REVIEW

アシスタント【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『アシスタント』ジュリア・ガーナー

昨今国内外問わず、映画業界のハラスメントが明るみに出てきました。本作の公式サイトによると、「英語で匿名の女性を指す “Jane Doe” に由来するジェーンというキャラクターは、数百にも及ぶ労働者へ対して行われたリサーチとインタビューによって監督が得た膨大な知見、とりわけ女性の痛みや混乱の経験から形成されている」とあります。本作で描かれる、映画会社に勤め始めて間もないアシスタント、ジェーン(ジュリア・ガーナー)の1日を観るだけでも、ハラスメントが常態化している現状がうかがえます。
ジェーンが出勤するのは、空がまだ暗い早朝。彼女の仕事はまさに雑務の連続で、会長を始め、周囲のスタッフの世話に追われています。にもかかわらず、彼女が周囲から空気のように扱われている様子も、客観的に観ている私達にとっては異様な光景として映ります。本作はそんなジェーンの仕事ぶりを淡々と描いているだけに見えて、たった1日の間にどれだけストレスのある出来事を経験しているかを映し出しています。また、淡々と描いているからこそ、常態化している会社の異常性が際立って見えます。そして、一見何でもない日常のようでいて、後半にはかなり緊張感が高まる展開があります。そのシーンには問題の根深さが描かれており、ジェーンにも、観る者にも徹底的な無力感を植え付けます。
高い倍率ながらやっと憧れの仕事に就いたジェーンは、会社の汚点に異議を唱えるのか、自分のキャリアを守るために妥協するのかという究極の選択を迫られます。何ともやるせない気持ちにさせられるストーリーながら、自分の価値観を振り返るきっかけになるのではないでしょうか。

デート向き映画判定
映画『アシスタント』ジュリア・ガーナー

ジェーンが体験しているような状況は映画業界に限らないと思います。特に社会人の皆さんにとってはとても身近に感じる内容なので、デートの雰囲気を楽しむ気分は吹っ飛んで、映画に没頭してしまうでしょう。自分の仕事観を振り返るには1人でじっくり観ると良いと思います。一方で、パートナーに仕事の悩みを相談したいと思っている場合は、一緒に本作を観てもらうと話易くなりそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『アシスタント』ジュリア・ガーナー

インターンをしている方や就職活動中の方、就職して間もない方は、ジェーンと同じ目線で感情移入してしまうでしょう。ジェーンのように、夢と憧れを胸に高い倍率を勝ち抜いて就職したものの、「思っていたのと違う!」という状況に陥る可能性はなきにしもあらずです。やりたい仕事に近づけて、その企業は出世するのには有利で、でも企業環境が最悪で…となった時、あなたならどうしますか?本作はあなたの仕事観を確かめる上で、良いシミュレーションになると思います。

映画『アシスタント』ジュリア・ガーナー

『アシスタント』
2023年6月16日より全国公開
サンリスフィルム
公式サイト

© 2019 Luminary Productions, LLC. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』福原遥 福原遥【プロフィールと出演作一覧】

1998年8月28日生まれ。埼玉県出身。 主な映画出演作に…

中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード 中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース マッドマックス:フュリオサ【レビュー】

直感的におもしろいと感じられるので、わざわざ言語化、文章化せずに…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  2. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  3. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ
  4. 映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース
  5. 海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP