取材&インタビュー

『ダウントン・アビー』日本語吹き替え版声優 一城みゆ希さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS

世界的に大ブームを起こした海外ドラマ『ダウントン・アビー』が劇場版になり再び話題になっていますが、本シリーズでマギー・スミスが演じたバイオレット役の声優を務めた一城みゆ希さんにインタビューをさせて頂きました。一城さんのお話からも、この作品の素晴らしさが伝わってきたとともに、声優さん達の熱い思いも伝わってきました。それくらい魅力的な作品なんだと改めて感じました。

<PROFILE>
一城みゆ希(いちじょう みゆき):先代グランサム伯爵未亡人 バイオレット(マギー・スミス)
アニメから実写洋画まで幅広いジャンルで声優を担当。洋画では、サンドラ・ブロック、ジェイミー・リー・カーティス、ミシェル・ファイファー、サリー・フィールド、デミ・ムーアなど人気俳優の声を多く務めてきた。

この番組は計算じゃできないんです!

海外ドラマ『ダウントン・アビー』マギー・スミス

マイソン:
吹き替えをする役は、キャラクターの要素と女優さんが持つ要素との両方で構成されるものだと思うのですが、バイオレット役を吹き替える上では、どんな役作りをされたのでしょうか。

一城みゆ希さん:
マギー・スミスさんの声を担当するのは初めてだったので、台本を開けた時に、「私がマギー・スミス!?」ってビックリして、ものすごくプレッシャーを感じました。私達の仕事というのは、役に合わせて声を作るわけではなくて、今回のバイオレット役も、自宅でリハーサルをした時に、マギー・スミスさんが出てきたシーンで、最初にパッと自然に出た声があの声だったんですね。それで収録の日に、まずその声を出してみました。それで演出家から何か言われたら、変えなければならないですが、演出の伊達さん(東北新社の伊達康将氏)は何もおっしゃらなかったんです。ということはこれで作っていけば良いんだなって。あとは、マギー・スミスさんが演じているのを見て。距離感とか、下を向いている、上を向いている、斜めを向いている、遠くを見ているというところから芝居が変わってくるじゃないですか。そうやってとにかく素直に素直にっていう思いで、マギー・スミスさんの場合は演じさせて頂きました。

海外ドラマ『ダウントン・アビー』マギー・スミス

マイソン:
なるほど〜!バイオレットはすごく名台詞が多くて、観ていて気持ちの良い役だなと思いました。

一城みゆ希さん:
あの方はとても皮肉っぽく聞こえるじゃないですか。だけど、それがやっぱりバイオレット伯爵夫人の素晴らしいところで、マギーさんの作り方の素晴らしいところなんです。皮肉っぽく言っているんだけど、どこかお茶目で、優しさがいつもあるんです。

マイソン:
そうですよね。ストーリーを伝えるっていうところで、吹き替えは日本人にわかりやすいように演出されている部分もあると思うのですが、今回ドラマ版を吹き替えで観て頂くにあたって、1番の魅力を教えてください。

一城みゆ希さん:
出演者の皆様が本当に素晴らしいんですよ。皆さんのバランスが良いんです。演出の伊達さんが素晴らしい配役をしてくださったので、聞いていて気持ちが良いですし、チームであり、家族なんです。ドラマの中でも、私達(バイオレット達)は上の階に住んでいますけど、下の階の使用人の皆さんも家族なんです。その家族一人一人、例えばロバート(グランサム伯爵)とベイツさん(伯爵付従者)が初めて会ったのは戦場で、一緒に戦っていたっていうシーンがあって、ベイツさんはそれで足を悪くしたって言っているけど、それでもロバートは彼を従者にする。足が悪いがために彼はギプスをものすごい大枚を出して買ったんだけど、そのギプスが合わなくて血だらけになって頑張っているシーンがシーズン1であったんですね。その時にヒューズさんがおかしな様子に気付いて、「何でこんなことをするの?」って言って、ギプスを投げさせるっていう。そんな風に皆それぞれが愛し合っていて、ここはもう全員が家族愛を持っているんです。ドラマ版はシーズン1から6までの各シーズンで、一人ひとりを丁寧に、本当に全員にフィーチャーして描かれているので、それで劇場版を観ると納得するんですよ。だから、「どうしてこうなったのか」っていうところをやっぱりシーズン1から観て頂きたいなって。観ないともったいないですから。

海外ドラマ『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/ジム・カーター

マイソン:
本当に一人ひとりのキャラクターが活かされてますよね。では、演じていておもしろいと感じた点はどんなところでしょうか?

一城みゆ希さん:
これは皆さん観て頂くとわかるんですが、ああしようとかこうしようとか細かいことなんて何も考えていないんですよ。本当にパッと感じたものを演じただけで。たぶん他の皆さんも計算でやっていないと思います。計算じゃできないと思います、この番組は。今までの歴史があるからその歴史で成長させて頂けた私達全員だと思っています。ここに全員呼びたいくらいチームが素晴らしいです。劇場版はご覧になりましたか?

マイソン:
はい、ドラマも全部観ました。

一城みゆ希さん:
ありがとうございます!! お得意様ですね(笑)。劇場版は劇場版ですごいの!これ1本観ただけでも素晴らしいんです。でもシーズン1から6までは伏線がいっぱいあるんです。それが素晴らしくって。だから劇場版をご覧になった方はスターチャンネルさんに加入して観て欲しいなって。そうするともっと『ダウントン・アビー』の素晴らしさがわかるんじゃないかなって思うんです。

マイソン:
まさにそうですね!今日はありがとうございました!

2019年12月18日取材 PHOTO & TEXT by Myson

海外ドラマ『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ダン・スティーヴンス/ジム・カーター

『ダウントン・アビー』全6シーズン
【日本語吹き替え版】2020年1月27日よりBS10 スターチャンネルにて毎週月曜夜10時から2話ずつ放送他
【字幕版】2020年1月22日よりBS10 スターチャンネルにて毎週水曜夜11時から2話ずつ放送他
企画・製作総指揮・脚本:ジュリアン・フェローズ
出演:ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ダン・スティーヴンス/ジム・カーター

第一次世界大戦勃発直前の1912年。英国イングランド地方の田園に建つ“ダウントン・アビー”で暮らす貴族グランサム伯爵一家にタイタニック号沈没の知らせが届く。グランサム卿の跡継ぎに予定されていた人物が乗船していたと聞き、一家と召使たちは騒然。グランサム卿には娘しかおらず、邸宅や財産を引き継ぐのは遠縁に当たる人物になってしまう。そうして、グランサム卿の財産をめぐる熾烈な争いが幕を開けた…。

スターチャンネル公式サイト ドラマ批評

© 2010 Carnival Film & Television Limited. All Rights Reserved.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『モガディシュ 脱出までの14日間』チョ・インソン チョ・インソン

1981年7月28日韓国生まれ。1998年に広告モデルからキャリアをスタート。人気ドラマ『学校2』で…

映画『ソー:ラブ&サンダー』ワールドプレミア、クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、クリスチャン・ベール クリス・ヘムズワース&ナタリー・ポートマンら豪華キャストの登場にファン熱狂!『ソー:ラブ&サンダー』ワールドプレミア

マーベル・スタジオ最新作『ソー:ラブ&サンダー』が、いよいよ2022年7月8日に公開を迎えます。先日、本作のワールドプレミアが開催され、クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、クリスチャン・ベール、テッサ・トンプソン、クリス・プラット、タイカ・ワイティティ監督、製作総指揮のケヴィン・ファイギらが登場しました。

映画『モガディシュ 脱出までの14日間』キム・ユンソク/チョ・インソン モガディシュ 脱出までの14日間

本作は、内戦中のソマリアに駐在していた韓国大使とその仲間と家族が、敵対していた北朝鮮大使達と共に脱…

海外ドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン2』リリー・コリンズ リリー・コリンズ

1989年3月18日イングランド出身。父はミュージシャンのフィル・コリンズ。2歳から…

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:オースティン・バトラー、バズ・ラーマン監督 エルヴィスの魂を見つけることがとても大事だった『エルヴィス』オースティン・バトラー&バズ・ラーマン監督来日

日本での劇場公開を目前に控え、主演のオースティン・バトラーと、バズ・ラーマン監督が来日しました。

映画『エルヴィス』オースティン・バトラー エルヴィス

エルヴィス・プレスリーが伝説の大スターであることは知られていますが…

映画『バズ・ライトイヤー』 バズ・ライトイヤー

“トイ・ストーリー”シリーズで、アンディ少年のお気に入りのおもちゃとして登場する“バズ・ライトイヤー”は、実は…

映画『三姉妹』ムン・ソリ ムン・ソリ

1974年7月2日韓国、プサン生まれ。成均館大学在学中に演劇活動を始め…

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:ソン・ガンホ/カン・ドンウォン/イ・ジウン/イ・ジュヨン/是枝裕和監督 是枝監督をはじめ皆の夢が1度に叶った『ベイビー・ブローカー』ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン、イ・ジュヨン来日記念舞台挨拶

第75回カンヌ国際映画祭で最優秀男優賞(ソン・ガンホ)、エキュメニカル審査員賞を受賞した『ベイビー・ブローカー』のキャスト、スタッフが、劇場公開から3日目となる2022年6月26日に舞台挨拶を行いました。

映画『ONE PIECE FILM RED』試写会ビジュアル 『ONE PIECE FILM RED』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ONE PIECE FILM RED』一般試写会 10組20名様ご招待

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:ミーティング by Klas_lu
  2. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2

おすすめ記事

Pixabayによる写真:ミーティング by Klas_lu 編集部にカモン!【記事作成部活】2022年7月度参加者募集

【記事作成部活】では、トーキョー女子映画部WEBサイト内の記事作成に参加できます!

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ショーシャンクの空に』

今回は『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてアンディ(アンドリュー・デュフレーン)役のティム・ロビンスとレッド(エリス・ボイド・レディング)役のモーガン・フリーマンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより 『神様のえこひいき』みんなのレビュー

今回は、Huluオリジナル『神様のえこひいき』3話までを正式部員の皆さんに観ていただきました。ジェンダー、性指向、アイデンティティがテーマとなっており、表現について奇譚のないご意見もいただきました。さまざまな感想があがっていて、本作の見どころが伝わってきます。

映画『ゴッドファーザー』マーロン・ブランド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ゴッドファーザー』

掟を重んじるマフィア一族の盛衰を、家族愛と壮絶なバイオレンスで描き、2度のアカデミー賞作品賞を受賞した名作“ゴッドファーザー”。今回は『ゴッドファーザー トリロジー 50th アニバーサリー 4K Ultra HD+ブルーレイセット』の発売にちなんで「勝手にキャスティング企画!」として、ドン・コルレオーネ役のマーロン・ブランドとマイケル・コルレオーネ役のアル・パチーノをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに俳優名を挙げていただきました。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 映画好きが選んだ2021邦画ベスト

今回は、日本アカデミー賞(2022年は3月11日に発表)の時期にちなんで、私達も2021年の邦画ベストを選んでみました。候補作品は2021年に劇場公開した邦画(実写)の中から編集部独断で選抜したほか、日本アカデミー賞ノミネート作品も含め、正式部員の皆さんに好きな作品へ投票していただきました。どの作品が2021年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングでご確認ください!

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会 4Kニューマスター版』トム・ハンクス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『フォレスト・ガンプ/一期一会』

ロバート・ゼメキス監督と名優トム・ハンクスがタッグを組み、米アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した不朽の名作『フォレスト・ガンプ/一期一会』。今回は本作4Kニューマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてフォレスト・ガンプ役のトム・ハンクス、ジェニー・カラン役のロビン・ライトをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

REVIEW

  1. 映画『モガディシュ 脱出までの14日間』キム・ユンソク/チョ・インソン
  2. 映画『エルヴィス』オースティン・バトラー
    エルヴィス

  3. 映画『バズ・ライトイヤー』
  4. 映画『ブラック・フォン』メイソン・テムズ
  5. 映画『神は見返りを求める』ムロツヨシ/岸井ゆきの
  6. 映画『彼女たちの革命前夜』キーラ・ナイトレイ/ジェシー・バックリー
  7. 映画『ルッツ 海に生きる』ジェスマーク・シクルーナ
  8. 映画『わたしは最悪。』レナーテ・レインスヴェ
  9. 映画『リコリス・ピザ』アラナ・ハイム/クーパー・ホフマン
  10. 映画『炎の少女チャーリー』ライアン・キーラ・アームストロング
PAGE TOP