REVIEW

惡の華

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『惡の華』伊藤健太郎/玉城ティナ

「自分は変態なのか?だとしたら、どうすれば良いんだ」と主人公と同じ目線で観るのと、思春期特有の焦燥感の抽象表現として客観的に観るのとで、印象が変わりそうです。描写は極端ではあるものの、誰もが一度はこういう感覚を持ったことがあるのではないかと思える若者達のいろいろな心理を描いていて、親近感は湧いてきます。大人になるとこういった感覚を忘れるかも知れませんが、思春期だったら答えを探すのに必死になるのもわかります。社会的に世間体的に“こうだろう”と思われる方向と、自分の本心が向かう先が違う場合、アイデンティティが形成されつつある中高生の段階なら、本人の中で大きな問題になり得ます。内に閉じ込めていたものが吹き出すシーンがたくさん出てきますが、若者達のあがきの象徴と考えると、この激しさにも納得です。

デート向き映画判定
映画『惡の華』伊藤健太郎/玉城ティナ

ラブストーリーの要素もありますが、自分の気持ちに折り合いをつけられずに悩む主人公のもがきを軸に物語は展開し、さらに何度も主人公がクソムシ呼ばわりされるので、デートのムードが盛り上がるようなストーリーではありません(苦笑)。女子のドロドロした内面が吹き出すシーンも多々出てくるので、デートで観るには不向きでしょう。同性の友達と観るか、1人でじっくり観ることをオススメします。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『惡の華』伊藤健太郎

PG-12なので、保護者と一緒なら12歳未満の人も観られますが、親子で観るのは気まずい部分もあるでしょう。なので、キッズは中学生になってから観ると良いと思います。主人公達の中学生から高校生までの出来事を描いていて、ティーンの皆さんは身近に感じるストーリーです。誰にでも人には言えない悩み事があって、それが皆と比べて普通かおかしいかを知りたいお年頃だと思いますが、悩みの種類は違っても、皆同じように悩んでいると心強く思えるはずです。

映画『惡の華』伊藤健太郎/玉城ティナ//秋田汐梨/飯豊まりえ

『惡の華』
2019年9月27日より全国公開
PG-12
ファントム・フィルム
公式サイト

©押見修造/講談社 ©2019映画『惡の華』製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』ワールドプレミア、ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーン エマ・ストーン、ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグら豪華キャストが集結!『ゾンビランド:ダブルタップ』ワールドプレミア

11月22日に日本公開となる映画『ゾンビランド:ダブルタップ』。先日、本作のワールドプレミアがLAで開催され、ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、アビゲイル・ブレスリン、エマ・ストーン、ルーベン・フライシャー監督が登場しました。前作から10年ぶりの続編となる本作について熱く語りました!

映画『僕のワンダフル・ジャーニー』ヘンリー・ラウ ヘンリー・ラウ

1989年カナダ、トロント生まれ。ボストンのバークリー音楽大学卒業。音楽、映画、ダンスを始めとする複数の分野で活躍するアーティストで…

映画『超・少年探偵団NEO −Beginning−』高杉真宙 超・少年探偵団NEO −Beginning−

タイトルに“Beginning”とあるように、少年探偵団が結成されるまでを描いているので、チームでの探偵活動というよりは…

映画『アイネクライネナハトムジーク』萩原利久 萩原利久(はぎわら りく)

1999年2月28日、埼玉県生まれ。9歳でデビューし、その後数々のドラマや映画作品に出演しキャリアを重ねる。2016年には『ちはやふる 上の句/下の句』『金メダル男』『オケ老人!』と…

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

映画『ジェミニマン』ウィル・スミス/メアリー・エリザベス・ウィンステッド ジェミニマン

何から何までスゴい!まず本作は、”3D+in HFR”という技術を使って撮影されています。これはこれまでの映画のフレームレート(1秒間に24コマ)の2.5倍に…

映画『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』オスカー・アイザック/オリヴィア・ワイルド 『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』3組6名様 一般試写会ご招待

映画『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』3組6名様 一般試写会ご招待

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』アーノルド・シュワルツェネッガー/リンダ・ハミルトン/マッケンジー・デイヴィス/ナタリア・レイエス 『ターミネーター:ニュー・フェイト』5組10名様 来日ゲスト登壇レッドカーペットイベントご招待

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』5組10名様 来日ゲスト登壇レッドカーペットイベントご招待

映画『コンビニ・ウォーズ~バイトJK VS ミニナチ軍団~』オースティン・バトラー オースティン・バトラー

1991年8月17日アメリカ、カリフォルニア州生まれ。『CSI:マイアミ』に出演後、2013年~2014年に放送のTVドラマ『マンハッタンに恋をして ~キャリーの日記~』に出演。さらに…

映画『50回目のファーストキス』完成披露試写会舞台挨拶、山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 総合ランキング>

今回は、いよいよ30代俳優の総合ランキングを発表します!20代の各部門ランキングに比べると、30代のランキングは部門毎で変動が多かった印象ですが、果たして総合ランキングはどのような結果になったのでしょうか?

おすすめ記事

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

映画『50回目のファーストキス』完成披露試写会舞台挨拶、山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 総合ランキング>

今回は、いよいよ30代俳優の総合ランキングを発表します!20代の各部門ランキングに比べると、30代のランキングは部門毎で変動が多かった印象ですが、果たして総合ランキングはどのような結果になったのでしょうか?

映画『Diner ダイナー』藤原竜也 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 演技力部門編>

今回は30代俳優の演技力部門のランキングを発表します!俳優として最も重要な要素と言っても過言ではない演技力。TOP20には一体どの俳優がランクインしたのでしょうか!?

映画『ハード・コア』山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 個性・ユーモア部門編>

今回は、30代俳優の個性部門TOP20&ユーモア部門TOP10を発表します!1位はもちろん、上位を争ったのはどの俳優達なのでしょうか?

映画『伊藤くん A to E』完成披露舞台挨拶、岡田将生 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 ルックス・セクシー部門編>

前回発表した国内20代俳優に続き、今回から国内30代俳優についてのランキングを発表!編集部スタッフ…

映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督 久々の里帰りで会ったお父さんに異変!家族として受け入れられる?『おいしい家族』部活リポート

2019年7月31日、『おいしい家族』の完成披露試写会が行われ、トーキョー女子映画部の正式部員皆で参加させて頂きました。当日は、主演の松本穂香さん、ふくだももこ監督が登壇…

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

REVIEW

  1. 映画『超・少年探偵団NEO −Beginning−』高杉真宙
  2. 映画『ジェミニマン』ウィル・スミス/メアリー・エリザベス・ウィンステッド
    ジェミニマン

  3. 映画『マレフィセント2』アンジェリーナ・ジョリー/エル・ファニング/ミシェル・ファイファー
  4. 映画『楽園』綾野剛/杉咲花
    楽園

  5. 映画『フッド:ザ・ビギニング』タロン・エガートン/ジェイミー・フォックス
  6. Netflix『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン3』
  7. 映画『天才たちの頭の中〜世界を面白くする107のヒント〜』
  8. 映画『ボーダー 二つの世界』エヴァ・メランデル/エーロ・ミロノフ
  9. 映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』夏帆/シム・ウンギョン
  10. 映画『最高の人生の見つけ方』吉永小百合/天海祐希

部活・イベント

  1. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  2. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  3. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  4. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP