ドラマ

『ダウントン・アビー』日本語吹き替え版声優 一城みゆ希さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS

世界的に大ブームを起こした海外ドラマ『ダウントン・アビー』が劇場版になり再び話題になっていますが、本シリーズでマギー・スミスが演じたバイオレット役の声優を務めた一城みゆ希さんにインタビューをさせて頂きました。一城さんのお話からも、この作品の素晴らしさが伝わってきたとともに、声優さん達の熱い思いも伝わってきました。それくらい魅力的な作品なんだと改めて感じました。

<PROFILE>
一城みゆ希(いちじょう みゆき):先代グランサム伯爵未亡人 バイオレット(マギー・スミス)
アニメから実写洋画まで幅広いジャンルで声優を担当。洋画では、サンドラ・ブロック、ジェイミー・リー・カーティス、ミシェル・ファイファー、サリー・フィールド、デミ・ムーアなど人気俳優の声を多く務めてきた。

この番組は計算じゃできないんです!

海外ドラマ『ダウントン・アビー』マギー・スミス

マイソン:
吹き替えをする役は、キャラクターの要素と女優さんが持つ要素との両方で構成されるものだと思うのですが、バイオレット役を吹き替える上では、どんな役作りをされたのでしょうか。

一城みゆ希さん:
マギー・スミスさんの声を担当するのは初めてだったので、台本を開けた時に、「私がマギー・スミス!?」ってビックリして、ものすごくプレッシャーを感じました。私達の仕事というのは、役に合わせて声を作るわけではなくて、今回のバイオレット役も、自宅でリハーサルをした時に、マギー・スミスさんが出てきたシーンで、最初にパッと自然に出た声があの声だったんですね。それで収録の日に、まずその声を出してみました。それで演出家から何か言われたら、変えなければならないですが、演出の伊達さん(東北新社の伊達康将氏)は何もおっしゃらなかったんです。ということはこれで作っていけば良いんだなって。あとは、マギー・スミスさんが演じているのを見て。距離感とか、下を向いている、上を向いている、斜めを向いている、遠くを見ているというところから芝居が変わってくるじゃないですか。そうやってとにかく素直に素直にっていう思いで、マギー・スミスさんの場合は演じさせて頂きました。

海外ドラマ『ダウントン・アビー』マギー・スミス

マイソン:
なるほど〜!バイオレットはすごく名台詞が多くて、観ていて気持ちの良い役だなと思いました。

一城みゆ希さん:
あの方はとても皮肉っぽく聞こえるじゃないですか。だけど、それがやっぱりバイオレット伯爵夫人の素晴らしいところで、マギーさんの作り方の素晴らしいところなんです。皮肉っぽく言っているんだけど、どこかお茶目で、優しさがいつもあるんです。

マイソン:
そうですよね。ストーリーを伝えるっていうところで、吹き替えは日本人にわかりやすいように演出されている部分もあると思うのですが、今回ドラマ版を吹き替えで観て頂くにあたって、1番の魅力を教えてください。

一城みゆ希さん:
出演者の皆様が本当に素晴らしいんですよ。皆さんのバランスが良いんです。演出の伊達さんが素晴らしい配役をしてくださったので、聞いていて気持ちが良いですし、チームであり、家族なんです。ドラマの中でも、私達(バイオレット達)は上の階に住んでいますけど、下の階の使用人の皆さんも家族なんです。その家族一人一人、例えばロバート(グランサム伯爵)とベイツさん(伯爵付従者)が初めて会ったのは戦場で、一緒に戦っていたっていうシーンがあって、ベイツさんはそれで足を悪くしたって言っているけど、それでもロバートは彼を従者にする。足が悪いがために彼はギプスをものすごい大枚を出して買ったんだけど、そのギプスが合わなくて血だらけになって頑張っているシーンがシーズン1であったんですね。その時にヒューズさんがおかしな様子に気付いて、「何でこんなことをするの?」って言って、ギプスを投げさせるっていう。そんな風に皆それぞれが愛し合っていて、ここはもう全員が家族愛を持っているんです。ドラマ版はシーズン1から6までの各シーズンで、一人ひとりを丁寧に、本当に全員にフィーチャーして描かれているので、それで劇場版を観ると納得するんですよ。だから、「どうしてこうなったのか」っていうところをやっぱりシーズン1から観て頂きたいなって。観ないともったいないですから。

海外ドラマ『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/ジム・カーター

マイソン:
本当に一人ひとりのキャラクターが活かされてますよね。では、演じていておもしろいと感じた点はどんなところでしょうか?

一城みゆ希さん:
これは皆さん観て頂くとわかるんですが、ああしようとかこうしようとか細かいことなんて何も考えていないんですよ。本当にパッと感じたものを演じただけで。たぶん他の皆さんも計算でやっていないと思います。計算じゃできないと思います、この番組は。今までの歴史があるからその歴史で成長させて頂けた私達全員だと思っています。ここに全員呼びたいくらいチームが素晴らしいです。劇場版はご覧になりましたか?

マイソン:
はい、ドラマも全部観ました。

一城みゆ希さん:
ありがとうございます!! お得意様ですね(笑)。劇場版は劇場版ですごいの!これ1本観ただけでも素晴らしいんです。でもシーズン1から6までは伏線がいっぱいあるんです。それが素晴らしくって。だから劇場版をご覧になった方はスターチャンネルさんに加入して観て欲しいなって。そうするともっと『ダウントン・アビー』の素晴らしさがわかるんじゃないかなって思うんです。

マイソン:
まさにそうですね!今日はありがとうございました!

2019年12月18日取材 PHOTO & TEXT by Myson

海外ドラマ『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ダン・スティーヴンス/ジム・カーター

『ダウントン・アビー』全6シーズン
【日本語吹き替え版】2020年1月27日よりBS10 スターチャンネルにて毎週月曜夜10時から2話ずつ放送他
【字幕版】2020年1月22日よりBS10 スターチャンネルにて毎週水曜夜11時から2話ずつ放送他
企画・製作総指揮・脚本:ジュリアン・フェローズ
出演:ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ダン・スティーヴンス/ジム・カーター

第一次世界大戦勃発直前の1912年。英国イングランド地方の田園に建つ“ダウントン・アビー”で暮らす貴族グランサム伯爵一家にタイタニック号沈没の知らせが届く。グランサム卿の跡継ぎに予定されていた人物が乗船していたと聞き、一家と召使たちは騒然。グランサム卿には娘しかおらず、邸宅や財産を引き継ぐのは遠縁に当たる人物になってしまう。そうして、グランサム卿の財産をめぐる熾烈な争いが幕を開けた…。

スターチャンネル公式サイト ドラマ批評

© 2010 Carnival Film & Television Limited. All Rights Reserved.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  2. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  3. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  4. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  5. 映画『ザ・タワー』

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP