REVIEW

ダウントン・アビー(劇場版)

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ダウントン・アビー』ジム・カーター

壮大な群像劇なので、2時間の映画の中で、全部のキャラクターにスポットが当てられているわけではありませんが、個々のキャラクターがそれぞれに希望を見つけたり、決意を胸に歩き出す内容になっていて、まずドラマを全シリーズ観た人にとっては、本当に気持ち良いフィナーレとなっています。一方で、今回はチームワークを見せるストーリーが印象的で、ジョージ5世国王とメアリー王妃の訪問を巡る騒動の中に、人間味溢れた行動が多々あり、貴族か使用人かという枠組みを抜きにして共感できるはずです。ほか、バイオレットの名言はもちろん、モールズリーのおっちょこちょいぶりなど、笑えるシーンも豊富。空撮で映されるダウントン・アビーの外観や、美しいイギリスの風景、豪華な衣装や屋敷内のインテリアなど、劇場版だとより映える映像とスケールにも圧倒されます。
私はドラマを全部観てから本作を観たので、劇場版から観る方の感覚を味わえませんが、“ダウントン・アビー”の世界に今から触れることができるなんて羨ましくなります。今作は、劇場版オリジナルのキャラクターが出てきて、ドラマのレギュラーメンバーの中でも数名にスポットが当てられた物語になっているので、劇場版だけ観ても、その世界観に引き込まれると思います。でもきっとドラマ版も観たくなると思うし、観たらハマるので、劇場版を観た後にでもドラマ版を観て欲しいと切に願います(笑)。

デート向き映画判定
映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/マギー・スミス

本作は身分の話、職場の話、恋愛の話、相続の話とバランス良く出てくるので、老若男女関係なく興味が湧く内容になっています。ドラマの映画化と言われると、「ドラマを観てないしな」と思ってしまうかも知れませんが、カップルなら本作を観て、「ドラマも一緒に観よう」と誘えば、会う口実になり、さらにめちゃめちゃ何度も会う機会を増やせます(笑)。まずは劇場版を観た後、『ダウントン・アビー』ドラマ版の観賞を2人の恒例行事にすると良いですよね。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ダウントン・アビー』エリザベス・マクガヴァーン/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル

若いうちからこの世界観が好きって思えるとしたら、すごくセンスが良いです!ビジュアル的にも美しく洗練されている作品であるのは言うまでもありませんが、ストーリー性、キャラクター性、俳優達の演技、そして演出といったすべてが卓越している作品です。イギリスにも興味が湧くと思うので、視野を広くするきっかけにぜひ観て欲しいです。

映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン

『ダウントン・アビー』
2020年1月10日より全国公開
東宝東和
公式サイト

© 2019 Focus Features LLC and Perfect Universe Investment Inc.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ 『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ
  2. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  3. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
PAGE TOP