REVIEW

女医フォスター 夫の情事、私の決断

  • follow us in feedly
  • RSS
海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ

後半5話(DVD)/シーズン2(Hulu)

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ

妻に浮気を暴かれ離婚し、浮気相手と一緒に町を出て行った夫が戻ってくるところから始まる後半5話。前半のドラマだけで十分に盛り上がり、綺麗な終わり方をしたので、これ以上どんな展開があるのかと思っていましたが、後半では夫の反撃が描かれています。でも、あの手強い主人公(元妻)ですから、簡単にやり込められるはずもなく、彼女がいかに狡猾でプライドが高いかが一層わかるストーリーになっています。浮気をされた点や子どもだけは守ろうとする主人公の気持ちには共感できる部分があるものの、やはりこの主人公は怖すぎる!そして、何よりこの夫婦がクレイジーなんだなということが伝わってきて、もう共感するかしないかというよりも、野生動物の対決を観ているような感覚すら覚えます(笑)。でもそうやって対決ばかりに目を向けている鑑賞者の視点を上手に裏切る結末が待っていて、急激に現実を突きつけられてハッとさせられます。「この作品が本当に言いたかったところはこういうことだったのね」と気付かされて、物語の構成の上手さというか、演出の仕掛けの上手さを感じます。10話で完結するし、展開も早いし、一気に観られるのでオススメですよ。


前半5話(DVD)/シーズン1(Hulu)

海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル

「夫が浮気してるかも?」と疑い始めてから、それを突き止めようとしたり、突き止めたと思ったらそこから夫との駆け引きが始まったり、自分の中で関係を続けるか葛藤したり、短絡的に離婚へまっしぐらというわけではなく、紆余曲折する様が観ていて引き込まれます。基本的には男女問題は万国共通だなと思えますが、肉体だけの浮気に対するスタンスはこのドラマに出てくる設定のほうが開き直りが激しい気がして、そこは多少民族の違いみたいなものも感じます。絶対に男は浮気をするものだという理論で進んでいくので、女子の皆さんがこれをどう受けとめるのか、女子トークに華が咲くに違いないドラマです。なので身近な友達にも観て欲しくなるはず。そして、全5話しかなく、すごく展開が早いのですが、4話目の妻のキレっぷりがある意味爽快。そんなシーズン1は綺麗に終わったように見えますが、シーズン2が既に存在しているので、これ以上のややこしい状況ってなんだろうと想像すると観ないわけにはいきません。でも、本当に一気観しやすいドラマなので、とりあえずシーズン1だけでも観てみてください。

『女医フォスター 夫の情事、私の決断』
Huluにて配信中
Hulu公式サイト
2019年8月2日DVDレンタル開始、9月6日DVD-BOX発売
公式サイト

Phil Fisk © Drama Republic 2015

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  2. 映画『ザ・タワー』
  3. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  4. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  5. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP