REVIEW

i ai【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『i ai』富田健太郎/堀家一希

REVIEW

GEZANのフロントマンであり、小説執筆や映画出演、フリーフェス「全感覚祭」や反戦デモの主催など、多岐に渡り活動するマヒトゥ・ザ・ピーポーが初監督を務めた作品です。監督自身の実体験をもとに、バンドマンのコウ(富田健太郎)と、コウが憧れる地元のバンドマン、ヒー兄(森山未來)、そして仲間達が音楽と共に過ごす日々が描かれています。
コウが憧れのヒー兄と出会い、影響を受ける姿はとても共感できます。そして、ヒー兄やバンド仲間と共に毎日を過ごす様子はまさに青春。若さゆえの純粋さや脆さが丁寧に表現されており、大人目線だと少し懐かしく感じる部分もあります。ヒー兄は一見自由奔放でつかみどころのない人物ですが、自分の気持ちに常に素直で堂々としている姿はとてもカッコ良く見えます。そんなヒー兄が本作においてシンボルとして描かれており、彼が周りの人達に与える影響が観客側にも少しずつ伝わってきます。
キャストはオーディションで主人公に抜擢された富田健太郎をはじめ、森山未來、さとうほなみ、堀家一希、吹越満、永山瑛太、小泉今日子ら豪華な面々が揃っています。森山未來の演じたヒー兄は特にインパクトがあり、本当に彼だからこそ演じられた役だと感じます。
また、本作には出会いと別れというテーマも盛り込まれていて、大切な人を失った経験のある方には特に刺さるものがあると思います。アーティスティックな表現も織り交ぜられている作品なので、人によって受け取るメッセージはさまざまなのではないでしょうか。個人的には生死の境について深く考えさせられ、鑑賞後も余韻に浸りながらあれこれと考えてしまいました。バンドをされている方、アート系の作品が好きな方が観るとまた違う感想が生まれる気がします。ご自身の感覚を研ぎ澄まして本作をご覧ください。

デート向き映画判定

映画『i ai』富田健太郎/森山未來

ムードを盛り上げるタイプの作品ではありませんが、映画やアート好きな相手の場合は一緒に観るのもアリです。観る人によってさまざまな受け取り方ができる作品なので、鑑賞後にお互いの感想を話し合うと相手の新たな一面を発見できるかもしれません。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『i ai』富田健太郎/森山未來

バンドマン達の物語でありながら、人間の生死といったテーマでも考えられる作品です。皆さんの場合は主人公のコウ目線で観られると思います。ヒー兄と出会うことで、彼にどんな心境の変化が訪れるのか注目して観てください。まずは今の感覚で観て、何年か経ってから観直すのもオススメです。

映画『i ai』富田健太郎/森山未來

『i ai』
2024年3月8日より全国順次公開
パルコ
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

©STUDIO BLUE

TEXT by Shamy

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年3月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  2. 映画『ザ・タワー』
  3. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  4. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  5. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP