REVIEW

薬の神じゃない!

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『薬の神じゃない!』シュー・ジェン(徐崢)/ワン・チュエンジュン(王伝君)/ジョウ・イーウェイ (周一囲)

2014年、中国でニセ薬事件が起こり、この事件をきっかけに、中国の医薬業界では改革が起きました。本作はその実際の事件を基に描かれています。そして本作は、2018年7月に中国で公開され、3日間で9億元(約146億円)の興行収入を達成し、最終的に30億元(約500億円)を超える爆発的なヒットを記録しました。こう聞くと、偽薬に多くの人が騙されたスキャンダラスなストーリーなのかと思う人もいるかも知れませんが、実際には、偽薬ではなく、政府と有力大手企業の都合によって、安価で買えるはずのジェネリック薬が偽薬扱いをされて、国民が苦しめられたというお話なんです。そもそもその薬は中国では正式に売ることができず、インドから秘かに輸入して隠れて販売するしかありませんでした。上海で、男性向けのインドの強壮剤を販売する店主のチョン・ヨン(程勇)が生活苦に陥り、ある男の誘いを受けて、密輸入を始めるのですが、前半では彼等の商売が成功する様子を描き、後半はチョン・ヨン(程勇)の商売が拡大することで招いた問題と、それに紐付いて実際に命を危険にさらされなければいけなくなる人々の実態を描いています。本来、密輸入や密売は犯罪だし良くないことなのですが、それは国や一握りの権力者の支配が原因である場合もあるのだと本作を観て知りました。こういった問題は氷山の一角に過ぎないだろうし、社会の中の貧富の差がもたらす問題の根深さを感じますが、この事件を機に中国の医療業界で改革が起きたことは本当に喜ばしいことで、少し希望をもらえます。前半はコミカルですが、後半はシリアスなストーリーに転換して、見応えがあります。中国の人々のエネルギッシュな姿にも共感できる作品です。エンタテインメントとして観ても、社会問題を知るために観ても、観て損はありません。

デート向き映画判定
映画『薬の神じゃない!』シュー・ジェン(徐崢)/ワン・チュエンジュン(王伝君)

ロマンチックなムードになるようなストーリーではありませんが、気まずくなるようなストーリーでもないので、逆にどんなカップルが観てもオーケーでしょう。最初はサクセスストーリーを観ているような感覚で楽しめて、後半は社会問題の実態を映し出す内容になっていて、誰が観ても引き込まれます。自分の生活すら厳しい状況だったり、自分の立場が危うくなる状況でも人助けができるのかを考えさせられる内容なので、鑑賞後の感想に人柄が表れるのではないでしょうか。そういう意味で、お互いをよく知るきっかけに一緒に観るのも良さそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『薬の神じゃない!』シュー・ジェン(徐崢)/ワン・チュエンジュン(王伝君)

薬の販売の仕組みについて知っている人なんて大人でも少ないと思いますが、ちょっと想像を膨らませれば理解できるので、肩肘を張らずに観てください。ただキッズにはまだ難しい部分があるので、中学生くらいになってから観るほうが理解できるでしょう。ジェネリック医薬品は何かということだけ知っておくと、より理解が早くなるので、ここで説明しておくと、広辞苑第六版(岩波書店)によれば「先発医薬品の特許期間あるいは再審査期間が過ぎてから開発された、同じ成分を含む薬品。開発費用が少なく、承認審査も簡単なので、薬価を低く抑えることができる。後発医薬品」ということです。中国ではいち大企業が自社で出す薬を高嶺で売り大きな利益を独占していました。でも、一生薬に頼って生きなければいけない人にとってその薬は高価過ぎて買えません。病気を抱えているため、生活苦もどんどんひどくなる人が多くいましたが、そういった状況下で、ジェネリック医薬品を密輸入して影で販売する人が出てきて…というお話です。必要悪という言葉で片付けるのは少々抵抗がありますが、でも善悪は見た目とは違うこともあるのだということを知るきっかけになるストーリーです。社会を知るために、若い皆さんにも観て欲しい1作です。

映画『薬の神じゃない!』シュー・ジェン(徐崢)/ワン・チュエンジュン(王伝君)/ジョウ・イーウェイ (周一囲)

『薬の神じゃない!』
2020年10月16日より全国順次公開
株式会社シネメディア
公式サイト

© 2020 Cine-C. and United Smiles Co., Ltd. All Rights Reserved

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『三度目の、正直』野原位監督&川村りらさんインタビュー 『三度目の、正直』野原位監督&川村りらさんインタビュー

第34回東京国際映画祭コンペティション部門に選出された野原位監督のデビュー作『三度目の、正直』。今回は、野原監督と、主演及び野原監督との共同脚本を兼任した川村りらさんにお話を伺い、本作の製作秘話や、結婚、子どもの有無にまつわる社会的な視線に対する対処法について聞いてみました。

映画『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』ダービー・キャンプ/ジャック・ホワイトホール でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード

本作はアメリカの児童文学作家ノーマン・ブリッドウェルが1963年に発表した原作…

映画『シルクロード.com ―史上最⼤の闇サイト―』ジェイソン・クラーク シルクロード.com ―史上最大の闇サイト―

検索エンジンでは出てこないダークウェブと暗号通貨 “ビットコイン”を組合せ…

映画『世界で一番美しい少年』ビョルン・アンドレセン ビョルン・アンドレセン

1955年1月26日生まれ。幼少期をスウェーデン、ノルウェイ、デンマークで過ごし…

映画『さがす』佐藤二朗 さがす

想像以上にいろんな意味でねじれにねじれていて、人間という生き物の…

映画『ブラックボックス:音声分析捜査』ピエール・ニネ ブラックボックス:音声分析捜査

本作は、航空機事故の真相を明かすために1人の音声分析官が奔走するサスペンスで…

映画『真夜中乙女戦争』永瀬廉(King & Prince)/池田エライザ/柄本佑 真夜中乙女戦争

本作は、平凡で退屈な日々を送る青年が、ある出会いをきっかけに自分自身と東京の街を破壊…

映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』マッツ・ミケルセン/ニコライ・リー・コース/ラース・ブリグマン ライダーズ・オブ・ジャスティス

主人公は列車事故で妻を亡くした軍人のマーカス(マッツ・ミケルセン)で、彼は残された娘のマチルデ(アンドレア・ハイク・ガデベルグ)と…

映画『コーダ あいのうた』エミリア・ジョーンズ/マーリー・マトリン コーダ あいのうた

本作は、2015年に日本で公開されたフランス映画『エール!』のハリウッドリメイク版で、タイトルの“CODA(コーダ)”には…

映画『こんにちは、私のお母さん』ジア・リン ジア・リン

1982年4月29日生まれ。中国、湖北省出身。1982年、母のリ・ホワンインと父のジア・ウェンティエンの娘として…

部活・イベント

  1. MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真
  2. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ
  3. 映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』
  4. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)ホラーパーティー2021
  5. 映画『あまくない砂糖の話』

おすすめ記事

MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真 皆で一緒にホラーメイクで肝試し【年忘れホラーパーティー】リポート

2021年12月26日、トーキョー女子映画部ではオンラインで忘年会を行いました。ここではどんな内容だったのかをご報告します。

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ/エミリー・ブラント “お気に入りのファッション映画”特集2022

華やかなファッションや、細部までこだわるプロの仕事が観られるファッション映画。2022年は『ハウス・オブ・グッチ』をはじめ、気になる新作が続々と公開となります。そこで今回はファッションにまつわる映画(ドキュメンタリー作品を含む)、ファッション業界を描いた映画、ファッション要素が強い映画でどの作品が好きか聞いてみました。

映画『エターナルズ』ジェンマ・チャン/リチャード・マッデン トーキョー女子映画部が選ぶ 2021年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2021年ベスト5】を発表!劇場公開中の作品や、デジタル配信中のもの、DVDレンタル・発売中のものなど、ぜひ冬休みに観てください。

映画『キャロル』ケイト・ブランシェット/ルーニー・マーラ クリスマスシーズンに観たい映画ランキング

今年も年末に差し掛かり、いよいよクリスマスが迫ってきました。そこで今回は、編集部独断でクリスマス映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品について聞いてみました。皆さんの好きな作品は果たして何位にランクインしているのでしょうか?

映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』 “お父さんが嫌いなんじゃない”娘達の本音トーク『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』部活リポート

大人気シリーズ第2弾となる『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』は、主人公ボス・ベイビーとその兄ティムの兄弟関係と共に、父でもあるティムとその娘タビサの親子関係もしっかりと描かれています。だんだん成長するにつれ、すれ違う娘の気持ちとお父さんの気持ち。そんなとても切なくて温かい父と娘の物語も印象的だということで、今回の部活では、娘目線で父と娘について語る座談会を実施しました。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン お気に入りのスパイ映画はどれ?スパイ映画人気ランキング

シリアスな展開やハラハラドキドキするアクションシーンも楽しめるスパイ映画。今年は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『キングスマン:ファースト・エージェント』など超目玉作品の公開が続きます。そこで今回は、編集部独断でスパイ映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品を聞いてみました!

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』佐藤健 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜演技派俳優編〜

楽しい妄想シリーズ第3弾!今回は、皆さんがもし1日だけ演技派俳優になって映画に出られるとしたら、誰…

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

REVIEW

  1. 映画『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』ダービー・キャンプ/ジャック・ホワイトホール
  2. 映画『シルクロード.com ―史上最⼤の闇サイト―』ジェイソン・クラーク
  3. 映画『さがす』佐藤二朗
    さがす

  4. 映画『ブラックボックス:音声分析捜査』ピエール・ニネ
  5. 映画『真夜中乙女戦争』永瀬廉(King & Prince)/池田エライザ/柄本佑
  6. 映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』マッツ・ミケルセン/ニコライ・リー・コース/ラース・ブリグマン
  7. 映画『コーダ あいのうた』エミリア・ジョーンズ/マーリー・マトリン
  8. 映画『無聲 The Silent Forest』
  9. 映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』長澤まさみ/東出昌大/小日向文世
  10. 映画『スティルウォーター』マット・デイモン
PAGE TOP