REVIEW

エルヴィス

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『エルヴィス』オースティン・バトラー

エルヴィス・プレスリーが伝説の大スターであることは知られていますが、彼の現役時代を知らない世代にとって、彼の何がどうスゴかったのかは、本作を観るととてもよく理解できます。本作の公式資料には「世界で最も売れたソロアーティスト(ギネス認定)」「1日で売り上げたレコード枚数2000万枚(世界記録)」「レコード総売上、推定30億枚」「出演TV番組視聴率82%」「ライブ世界中継視聴数15億人」とあり、これだけ並べても桁違いにスゴかったことはわかりますが、本作には彼の影響力の大きさゆえに、本人や周囲がどれほど人生を狂わされたかが描かれています。
前半はエルヴィスの生い立ちが語られ、彼がとても家族思いであることが伝わってきます。彼は黒人に囲まれて育ち、それが彼の音楽のルーツになっている点も彼の人生を振り返る上で重要なポイントとして描かれています。そして、彼が当時いかにセンセーショナルな存在だったのかは、彼が歌う姿を見て失神する女性ファンの様子などから伝わってきます。他にも今なら信じられないファンとの交流シーンが描かれていますが、それは実際に映像として残っている記録を元に再現したシーンのようです。そういう意味でも、エルヴィスを知らない世代が観るといろいろと衝撃的です。
また、エルヴィスを演じたオースティン・バトラーがすごくセクシーで、どこか母性本能をくすぐる雰囲気を醸し出しています。エルヴィスの純粋さ、人柄の良さが彼の運命を大きく左右することになりますが、そんなキャラクター性も見事に体現していて、オースティンの演技力を実感します。オースティンはバズ・ラーマン監督が本作を撮るという話が挙がった瞬間から、絶対に役を勝ち取ろうとエルヴィスについて猛勉強し、熱心に歌の練習をしてオーディションに挑んだそうです(公式資料より)。その意気込みをすごく感じる作品となっています。そして、エルヴィスのマネージャー役を演じたトム・ハンクスの悪役ぶりもリアルで迫力満点です。キャストの演技、バズ・ラーマン監督が作り出す悲壮感漂う美しい世界は、ぜひ大きなスクリーン、良い音響で堪能してください。

デート向き映画判定
映画『エルヴィス』オースティン・バトラー

エルヴィスは結婚し娘のリサ・マリーを授かっています。でも、アメリカだけでなく世界的にも大きな影響力を持ち、家族皆の面倒をみていたエルヴィスが、一般人のような生活を送れるわけがありません。本作では妻プリシラの苦悩も映し出されています。パートナーを独り占めできなければ耐えられないという方は、本作を1人でじっくり観て、自分にどんな交際が向いているのか客観視してみてはいかがでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『エルヴィス』オースティン・バトラー

上映時間が159分と長く、人種問題や宗教的な背景が理解できていないと置いてきぼりになりそうなところがあるので、キッズにはまだ難しいでしょう。脚光を浴び、世界中のファンから愛されることは一見幸せなことのように思えますが、その半面背負うものが多いこともわかります。メディアが発達し、誰でも有名になるのが簡単になった現代だからこそ誰にでも通じる部分があるので、ティーンの皆さんはぜひ観てみてください。

映画『エルヴィス』オースティン・バトラー

『エルヴィス』
2022年7月1日より全国公開
ワーナー・ブラザース映画
公式サイト

© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

TEXT by Myson

関連記事

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『コカイン・ベア』 コカイン・ベア

タイトルからおわかりの通り、本作はコカインと熊のお話…

Netflix映画『ちひろさん』有村架純 ちひろさん

物語が進むほど、人間の深いところに潜っていけるストーリーです。元風俗嬢の“ちひろさん…

映画『リトル・マーメイド』ワールドプレミア、メリッサ・マッカーシー メリッサ・マッカーシー

1970年8月26日アメリカ生まれ。ニューヨークでスタンダップ・コメディアンとしてのキャリアをスタートする。その後…

海外ドラマ『シークレット・インベージョン』サミュエル・L・ジャクソン シークレット・インベージョン

自由自在に他人に擬態できる能力を持つ異星人“スクラル”が要人等になりすまし、地球を乗っ取ろうとしている状況で…

映画『シアター・キャンプ』モリー・ゴードン シアター・キャンプ

キービジュアルや場面写真を見るだけでも、サーチライト・ピクチャーズ作品のいい匂いがプンプン漂ってきて…

映画『BAD LANDS バッド・ランズ』安藤サクラ/山田涼介 BAD LANDS バッド・ランズ

「破門」(第151回直木賞を受賞)や「後妻業」などで知られる黒川博行による小説を映画化…

映画『PIGGY ピギー』ラウラ・ガラン PIGGY ピギー

ティーンエイジャーを主人公とした成長物語をこうしたストーリーで…

映画『ロスト・キング 500年越しの運命』サリー・ホーキンス ロスト・キング 500年越しの運命

筋痛性脳脊髄炎を患いながらも、子育てと仕事を両立させてきたフィリッパ(サリー・ホーキンス)は…

映画『犬部!』安藤玉恵 安藤玉恵(あんどう たまえ)

1976年8月8日生まれ。東京都出身。早稲田大学在学中に演劇を始め…

映画『ファッション・リイマジン』 ファッション業界のこれまでとこれから

流行しているファッションを見ると、その時代、社会が見えて…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

おすすめ記事

映画『ヒッチコックの映画術』アルフレッド・ヒッチコック 映画好きが選んだアルフレッド・ヒッチコック監督人気作品ランキング

アルフレッド・ヒッチコックが監督をした作品(1950年以降に制作された作品)について正式部員の皆さんに投票いただきランキングを作成しました。名作揃いのなか、どの作品が1位となったのでしょうか?

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』来日記者会見:クエンティン・タランティーノ 映画好きが選んだクエンティン・タランティーノ監督人気作品ランキング

今回は、これまでクエンティン・タランティーノが監督をした作品(脚本担当作は除く)について正式部員の皆さんに投票いただきランキングを作成しました。

映画『アイスクリームフィーバー』吉岡里帆/詩羽(水曜日のカンパネラ) 映画好き女子が選んだ【ガールズムービー邦画ランキング】

今回は邦画のガールズムービー(女性同士の友情や交流などを描いた作品)を集めました。候補作品は編集部が独断で選抜し、正式部員の皆さんの投票によるランキングを作成しました 。部員の皆さんによる熱いコメントも参考に、お気に入りのガールズムービーを探してみてください!

TSUTAYA TV

REVIEW

  1. 映画『コカイン・ベア』
  2. Netflix映画『ちひろさん』有村架純
    ちひろさん

  3. 海外ドラマ『シークレット・インベージョン』サミュエル・L・ジャクソン
  4. 映画『シアター・キャンプ』モリー・ゴードン
  5. 映画『BAD LANDS バッド・ランズ』安藤サクラ/山田涼介

PRESENT

  1. 映画『北極百貨店のコンシェルジュさん』
  2. 中国ドラマ『千紫万華(せんしばんか)〜重紫(ちょうし)に捧ぐ不滅の愛〜』QUOカード、ヤン・チャオユエ/シュー・ジェンシー
  3. 中国ドラマ『花令嬢の華麗なる計画』QUOカード、シュー・ジェンシー(徐正溪)/モン・ズーイー(孟子義)
PAGE TOP