部員参加記事

女子100%共感!『スキャンダル』部活リポート

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

映画『スキャンダル』
2020年2月21日より全国公開
監督:ジェイ・ローチ
出演:シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー/ ジョン・リスゴー/ケイト・マッキノン
配給:ギャガ
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

本作は、アメリカで視聴率NO.1を誇るニュース放送局“FOXニュース”にまつわるスキャンダラスな実話を映画化したもので、テレビ界の帝王と呼ばれるFOXニュース・チャンネルのCEOによるハラスメント問題に対して、さまざまな立場の女性達がどう向き合うかを描いています。この度トーキョー女子映画部では本作の部活を実施。本作を観た皆さんが、女性目線でどのように感じたか、アンケート結果を発表します。

映画『スキャンダル』部活アンケート回答中の様子

※20代〜50代の女性42名が参加

Q:観る前に本作に興味を持ったポイントは? 

映画『スキャンダル』部活アンケートQ2
※複数選択可

Q:本作を観た感想は? 

映画『スキャンダル』部活アンケートQ3
※1つのみ選択 
※他選択肢に「あまり楽しめなかった」「全く楽しめなかった」も入れていた上での結果です。

95%超の方が「楽しめた」と回答!


映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン

みんなの感想

  • 楽しめるというより、苦しみへの共感が全体的にあった。メーガン、グレッチェンの立ち向かう姿勢に共感し、ロジャーを擁護する女性達に対しても怒り感じ、怒りながら観ていました。(20代後半)
  • 覚悟を決めた人のパワーの強さに勇気が出ました!トップダウンの企業らしさも出ていて職業ものとしても楽しめました。(20代後半)
  • 最後にスッキリしました!(20代後半)
  • 3人の女性の強さがそれぞれ違って良かった。(20代後半)
  • セクハラを告発してしまうと「一生自分に付いて回ってしまう」と苦悩しているシーンは、とても印象深かったです。言いたいけど、自分の身の回り、自分の人生に大きく影響してしまう重さを感じました。(20代後半)
  • 元々シャーリーズ・セロンの変貌ぶり(特殊メイク)に興味があり、観たいと思っていたが、もはや別人。ノーメイク(らしいシーン)でやっと本人とわかるレベルで驚き。(30代前半)
  • 権力に屈さず、声を上げた女性達に強さを示してもらった。何事もなかったように振る舞っていたケイラが語るシーンが辛くて、でも印象的だった。(30代後半)
  • 社会派のストーリーで、考えさせられた。テンポが良くて、シリアスなのに観やすかった。背景がわかっていたらもっと楽しめた。(30代後半)
メーガン(シャーリーズ・セロン)

Q:ストーリーにどの程度共感できましたか? 

映画『スキャンダル』部活アンケートQ5
※1つのみ選択
※他選択肢に「ふつう」「あまり共感できなかった」「全く共感できなかった」も
入れていた上での結果です。

女子共感率100%!

Q:下記の中で、共感できた女性キャラクターは?

映画『スキャンダル』部活アンケートQ6
※複数選択可
映画『スキャンダル』マーゴット・ロビー
ケイラ(マーゴット・ロビー)

みんなが共感したポイント

  • 夢を叶えるために権力に屈するが、最後は自分とその先に繋がる皆のために立ち向かう姿がカッコ良い!(20代前半)
  • 告発することで、何か変えられる分、自分にレッテルが貼られるという葛藤。(20代後半)
  • 自分でどうにかキャリアを築こうとしている必死さ、周囲にのまれて後悔してしまう流れ。(30代前半)
  • セクハラを受けたのに、自分の落ち度を考えてしまう。それを声に出して訴えたり、相談する勇気をなかなか持てないところ。(30代後半)
  • グレッチェンが1番最初に声を上げる勇気がカッコ良い。(30代後半)
  • 皆の後悔、屈したという敗北感でその対価を持ってしまったかもという背徳感。そして生理的嫌悪感、苦しかったと思う。(40代)
映画『スキャンダル』ニコール・キッドマン
グレッチェン(ニコール・キッドマン)

Q:本作を観た後の気持ちに一番近いものはどれですか?

映画『スキャンダル』部活アンケートQ8
※1つのみ選択
映画『スキャンダル』ニコール・キッドマン

Q:本作をオススメするなら、どんな方でしょうか?

映画『スキャンダル』部活アンケートQ9
※複数選択可
映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ジョン・リスゴー

オススメしたい人についての回答からは、女性はもちろん、男性にも、そして年代も幅広く観て頂きたい内容だということがおわかり頂けると思います。ハラスメント問題を巡る実話をもとにした映画ということでシリアスではありますが、あらゆる視点で観られるよう構成されており、それぞれの立場を理解するきっかけとなる作品となっています。スタッフ、俳優陣も実力派揃いで、見応えがあります。ぜひ多くの方に観て頂きたい作品です。

映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

映画『スキャンダル』
2020年2月21日より全国公開
監督:ジェイ・ローチ
出演:シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー/ ジョン・リスゴー/ケイト・マッキノン
配給:ギャガ
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

© Lions Gate Entertainment Inc.

第92回アカデミー賞にて、日本出身カズ・ヒロ氏がメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞!

映画『スキャンダル』第92回アカデミー賞にて、日本出身カズ・ヒロ氏がメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』で第90回アカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞したカズ・ヒロ氏(※2019年3月、米国市民権を取得し、「辻 一弘」より「カズ・ヒロ(Kazu Hiro)」に改名)が、4度目の同賞ノミネートを経て、本作で2年ぶり2度目の受賞を果たしました!その見事な技が施された、シャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマンの特殊メイクにもぜひご注目ください。

TEXT by Myson

2020.2.4 event

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ロード・オブ・カオス』ロリー・カルキン 俳優ファミリー特集Vol.1

この特集では親子、兄弟姉妹、親戚揃って活躍する俳優達をご紹介します。一度ではご紹介しきれないので、シリーズ化して、随時お届けしようと思います。今回はその第1弾です。

映画『ビバリウム』ジェシー・アイゼンバーグ/イモージェン・プーツ ビバリウム

「新居を探しに行ったらエライ目に遭ってもうた!」というストーリーで…

映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア バルトシュ・ビィエレニア

1992年5月15日ポーランド生まれ。2016年クラコフにある国立アカデミー・オブ・シアター・アーツを…

映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実

本作は、ベトナム戦争中の1966年4月11日に行われた救出作戦で、アメリカ空軍の落下傘救助隊の医療兵として60人以上の兵士達を救い戦死した、ウィリアム・H・ピッツェンバーガーについての実話…

海外ドラマ『シカゴ・ファイア シーズン7』ジェシー・スペンサー ジェシー・スペンサー

1979年2月12日、オーストラリアのビクトリア州生まれ。主な出演作に、ドラマ…

映画『ラーヤと龍の王国』 ラーヤと龍の王国

かつて聖なる龍達に守られていた“龍の国”クマンドラは、ドルーンと呼ばれる魔物に襲われ…

Netflix映画『Mank/マンク』チャールズ・ダンス チャールズ・ダンス

1946年10月10日、イギリス生まれ。俳優で映画監督。これまで多くの作品に俳優として…

Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン ここだけの話15:パートナーと収集のつかない喧嘩をした後、気持ちをどう整理する?

PodCast【トーキョー女子映画部ここだけの話】では、トーキョー女子映画部のマイソンが、記事には…

映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真 太陽は動かない

心臓に爆弾を埋め込まれ、任務から逃げられない運命にある主人公の奮闘を…

Nerflixドラマ『ザ・ポリティシャン』ベン・プラット ベン・プラット

1993年9月24日アメリカ、ロサンゼルス生まれ。映画『ピッチ・パーフェクト』へ…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

REVIEW

  1. 映画『ビバリウム』ジェシー・アイゼンバーグ/イモージェン・プーツ
    ビバリウム

  2. 映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート
  3. 映画『ラーヤと龍の王国』
  4. 映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真
  5. 映画『野球少女』イ・ジュヨン
    野球少女

  6. Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ
  7. Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン
  8. 映画『DAU. ナターシャ』ナターリヤ・ベレジナヤ/オリガ・シカバルニャ/リュック・ビジェ
  9. Netflix映画『時の面影』キャリー・マリガン/レイフ・ファインズ
    時の面影

  10. 映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥
PAGE TOP