REVIEW

アンダードッグ

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『アンダードッグ』森山未來/北村匠海/勝地涼

【前編】

映画『百円の恋』やNetflixドラマ『全裸監督』を手掛けてきた武正晴監督が、キャストに森山未來、北村匠海、勝地涼を迎え、再びボクシングを題材に描いた物語。前後編と分かれており、前編では森山未來が演じる崖っぷちボクサーの晃を中心とした人間関係が見えてくると同時に、彼のどん底状態のプライベート、さらに北村匠海が演じる天才ボクサーや、勝地涼が演じる芸人ボクサーとの出会いも映し出されています。かつてはチャンピオンの座も手にしかけた晃ですが、その道を外れてからはボクシングとの向き合い方も中途半端になり、周囲からは“噛ませ犬=アンダードッグ”と呼ばれています。でも彼だけではなく、実は芸人ボクサーの宮木も上手くいかない芸人人生に悩んでいたりと、それぞれが心の奥底に深い闇を抱えて生きています。彼らほど落ちぶれていなかったとしても、心にモヤモヤした感情がある部分は誰にでも共感ができると思いますし、そこから抜け出す努力をすることの大切さも感じられます。前編のみだとやはり気になる点がいくつか残ったままになるので、そのまま後編もご覧ください。

デート向き映画判定
映画『アンダードッグ』森山未來/勝地涼

ベッドシーンが多いので、初デートや付き合いたてのカップルが一緒に観ると、少々気まずくなるかもしれません。ボクシング好き、映画好きのカップルなら一緒に楽しめると思いますし、試合のシーンは本物の試合かと思うくらい迫力があるので、一緒に観戦する気分で楽しんでください。また、メインキャラクター以外にも気になる人物がたくさん登場するので、前編ではまず誰が気になったのか話し合って後編の予想をするのも良いと思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『アンダードッグ』森山未來/北村匠海/勝地涼

R-15なのでキッズは15歳以上になってから観てください。15歳以上のティーンは観られますが、ボクシングの映画だと思って観ていると、ベッドシーンがかなり出てきてビックリしそうなので、事前にそういうシーンがあることは頭に入れておくほうが良さそうです。人間ドラマとしては皆さんにも共感できる部分が多く、前編では特に宮木に注目して観てください。芸人としてはなかなか上手くいかない彼がどうやって再起をかけるのか、もし自分が同じ立場ならどうするのかも考えつつ、彼を見届けてください。


映画『アンダードッグ』森山未來/北村匠海

【後編】

前編で気になっていた箇所が一気に回収されつつ、さらに物語が加速する後編。こちらでもやはり晃のボロボロ状態が映し出されていますが、彼と北村匠海が演じる天才ボクサー龍太の関係性が、あることを機にグッと近づいていきます。さらに、脇にいたキャラクター達についても一気に物語が展開するので、観ていて「次はどうなるの?」の連続。前編が131分、後編が145分とかなり長い作品ではありますが、その分各キャラクターの人物像にしっかり触れられているのが嬉しい点です。そして、いろいろな経験を経てリングに上がっていく晃達の姿を観ていると、試合の勝敗だけではわからない複雑な人生の苦労や喜びも感じられます。 男性キャラが多い作品ですが、瀧内公美、水川あさみ、萩原みのりらが演じた女性キャラも本作をしっかりと支える重要人物となっていて女性視点でも楽しめますよ。ボクシングが題材の作品ではあるものの、そこから見えてくる人間ドラマはとてもリアルで誰もが身に染みる部分があるのではないでしょうか。いろいろなものと戦う晃達の姿から、きっとご自身の人生も振り返りたくなりますし、何よりもこれだけの長編作品を観終わった余韻と満足感を存分に味わえます。

デート向き映画判定
映画『アンダードッグ』森山未來/北村匠海

後編も前編と同様にベッドシーンは多めなので、付き合いたてのカップルにはオススメできません。ただ、後編のほうが親子関係などにも焦点が当てられているので、将来子どもを持つことを考えている方なら、よりリアルに感じられる部分がありそうです。もし1人や友達と観る場合は、晃と龍太の対照的な女性との付き合い方も観られるので、相手が誰タイプなのか分析してみたり、自分だったら本作の男性達とどんな付き合い方をするのか考えてみてもおもしろいかもしれません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『アンダードッグ』森山未來/

後編もR-15です。キッズは15歳以上になってから観てもらうとして、ティーンは龍太に注目して観てください。後編では彼の過去についても明かされますが、ボクサーになるまでの経緯や、その彼を支える奧さんの様子を観ていると、人生は本当にいろいろなことが起きると感じるでしょう。そんな彼の姿を参考に、皆さんもいつどんな時も後悔しないよう、ご自身の道を切り拓いていってくださいね。

映画『アンダードッグ』森山未來/北村匠海/勝地涼

『アンダードッグ【前編】【後編】』
2020年11月27日より全国公開
R-15+
東映ビデオ
公式サイト

© 2020「アンダードッグ」製作委員会

TEXT by Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ブラックボックス:音声分析捜査』ピエール・ニネ ブラックボックス:音声分析捜査

本作は、航空機事故の真相を明かすために1人の音声分析官が奔走するサスペンスで…

映画『真夜中乙女戦争』永瀬廉(King & Prince)/池田エライザ/柄本佑 真夜中乙女戦争

本作は、平凡で退屈な日々を送る青年が、ある出会いをきっかけに自分自身と東京の街を破壊…

映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』マッツ・ミケルセン/ニコライ・リー・コース/ラース・ブリグマン ライダーズ・オブ・ジャスティス

主人公は列車事故で妻を亡くした軍人のマーカス(マッツ・ミケルセン)で、彼は残された娘のマチルデ(アンドレア・ハイク・ガデベルグ)と…

映画『コーダ あいのうた』エミリア・ジョーンズ/マーリー・マトリン コーダ あいのうた

本作は、2015年に日本で公開されたフランス映画『エール!』のハリウッドリメイク版で、タイトルの“CODA(コーダ)”には…

映画『こんにちは、私のお母さん』ジア・リン ジア・リン

1982年4月29日生まれ。中国、湖北省出身。1982年、母のリ・ホワンインと父のジア・ウェンティエンの娘として…

映画『ハザードランプ』安田顕/山田裕貴 『ハザードランプ』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ハザードランプ』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ポプラン』上田慎一郎監督&皆川暢二さんインタビュー 『ポプラン』上田慎一郎監督&皆川暢二さんインタビュー

本作はインパクトのある設定から、おバカ映画、色物映画と見られかねないというところで、宣伝ではどういう風に伝えていけばよいか最初は手探りな部分もあったそうです(上田監督談)。今回は、そんな本作の背景や作品への思いについて、上田慎一郎監督と皆川暢二さんにお話を伺いました。

映画『無聲 The Silent Forest』 無聲 The Silent Forest

これはあまりにショックな内容で、こんなことが実際にあったなんて…

映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』長澤まさみ/東出昌大/小日向文世 コンフィデンスマンJP 英雄編

今回も見事に騙されました(笑)。それなりにどこから計画されているかは予想しながら観るのですが…

MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真 皆で一緒にホラーメイクで肝試し【年忘れホラーパーティー】リポート

2021年12月26日、トーキョー女子映画部ではオンラインで忘年会を行いました。ここではどんな内容だったのかをご報告します。

部活・イベント

  1. MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真
  2. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ
  3. 映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』
  4. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)ホラーパーティー2021
  5. 映画『あまくない砂糖の話』

おすすめ記事

MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真 皆で一緒にホラーメイクで肝試し【年忘れホラーパーティー】リポート

2021年12月26日、トーキョー女子映画部ではオンラインで忘年会を行いました。ここではどんな内容だったのかをご報告します。

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ/エミリー・ブラント “お気に入りのファッション映画”特集2022

華やかなファッションや、細部までこだわるプロの仕事が観られるファッション映画。2022年は『ハウス・オブ・グッチ』をはじめ、気になる新作が続々と公開となります。そこで今回はファッションにまつわる映画(ドキュメンタリー作品を含む)、ファッション業界を描いた映画、ファッション要素が強い映画でどの作品が好きか聞いてみました。

映画『エターナルズ』ジェンマ・チャン/リチャード・マッデン トーキョー女子映画部が選ぶ 2021年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2021年ベスト5】を発表!劇場公開中の作品や、デジタル配信中のもの、DVDレンタル・発売中のものなど、ぜひ冬休みに観てください。

映画『キャロル』ケイト・ブランシェット/ルーニー・マーラ クリスマスシーズンに観たい映画ランキング

今年も年末に差し掛かり、いよいよクリスマスが迫ってきました。そこで今回は、編集部独断でクリスマス映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品について聞いてみました。皆さんの好きな作品は果たして何位にランクインしているのでしょうか?

映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』 “お父さんが嫌いなんじゃない”娘達の本音トーク『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』部活リポート

大人気シリーズ第2弾となる『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』は、主人公ボス・ベイビーとその兄ティムの兄弟関係と共に、父でもあるティムとその娘タビサの親子関係もしっかりと描かれています。だんだん成長するにつれ、すれ違う娘の気持ちとお父さんの気持ち。そんなとても切なくて温かい父と娘の物語も印象的だということで、今回の部活では、娘目線で父と娘について語る座談会を実施しました。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン お気に入りのスパイ映画はどれ?スパイ映画人気ランキング

シリアスな展開やハラハラドキドキするアクションシーンも楽しめるスパイ映画。今年は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『キングスマン:ファースト・エージェント』など超目玉作品の公開が続きます。そこで今回は、編集部独断でスパイ映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品を聞いてみました!

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』佐藤健 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜演技派俳優編〜

楽しい妄想シリーズ第3弾!今回は、皆さんがもし1日だけ演技派俳優になって映画に出られるとしたら、誰…

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

REVIEW

  1. 映画『ブラックボックス:音声分析捜査』ピエール・ニネ
  2. 映画『真夜中乙女戦争』永瀬廉(King & Prince)/池田エライザ/柄本佑
  3. 映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』マッツ・ミケルセン/ニコライ・リー・コース/ラース・ブリグマン
  4. 映画『コーダ あいのうた』エミリア・ジョーンズ/マーリー・マトリン
  5. 映画『無聲 The Silent Forest』
  6. 映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』長澤まさみ/東出昌大/小日向文世
  7. 映画『スティルウォーター』マット・デイモン
  8. 映画『三度目の、正直』川村りら
  9. 映画『アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド』ダン・スティーヴンス/マレン・エッゲルト
  10. 映画『ハウス・オブ・グッチ』レディー・ガガ
PAGE TOP