REVIEW

アウトポスト

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『アウトポスト』スコット・イーストウッド

本作は、2009年10月3日、アフガニスタンでタリバン精鋭部隊による総攻撃を受け、14時間にも及ぶ過酷な戦闘が繰り広げられたキーティング前哨基地にまつわる実話を映画化。その基地は敵にとって見晴らしの良い谷間に位置し、素人でも敵に狙われやすい危険な場所だとわかります。本作はそこに駐在する兵士達の日常を淡々と、そしてリアルに描いており、さっきまでのんびりと冗談を言い合っていたかと思うと突然山の上からタリバン兵の銃撃を受け応戦するという繰り返しの日々を観て、これが彼らの日常なのかと愕然とさせられます。また、この基地では、現地の人と平和的な関係を構築することも重要視されていて、相手が味方と敵のどちらになり得るのかを常に探りながら、国民性や宗教観の違いを超えて和平を結ぶ努力をしなければいけません。でも軍内の立場によって、そういった姿勢に不平不満を感じる者もいて、この基地に駐在する兵士達がいかに多くの複雑な状況を抱えていたかが伝わってきます。
クライマックスでは本当にすさまじい戦闘が生々しく描かれ、米軍兵士達の絶体絶命的な状況に圧倒されますが、その困難を切り抜けても素直に喜べることではないことは、エンドロールで流れるインタビュー映像で観ることができます(キャストの中には当事者の1人が本人役として出演)。このキーティング前哨基地での戦闘後に調査が行われ、その防衛力の脆弱性から多くの前哨基地も閉鎖されたようですが、なぜ多くの命が失われる前にそれができなかったのか、そもそも何のための戦争なのか、改めて考えさせられます。ラストで勲章の話も出てきますが、本作と同時期に劇場公開される『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』も観ると、勲章の授与がいかに難しいことかもわかるのでオススメです。
キャストも魅力的で、スコット・イーストウッド、マイロ・ギブソンと、名優、名監督の父を持つ2人が共演。スキンヘッドの兵士を演じるオーランド・ブルームも新鮮で、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズは特に個性が光るキャラクターを演じています。戦争映画をあまり観ない人も、キャストきっかけで観てみるのもアリではないでしょうか。

デート向き映画判定
映画『アウトポスト』スコット・イーストウッド

常に緊張状態にある基地の日常が描かれていて、デートのムードが盛り上がるような内容ではないのは想像がつくかと思いますが、兵士達にとって家族の存在、パートナーなど大切な人の存在がいかに大切かが伝わってくるシーンもあります。2人とも興味があれば観てみてください。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『アウトポスト』オーランド・ブルーム

あまり露骨には映りませんが、やはり死亡者、負傷者の姿を観るのが辛くなるシーンもあります。兵士達が仲間内で下品な言葉を使うシーンもあるので、キッズが観るには早いと思います。中学生くらいになりアメリカと中東の関係性などを学校で習ってからのほうが、より背景を理解して観られるので理解が深まると思います。

映画『アウトポスト』スコット・イーストウッド/ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ/オーランド・ブルーム

『アウトポスト』
2021年3月12日より全国公開
クロックワークス
公式サイト

©OUTPOST PRODUCTIONS, INC 2020

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム マダム・ウェブ【レビュー】

マーベル作品で蜘蛛といえば“スパイダーマン”ということで、何か関連が…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 18組36名様ご招待

映画『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 18組36名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット 『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李 52ヘルツのクジラたち【レビュー】

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を映画化した本作は、声に出して助けを求められない孤独な人々が出会い…

映画『夜明けのすべて』上白石萌音 上白石萌音【プロフィールと出演作一覧】

1998年1月27日生まれ。鹿児島県出身。2011年、第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞。同年…

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム
  2. 映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李
  3. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  4. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  5. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP