イイ男セレクション

トム・ハンクス

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』トム・ハンクス

1956年7月9日アメリカ生まれ。1993年にジョナサン・デミ監督の『フィラデルフィア』でエイズを患う弁護士役を演じ、1994年に初めてのアカデミー賞を受賞。翌1995年、ロバート・ゼメキス監督の『フォレスト・ガンプ/一期一会』でタイトルロールを演じ、2年連続2度目のオスカー受賞を果たした。また、両作品でゴールデングローブ賞も受賞し、後者では全米映画俳優組合(SAG)賞も受賞している。そのほかにも『ビッグ』『プライベート・ライアン』『キャスト・アウェイ』でもアカデミー賞にノミネートされた。近年では、2013年『キャプテン・フィリップス』に主演し、ゴールデングローブ賞、SAG賞、英アカデミー(BAFTA)賞にノミネート。また同年に出演した『ウォルト・ディズニーの約束』は、米国映画協会(AFI)の“その年の映画”に選出された。
俳優業以外には、1996年『すべてをあなたに』で初めて長編映画の脚本、監督を担当し、出演も兼任し成功を収めた。2002年には、プレイトーン社の旗印のもとで、事業パートナーのゲイリー・ゴーツマン、妻のリタ・ウィルソンと共に『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング』を製作。さらに2011年には『幸せの教室』で脚本、製作、監督、主演を兼任した。
またTV界にも進出しており、1998年のHBOミニシリーズ『フロム・ジ・アース[人類、月に立つ]』でホストと製作総指揮を務め、1エピソードでは監督も担当し、4エピソードで脚本に携わった。本作は、エミー賞、ゴールデングローブ賞、全米製作者組合(PGA)賞を受賞し、エミー賞の監督賞にもノミネートされた。そのほかにも『バンド・オブ・ブラザース』『ザ・パシフィック』『ゲーム・チェンジ 大統領選を駆け抜けた女』などで製作総指揮を担当し、いずれの作品も賞に輝いている。
そんな数々の偉業を成し遂げていることから2002年には、AFIの生涯功労賞を受賞。2009年には、リンカーン・センター映画協会よりチャップリン賞、2014年には、ケネディ・センター名誉賞を受賞した。

イイ男セレクション/出演作

『スプラッシュ』『恋のじゃま者』『マネー・ピット』『ドラグネット 正義一直線』『ビッグ』『パンチライン』『ターナー & フーチ すてきな相棒』『メイフィールドの怪人たち』『ジョー、満月の島へ行く』『虚栄のかがり火』『プリティ・リーグ』『めぐり逢えたら』『フィラデルフィア』『フォレスト・ガンプ/一期一会』『アポロ13』『すべてをあなたに』(兼監督、脚本)『ユー・ガット・メール』『プライベート・ライアン』『グリーンマイル』『キャスト・アウェイ』『ロード・トゥ・パーディション』『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』『レディ・キラーズ』『ターミナル』『ダ・ヴィンチ・コード』『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』『天使と悪魔』『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』『幸せの教室』『クラウド アトラス』『キャプテン・フィリップス』『ウォルト・ディズニーの約束』『ブリッジ・オブ・スパイ』『ハドソン川の奇跡』『インフェルノ』『王様のためのホログラム』『ザ・サークル』『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』など

声の出演:『トイ・ストーリー』『トイ・ストーリー2』『トイ・ストーリー3』『トイ・ストーリー4』など

イイ男セレクション/イイ男ポイント

トム・ハンクスの魅力はわざわざ言葉にしなくても、皆さん重々ご承知だと思いますが、やっぱりイイ男セレクションには入れておきたい名優ということで、今さらですが入れさせて頂きました。監督をやることもありますが、個人的にはやっぱり名監督のもと、名演技を見せる彼が好き。特に深いテーマの人間ドラマで演じている彼にはいつもしびれます。

Recommended by Myson

©2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC
© 2011 Vendôme International, LLC. All Rights Reserved.
©2012 Warner Bros. Entertainment. All Rights Reserved.
© 2013 Disney Enterprises, Inc.
© 2015 DREAMWORKS II DISTRIBUTION CO., LLC and TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION.
© 2015 DREAMWORKS II DISTRIBUTION CO., LLC and TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION.
© 2016 HOLOGRAM FOR THE KING LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
©2017 STX FINANCING, LLC.
©Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.
©2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

関連記事

from 2016/9/20

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アルキメデスの大戦』田中泯 田中泯(たなか みん)

1945年3月10日生まれ、東京都出身。舞踊家。クラシック・バレエとモダンダンスを学び、独自の踊りのスタイル“ハイパーダンス”を展開し、海外で高く評価され…

映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾 葬式の名人

実は舞台になっている大阪府茨木市は、私の地元なので馴染みのある場所がたくさん映るだけでも…

映画『サマー・オブ・84』グラハム・バーチャー グラハム・バーチャー

2002年2月4日、カナダのバンクーバー生まれ。双子の兄弟とともに演技のクラスを受講したことから役者としての活動を始める。最初の仕事は…

映画『ロケットマン』ジャパンプレミア:タロン・エガートン(タロン・エジャトン)、デクスター・フレッチャー監督 全曲生歌で見事に演じたタロンをデクスター・フレッチャー監督が大絶賛!『ロケットマン』ジャパンプレミア

エルトン・ジョンの半生を描いた映画『ロケットマン』PRのため、主演のタロン・エガートン(タロン・エジャトン)、デクスター・フレッチャー監督が来日…

映画『よこがお』須藤蓮 須藤蓮(すどう れん)

1996年7月22日生まれ、東京都出身。特技は英語、ダンス、そして虫に詳しいこと。 2018年、NHKBSプレミアムのドラマ『ワンダーウォール』、短編映画『ブレイカーズ』…

海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ 女医フォスター 夫の情事、私の決断

「夫が浮気してるかも?」と疑い始めてから、それを突き止めようとしたり、突き止めたと思ったらそこから夫との駆け引きが始まったり…

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 5組10名様 来日舞台挨拶付ジャパンプレミア試写会&レッドカーペットイベントご招待

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 5組10名様 来日舞台挨拶付ジャパンプレミア試写会&レッドカーペットイベントご招待

おすすめ記事

映画『フォルトゥナの瞳』神木隆之介 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 演技力部門編>

20代国内俳優第3弾の今回は、演技力部門TOP20を発表!映画ファンとしてこの結果はかなり気になります。

映画『タロウのバカ』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 個性・ユーモア部門編>

20代俳優第2弾の今回は、個性部門TOP20&ユーモア部門TOP10を発表!前回発表したルックス&セクシー部門から順位がどう入れ替わっているのかも注目です。

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

映画『キングダム』吉沢亮 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 ルックス・セクシー部門編>

トーキョー女子映画部の名物コーナー「イイ男セレクション」にちなんだ企画をスタート!まずは編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている国内20代(1990年以降の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい30名を選抜。各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。第1弾の今回は、ルックス部門TOP20&セクシー部門20代俳優TOP10を発表!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

REVIEW

  1. 映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾
    葬式の名人

  2. 海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ
  3. 映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』太賀/吉田羊
  4. 映画『天気の子』
    天気の子

  5. 映画『二ノ国』
    二ノ国

  6. 映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』田中圭/林遣都/沢村一樹/志尊淳/吉田鋼太郎
  7. 海外ドラマ『レジデント 型破りな天才研修医 シーズン2』マット・ズークリー
  8. 映画『マイ・エンジェル』マリオン・コティヤール
  9. 映画『永遠に僕のもの』ロレンソ・フェロ
  10. 映画『トールキン 旅のはじまり』ニコラス・ホルト

部活・イベント

  1. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  2. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  3. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP