REVIEW

幼い依頼人

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『幼い依頼人』イ・ドンフィ/チェ・ミョンビン

本作は2013年に実際に韓国で起きた漆谷(チルゴク)継母児童虐待死亡事件を基にしたフィクションです。物語の鍵となるのは、10歳の少女による「私が7歳の弟を殺した」という衝撃の証言。本作は主人公のジョンヨブが、ダビンとミンジュンという姉弟に出会い、彼等が辿る悲劇とどう向き合うのかを描いています。冒頭で、キティ・ジェノヴィーズ事件(自宅前で強盗に襲われたキティは、38人も目撃者がいたにも関わらず、30分以上刺され続け死亡した)を取り上げていましたが、それに対するジョンヨブの発言から、その時点での彼の価値観がうかがえます。そこから彼はダビンとミンジュンに出会い、変化していくのですが、彼は最初から正義感いっぱいの人間というわけではなく、多くの人がそうしてしまうように厄介なことには関わりたくないと思っているキャラクターとして描かれていて、綺麗事ではないストーリーになっている点で、観る側も自分に置き換えて観ることができます。姉弟が虐待されるシーンが本当に恐ろしく、ユソンが演じる継母の迫力がすさまじいので、姉弟がどんなに怖い思いをしているかがリアルに伝わってきます。そして父親も本当にひどい。こんな親のもとで暮らす子どもはどんなに辛いかと考えると胸が張り裂けそうになります。でも第三者が親の虐待から子どもを救うというのは本当に大変で、ジョンヨブが最初そうだったように、心配しながらも、及び腰になってしまい、見て見ぬ振りをしてしまう現実を突きつけられます。自分もこういう状況を目の当たりにしても、見て見ぬ振りをしてしまうのかも知れないと考えると、やるせない気持ちでいっぱいになりますが、ジョンヨブが動き出したことで周囲も動き出し、孤独に闘う少女ダビンを救おうとする姿に、「最初に誰かが立ち上がるのが大事なんだ」ということを実感させられます。エンドロールでは、韓国の児童虐待傷害件数が2011年の4133件から、2017年には3万4169件と大幅に増えていて、加害者の多くは執行猶予か罰金刑のみで済まされ、加害者の5人に4人は父母だという現実が告げられています。実際はこの映画のようにはいっていないということになりますが、日本でも最近虐待で子どもが亡くなった事件が複数報じられ、他人事とは思えません。こういった映画を観ることで、そういう現実と向き合う必要があるのだなと感じます。エンタテインメントとしても、思わぬところに伏線が敷かれていて、引き込まれるストーリーになっています。内容が詰まった、深いテーマの作品ですので、多くの方に観て欲しいです。

デート向き映画判定
映画『幼い依頼人』イ・ドンフィ/チェ・ミョンビン

観ていて辛過ぎて、涙が出てしまうシーンもあり、デートの気分には向きません。でも、夫婦やこれから結婚しようとするカップルには、子どもを持つ重みを改めて考えるきっかけになるので、一緒に観るのは良いことだと思います。少女ダビンが、愛し合っていない夫婦のもとに生まれた子どもは幸せになれないのか、とジョンヨブに尋ねるシーンがありますが、結婚して家族を作ることと、その先のことを改めて考えさせられます。親だけでなく、大人が皆自覚が必要だなと自省する機会にもなるので、鑑賞後に誰かと話したくなる映画でもあります。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『幼い依頼人』ユソン/チェ・ミョンビン

皆さんの中にはダビン姉弟のような状況で苦しんでいる人、そういう人を知ってはいるけど何もできないと思っている人がいるかも知れませんね。本作では、ダビンが子どもながらに生きるか死ぬかという過酷な環境の中で、恐怖に立ち向かう姿が描かれています。大人が誰も信用できない状況で、彼女はどうしたのか、ぜひ皆さんにも観て欲しいと思います。また、ダビンの友達も大活躍します。本作が、自分の身を守りつつ、友達のために何かできないかと考えるきっかけになれば良いなと思います。

映画『幼い依頼人』イ・ドンフィ/ユソン/チェ・ミョンビン

『幼い依頼人』
2020年3月27日より全国公開
2020年4月17日〜5月31日U-NEXTにて期間限定独占先行配信
2020年6月1日より、その他各動画配信サービスにて配信
公式サイト

© 2019 EASTDREAMSYNOPEX CO., LTD. & LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ バティモン5 望まれざる者【レビュー】

『レ・ミゼラブル』で移民や低所得者が多く住む町の警察の腐敗問題を訴えかけたラジ・リ監督が、本作では…

映画『胸騒ぎ』 心理学から観る映画48:なぜ悪人を見抜けないのか【対人認知】

今回は、主人公一家が1つの出会いをきっかけに思いもしない事態に巻き込まれていく『胸騒ぎを題材に、対人認知の視点でキャラクター達の心理を考察します。

映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉 からかい上手の高木さん【レビュー】

こりゃピュア過ぎて、もどかし過ぎて…

韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ 韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『QUEEN ROCK MONTREAL』フレディ・マーキュリー 音楽関連映画まとめ2024年5月16日号

今回は近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)の『ザ・ビートルズの軌跡 リヴァプールから世界へ』『アイ・アム セリーヌ・ディオン ~病との戦いの中で~』『プリンス ビューティフル・ストレンジ』他、音楽関連映画をまとめてご紹介!

Netflixドラマ『マスクガール』 マスクガール【レビュー】

どんな話なのかは知らず、調べず、直感的に…

映画『ブラックバード 家族が家族であるうちに』スーザン・サランドン スーザン・サランドン【プロフィールと出演作一覧】

1946年10月9日アメリカ、ニューヨーク生まれ。1970年、『ジョー』でデビュー。以降、『ロッキ…

映画『ハピネス』山崎まさよしさん&篠原哲雄監督インタビュー 『ハピネス』山崎まさよしさん&篠原哲雄監督インタビュー

今回は映画『ハピネス』に出演している山崎まさよしさんと篠原哲雄監督にお話を伺いました。『月とキャベツ』や『影踏み』などでもお仕事をされているお二人に改めてご一緒された感想など直撃。

映画『湖の女たち』福士蒼汰/松本まりか 湖の女たち【レビュー】

物語の主な登場人物は、100歳の寝たきり老人が不可解な死を遂げたことで疑惑を向けられる人達と…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ
  2. 映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉
  3. Netflixドラマ『マスクガール』
  4. 映画『湖の女たち』福士蒼汰/松本まりか
  5. 映画『ありふれた教室』レオニー・ベネシュ

PRESENT

  1. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
  2. 映画『FARANG/ファラン』ナシム・リエス
  3. 映画『猿の惑星/キングダム』オリジナルTシャツ
PAGE TOP