部員参加記事

女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』
2020年10月30日より全国公開
監督:ムニア・メドゥール
出演:リナ・クードリ/シリン・ブティラ/アミラ・イルダ・ドゥアウダ/ザーラ・ドゥモンディ
配給:クロックワークス
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

第72回カンヌ国際映画祭ある視点部門に出品され話題を呼んだ本作は、“暗黒の10年”と呼ばれる内戦下のアルジェリアを舞台に、過酷な状況下でもファッションデザイナーになる夢を諦めない女子大生ネジュマの奮闘を描いています。今回そんな本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました。ここではどんな話題があがったか、ハイライトをご紹介します。座談会の生の様子はぜひ動画でご覧ください!

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』オンライン座談会YouTubeトップ
オンライン座談会:動画再生はこちら

<参加メンバー紹介>
●たかみづさん:社会人。日本でも少なからず女性に対する抑圧を感じることがあり、本作のあらすじを読み興味を持って参加。
●前(zen)さん&後(ato)さん:前(zen)さんは専門学校卒業後半年。2人はもともと別の道を歩んでいたけれど、ふとしたきっかけで一緒にアパレルブランドを立ち上げ、活動中。
●Kさん:大学生。授業で男女差別について学んだり、日本で普通に暮らしていても疑問に思うことがあり、本作の内容に興味を持って参加。
●エリンギさん:アパレル業界で働く社会人。サステナブル(“持続可能な”の意。環境に負担をかけないことや、社会問題の解決などを考慮したビジネスモデルが現在世界的に推奨されていることに由来する)な視点でも自社商品を手にとってもらえるかを考えている。

『パピチャ 未来へのランウェイ』にはたくさんの話題が詰まってる!

ファッションショーのシーンは、本作で1番キラキラして盛り上がる部分です。皆さんはどんな思いで観たのでしょうか。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ

男女の会話の中に、主人公ネジュマの人柄が見えたという声もあり、ここも共感ポイントと言えます。

■男尊女卑の社会の中であそこまではっきりと自分の意見を言える主人公を見て本当に強さを感じた。自分も口論になったときにも、自分が信じていることに対しては折れない心でいることが大事だなと思った。(たかみづさん)

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか

ネジュマの愛国心も本作の大事なポイント。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ

主人公ネジュマの境遇と、今コロナ禍で行動が制限されている私達が置かれた状況に少し繋がる部分があることを受けて、「これだけは大切にしたいこと」についても話題にあがりました。

■このコロナ禍でいつ死ぬかわからない状況を身をもって体験していると思う。「明日でいいや」という言葉をやめて、「今日やらなきゃ明日が来ないかもしれない」という気持ちを大切にするようになった。(atoさん)
■この状況の中で、これまでできていなかったことや、やりたいと思いながら実行できていないことを徹底的につぶしていこう、みたいなモチベーションができた。働き始めてからそれらを実行することで新しい価値観が自分に生まれると感じた。やってみたいことを片っ端からやってみて、楽しく過ごそうと意識していた。(エリンギさん)

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』オンライン座談会の様子:全員

皆さん女性というところと、現在世界中がコロナ禍でいろいろなことが制限されている状況もあり、映画の舞台となった国や時代とは異なりつつも、皆さんご自身とリンクする部分を多く感じて頂けたようです。また、日本よりもっと過酷な状況下でも負けないネジュマの姿を観て、前向きになれたという感想もありました。いろいろな視点で観られる作品なので、老若男女問わず観ていただけたらと思います。

オンライン座談会:動画はこちら

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』
2020年10月30日より全国公開
監督:ムニア・メドゥール
出演:リナ・クードリ/シリン・ブティラ/アミラ・イルダ・ドゥアウダ/ザーラ・ドゥモンディ
配給:クロックワークス
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

©2019 HIGH SEA PRODUCTION – THE INK CONNECTION – TAYDA FILM – SCOPE PICTURES – TRIBUS P FILMS – JOUR2FETE – CREAMINAL – CALESON – CADC

TEXT&座談会司会 by Myson

2020.10.2 event

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結』マーゴット・ロビー/イドリス・エルバ/ジョン・シナ/ジョエル・キナマン ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結

前作から一気にキャラクターが増えて、最初から賑やかなムードが漂う今作は、最初から容赦なくどんどんキ…

映画『キネマの神様』菅田将暉/野田洋次郎 野田洋次郎(のだ ようじろう)

1985年7月5日東京都生まれ。ロックバンドRADWIMPSのヴォーカル、ギター、ピアノを担当。2016年の映画『君の名は。』では…

【JIM JARMUSCH Retrospective 2021】ジム・ジャームッシュ監督 ジム・ジャームッシュ監督初となる大規模特集上映【JIM JARMUSCH Retrospective 2021】全国で拡大上映!

現在、好評開催中のジム・ジャームッシュ監督の特集上映【JIM JARMUSCH Retrospective 2021】。8月6日より、新たにヒューマントラストシネマ渋谷、アップリンク吉祥寺、8月13日より池袋シネマ・ロサでの拡大上映が決定。さらに、全国各地の劇場で続々と上映開始!

映画『すべてが変わった日』ダイアン・レイン/ケビン・コスナー すべてが変わった日

物語の舞台は1963年。冒頭では主人公のマーガレット(ダイアン・レイン)とジョージ(ケビン・コスナー)が、息子夫婦と孫と共にモンタナ州の牧場でのどかに暮らす姿が映し出されます。でも…

海外ドラマ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー シーズン1』ワイアット・ラッセル ワイアット・ラッセル

1986年7月10日アメリカ生まれ。俳優のカート・ラッセルとゴールディ・ホーンを両親に持つ。ドラマ…

映画『オールド』NYプレミア、M.ナイト・シャマラン/ガエル・ガルシア・ベルナル/ヴィッキー・クリープス/アレックス・ウルフ/トーマシン・マッケンジー M.ナイト・シャマラン監督、ガエル・ガルシア・ベルナルらが登場!『オールド』NYプレミア開催

M.ナイト・シャマラン監督の最新作『オールド』が、8月27日より全国公開となります。先日本作のNYプレミアが開催され、M.ナイト・シャマラン監督をはじめ、ガエル・ガルシア・ベルナル、アレックス・ウルフ、エリザ・スカンレン、トーマシン・マッケンジーらが登場しました。

映画『スペース・プレイヤーズ』レブロン・ジェームズ 『スペース・プレイヤーズ』5組10名様 試写会ご招待

映画『スペース・プレイヤーズ』5組10名様 試写会ご招待

映画『明日に向かって笑え!』リカルド・ダリン/ルイス・ブランドーニ/ベロニカ・ジナス 明日に向かって笑え!

舞台は2001年のアルゼンチンの田舎町で、主人公のフェルミン(リカルド・ダリン)と町民達は…

映画『ファーザー』イモージェン・プーツ イモージェン・プーツ

1989年6月3日イギリス、ロンドン生まれ。2007年、傑作ホラー『28週後…』の演技で…

映画『マイ・プレシャス・リスト』コリン・オドナヒュー コリン・オドナヒュー

1981年1月26日アイルランド、ドロヘダ生まれ。ダブリンの演劇学校を卒業後…

部活・イベント

  1. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  2. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  3. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  4. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  5. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年

おすすめ記事

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

REVIEW

  1. 映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結』マーゴット・ロビー/イドリス・エルバ/ジョン・シナ/ジョエル・キナマン
  2. 映画『すべてが変わった日』ダイアン・レイン/ケビン・コスナー
  3. 映画『明日に向かって笑え!』リカルド・ダリン/ルイス・ブランドーニ/ベロニカ・ジナス
  4. 映画『サマーフィルムにのって』伊藤万理華/河合優実/祷キララ
  5. 映画『キネマの神様』沢田研二/菅田将暉
  6. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  7. 映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』ヴィン・ディーゼル/ミシェル・ロドリゲス
  8. 映画『ジャングル・クルーズ』ドウェイン・ジョンソン/エミリー・ブラント/ジャック・ホワイトホール
  9. 映画『返校 言葉が消えた日』ワン・ジン
  10. 映画『アウシュヴィッツ・レポート』ノエル・ツツォル/ペテル・オンドレイチカ
PAGE TOP