REVIEW

薬の神じゃない!

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『薬の神じゃない!』シュー・ジェン(徐崢)/ワン・チュエンジュン(王伝君)/ジョウ・イーウェイ (周一囲)

2014年、中国でニセ薬事件が起こり、この事件をきっかけに、中国の医薬業界では改革が起きました。本作はその実際の事件を基に描かれています。そして本作は、2018年7月に中国で公開され、3日間で9億元(約146億円)の興行収入を達成し、最終的に30億元(約500億円)を超える爆発的なヒットを記録しました。こう聞くと、偽薬に多くの人が騙されたスキャンダラスなストーリーなのかと思う人もいるかも知れませんが、実際には、偽薬ではなく、政府と有力大手企業の都合によって、安価で買えるはずのジェネリック薬が偽薬扱いをされて、国民が苦しめられたというお話なんです。そもそもその薬は中国では正式に売ることができず、インドから秘かに輸入して隠れて販売するしかありませんでした。上海で、男性向けのインドの強壮剤を販売する店主のチョン・ヨン(程勇)が生活苦に陥り、ある男の誘いを受けて、密輸入を始めるのですが、前半では彼等の商売が成功する様子を描き、後半はチョン・ヨン(程勇)の商売が拡大することで招いた問題と、それに紐付いて実際に命を危険にさらされなければいけなくなる人々の実態を描いています。本来、密輸入や密売は犯罪だし良くないことなのですが、それは国や一握りの権力者の支配が原因である場合もあるのだと本作を観て知りました。こういった問題は氷山の一角に過ぎないだろうし、社会の中の貧富の差がもたらす問題の根深さを感じますが、この事件を機に中国の医療業界で改革が起きたことは本当に喜ばしいことで、少し希望をもらえます。前半はコミカルですが、後半はシリアスなストーリーに転換して、見応えがあります。中国の人々のエネルギッシュな姿にも共感できる作品です。エンタテインメントとして観ても、社会問題を知るために観ても、観て損はありません。

デート向き映画判定
映画『薬の神じゃない!』シュー・ジェン(徐崢)/ワン・チュエンジュン(王伝君)

ロマンチックなムードになるようなストーリーではありませんが、気まずくなるようなストーリーでもないので、逆にどんなカップルが観てもオーケーでしょう。最初はサクセスストーリーを観ているような感覚で楽しめて、後半は社会問題の実態を映し出す内容になっていて、誰が観ても引き込まれます。自分の生活すら厳しい状況だったり、自分の立場が危うくなる状況でも人助けができるのかを考えさせられる内容なので、鑑賞後の感想に人柄が表れるのではないでしょうか。そういう意味で、お互いをよく知るきっかけに一緒に観るのも良さそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『薬の神じゃない!』シュー・ジェン(徐崢)/ワン・チュエンジュン(王伝君)

薬の販売の仕組みについて知っている人なんて大人でも少ないと思いますが、ちょっと想像を膨らませれば理解できるので、肩肘を張らずに観てください。ただキッズにはまだ難しい部分があるので、中学生くらいになってから観るほうが理解できるでしょう。ジェネリック医薬品は何かということだけ知っておくと、より理解が早くなるので、ここで説明しておくと、広辞苑第六版(岩波書店)によれば「先発医薬品の特許期間あるいは再審査期間が過ぎてから開発された、同じ成分を含む薬品。開発費用が少なく、承認審査も簡単なので、薬価を低く抑えることができる。後発医薬品」ということです。中国ではいち大企業が自社で出す薬を高嶺で売り大きな利益を独占していました。でも、一生薬に頼って生きなければいけない人にとってその薬は高価過ぎて買えません。病気を抱えているため、生活苦もどんどんひどくなる人が多くいましたが、そういった状況下で、ジェネリック医薬品を密輸入して影で販売する人が出てきて…というお話です。必要悪という言葉で片付けるのは少々抵抗がありますが、でも善悪は見た目とは違うこともあるのだということを知るきっかけになるストーリーです。社会を知るために、若い皆さんにも観て欲しい1作です。

映画『薬の神じゃない!』シュー・ジェン(徐崢)/ワン・チュエンジュン(王伝君)/ジョウ・イーウェイ (周一囲)

『薬の神じゃない!』
2020年10月16日より全国順次公開
株式会社シネメディア
公式サイト

© 2020 Cine-C. and United Smiles Co., Ltd. All Rights Reserved

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ビューティフルドリーマー』小川紗良さんインタビュー 『ビューティフルドリーマー』小川紗良さんインタビュー

今回は、女優と映像作家、両方の顔を持つ小川紗良さんにインタビューをさせて頂きました。『ビューティフルドリーマー』では、役柄が映画監督ということで、学生時代から続けている映像作家としての視点などもお話を伺いました。

映画『音響ハウス Melody-Go-Round』 『音響ハウス Melody-Go-Round』3組6名様 全国共通前売券プレゼント

映画『音響ハウス Melody-Go-Round』3組6名様 全国共通前売券プレゼント

映画『ホテルローヤル』波瑠 ホテルローヤル

ラブホテルにも時代の変化はあるのかも知れませんが、一般的なホテルとは違って…

映画『青い、森』清水尋也 青い、森

忽然と姿を消した青年、波(清水尋也)と、彼を探す志村(門下秀太郎)と長岡(田中偉登)…

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ 「自分らしく、闘う。」学生限定・勝負服デザイン画コンテスト結果発表!『パピチャ 未来へのランウェイ』

『パピチャ 未来へのランウェイ』は、“ファッションデザイナーになる”という夢を胸に、抑圧に抗い、自分達の手で未来を切り拓いていこうと奮闘する主人公ネジュマの物語。この度、この主人公にちなんで、勝負服デザイン画コンテストが実施されました。

映画『博士と狂人』メル・ギブソン メル・ギブソン

1956年1月3日アメリカ、ニューヨーク生まれ。ジョージ・ミラー監督作『マッドマックス』(79)の…

映画『十二単衣を着た悪魔』三吉彩花さんインタビュー 『十二単衣を着た悪魔』三吉彩花さんインタビュー

モデル、女優として大活躍中の三吉彩花さんにインタビューをさせていただきました!『十二単衣を着た悪魔』では、『源氏物語』の世界で恐れられる存在、弘徽殿女御を好演。インタビューのお話からは三吉さんの新たな一面も。

映画『おらおらでひとりいぐも』田中裕子/濱田岳/青木崇高/宮藤官九郎 おらおらでひとりいぐも

独り暮らしをする75歳の桃子の日常と、彼女の中の葛藤を描いた物語…

映画『きみの瞳が問いかけている』やべきょうすけ やべきょうすけ

1973年11月12日生まれ、大阪府出身。主な出演作に『Kids Return キッズ・リターン』『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』…

映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦/道枝駿佑 461個のおべんとう

父子で暮らすことになった一樹と虹輝が主人公の物語…

おすすめ記事

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『オフィシャル・シークレット』マット・スミス/マシュー・グード ジャーナリズムの意義を問う映画特集

現代は情報に溢れており、不確かなニュースを判別することも難しくなってきました。でも、誰も正しい情報を伝えようとする努力をしなくなった時、世界はどうなって…

【恋のまち パリvsニューヨーク】特集イメージ:エッフェル塔&自由の女神 【恋のまち パリvsニューヨーク】特集

多くの恋愛映画の舞台となっているパリとニューヨーク。今回はそれぞれが舞台となっている恋愛映画の中で、どの作品が好きか投票を行い、ランキングと総合結果を出しました。パリvsニューヨークの結果はいかに!?

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ホテルローヤル』波瑠
  2. 映画『青い、森』清水尋也
    青い、森

  3. 映画『おらおらでひとりいぐも』田中裕子/濱田岳/青木崇高/宮藤官九郎
  4. 映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦/道枝駿佑
  5. 映画『PLAY 25年分のラストシーン』マックス・ブーブリル
  6. 映画『ザ・ハント』ベティ・ギルピン
    ザ・ハント

  7. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ
  8. 映画『罪の声』小栗旬/星野源
    罪の声

  9. 映画『とんかつDJアゲ太郎』北村匠海/山本舞香/伊藤健太郎
  10. 映画『キーパー ある兵士の奇跡』デヴィッド・クロス/フレイア・メーバー

部活・イベント

  1. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  2. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  3. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  4. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  5. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
PAGE TOP