REVIEW

オッペンハイマー【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー

REVIEW

『インセプション』『インターステラー』『ダンケルク』『TENET テネット』など、作品を生み出す度に観る者を圧倒してきたクリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの半生を描いた本作。本作は、ピューリッツァー賞を受賞した「オッペンハイマー」(2006年、カイ・バード&マーティン・J・シャーウィン著/ハヤカワ文庫刊)を原作としています。映像化された本作を観ると、ノーランでなければ実現不可能と思えるほどのリアリティと迫力に言葉を失います。そして、原爆の威力をリアルに感じられる映像で観るからこそ、その破壊力の大きさと恐ろしさ、オッペンハイマーが背負ったものの重さが伝わってきます。
物語は1954年、オッペンハイマーが50歳の頃と過去を行き来しながら描かれていきます。前半は1926年、オッペンハイマーが22歳の頃に遡り、そこから科学者としてどんどん功績を積み上げ、原爆の開発に成功するまでを描いています。ただ、本作はオッペンハイマーが原爆を開発した“功績”を称える作品では決してないことは、後半を観れば明らかです。後半は、彼が50歳の頃に開かれた聴聞会の様子とその背後に何が起こっていたかを映し出しています。アメリカは第二次世界大戦で広島と長崎に原爆を投下し、世界に絶大な力を見せつけました。真意に反して“貢献者”となってしまったオッペンハイマーは、国内で一時は英雄としてもてはやされたものの、後に地位と名誉を脅かされます。なぜ彼が聴聞会で咎められていたのか、その真相と同時に、なぜ屈辱的な状況をオッペンハイマーが受け入れていたのかが、徐々に見えてきます。それこそが、本作が伝えたいメッセージだと感じます。
本作には、アルベルト・アインシュタインもキーパーソンとして登場します。世界を変える発明は、偉大なものであればあるほど、光と影のコントラストが強く、人間の創造性は希望と同時に絶望をもたらすのだと思い知らされます。そして、本作は偉大な1人の科学者の物語でありながら、最終的に科学技術を享受する私達の物語でもあります。脚本、演出、演技力、映像技術、すべてが揃った本作は、観る者に大きな問いを投げかけてきます。クリストファー・ノーランの偉大さは、娯楽を越えた映画を作り続けていることにあると、改めて実感しました。本作を何度も観て、人間として生きることの責任を自問自答したいと思います。

デート向き映画判定

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー/エミリー・ブラント

かなりシリアスな内容で、没頭して観てしまうはずです。正直なところデートの雰囲気を味わうようなテンションにはならないでしょう。オッペンハイマーの恋愛模様も複雑で、性的描写もあるので、初デートや初映画デートの場合は、少々気まずいかもしれません。ただ、鑑賞後に語り甲斐がある内容で、大切な人と共有したい映画体験といえます。2人とも興味があればデートで観るのも良いのではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー

上映時間が3時間とかなり長いので、集中力が保てるかどうかという課題はありますが、ぜひ若い皆さんにも観ていただきたい作品です。学問の道を極め、自分の知識やアイデアで社会に貢献することを望んでいるにもかかわらず、その発明が意図しない形で使われてしまう…。武器として科学技術を使う決断をしたのが自分ではないからといって、発明者は罪悪感から解放されることはありません。本作はさまざまな考えをもたらしてくれる作品です。身近な方を誘って観て、議論すると有意義だと思います。

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー

『オッペンハイマー』
2024年3月29日より全国公開
R-15+
ビターズ・エンド、ユニバーサル映画
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© Universal Pictures. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年2月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

第96回アカデミー賞®ノミネート:★作品賞、★監督賞、★主演男優賞(キリアン・マーフィー)、助演女優賞(エミリー・ブラント)、★助演男優賞(ロバート・ダウニー・Jr.)、脚色賞、★撮影賞、美術賞、★編集賞、衣装デザイン賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞、★作曲賞、音響賞の最多13部門
※(★)は受賞した賞です。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  2. 映画『ザ・タワー』
  3. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  4. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  5. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP