イイ俳優セレクション

トム・ハンクス

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『オットーという男』トム・ハンクス

1956年7月9日アメリカ生まれ。1993年にジョナサン・デミ監督の『フィラデルフィア』でエイズを患う弁護士役を演じ、1994年に初めてのアカデミー賞を受賞。翌1995年、ロバート・ゼメキス監督の『フォレスト・ガンプ/一期一会』でタイトルロールを演じ、2年連続2度目のオスカー受賞を果たした。また、両作品でゴールデングローブ賞も受賞し、後者では全米映画俳優組合(SAG)賞も受賞している。そのほかにも『ビッグ』『プライベート・ライアン』『キャスト・アウェイ』でもアカデミー賞にノミネートされた。近年では、2013年『キャプテン・フィリップス』に主演し、ゴールデングローブ賞、SAG賞、英アカデミー(BAFTA)賞にノミネート。また同年に出演した『ウォルト・ディズニーの約束』は、米国映画協会(AFI)の“その年の映画”に選出された。
俳優業以外には、1996年『すべてをあなたに』で初めて長編映画の脚本、監督を担当し、出演も兼任し成功を収めた。2002年には、プレイトーン社の旗印のもとで、事業パートナーのゲイリー・ゴーツマン、妻のリタ・ウィルソンと共に『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング』を製作。さらに2011年には『幸せの教室』で脚本、製作、監督、主演を兼任した。
またTV界にも進出しており、1998年のHBOミニシリーズ『フロム・ジ・アース[人類、月に立つ]』でホストと製作総指揮を務め、1エピソードでは監督も担当し、4エピソードで脚本に携わった。本作は、エミー賞、ゴールデングローブ賞、全米製作者組合(PGA)賞を受賞し、エミー賞の監督賞にもノミネートされた。そのほかにも『バンド・オブ・ブラザース』『ザ・パシフィック』『ゲーム・チェンジ 大統領選を駆け抜けた女』などで製作総指揮を担当し、いずれの作品も賞に輝いている。数々の偉業を成し遂げていることから2002年には、AFIの生涯功労賞を受賞。2009年には、リンカーン・センター映画協会よりチャップリン賞、2014年には、ケネディ・センター名誉賞を受賞した。

イイ男セレクション/出演作

『スプラッシュ』『恋のじゃま者』『マネー・ピット』『ドラグネット 正義一直線』『ビッグ』『パンチライン』『ターナー & フーチ すてきな相棒』『メイフィールドの怪人たち』『ジョー、満月の島へ行く』『虚栄のかがり火』『プリティ・リーグ』『めぐり逢えたら』『フィラデルフィア』『フォレスト・ガンプ/一期一会』『アポロ13』『すべてをあなたに』(兼監督、脚本)『ユー・ガット・メール』『プライベート・ライアン』『グリーンマイル』『キャスト・アウェイ』『ロード・トゥ・パーディション』『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』『レディ・キラーズ』『ターミナル』『ダ・ヴィンチ・コード』『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』『天使と悪魔』『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』『幸せの教室』『クラウド アトラス』『キャプテン・フィリップス』『ウォルト・ディズニーの約束』『ブリッジ・オブ・スパイ』『ハドソン川の奇跡』『インフェルノ』『王様のためのホログラム』『ザ・サークル』『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』『エルヴィス』『オットーという男』『アステロイド・シティ』など

声の出演:『トイ・ストーリー』『トイ・ストーリー2』『トイ・ストーリー3』『トイ・ストーリー4』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

トム・ハンクスの魅力はわざわざ言葉にしなくても、皆さん重々ご承知だと思いますが、やっぱりイイ男セレクションには入れておきたい名優ということで、今さらですが入れさせて頂きました。監督をやることもありますが、個人的にはやっぱり名監督のもと、名演技を見せる彼が好き。特に深いテーマの人間ドラマで演じている彼にはいつもしびれます。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『オットーという男』
2023年3月10日より全国公開

映画『オットーという男』トム・ハンクス

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『恋のじゃま者』

『マネー・ピット』

『ドラグネット 正義一直線』

『ビッグ』

『ターナー & フーチ すてきな相棒』

『メイフィールドの怪人たち』

『ジョー、満月の島へ行く』

『虚栄のかがり火』

『プリティ・リーグ』

『めぐり逢えたら』

『フィラデルフィア』

『フォレスト・ガンプ/一期一会』

『アポロ13』

『すべてをあなたに』(監督、脚本、出演)

『ユー・ガット・メール』

『プライベート・ライアン』

『グリーンマイル』

『キャスト・アウェイ』

『ロード・トゥ・パーディション』

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』

『レディ・キラーズ』

『ターミナル』

『ダ・ヴィンチ・コード』

『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』

『天使と悪魔』

『幸せの教室』

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』

『クラウド アトラス』

『キャプテン・フィリップス』

『ウォルト・ディズニーの約束』

『ブリッジ・オブ・スパイ』

『ハドソン川の奇跡』

『インフェルノ』

『王様のためのホログラム』

『ザ・サークル』

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』

『エルヴィス』

©2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC
© 2011 Vendôme International, LLC. All Rights Reserved.
©2012 Warner Bros. Entertainment. All Rights Reserved.
© 2013 Disney Enterprises, Inc.
© 2015 DREAMWORKS II DISTRIBUTION CO., LLC and TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION.
© 2016 HOLOGRAM FOR THE KING LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
©2017 STX FINANCING, LLC.
©Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.
©2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

関連記事

from 2016/9/20

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン、ダニエル・ローガン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

映画『リトル・マーメイド』ハリー・ベイリー ハリー・ベイリー【プロフィールと出演作一覧】

2000年3月27日アメリカ、ジョージア州生まれ。3歳の頃から子役として活動を始め…

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム マダム・ウェブ【レビュー】

マーベル作品で蜘蛛といえば“スパイダーマン”ということで、何か関連が…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

映画『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  2. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  3. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ
  4. 映画『ストリートダンサー』
  5. 映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP