REVIEW

アンダードッグ

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『アンダードッグ』森山未來/北村匠海/勝地涼

【前編】

映画『百円の恋』やNetflixドラマ『全裸監督』を手掛けてきた武正晴監督が、キャストに森山未來、北村匠海、勝地涼を迎え、再びボクシングを題材に描いた物語。前後編と分かれており、前編では森山未來が演じる崖っぷちボクサーの晃を中心とした人間関係が見えてくると同時に、彼のどん底状態のプライベート、さらに北村匠海が演じる天才ボクサーや、勝地涼が演じる芸人ボクサーとの出会いも映し出されています。かつてはチャンピオンの座も手にしかけた晃ですが、その道を外れてからはボクシングとの向き合い方も中途半端になり、周囲からは“噛ませ犬=アンダードッグ”と呼ばれています。でも彼だけではなく、実は芸人ボクサーの宮木も上手くいかない芸人人生に悩んでいたりと、それぞれが心の奥底に深い闇を抱えて生きています。彼らほど落ちぶれていなかったとしても、心にモヤモヤした感情がある部分は誰にでも共感ができると思いますし、そこから抜け出す努力をすることの大切さも感じられます。前編のみだとやはり気になる点がいくつか残ったままになるので、そのまま後編もご覧ください。

デート向き映画判定
映画『アンダードッグ』森山未來/勝地涼

ベッドシーンが多いので、初デートや付き合いたてのカップルが一緒に観ると、少々気まずくなるかもしれません。ボクシング好き、映画好きのカップルなら一緒に楽しめると思いますし、試合のシーンは本物の試合かと思うくらい迫力があるので、一緒に観戦する気分で楽しんでください。また、メインキャラクター以外にも気になる人物がたくさん登場するので、前編ではまず誰が気になったのか話し合って後編の予想をするのも良いと思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『アンダードッグ』森山未來/北村匠海/勝地涼

R-15なのでキッズは15歳以上になってから観てください。15歳以上のティーンは観られますが、ボクシングの映画だと思って観ていると、ベッドシーンがかなり出てきてビックリしそうなので、事前にそういうシーンがあることは頭に入れておくほうが良さそうです。人間ドラマとしては皆さんにも共感できる部分が多く、前編では特に宮木に注目して観てください。芸人としてはなかなか上手くいかない彼がどうやって再起をかけるのか、もし自分が同じ立場ならどうするのかも考えつつ、彼を見届けてください。


映画『アンダードッグ』森山未來/北村匠海

【後編】

前編で気になっていた箇所が一気に回収されつつ、さらに物語が加速する後編。こちらでもやはり晃のボロボロ状態が映し出されていますが、彼と北村匠海が演じる天才ボクサー龍太の関係性が、あることを機にグッと近づいていきます。さらに、脇にいたキャラクター達についても一気に物語が展開するので、観ていて「次はどうなるの?」の連続。前編が131分、後編が145分とかなり長い作品ではありますが、その分各キャラクターの人物像にしっかり触れられているのが嬉しい点です。そして、いろいろな経験を経てリングに上がっていく晃達の姿を観ていると、試合の勝敗だけではわからない複雑な人生の苦労や喜びも感じられます。 男性キャラが多い作品ですが、瀧内公美、水川あさみ、萩原みのりらが演じた女性キャラも本作をしっかりと支える重要人物となっていて女性視点でも楽しめますよ。ボクシングが題材の作品ではあるものの、そこから見えてくる人間ドラマはとてもリアルで誰もが身に染みる部分があるのではないでしょうか。いろいろなものと戦う晃達の姿から、きっとご自身の人生も振り返りたくなりますし、何よりもこれだけの長編作品を観終わった余韻と満足感を存分に味わえます。

デート向き映画判定
映画『アンダードッグ』森山未來/北村匠海

後編も前編と同様にベッドシーンは多めなので、付き合いたてのカップルにはオススメできません。ただ、後編のほうが親子関係などにも焦点が当てられているので、将来子どもを持つことを考えている方なら、よりリアルに感じられる部分がありそうです。もし1人や友達と観る場合は、晃と龍太の対照的な女性との付き合い方も観られるので、相手が誰タイプなのか分析してみたり、自分だったら本作の男性達とどんな付き合い方をするのか考えてみてもおもしろいかもしれません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『アンダードッグ』森山未來/

後編もR-15です。キッズは15歳以上になってから観てもらうとして、ティーンは龍太に注目して観てください。後編では彼の過去についても明かされますが、ボクサーになるまでの経緯や、その彼を支える奧さんの様子を観ていると、人生は本当にいろいろなことが起きると感じるでしょう。そんな彼の姿を参考に、皆さんもいつどんな時も後悔しないよう、ご自身の道を切り拓いていってくださいね。

映画『アンダードッグ』森山未來/北村匠海/勝地涼

『アンダードッグ【前編】【後編】』
2020年11月27日より全国公開
R-15+
東映ビデオ
公式サイト

© 2020「アンダードッグ」製作委員会

TEXT by Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル どん底作家の人生に幸あれ!

本作は、イギリスの国民的作家チャールズ・ディケンズの半自伝的小説「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化…

映画『滑走路』寄川歌太 寄川歌太(よりかわ うた)

2004年3月11日生まれ、大阪府出身。2010年、歌舞伎平成中村座で…

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ 天空の結婚式

2016年にイタリアの下院議会で同性カップルの結婚に準ずる権利を認めるシビル・ユニオン法が…

映画『滑走路』吉村界人 吉村界人

1993年2月2日、東京都生まれ。2014年、『PORTRAIT -ポルトレ-』で…

映画『Merry Christmas! ~ロンドンに奇跡を起こした男~』ダン・スティーヴンス 小説家で観る映画特集Vol.1

この特集では実在の小説家自身の物語や、その小説家に影響を受けた人物が主人公の作品、またはその作家の小説の映画化作品にフォーカスを当ててご紹介します。一度ではご紹介しきれないので、最初からシリーズ化し、今回は第1弾としてお届けします。

映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳 さんかく窓の外側は夜

霊が見える男と、霊を祓える男が主人公ということで、ホラーだなとは予測…

映画『野球少女』イ・ジュヨン 『野球少女』10名様 日本最速オンライン試写会ご招待

映画『野球少女』10名様 日本最速オンライン試写会ご招待

映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』トルーマン・カポーティ トルーマン・カポーティ

1924年9月30日アメリカ、ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれ。19歳のときに執筆した…

映画『Swallow/スワロウ』ヘイリー・ベネット 心理学から観る映画26:異食症はなぜ起こる?

幼児に多く見られると言われる異食症ですが、大人にもその症状がある場合、どんなことが起こっているのでしょうか?今回は映画『Swallow/スワロウ』を題材に考えてみます。

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル
  2. 映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ
    天空の結婚式

  3. 映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳
  4. Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/ザカリー・クイント(ザッカリー・クイント)/マット・ボマー/アンドリュー・ラネルズ/チャーリー・カーヴァー/ロビン・デ・ヘスス/ブライアン・ハッチソン/マイケル・ベンジャミン・ワシントン/タック・ワトキンス
  5. 映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』エマニュエル・ドゥヴォス
  6. 映画『キング・オブ・シーヴズ』マイケル・ケイン/ジム・ブロードベント/トム・コートネイ/チャーリー・コックス/ポール・ホワイトハウス/レイ・ウィンストン/マイケル・ガンボン
  7. 映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア
    聖なる犯罪者

  8. 映画『エマの秘密に恋したら』アレクサンドラ・ダダリオ/タイラー・ホークリン
  9. Netflixドラマ『ザ・ポリティシャン シーズン1』ベン・プラット
  10. 映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』ミシェル・ロドリゲス
PAGE TOP