部員参加記事

女子100%共感!『スキャンダル』部活リポート

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

映画『スキャンダル』
2020年2月21日より全国公開
監督:ジェイ・ローチ
出演:シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー/ ジョン・リスゴー/ケイト・マッキノン
配給:ギャガ
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

本作は、アメリカで視聴率NO.1を誇るニュース放送局“FOXニュース”にまつわるスキャンダラスな実話を映画化したもので、テレビ界の帝王と呼ばれるFOXニュース・チャンネルのCEOによるハラスメント問題に対して、さまざまな立場の女性達がどう向き合うかを描いています。この度トーキョー女子映画部では本作の部活を実施。本作を観た皆さんが、女性目線でどのように感じたか、アンケート結果を発表します。

映画『スキャンダル』部活アンケート回答中の様子

※20代〜50代の女性42名が参加

Q:観る前に本作に興味を持ったポイントは? 

映画『スキャンダル』部活アンケートQ2
※複数選択可

Q:本作を観た感想は? 

映画『スキャンダル』部活アンケートQ3
※1つのみ選択 
※他選択肢に「あまり楽しめなかった」「全く楽しめなかった」も入れていた上での結果です。

95%超の方が「楽しめた」と回答!


映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン

みんなの感想

  • 楽しめるというより、苦しみへの共感が全体的にあった。メーガン、グレッチェンの立ち向かう姿勢に共感し、ロジャーを擁護する女性達に対しても怒り感じ、怒りながら観ていました。(20代後半)
  • 覚悟を決めた人のパワーの強さに勇気が出ました!トップダウンの企業らしさも出ていて職業ものとしても楽しめました。(20代後半)
  • 最後にスッキリしました!(20代後半)
  • 3人の女性の強さがそれぞれ違って良かった。(20代後半)
  • セクハラを告発してしまうと「一生自分に付いて回ってしまう」と苦悩しているシーンは、とても印象深かったです。言いたいけど、自分の身の回り、自分の人生に大きく影響してしまう重さを感じました。(20代後半)
  • 元々シャーリーズ・セロンの変貌ぶり(特殊メイク)に興味があり、観たいと思っていたが、もはや別人。ノーメイク(らしいシーン)でやっと本人とわかるレベルで驚き。(30代前半)
  • 権力に屈さず、声を上げた女性達に強さを示してもらった。何事もなかったように振る舞っていたケイラが語るシーンが辛くて、でも印象的だった。(30代後半)
  • 社会派のストーリーで、考えさせられた。テンポが良くて、シリアスなのに観やすかった。背景がわかっていたらもっと楽しめた。(30代後半)
メーガン(シャーリーズ・セロン)

Q:ストーリーにどの程度共感できましたか? 

映画『スキャンダル』部活アンケートQ5
※1つのみ選択
※他選択肢に「ふつう」「あまり共感できなかった」「全く共感できなかった」も
入れていた上での結果です。

女子共感率100%!

Q:下記の中で、共感できた女性キャラクターは?

映画『スキャンダル』部活アンケートQ6
※複数選択可
映画『スキャンダル』マーゴット・ロビー
ケイラ(マーゴット・ロビー)

みんなが共感したポイント

  • 夢を叶えるために権力に屈するが、最後は自分とその先に繋がる皆のために立ち向かう姿がカッコ良い!(20代前半)
  • 告発することで、何か変えられる分、自分にレッテルが貼られるという葛藤。(20代後半)
  • 自分でどうにかキャリアを築こうとしている必死さ、周囲にのまれて後悔してしまう流れ。(30代前半)
  • セクハラを受けたのに、自分の落ち度を考えてしまう。それを声に出して訴えたり、相談する勇気をなかなか持てないところ。(30代後半)
  • グレッチェンが1番最初に声を上げる勇気がカッコ良い。(30代後半)
  • 皆の後悔、屈したという敗北感でその対価を持ってしまったかもという背徳感。そして生理的嫌悪感、苦しかったと思う。(40代)
映画『スキャンダル』ニコール・キッドマン
グレッチェン(ニコール・キッドマン)

Q:本作を観た後の気持ちに一番近いものはどれですか?

映画『スキャンダル』部活アンケートQ8
※1つのみ選択
映画『スキャンダル』ニコール・キッドマン

Q:本作をオススメするなら、どんな方でしょうか?

映画『スキャンダル』部活アンケートQ9
※複数選択可
映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ジョン・リスゴー

オススメしたい人についての回答からは、女性はもちろん、男性にも、そして年代も幅広く観て頂きたい内容だということがおわかり頂けると思います。ハラスメント問題を巡る実話をもとにした映画ということでシリアスではありますが、あらゆる視点で観られるよう構成されており、それぞれの立場を理解するきっかけとなる作品となっています。スタッフ、俳優陣も実力派揃いで、見応えがあります。ぜひ多くの方に観て頂きたい作品です。

映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

映画『スキャンダル』
2020年2月21日より全国公開
監督:ジェイ・ローチ
出演:シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー/ ジョン・リスゴー/ケイト・マッキノン
配給:ギャガ
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

© Lions Gate Entertainment Inc.

第92回アカデミー賞にて、日本出身カズ・ヒロ氏がメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞!

映画『スキャンダル』第92回アカデミー賞にて、日本出身カズ・ヒロ氏がメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』で第90回アカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞したカズ・ヒロ氏(※2019年3月、米国市民権を取得し、「辻 一弘」より「カズ・ヒロ(Kazu Hiro)」に改名)が、4度目の同賞ノミネートを経て、本作で2年ぶり2度目の受賞を果たしました!その見事な技が施された、シャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマンの特殊メイクにもぜひご注目ください。

TEXT by Myson

2020.2.4 event

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン、ダニエル・ローガン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

映画『リトル・マーメイド』ハリー・ベイリー ハリー・ベイリー【プロフィールと出演作一覧】

2000年3月27日アメリカ、ジョージア州生まれ。3歳の頃から子役として活動を始め…

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム マダム・ウェブ【レビュー】

マーベル作品で蜘蛛といえば“スパイダーマン”ということで、何か関連が…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

映画『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  2. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  3. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ
  4. 映画『ストリートダンサー』
  5. 映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP