取材&インタビュー

エルヴィスの魂を見つけることがとても大事だった『エルヴィス』オースティン・バトラー&バズ・ラーマン監督来日

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:オースティン・バトラー、バズ・ラーマン監督

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:オースティン・バトラー、バズ・ラーマン監督/玉城ティナ(ゲスト)

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:オースティン・バトラー、バズ・ラーマン監督

日本での劇場公開を目前に控え、主演のオースティン・バトラーと、バズ・ラーマン監督が来日しました。2人ともキラキラして眩しかったですが、思わずバズ・ラーマン監督の胸板に目がいきました(笑)。オースティン・バトラーの笑顔にもドキュン、ドキュンときちゃいました。

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:バズ・ラーマン監督

バズ・ラーマン監督は「今回本作を作るにあたり、今までに経験したことがないような体験をしました。まずはエルヴィスのことを調べて、グレイスランド(エルヴィスが住んでいた邸宅を含む敷地全体のこと)にも住んで、ずっとそこで暮らしました。そこへコロナのパンデミックが起こり、もしかしたらこの映画は作れないかもしれないとさえ思ったんです。でもコロナには負けませんでした。トム・ハンクスもコロナにかかってしまいましたが戻ってきました。それでこの映画を一生懸命作り続けて、最近カンヌ映画祭、ロンドンにも行きました。グレイスランドでは、プリシラ・プレスリー(エルヴィスの妻)が初めてこの映画を観てくださったんです。私達はプリシラがこの映画をどう思うのか不安に思っていたのですが、彼女はこの映画をとても認めてくださいました。そして、この前の週末、この作品はアメリカでナンバーワンになったんです。あと、エルヴィスは生涯ずっと日本に来たがっていたんです。でも来日は叶いませんでした。日本人にとても愛されていたエルヴィスの夢は、日本に来てパフォーマンスをすることだったんですけど、罠にかかったというか、いろいろあって来られなかったんです。その謎を知りたければ映画を観てください。そこで明らかになります。ぜひとも皆さん、特に若い方々、エルヴィスと共にスピリチュアルな旅に出ていただきたい。きっとこの辛い時期に喜びを感じていただけると思います。アリガトウゴザイマス」と制作までの苦労を振り返り、本作の見どころを語りました。

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:オースティン・バトラー

主演のオースティン・バトラーは、「皆さん、今日は本当にありがとうございます。来日は初めてでとても暖かい歓迎を受けて、ありがとうという言葉を何回言ったことか。さっきバズが言った通り、日本に来ることはエルヴィスの夢でした。それが叶わなかったのは1番の悲劇の一つかもしれません。でも、こうやってエルヴィスの夢を僕が叶えることができました。そして、彼の素晴らしい物語を今いらっしゃる皆さんと分かち合えることは本当に本当にすごいことだと思います。そういうことも含めて、日本が僕らのプロモーションの最後の場所だということを誇らしく思っています。あとは今夜カラオケに行くのをとても楽しみにしています」と来日への思いを語りました。

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:オースティン・バトラー、バズ・ラーマン監督

カラオケの話題が出た時には、バズ・ラーマン監督がオースティンを「カラオケキング!」と称していましたが、カラオケではどんな歌を歌うのか気になりますね(笑)。

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:オースティン・バトラー、バズ・ラーマン監督

そして、本作は先週末からアメリカを含めて52ヵ国で劇場公開が始まり、5121万ドルの大ヒット、全米ナンバーワン大ヒットを記録しています。そのことについてラーマン監督は「ナンバーワンになったことは素晴らしいことなんですけど、いろいろな映画が公開されていて、皆さんが劇場に戻ってきていることが1番嬉しいんです。僕もスマートフォンで配信の映画を観たりします。今回ステイホームということで皆さんも家にいたと思いますけれど、そろそろ皆で外に出て暗い映画館の中で、全然知らない人達と一緒になって大きなストーリーを大きなスクリーンで観ていただきたい。皆が一堂に会して一緒に泣いたり笑ったりする、これはとても大事なことです。私達はナンバーワンを獲りましたけれど、他にもトム・クルーズの映画、ホラー映画、恐竜が出てくる映画もありました。この作品で、本当に貧しい少年が黒人音楽をやって、世界を変えるというストーリーもありました。ですからぜひ映画館に行っていただき、日本の方々も『エルヴィス』を観て、キング・オブ・シネマにしていただきたいと思います。

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:オースティン・バトラー、バズ・ラーマン監督/玉城ティナ(ゲスト)

さらに玉城ティナから監督へ「ライブシーンを観てとても興奮しました。ライブシーンの演出で何かこだわった点はありますか?」と質問が出ました。

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:玉城ティナ(ゲスト)

ラーマン監督は「今回のすごくユニークな体験は、こちらの青年(オースティン・バトラー)にお会いした時から、彼が週7日、1日24時間ずっと働きづめだったことです。ライブシーンでオースティンはカット割りせずに、全部のパフォーマンスをしたんです。30年間一緒に仕事をしているスタッフがいるんですけど、もう仕事を忘れて私の所にきて、“ボス、僕はスター・ウォーズ、スーパーマン、マトリックスとずっと仕事をしてきたけど、こんな体験をしたのは初めてだ”と言ったんです。つまり僕は何も演出をせず、彼に任せたということです。スタッフにカメラを回しておけと言ったくらいです」と撮影秘話を披露しました。

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:バズ・ラーマン監督

ライブシーンはとても臨場感があり釘付けになりますが、このお話を聞いた上で再度観るとまた違った感動も味わえそうですね。

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:オースティン・バトラー

続いて玉城は、オースティンに対して、「エルヴィスの内面の繊細さが私の胸に届いたのですが、オースティンさんが思うエルヴィスの1番の魅力を教えてください」と質問。

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:オースティン・バトラー

オースティンは「エルヴィスに対してイメージを持っている方が多いと思うんですね。でも僕にとってのエルヴィスの尽きない魅惑、惹かれる部分は、人間エルヴィスなんです。彼はバズが言っていた通り、とても貧しい、何も持たない家庭の出身です。生まれた時は双子でしたが兄弟を失って、つまり生涯ずっと心に穴が空いていた。仲が良かった母も若かりし頃に亡くなってしまって、それが彼に影響するんです。だから僕にとっては、そういったさまざまな意味での彼の魂を見つけることがとても大事でした。今回本当にエルヴィスについてたくさんのことを学ぶことができました。ステージでああいうパフォーマンスをする、エルヴィスたらしめるものは何なのか、何が彼を駆り立てるのかということを学んできました。彼は笑い声がとても素敵なんです。ユーモアのセンスも素晴らしく、心が広く、とてもスピリチュアルで、いろいろなことを深く考える方でもありました。本当に知れば知るほど大好きになっていきましたし、それらすべてのことがあるからこそステージに立った時の彼はあそこまで活き活きしていたのだと思います。そして、愛に溢れていて、ファンに対する愛もあった。だからこそ、ああやってファンとやりとりをすることができたのだと思います。本当に心からエルヴィスのことが大好きです」とエルヴィス愛を熱弁しました。

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:オースティン・バトラー

劇中では本当にエルヴィスが乗りうつったかのような演技を見せているオースティン。彼が言うとおり、本作を観てエルヴィスを知れば、エルヴィスが大好きになると思います。バズ・ラーマン監督だからこそ作り出せる悲しげで美しい映像も見応え抜群です。本作は映画館で没入して観ないともったいない!エルヴィスのパフォーマンスと、彼が生きた知られざる人生のドラマをお見逃しなく。

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:オースティン・バトラー、バズ・ラーマン監督/玉城ティナ(ゲスト)
映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:オースティン・バトラー、バズ・ラーマン監督/玉城ティナ(ゲスト)

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:
2022年6月28日取材 PHOTO&TEXT by Myson

『エルヴィス』
2022年7月1日より全国公開
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『夜、鳥たちが啼く』⼭⽥裕貴/松本まりか 映画に隠された恋愛哲学とヒント集70:結婚してるのに、結婚していないのに

週末婚、事実婚という言葉が生まれたように、結婚のスタイルも多様化してきました。とはいえ、依然として“結婚”という概念には縛りがあります。今回は、『夜、鳥たちが啼く』『散歩時間~その日を待ちながら~』を例に考えてみました。

東京コミコン2022:ジェイミー・キャンベル・バウアー ジェイミー・キャンベル・バウアー

1988年11月22日イギリス、ロンドン生まれ。2007年『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』の…

映画『ハッピーニューイヤー』 ハッピーニューイヤー

『猟奇的な彼女』等ヒット作を数々生み出してきたクァク・ジェヨン監督が、韓国人気俳優の豪華共演で描くこの群像劇は…

映画『君だけが知らない』ソ・イェジ ソ・イェジ

1990年4月6日韓国生まれ。2013年、ドラマ『ジャガイモ星 2013QR3』でデビュー。2016年には…

映画『ラーゲリより愛を込めて』二宮和也 ラーゲリより愛を込めて

本作は、第二次世界大戦が終戦した後、シベリアの強制収容所=ラーゲリで不当に拘留されていた…

海外ドラマ『AND JUST LIKE THAT... / セックス・アンド・ザ・シティ新章』サラ・ジェシカ・パーカー サラ・ジェシカ・パーカー

1965年3月25日アメリカ、オハイオ州生まれ。“イノセント”“サウンド・オブ・ミュージック”“アニー”など…

【ジブリがいっぱいCOLLECTIONオリジナル 卓上カレンダー2023】 【ジブリがいっぱいCOLLECTIONオリジナル 卓上カレンダー2023】3名様プレゼント

【ジブリがいっぱいCOLLECTIONオリジナル 卓上カレンダー2023】3名様プレゼント

映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー MEN 同じ顔の男たち

これは、闇鍋のような作品です(笑)。観る人を…

映画『天上の花』東出昌大/入山法子/吹越満/鎌滝恵利 天上の花

1966年に発表された萩原葉子の小説「天上の花—三好達治抄—」を『いぬむこいり』の片嶋一貴がメガホンをとり…

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。さらに今回は特別枠まで登場しますよ。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『ハッピーニューイヤー』
  2. 映画『ラーゲリより愛を込めて』二宮和也
  3. 映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー
  4. 映画『天上の花』東出昌大/入山法子/吹越満/鎌滝恵利
    天上の花

  5. 映画『あのこと』アナマリア・ヴァルトロメイ
    あのこと

  6. 映画『泣いたり笑ったり』アレッサンドロ・ガスマン/ファブリツィオ・ベンティヴォッリオ
  7. 映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン
  8. 映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』ベネディクト・カンバーバッチ/クレア・フォイ
  9. 映画『シスター 夏のわかれ道』チャン・ツィフォン/シャオ・ヤン
  10. 映画『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』

PRESENT

  1. 【ジブリがいっぱいCOLLECTIONオリジナル 卓上カレンダー2023】
  2. 映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック
  3. 映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー
PAGE TOP