部員参加記事

女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』
2020年10月30日より全国公開
監督:ムニア・メドゥール
出演:リナ・クードリ/シリン・ブティラ/アミラ・イルダ・ドゥアウダ/ザーラ・ドゥモンディ
配給:クロックワークス
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

第72回カンヌ国際映画祭ある視点部門に出品され話題を呼んだ本作は、“暗黒の10年”と呼ばれる内戦下のアルジェリアを舞台に、過酷な状況下でもファッションデザイナーになる夢を諦めない女子大生ネジュマの奮闘を描いています。今回そんな本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました。ここではどんな話題があがったか、ハイライトをご紹介します。座談会の生の様子はぜひ動画でご覧ください!

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』オンライン座談会YouTubeトップ
オンライン座談会:動画再生はこちら

<参加メンバー紹介>
●たかみづさん:社会人。日本でも少なからず女性に対する抑圧を感じることがあり、本作のあらすじを読み興味を持って参加。
●前(zen)さん&後(ato)さん:前(zen)さんは専門学校卒業後半年。2人はもともと別の道を歩んでいたけれど、ふとしたきっかけで一緒にアパレルブランドを立ち上げ、活動中。
●Kさん:大学生。授業で男女差別について学んだり、日本で普通に暮らしていても疑問に思うことがあり、本作の内容に興味を持って参加。
●エリンギさん:アパレル業界で働く社会人。サステナブル(“持続可能な”の意。環境に負担をかけないことや、社会問題の解決などを考慮したビジネスモデルが現在世界的に推奨されていることに由来する)な視点でも自社商品を手にとってもらえるかを考えている。

『パピチャ 未来へのランウェイ』にはたくさんの話題が詰まってる!

ファッションショーのシーンは、本作で1番キラキラして盛り上がる部分です。皆さんはどんな思いで観たのでしょうか。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ

男女の会話の中に、主人公ネジュマの人柄が見えたという声もあり、ここも共感ポイントと言えます。

■男尊女卑の社会の中であそこまではっきりと自分の意見を言える主人公を見て本当に強さを感じた。自分も口論になったときにも、自分が信じていることに対しては折れない心でいることが大事だなと思った。(たかみづさん)

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか

ネジュマの愛国心も本作の大事なポイント。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ

主人公ネジュマの境遇と、今コロナ禍で行動が制限されている私達が置かれた状況に少し繋がる部分があることを受けて、「これだけは大切にしたいこと」についても話題にあがりました。

■このコロナ禍でいつ死ぬかわからない状況を身をもって体験していると思う。「明日でいいや」という言葉をやめて、「今日やらなきゃ明日が来ないかもしれない」という気持ちを大切にするようになった。(atoさん)
■この状況の中で、これまでできていなかったことや、やりたいと思いながら実行できていないことを徹底的につぶしていこう、みたいなモチベーションができた。働き始めてからそれらを実行することで新しい価値観が自分に生まれると感じた。やってみたいことを片っ端からやってみて、楽しく過ごそうと意識していた。(エリンギさん)

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』オンライン座談会の様子:全員

皆さん女性というところと、現在世界中がコロナ禍でいろいろなことが制限されている状況もあり、映画の舞台となった国や時代とは異なりつつも、皆さんご自身とリンクする部分を多く感じて頂けたようです。また、日本よりもっと過酷な状況下でも負けないネジュマの姿を観て、前向きになれたという感想もありました。いろいろな視点で観られる作品なので、老若男女問わず観ていただけたらと思います。

オンライン座談会:動画はこちら

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』
2020年10月30日より全国公開
監督:ムニア・メドゥール
出演:リナ・クードリ/シリン・ブティラ/アミラ・イルダ・ドゥアウダ/ザーラ・ドゥモンディ
配給:クロックワークス
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

©2019 HIGH SEA PRODUCTION – THE INK CONNECTION – TAYDA FILM – SCOPE PICTURES – TRIBUS P FILMS – JOUR2FETE – CREAMINAL – CALESON – CADC

TEXT&座談会司会 by Myson

2020.10.2 event

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『エクスパッツ ~異国でのリアルな日常~』ニコール・キッドマン エクスパッツ ~異国でのリアルな日常~【レビュー】

ニコール・キッドマン(主演兼製作総指揮)と『フェアウェル』のルル・ワンがタッグを組んだ本シリーズは…

映画『ハクソー・リッジ』ルーク・ブレイシー ルーク・ブレイシー【プロフィールと出演作一覧】

1989年4月26日生まれ。オーストラリア、シドニー出身。ベルビュー・ヒルにあるスコッツ・カレッジで学び…

映画『悪は存在しない』西川玲 悪は存在しない【レビュー】

『悪は存在しない』というタイトルにインパクトがあり、鑑賞中はどういう意味が込められているのか…

中国ドラマ『花の告発~煙雨に仇打つ九義人~』QUOカード 中国ドラマ『花の告発~煙雨に仇打つ九義人~』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『花の告発~煙雨に仇打つ九義人~』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『アバウト・ライフ 幸せの選択肢』ウィリアム・H・メイシー ウィリアム・H・メイシー【プロフィールと出演作一覧】

1950年3月13日アメリカ、フロリダ生まれ。1994年から放送されたTVシリーズ『ER 緊急救命室』に出演し…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 青春 18×2 君へと続く道【レビュー】

『余命10年』『新聞記者』を手掛けた藤井道人が、台湾で話題を呼んだシジミー・ライの紀行エッセイ「青春 18×2 日本慢車流浪記」を…

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 海外ドラマ『エクスパッツ ~異国でのリアルな日常~』ニコール・キッドマン
  2. 映画『悪は存在しない』西川玲
  3. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  4. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  5. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス

PRESENT

  1. 中国ドラマ『花の告発~煙雨に仇打つ九義人~』QUOカード
  2. 映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉
  3. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
PAGE TOP