REVIEW

ヴァチカンのエクソシスト【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ヴァチカンのエクソシスト』ラッセル・クロウ/ダニエル・ゾヴァット

実在したヴァチカンのチーフ・エクソシスト、ガブリエーレ・アモルト神父が遺した著書「エクソシストは語る」を基に映画化。ガブリエーレ・アモルト神父は、1925年生まれで、2016年に91歳で亡くなりました。生涯で数万回に及ぶ悪魔祓いを行なったといわれています。映画の公式資料によると、アモルト神父は幼い頃に天啓を受け、17歳でローマに行き聖職者になろうとしたけれど「天啓に従う前にもう少し人生を味わえ」といわれたそうです。そして、第二次世界大戦で出兵し、戦後はロースクールに通い、ローマカトリック系中道政党だったキリスト教民主主義青年部で後年イタリアの首相になったジュリオ・アンドレオッティの右腕も務めたとあります。こうしたユニークな経歴を持っているからこそ、劇中で描かれる親しみ易い人柄にも納得がいきます。劇中では、アモルト神父が悪魔にユーモアで立ち向かう姿も描かれており、そんなアモルト神父の魅力を、ラッセル・クロウが見事に体現しています。
また、ラッセル・クロウは、イタリア語やラテン語のセリフも流暢に話し、アモルト神父役になりきっていて、観る者を本作の世界に引き込みます。そして、やっぱりエクソシストにまつわる作品では、憑依された人物を演じる俳優の演技が要となります。本作では少年が名演を披露しています。
本作を観ると「悪魔なんていないでしょ!」と軽々しく言えなくなるくらい、臨場感、緊張感たっぷりに悪魔祓いの一部始終が描かれています。同時に宗教云々は別として、何かを強く信じる意義を実感させられます。また、悪魔祓いには、悪魔の正体、名前が重要であることが劇中で語られている点で、キリスト教の言い伝えに興味が湧きます。同時に悪魔の存在と企みの背景に何があるのかが、キリスト教が世界に広まる上での黒歴史と関係があったとされる背景も衝撃的です。
本作にはこうした見どころが複数あります。ホラーは苦手と観ず嫌いで終わるともったいない作品です。本作の公式サイトに掲載されている、LADBIBLEの「これはエクソシスト版『ダ・ヴィンチ・コード』だ」とあるように、歴史好き、ミステリー好きにも観ていただきたい作品です。

デート向き映画判定
映画『ヴァチカンのエクソシスト』

痛々しいシーンも出てくるので、苦手な方はいると思います。とはいえ、残虐さがウリのホラーではなく、実話ベースのストーリーであり、宗教史に深く関わりがある点で歴史が好きな方、知的好奇心が強い方には楽しめると思います。『ダ・ヴィンチ・コード』などが好きな方なら、試しに誘ってみてはどうでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ヴァチカンのエクソシスト』ラッセル・クロウ/ダニエル・ゾヴァット/アレックス・エッソー

見たまま怖いシーンも複数あり、憑依されるのが子どもという点でも、キッズにとってはだいぶ怖いと思います。背景がしっかりあるだけにストーリーもじっくり理解しながら観て欲しいので、ただ怖かったで終わるともったいない作品です。ホラーに免疫がついてから観るという選択もアリではないでしょうか。

映画『ヴァチカンのエクソシスト』ラッセル・クロウ

『ヴァチカンのエクソシスト』
2023年7月14日より全国公開
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』倍賞美津子 倍賞美津子【プロフィールと出演作一覧】

1946年11月22日生まれ。茨城県出身。1967年『純情二重奏』で…

映画『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー 『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー

『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』の赤澤遼太郎さんと高橋健介さんにインタビューさせていただきました。お話中もお二人は和気あいあいとした雰囲気で、とても楽しいインタビューでした。

映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ 『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

映画『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス ファーストレディ【レビュー】

ミシェル・オバマ、ベティ・フォード、エレノア・ルーズベルト、3人のファーストレディの半生を描く本作は、複数の時代を行き来しながら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  2. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  3. 映画『蛇の道』柴咲コウ
  4. 映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン
  5. 海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP