャンダル』部活アンケートQ6
※複数選択可
映画『スキャンダル』マーゴット・ロビー
ケイラ(マーゴット・ロビー)

みんなが共感したポイント

  • 夢を叶えるために権力に屈するが、最後は自分とその先に繋がる皆のために立ち向かう姿がカッコ良い!(20代前半)
  • 告発することで、何か変えられる分、自分にレッテルが貼られるという葛藤。(20代後半)
  • 自分でどうにかキャリアを築こうとしている必死さ、周囲にのまれて後悔してしまう流れ。(30代前半)
  • セクハラを受けたのに、自分の落ち度を考えてしまう。それを声に出して訴えたり、相談する勇気をなかなか持てないところ。(30代後半)
  • グレッチェンが1番最初に声を上げる勇気がカッコ良い。(30代後半)
  • 皆の後悔、屈したという敗北感でその対価を持ってしまったかもという背徳感。そして生理的嫌悪感、苦しかったと思う。(40代)
映画『スキャンダル』ニコール・キッドマン
グレッチェン(ニコール・キッドマン)

Q:本作を観た後の気持ちに一番近いものはどれですか?

映画『スキャンダル』部活アンケートQ8
※1つのみ選択
映画『スキャンダル』ニコール・キッドマン

Q:本作をオススメするなら、どんな方でしょうか?

映画『スキャンダル』部活アンケートQ9
※複数選択可
映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ジョン・リスゴー

オススメしたい人についての回答からは、女性はもちろん、男性にも、そして年代も幅広く観て頂きたい内容だということがおわかり頂けると思います。ハラスメント問題を巡る実話をもとにした映画ということでシリアスではありますが、あらゆる視点で観られるよう構成されており、それぞれの立場を理解するきっかけとなる作品となっています。スタッフ、俳優陣も実力派揃いで、見応えがあります。ぜひ多くの方に観て頂きたい作品です。

映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

映画『スキャンダル』
2020年2月21日より全国公開
監督:ジェイ・ローチ
出演:シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー/ ジョン・リスゴー/ケイト・マッキノン
配給:ギャガ
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

© Lions Gate Entertainment Inc.

第92回アカデミー賞にて、日本出身カズ・ヒロ氏がメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞!

映画『スキャンダル』第92回アカデミー賞にて、日本出身カズ・ヒロ氏がメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』で第90回アカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞したカズ・ヒロ氏(※2019年3月、米国市民権を取得し、「辻 一弘」より「カズ・ヒロ(Kazu Hiro)」に改名)が、4度目の同賞ノミネートを経て、本作で2年ぶり2度目の受賞を果たしました!その見事な技が施された、シャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマンの特殊メイクにもぜひご注目ください。

TEXT by Myson

2020.2.4 event

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『夜、鳥たちが啼く』⼭⽥裕貴/松本まりか 映画に隠された恋愛哲学とヒント集70:結婚してるのに、結婚していないのに

週末婚、事実婚という言葉が生まれたように、結婚のスタイルも多様化してきました。とはいえ、依然として“結婚”という概念には縛りがあります。今回は、『夜、鳥たちが啼く』『散歩時間~その日を待ちながら~』を例に考えてみました。

東京コミコン2022:ジェイミー・キャンベル・バウアー ジェイミー・キャンベル・バウアー

1988年11月22日イギリス、ロンドン生まれ。2007年『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』の…

映画『ハッピーニューイヤー』 ハッピーニューイヤー

『猟奇的な彼女』等ヒット作を数々生み出してきたクァク・ジェヨン監督が、韓国人気俳優の豪華共演で描くこの群像劇は…

映画『君だけが知らない』ソ・イェジ ソ・イェジ

1990年4月6日韓国生まれ。2013年、ドラマ『ジャガイモ星 2013QR3』でデビュー。2016年には…

映画『ラーゲリより愛を込めて』二宮和也 ラーゲリより愛を込めて

本作は、第二次世界大戦が終戦した後、シベリアの強制収容所=ラーゲリで不当に拘留されていた…

海外ドラマ『AND JUST LIKE THAT... / セックス・アンド・ザ・シティ新章』サラ・ジェシカ・パーカー サラ・ジェシカ・パーカー

1965年3月25日アメリカ、オハイオ州生まれ。“イノセント”“サウンド・オブ・ミュージック”“アニー”など…

【ジブリがいっぱいCOLLECTIONオリジナル 卓上カレンダー2023】 【ジブリがいっぱいCOLLECTIONオリジナル 卓上カレンダー2023】3名様プレゼント

【ジブリがいっぱいCOLLECTIONオリジナル 卓上カレンダー2023】3名様プレゼント

映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー MEN 同じ顔の男たち

これは、闇鍋のような作品です(笑)。観る人を…

映画『天上の花』東出昌大/入山法子/吹越満/鎌滝恵利 天上の花

1966年に発表された萩原葉子の小説「天上の花—三好達治抄—」を『いぬむこいり』の片嶋一貴がメガホンをとり…

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。さらに今回は特別枠まで登場しますよ。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『ハッピーニューイヤー』
  2. 映画『ラーゲリより愛を込めて』二宮和也
  3. 映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー
  4. 映画『天上の花』東出昌大/入山法子/吹越満/鎌滝恵利
    天上の花

  5. 映画『あのこと』アナマリア・ヴァルトロメイ
    あのこと

  6. 映画『泣いたり笑ったり』アレッサンドロ・ガスマン/ファブリツィオ・ベンティヴォッリオ
  7. 映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン
  8. 映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』ベネディクト・カンバーバッチ/クレア・フォイ
  9. 映画『シスター 夏のわかれ道』チャン・ツィフォン/シャオ・ヤン
  10. 映画『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』

PRESENT

  1. 【ジブリがいっぱいCOLLECTIONオリジナル 卓上カレンダー2023】
  2. 映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック
  3. 映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー
PAGE TOP