REVIEW

ダウントン・アビー

  • follow us in feedly
  • RSS
海外ドラマ『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/:ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/リリー・ジェームズ/マシュー・グード

シーズン4〜ファイナル・シーズン

海外ドラマ『ダウントン・アビー ファイナル・シーズン』

シーズン4からファイナルシーズンとなるシーズン6まで一気に観ました。シーズン3までの人間関係は、貴族側も使用人側も結構ドロドロしていた印象ですが、大切な人を失ったり、辛い出来事をたくさん乗り越えていくなかで、それぞれのキャラクターが成長し、人間関係もだいぶ変化していきます。また、ラブロマンスも多数展開され、若い女性だけでなく、シニア陣の恋模様も見どころとなっています。すごく意外な人物の意外な恋愛も描かれて、それが後々の人間関係にも反映されていたり、群像劇として、連続ドラマとしての構成の上手さを実感できます。またキャラクター一人ひとりが掘り下げられていくので、これまで悪役だったキャラクターの別の一面が見えてきたり、地味に描かれていたキャラクターが開花したり、愛着がますます湧いてくるでしょう。特に終盤のシーズンで花開くキャラクターはモールズリー。最初はトホホなキャラクターですが、彼の優しさとユーモアが癒やしのムードを与えてくれます。劇場版でも大活躍なので抑えておいて頂きたいキャラクターです。あと、カーソン、ヒューズ、パットモアのトリオ感が増して、笑える展開を見せてくれます。そして、なんといっても悪役トーマスが大きな変化を見せてくれますが、最後はスッキリ。貴族側ではずっと不幸続きのイーディスがどんどん自立していく姿が見られます。他にも印象的なシーンが満載なのですが、特にシーズン6の終わりのほうは泣けるシーンが満載です。そして、シーズン5あたりからは時代の変化が顕著に表れてきますが、変化に抗う者もいれば、歓迎する者もいて、必然的に貴族の価値観、使用人の価値観にも変化が表れてきます。その姿は現代の私達にも通じるところがあり、貴族と使用人の距離感の変化も時代の変化を象徴していて、とても共感できるポイントとなっています。女子目線では、ファッションの変化も楽しめますよ。ラストは清々しく終わるので、ぜひ最後まで見届けてください。

海外ドラマ『ダウントン・アビー』
海外ドラマ『ダウントン・アビー コンプリート・ブルーレイBOX』

『ダウントン・アビー』コンプリート・ブルーレイBOX
2019年12月4日発売
NBCユニバーサル・エンターテイメント
公式サイト
※シーズン1〜ファイナルまでデジタル配信中

Film © 2015 Carnival Film & Television Limited. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

シーズン1〜3のREVIEWはこちら

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  2. 映画『ザ・タワー』
  3. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  4. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  5. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP