取材&インタビュー

エルヴィスの魂を見つけることがとても大事だった『エルヴィス』オースティン・バトラー&バズ・ラーマン監督来日

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:オースティン・バトラー、バズ・ラーマン監督

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:オースティン・バトラー、バズ・ラーマン監督/玉城ティナ(ゲスト)

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:オースティン・バトラー、バズ・ラーマン監督

日本での劇場公開を目前に控え、主演のオースティン・バトラーと、バズ・ラーマン監督が来日しました。2人ともキラキラして眩しかったですが、思わずバズ・ラーマン監督の胸板に目がいきました(笑)。オースティン・バトラーの笑顔にもドキュン、ドキュンときちゃいました。

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:バズ・ラーマン監督

バズ・ラーマン監督は「今回本作を作るにあたり、今までに経験したことがないような体験をしました。まずはエルヴィスのことを調べて、グレイスランド(エルヴィスが住んでいた邸宅を含む敷地全体のこと)にも住んで、ずっとそこで暮らしました。そこへコロナのパンデミックが起こり、もしかしたらこの映画は作れないかもしれないとさえ思ったんです。でもコロナには負けませんでした。トム・ハンクスもコロナにかかってしまいましたが戻ってきました。それでこの映画を一生懸命作り続けて、最近カンヌ映画祭、ロンドンにも行きました。グレイスランドでは、プリシラ・プレスリー(エルヴィスの妻)が初めてこの映画を観てくださったんです。私達はプリシラがこの映画をどう思うのか不安に思っていたのですが、彼女はこの映画をとても認めてくださいました。そして、この前の週末、この作品はアメリカでナンバーワンになったんです。あと、エルヴィスは生涯ずっと日本に来たがっていたんです。でも来日は叶いませんでした。日本人にとても愛されていたエルヴィスの夢は、日本に来てパフォーマンスをすることだったんですけど、罠にかかったというか、いろいろあって来られなかったんです。その謎を知りたければ映画を観てください。そこで明らかになります。ぜひとも皆さん、特に若い方々、エルヴィスと共にスピリチュアルな旅に出ていただきたい。きっとこの辛い時期に喜びを感じていただけると思います。アリガトウゴザイマス」と制作までの苦労を振り返り、本作の見どころを語りました。

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:オースティン・バトラー

主演のオースティン・バトラーは、「皆さん、今日は本当にありがとうございます。来日は初めてでとても暖かい歓迎を受けて、ありがとうという言葉を何回言ったことか。さっきバズが言った通り、日本に来ることはエルヴィスの夢でした。それが叶わなかったのは1番の悲劇の一つかもしれません。でも、こうやってエルヴィスの夢を僕が叶えることができました。そして、彼の素晴らしい物語を今いらっしゃる皆さんと分かち合えることは本当に本当にすごいことだと思います。そういうことも含めて、日本が僕らのプロモーションの最後の場所だということを誇らしく思っています。あとは今夜カラオケに行くのをとても楽しみにしています」と来日への思いを語りました。

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:オースティン・バトラー、バズ・ラーマン監督

カラオケの話題が出た時には、バズ・ラーマン監督がオースティンを「カラオケキング!」と称していましたが、カラオケではどんな歌を歌うのか気になりますね(笑)。

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:オースティン・バトラー、バズ・ラーマン監督

そして、本作は先週末からアメリカを含めて52ヵ国で劇場公開が始まり、5121万ドルの大ヒット、全米ナンバーワン大ヒットを記録しています。そのことについてラーマン監督は「ナンバーワンになったことは素晴らしいことなんですけど、いろいろな映画が公開されていて、皆さんが劇場に戻ってきていることが1番嬉しいんです。僕もスマートフォンで配信の映画を観たりします。今回ステイホームということで皆さんも家にいたと思いますけれど、そろそろ皆で外に出て暗い映画館の中で、全然知らない人達と一緒になって大きなストーリーを大きなスクリーンで観ていただきたい。皆が一堂に会して一緒に泣いたり笑ったりする、これはとても大事なことです。私達はナンバーワンを獲りましたけれど、他にもトム・クルーズの映画、ホラー映画、恐竜が出てくる映画もありました。この作品で、本当に貧しい少年が黒人音楽をやって、世界を変えるというストーリーもありました。ですからぜひ映画館に行っていただき、日本の方々も『エルヴィス』を観て、キング・オブ・シネマにしていただきたいと思います。

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:オースティン・バトラー、バズ・ラーマン監督/玉城ティナ(ゲスト)

さらに玉城ティナから監督へ「ライブシーンを観てとても興奮しました。ライブシーンの演出で何かこだわった点はありますか?」と質問が出ました。

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:玉城ティナ(ゲスト)

ラーマン監督は「今回のすごくユニークな体験は、こちらの青年(オースティン・バトラー)にお会いした時から、彼が週7日、1日24時間ずっと働きづめだったことです。ライブシーンでオースティンはカット割りせずに、全部のパフォーマンスをしたんです。30年間一緒に仕事をしているスタッフがいるんですけど、もう仕事を忘れて私の所にきて、“ボス、僕はスター・ウォーズ、スーパーマン、マトリックスとずっと仕事をしてきたけど、こんな体験をしたのは初めてだ”と言ったんです。つまり僕は何も演出をせず、彼に任せたということです。スタッフにカメラを回しておけと言ったくらいです」と撮影秘話を披露しました。

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:バズ・ラーマン監督

ライブシーンはとても臨場感があり釘付けになりますが、このお話を聞いた上で再度観るとまた違った感動も味わえそうですね。

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:オースティン・バトラー

続いて玉城は、オースティンに対して、「エルヴィスの内面の繊細さが私の胸に届いたのですが、オースティンさんが思うエルヴィスの1番の魅力を教えてください」と質問。

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:オースティン・バトラー

オースティンは「エルヴィスに対してイメージを持っている方が多いと思うんですね。でも僕にとってのエルヴィスの尽きない魅惑、惹かれる部分は、人間エルヴィスなんです。彼はバズが言っていた通り、とても貧しい、何も持たない家庭の出身です。生まれた時は双子でしたが兄弟を失って、つまり生涯ずっと心に穴が空いていた。仲が良かった母も若かりし頃に亡くなってしまって、それが彼に影響するんです。だから僕にとっては、そういったさまざまな意味での彼の魂を見つけることがとても大事でした。今回本当にエルヴィスについてたくさんのことを学ぶことができました。ステージでああいうパフォーマンスをする、エルヴィスたらしめるものは何なのか、何が彼を駆り立てるのかということを学んできました。彼は笑い声がとても素敵なんです。ユーモアのセンスも素晴らしく、心が広く、とてもスピリチュアルで、いろいろなことを深く考える方でもありました。本当に知れば知るほど大好きになっていきましたし、それらすべてのことがあるからこそステージに立った時の彼はあそこまで活き活きしていたのだと思います。そして、愛に溢れていて、ファンに対する愛もあった。だからこそ、ああやってファンとやりとりをすることができたのだと思います。本当に心からエルヴィスのことが大好きです」とエルヴィス愛を熱弁しました。

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:オースティン・バトラー

劇中では本当にエルヴィスが乗りうつったかのような演技を見せているオースティン。彼が言うとおり、本作を観てエルヴィスを知れば、エルヴィスが大好きになると思います。バズ・ラーマン監督だからこそ作り出せる悲しげで美しい映像も見応え抜群です。本作は映画館で没入して観ないともったいない!エルヴィスのパフォーマンスと、彼が生きた知られざる人生のドラマをお見逃しなく。

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:オースティン・バトラー、バズ・ラーマン監督/玉城ティナ(ゲスト)
映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:オースティン・バトラー、バズ・ラーマン監督/玉城ティナ(ゲスト)

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:
2022年6月28日取材 PHOTO&TEXT by Myson

『エルヴィス』
2022年7月1日より全国公開
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン、ダニエル・ローガン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

映画『リトル・マーメイド』ハリー・ベイリー ハリー・ベイリー【プロフィールと出演作一覧】

2000年3月27日アメリカ、ジョージア州生まれ。3歳の頃から子役として活動を始め…

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム マダム・ウェブ【レビュー】

マーベル作品で蜘蛛といえば“スパイダーマン”ということで、何か関連が…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

映画『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  2. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  3. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ
  4. 映画『ストリートダンサー』
  5. 映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP