イイ俳優セレクション

サイモン・ペッグ

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』サイモン・ペッグ

1970年2月14日イギリス生まれ。ブリストル大学を卒業後、エドガー・ライト監督のテレビシリーズ『SPACED ~俺たちルームシェアリング~』で共同脚本と主演を務めその名が知られる。その後もエドガー・ライト監督の『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』『宇宙人ポール』でも共同脚本と主演を務めた。また『宇宙人ポール』は、イギリスのナショナル・ムービー・アワードの最優秀コメディ賞を受賞するなど、脚本家としての才能も高く評価された。俳優としてはコメディ映画を中心に活躍し、“ミッション:インポッシブル”シリーズや“スター・トレック”シリーズなどの大作に出演。『スター・トレック BEYOND』では、前作『スター・トレック イントゥ・ダークネス』に引き続きダグ・ユングと共に脚本を務めた。

映画『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』サイモン・ペッグ
『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』
イイ男セレクション/出演作

『ショーン・オブ・ザ・デッド』(兼脚本)『M:i:III』『ビッグ・トラブル』『恋愛上手になるために』『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』(兼脚本)『ラン・ファットボーイ・ラン 走れメタボ』(兼脚本)『セレブ・ウォーズ ~ニューヨークの恋に勝つルール』『スター・トレック』『バーク アンド ヘア』『宇宙人ポール』(兼脚本)『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』『スター・トレック イントゥ・ダークネス』『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』『しあわせはどこにある』『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』『ミラクル・ニール!』『スター・トレック BEYOND』(兼脚本)『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』など

ドラマ:『ザ・ボーイズ』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

彼がスクリーンに登場しただけでちょっと和むというか嬉しいという感覚になってしまう不思議な魅力を持っている俳優だと思います。脚本家としての才能もあるのが憎いところで、俳優、脚本家としてこれからどんな作品を生み出してくれるのか楽しみです。“ミッション:インポッシブル”シリーズや、“スター・トレック”シリーズなど、超大作でも美味しい役をゲットしていて、共同脚本に名を連ねているケースもあり、2つ武器を持ってるって強いな〜と思います。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』
2023年7月21日より全国公開

映画『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』トム・クルーズ/ヘイリー・アトウェル/ヴィング・レイムス/サイモン・ペッグ/レベッカ・ファーガソン/ヴァネッサ・カービー/イーサイ・モラレス/ポム・クレメンティエフ/ヘンリー・ツェニー

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『ショーン・オブ・ザ・デッド』(出演、脚本)

『M:i:III』

『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』(出演、脚本)

『ラン・ファットボーイ・ラン 走れメタボ』(出演、脚本)

『スター・トレック』

『バーク アンド ヘア』

『宇宙人ポール』(出演、脚本)

『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(出演、脚本)

『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』

『しあわせはどこにある』

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』

『ミラクル・ニール!』

『スター・トレック BEYOND』(出演、脚本)

© Focus Features
© 2014 Egoli Tossell Film/ Co-Produktionsgesellschaft “Hector 1” GmbH & Co. KG/Happiness Productions Inc./ Wild Bunch Germany/ Construction Film. 2014 All Rights Reserved.
© 2015 Anything Absolutely Ltd All Rights Reserved
©2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
©2023 PARAMOUNT PICTURES.


上記の作品を U-NEXTで探す Huluで探す 
ぽすれん(ゲオ)で探す  TSUTAYA DISCASで探す

本ページの情報は2023年8月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事

from 2014/4/4

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『マッチング』土屋太鳳 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年2月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年2月】のアクセスランキングを発表!

映画『DOGMAN ドッグマン』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ DOGMAN ドッグマン【レビュー】

本作はリュック・ベッソンが実際の事件に着想を得て脚本、監督を担当し、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズを主演に迎えて制作した…

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『i ai』富田健太郎/堀家一希 i ai【レビュー】

GEZANのフロントマンであり、小説執筆や映画出演、フリーフェス「全感覚祭」や反戦デモの主催など…

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『マッチング』土屋太鳳
  2. 映画『DOGMAN ドッグマン』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
  3. 映画『i ai』富田健太郎/堀家一希
  4. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  5. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP