REVIEW

ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート

本作は、ベトナム戦争中の1966年4月11日に行われた救出作戦で、アメリカ空軍の落下傘救助隊の医療兵として60人以上の兵士達を救い戦死した、ウィリアム・H・ピッツェンバーガーについての実話を映画化したものです。彼は負傷者と共にヘリコプターで戦線から脱出するチャンスがあったにも関わらずヘリコプターを降り、戦場に残された負傷者の救助に命をかけて対応しました。彼自身はその場で命を落としてしまいましたが、遺された戦友達が30年以上の歳月をかけて彼に名誉勲章の授与を求めた背景が描かれています。戦争の英雄に贈られる勲章にも種類があるようで、名誉勲章はその中でも特別であること、また勲章全体としても授与される背景にはさまざまな事情が絡んでいて、下級の兵士に贈られることが稀であることなども本作を観るとわかります。そういった状況下で、ピッツェンバーガーの戦友達が30年以上ものあいだ、彼の名誉勲章の授与にこだわるのは何故なのかというのが本作の1つのテーマになっています。
その申し出に対応するのはベトナム戦争を知らない世代のスコット・ハフマン(セバスチャン・スタン)。彼は国防総省(ペンタゴン)のエリートで野心家ですが、この事案を任されたことで彼の内面にも変化が起きてきます。本作は、帰還兵の苦悩や戦争で大切な人を失った人々の心情を丁寧に描き、戦争について現代社会に問題提起をしています。そしてハフマンの目を通して、戦争を知らない世代にも考えるきっかけを与えてくれます。また、ピッツェンバーガーのような人物がいる世界がいかに尊いかも訴える内容になっていて、戦争に関わる問題に限らず、人種差別などで分断されそうになっているアメリカ社会に一石を投じる意味も感じられます。引いてはアメリカ社会だけでなく、世界中の誰にとっても、人間としてどうありたいかを問う内容となっていて、仕事への向き合い方から始まり、生き方を見つめ直すきっかけをくれます。エンタテインメントとしても、セバスチャン・スタン、ジェレミー・アーヴァインといった人気俳優が出演しており、クリストファー・プラマー、ウィリアム・ハート、エド・ハリス、サミュエル・L・ジャクソン、ピーター・フォンダといった重鎮俳優が勢ぞろいしているので、映画好き女子にもオススメです。

デート向き映画判定
映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン

ラブストーリーがメインではありませんが、複雑な立場で葛藤するハフマンをそっと支える妻の姿が印象的に描かれています。ある意味こういうところで夫婦が同じ方向を見ているかが試されるのだろうと思われる局面でハフマンがどんな判断をするのかを観て、どんな感想を持ったかによって、一生関係を続けられそうか、どこかで価値観のギャップが2人の関係の分かれ道になるか予想できるかもしれません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/クリストファー・プラマー

ベトナム戦争のシーンはやはり辛いシーンもあり、現代のシーンについても人物や人名がたくさん出てくるので、キッズにはまだ難しいでしょう。中高生は充分ついていける内容なので、戦争がどんな爪痕を残すのかを観て、いろいろと考え、他者と意見交換して欲しいと思います。また、戦争映画として観るだけでなく、自分自身を責めながら生きている帰還兵の姿は、私達の日常に重なる部分もあるので、フラットな気持ちで観てみてください。

映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/クリストファー・プラマー/ウィリアム・ハート/エド・ハリス/サミュエル・L・ジャクソン

『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』
2021年3月5日より全国公開
彩プロ
公式サイト

© 2019 LFM DISTRIBUTION, LLC

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP