取材&インタビュー

『ダウントン・アビー』日本語吹き替え版声優 一城みゆ希さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS

世界的に大ブームを起こした海外ドラマ『ダウントン・アビー』が劇場版になり再び話題になっていますが、本シリーズでマギー・スミスが演じたバイオレット役の声優を務めた一城みゆ希さんにインタビューをさせて頂きました。一城さんのお話からも、この作品の素晴らしさが伝わってきたとともに、声優さん達の熱い思いも伝わってきました。それくらい魅力的な作品なんだと改めて感じました。

<PROFILE>
一城みゆ希(いちじょう みゆき):先代グランサム伯爵未亡人 バイオレット(マギー・スミス)
アニメから実写洋画まで幅広いジャンルで声優を担当。洋画では、サンドラ・ブロック、ジェイミー・リー・カーティス、ミシェル・ファイファー、サリー・フィールド、デミ・ムーアなど人気俳優の声を多く務めてきた。

この番組は計算じゃできないんです!

海外ドラマ『ダウントン・アビー』マギー・スミス

マイソン:
吹き替えをする役は、キャラクターの要素と女優さんが持つ要素との両方で構成されるものだと思うのですが、バイオレット役を吹き替える上では、どんな役作りをされたのでしょうか。

一城みゆ希さん:
マギー・スミスさんの声を担当するのは初めてだったので、台本を開けた時に、「私がマギー・スミス!?」ってビックリして、ものすごくプレッシャーを感じました。私達の仕事というのは、役に合わせて声を作るわけではなくて、今回のバイオレット役も、自宅でリハーサルをした時に、マギー・スミスさんが出てきたシーンで、最初にパッと自然に出た声があの声だったんですね。それで収録の日に、まずその声を出してみました。それで演出家から何か言われたら、変えなければならないですが、演出の伊達さん(東北新社の伊達康将氏)は何もおっしゃらなかったんです。ということはこれで作っていけば良いんだなって。あとは、マギー・スミスさんが演じているのを見て。距離感とか、下を向いている、上を向いている、斜めを向いている、遠くを見ているというところから芝居が変わってくるじゃないですか。そうやってとにかく素直に素直にっていう思いで、マギー・スミスさんの場合は演じさせて頂きました。

海外ドラマ『ダウントン・アビー』マギー・スミス

マイソン:
なるほど〜!バイオレットはすごく名台詞が多くて、観ていて気持ちの良い役だなと思いました。

一城みゆ希さん:
あの方はとても皮肉っぽく聞こえるじゃないですか。だけど、それがやっぱりバイオレット伯爵夫人の素晴らしいところで、マギーさんの作り方の素晴らしいところなんです。皮肉っぽく言っているんだけど、どこかお茶目で、優しさがいつもあるんです。

マイソン:
そうですよね。ストーリーを伝えるっていうところで、吹き替えは日本人にわかりやすいように演出されている部分もあると思うのですが、今回ドラマ版を吹き替えで観て頂くにあたって、1番の魅力を教えてください。

一城みゆ希さん:
出演者の皆様が本当に素晴らしいんですよ。皆さんのバランスが良いんです。演出の伊達さんが素晴らしい配役をしてくださったので、聞いていて気持ちが良いですし、チームであり、家族なんです。ドラマの中でも、私達(バイオレット達)は上の階に住んでいますけど、下の階の使用人の皆さんも家族なんです。その家族一人一人、例えばロバート(グランサム伯爵)とベイツさん(伯爵付従者)が初めて会ったのは戦場で、一緒に戦っていたっていうシーンがあって、ベイツさんはそれで足を悪くしたって言っているけど、それでもロバートは彼を従者にする。足が悪いがために彼はギプスをものすごい大枚を出して買ったんだけど、そのギプスが合わなくて血だらけになって頑張っているシーンがシーズン1であったんですね。その時にヒューズさんがおかしな様子に気付いて、「何でこんなことをするの?」って言って、ギプスを投げさせるっていう。そんな風に皆それぞれが愛し合っていて、ここはもう全員が家族愛を持っているんです。ドラマ版はシーズン1から6までの各シーズンで、一人ひとりを丁寧に、本当に全員にフィーチャーして描かれているので、それで劇場版を観ると納得するんですよ。だから、「どうしてこうなったのか」っていうところをやっぱりシーズン1から観て頂きたいなって。観ないともったいないですから。

海外ドラマ『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/ジム・カーター

マイソン:
本当に一人ひとりのキャラクターが活かされてますよね。では、演じていておもしろいと感じた点はどんなところでしょうか?

一城みゆ希さん:
これは皆さん観て頂くとわかるんですが、ああしようとかこうしようとか細かいことなんて何も考えていないんですよ。本当にパッと感じたものを演じただけで。たぶん他の皆さんも計算でやっていないと思います。計算じゃできないと思います、この番組は。今までの歴史があるからその歴史で成長させて頂けた私達全員だと思っています。ここに全員呼びたいくらいチームが素晴らしいです。劇場版はご覧になりましたか?

マイソン:
はい、ドラマも全部観ました。

一城みゆ希さん:
ありがとうございます!! お得意様ですね(笑)。劇場版は劇場版ですごいの!これ1本観ただけでも素晴らしいんです。でもシーズン1から6までは伏線がいっぱいあるんです。それが素晴らしくって。だから劇場版をご覧になった方はスターチャンネルさんに加入して観て欲しいなって。そうするともっと『ダウントン・アビー』の素晴らしさがわかるんじゃないかなって思うんです。

マイソン:
まさにそうですね!今日はありがとうございました!

2019年12月18日取材 PHOTO & TEXT by Myson

海外ドラマ『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ダン・スティーヴンス/ジム・カーター

『ダウントン・アビー』全6シーズン
【日本語吹き替え版】2020年1月27日よりBS10 スターチャンネルにて毎週月曜夜10時から2話ずつ放送他
【字幕版】2020年1月22日よりBS10 スターチャンネルにて毎週水曜夜11時から2話ずつ放送他
企画・製作総指揮・脚本:ジュリアン・フェローズ
出演:ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ダン・スティーヴンス/ジム・カーター

第一次世界大戦勃発直前の1912年。英国イングランド地方の田園に建つ“ダウントン・アビー”で暮らす貴族グランサム伯爵一家にタイタニック号沈没の知らせが届く。グランサム卿の跡継ぎに予定されていた人物が乗船していたと聞き、一家と召使たちは騒然。グランサム卿には娘しかおらず、邸宅や財産を引き継ぐのは遠縁に当たる人物になってしまう。そうして、グランサム卿の財産をめぐる熾烈な争いが幕を開けた…。

スターチャンネル公式サイト ドラマ批評

© 2010 Carnival Film & Television Limited. All Rights Reserved.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ヨナス・ダスラー ヨナス・ダスラー

1996年3月22日ドイツ、レムシャイト出身。英語とフランス語も話せるマルチリンガル。学校の舞台で演技に目覚め、2014年にエルンスト・ブッシュ演劇大学に進学。2015年“WE ARE FINE(英題)”で長編映画デビュー。2017年…

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー ミッドサマー

『へレディタリー/継承』のアリ・アスターが監督、脚本を務めた作品ということで、「何かあるんだろう」というのは予想していましたが…

映画『チャーリーズ・エンジェル』パトリック・スチュワート パトリック・スチュワート

1940年7月13日イギリス、ヨークシャー州生まれ。1966年に名門ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーに入団。長年にわたり主演俳優を歴任し…

映画『母との約束、250通の手紙』ピエール・ニネ ピエール・ニネ

1989年3月13日フランス、パリ生まれ。11歳で初舞台を踏み、21歳でパリの国立劇団コメディ・フランセーズの史上最年少の準座員となる。2011年、初主演映画“J’aime regarder les filles(原題)”…

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2:鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは? 映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2:鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは?

今回は前回に引き続き、映画好き女子の鑑賞スタイルの調査結果を発表します。欲しい情報がすぐに手に入る世の中で、映画情報とは皆さんどのように付き合っているのでしょうか?「繰り返し観たくなる!編集部オススメ作品」も紹介。

映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』千葉雄大/白石麻衣/成田凌/井浦新 スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼

シリーズ前作で事件を解決に導いた加賀谷刑事(千葉雄大)を主人公にした本作には、成田凌が演じる連続殺人鬼、浦野も登場…

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』マーティン・ローレンス マーティン・ローレンス

1965年4月16日生まれ。主な作品に“ビッグママ・ハウス”シリーズ、“バッドボーイズ”シリーズがある。

映画『前田建設ファンタジー営業部』町田啓太 町田啓太(まちだ けいた)

1990年7月4日生まれ。群馬県出身。劇団EXILEのメンバー。2010年に「第3回劇団EXILEオーディション」に合格し、同年舞台“ろくでなしBLUES”で俳優デビューを飾った。連続テレビ小説…

映画『影裏』松田龍平 松田龍平(まつだ りゅうへい)

1983年5月9日、東京都生まれ。松田優作と松田美由紀の長男で、弟は俳優の松田翔太。1999年に大島渚監督の『御法度』で俳優デビュー。同作で日本アカデミー賞…

映画『前田建設ファンタジー営業部』上地雄輔 上地雄輔(かみじ ゆうすけ)

1979年4月18日生まれ。神奈川県横須賀市出身。1999年に俳優デビュー。2008年、音楽ユニット“羞恥心”のメンバーとして活動後、2009年3月に“遊助”としてソロデビュー。主なドラマ出演作に…

おすすめ記事

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2:鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは? 映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2:鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは?

今回は前回に引き続き、映画好き女子の鑑賞スタイルの調査結果を発表します。欲しい情報がすぐに手に入る世の中で、映画情報とは皆さんどのように付き合っているのでしょうか?「繰り返し観たくなる!編集部オススメ作品」も紹介。

映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー 女子100%共感!『スキャンダル』部活リポート

本作は、アメリカで視聴率NO.1を誇るニュース放送局“FOXニュース”にまつわるスキャンダラスな実話を映画化したもので、テレビ界の帝王と呼ばれるFOXニュース・チャンネルのCEOによるハラスメント問題に対して、さまざまな立場の女性達がどう向き合うかを描いています。この度トーキョー女子映画部では本作の部活を実施。本作を観た皆さんが、女性目線でどのように感じたか、アンケート結果を発表します。

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査1 映画好き女子の鑑賞スタイルを調査1:映画を観る前、どこまで情報を入れる?

以前とある映画監督にインタビューした際、「(本当は映画を観る前に情報を入れずに)何も知らないで観て欲しい」とおっしゃっていました。トーキョー女子映画部スタッフも観る前に情報を極力入れないで観たい派なのですが、そういえば皆さんどうなんだろうと気になりました。今回のアンケートでは、映画ファンの方のスタンスはどういったタイプがあるのか調査!さらに、「何も知らずに観たら数倍楽しめる!アッと驚く編集部オススメ作品」も紹介。

海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル あの人は敵?味方?転職した凄腕ジェシカの処世術がスゴい『SUITS:ジェシカ・ピアソン』部活リポート

本作は、人気海外ドラマ『SUITS/スーツ』のメインキャラクターの1人、ジェシカ・ピアソンを主人公にしたスピンオフです。今回の部活では、本家『SUITS/スーツ』を観たことがある方、ない方の両方に…

映画『ジャスティス・リーグ』来日ジャパンプレミア、エズラ・ミラー イイ男セレクションランキング2020<海外20代俳優 総合ランキング>

今回はついに海外20代俳優の総合ランキングを発表!各部門ランキングと比べ、どのように変化したのかも注目です!!

映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン ドラマを観ずに、劇場版『ダウントン・アビー』を観てみた結果を発表!

世界的に社会現象を巻き起こした人気ドラマ『ダウントン・アビー』が映画化され、2020年1月10日より劇場公開されます。本作の部活では…

映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックス トーキョー女子映画部が選ぶ 2019年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ2019年 ベスト5を発表します!劇場公開中の作品や、デジタル配信中のもの、DVDレンタル・発売中のものなど、ぜひ冬休みに観てください。

映画『ある船頭の話』オダギリジョー監督 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 総合ランキング>

いよいよ今回は、40代&50代俳優の総合ランキングを発表!各部門でランキングの入れ替えが多かった40代50代俳優ですが、果たして栄冠は誰の手に!?

映画『ドクター・スリープ』原作者:スティーヴン・キング これほど多く作品が映画化された作家はいない!スティーヴン・キング特集

2019年は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』、2020年1月には『ペット・セメタリー』と、立て続けにスティーヴン・キング原作の映画化が公開されます…

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

REVIEW

  1. 映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー
    ミッドサマー

  2. 映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』千葉雄大/白石麻衣/成田凌/井浦新
  3. 映画『チャーリーズ・エンジェル』クリステン・スチュワート/ナオミ・スコット/エラ・バリンスカ
  4. 映画『影裏』綾野剛/松田龍平
    影裏

  5. 映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』大泉洋/小池栄子
  6. 映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ヨナス・ダスラー
  7. 映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ
  8. 映画『Red』夏帆/妻夫木聡
    Red

  9. 映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』クリステン・スチュワート
  10. 映画『37セカンズ』佳山明
    37セカンズ

部活・イベント

  1. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  2. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP