REVIEW

AGANAI 地下鉄サリン事件と私

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『AGANAI 地下鉄サリン事件と私』さかはらあつし/荒木浩

本作は、1995年3月20日に起きた、地下鉄サリン事件の被害者の1人、さかはらあつし監督によるドキュメンタリーです。地下鉄サリン事件では、14名の死者(後遺症で寝たきりの生活の後、2020年3月にお亡くなりになられた女性を含む)と、6000人余りの負傷者が出たといわれています。事件を起こしたのは、オウム真理教の教祖である麻原彰晃(本名・松本智津夫)と信者達。麻原彰晃と逮捕された元幹部12名の死刑は2018年7月に執行されていますが、本作の公式資料によると、オウム真理教の信者達は今でも複数のグループに分かれて、“Aleph(アレフ)”“ひかりの輪”などと名前を変えて活動しており、さかはら監督は1年間彼らと撮影の交渉を行ったそうです。さかはら監督は今もPTSDや身体の不調を抱えながらも、若き日に自ら命を絶った友人との約束を胸に2014年から本作の制作に取りかかり、2015年から撮影を開始していますが、決して妥協しないと決め、5年の歳月をかけて本作を完成させています。
本作には、Alephの広報部長とさかはら監督が、偶然にも同じだったという故郷の丹波を旅する様子が描かれています。多くの犠牲者を出し、さかはら監督自身も被害に遭っていることを思うと、怒りをぶつけたくなってもおかしくありませんが、さかはら監督は敵意ではなく、1人の人間同士として彼に向き合っているのが伝わってきます。公式資料でさかはら監督は「私は荒木浩については自殺した友人にもう一度思いとどませられる機会があれば必ずそうするように友人、いや、兄弟のように真剣に向き合ってみようと思いました」と述べています。時に優しく、時に厳しく彼に接するさかはら監督の様子にはそんな思いが滲み出ていますが、なぜあんな事件が起こったのか、なぜ信者達は家族や社会を捨てて入信するのかを追究しようとする強い意志も感じられます。さかはら監督は、事件後、後遺症に苦しむばかりでなく、被害者団体に入ろうとするも断られたことがあったそうですが、オウム真理教に興味を示しても、被害者にはあまり関心が向けられない現実にも直面し、映画を作ることで一石を投じたいという思いがあったとのことです。決して彼らを赦しているわけではないけれど、公平で真摯な姿勢で撮られた本作は、「人にとって何が大切なのかに立ち戻れば見えてくるものがあるのではないか」と投げかけてくれる作品です。26年後の2021年、事件が起きた3月20日に公開となる本作をぜひ多くの人に観て欲しいと思います。

デート向き映画判定
映画『AGANAI 地下鉄サリン事件と私』

本作は、あれほど残酷なテロ事件を起こした後でも、まだ同じ教祖、宗教を信じ続ける理由は何なのかに迫る内容で、語られる言葉の一つひとつには、とても身近な感情がきっかけになっていることが映し出されています。また、被害者の気持ちを体感させるよう働きかけるシーンも印象的です。さまざまな視点で観ることができる作品なので、こういった作品を大事な人と一緒に観ることで普段相談しづらいことを打ち明けるきっかけにできれば良いなと思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『AGANAI 地下鉄サリン事件と私』さかはらあつし/荒木浩

皆さんが生まれる前に起こった事件ですが、すごく大きな事件で今でも話題になることがあり、“地下鉄サリン事件”という言葉だけでも知っている人もいるでしょう。宗教についてはまだ縁遠く感じるかもしれませんが、宗教が云々以前に、人間が幸せに生きていく上で何が大切かを考えさせられる内容になっているので、改めて考えるきっかけにして欲しいと思います。

映画『AGANAI 地下鉄サリン事件と私』さかはらあつし/荒木浩

『AGANAI 地下鉄サリン事件と私』
2021年3月20日より全国順次公開
Good People
公式サイト

©2020 Good People Inc.

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『モンスターハンター』ミラ・ジョヴォヴィッチ ミラ・ジョヴォヴィッチ

1975年12月17日、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国生まれ。1998年に『トゥー・ムーン』で…

映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』ロバート・デ・ニーロ/オークス・フェグリー グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告

本作は、とある事情で娘一家の家に移り住むことになったおじいちゃん(ロバート・デ・ニーロ)と、おじいちゃんに部屋を取られ…

映画『スプリー』ジョー・キーリー スプリー

SNSでバズろうと躍起になり、我を失う若者を描いた本作は、サンダンス映画祭で話題を呼び、全米では33館という小規模の公開ながら…

映画『すばらしき世界』六角精児 六角精児(ろっかく せいじ)

1962年6月24日生まれ。兵庫県出身。1982年に劇団”善人会議(現・扉座)”の旗揚げに参加し、…

Netflix映画『彼女』インタビュー:廣木隆一監督&さとうほなみさん Netflix映画『彼女』廣木隆一監督、さとうほなみさんインタビュー

Netflix映画『彼女』の廣木隆一監督、さとうほなみさんにインタビュー。監督、主演の立場から、本作の魅力をいろいろと語っていただきました。お2人の楽しい掛け合いから、撮影現場でも和気あいあいとされていたのかなというのが伝わってきました。

映画『SNS-少女たちの10日間-』 SNS-少女たちの10日間-

SNSが普及した昨今、ネット上で子ども達が危険な目に遭っていることが問題視されています。これは…

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』安藤政信 安藤政信(あんどう まさのぶ)

1975年5月19日、神奈川県生まれ。1996年、北野武監督&脚本作…

映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』佐藤健/武井咲/新田真剣佑/青木崇高/蒼井優/有村架純/江口洋介 るろうに剣心 最終章 The Final

大人気の本シリーズもいよいよ最終章です。本作は最終章2部作のうちの1作目。物語は…

映画『トムとジェリー』クロエ・グレース・モレッツ クロエ・グレース・モレッツ

1997年2月10日アメリカ生まれ。現在、カリフォルニア州ロサンゼルスに在住。2010年『キック・アス』で…

映画『SNS-少女たちの10日間-』 ここだけの話16:最近観た、いろんな意味で衝撃的だった映画(2021年春)

今回は、最近観た映画の中で、いろんな意味で衝撃的、印象的だった映画について、ツラツラとお話しています。気楽に聞いて頂けると嬉しいです。

部活・イベント

  1. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  2. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  3. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  4. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  5. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

おすすめ記事

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

REVIEW

  1. 映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』ロバート・デ・ニーロ/オークス・フェグリー
  2. 映画『スプリー』ジョー・キーリー
    スプリー

  3. 映画『SNS-少女たちの10日間-』
  4. 映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』佐藤健/武井咲/新田真剣佑/青木崇高/蒼井優/有村架純/江口洋介
  5. Netflix映画『マ・レイニーのブラックボトム』ヴィオラ・デイヴィス/
  6. Netflix映画『私というパズル』ヴァネッサ・カービー/シャイア・ラブーフ
  7. 映画『AVA/エヴァ』ジェシカ・チャステイン
    AVA/エヴァ

  8. Netflix映画『彼女』水原希子/さとうほなみ
    彼女

  9. 映画『約束の宇宙』エヴァ・グリーン
    約束の宇宙

  10. 映画『パーム・スプリングス』アンディ・サムバーグ/クリスティン・ミリオティ
PAGE TOP