ドラマ

パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

  • follow us in feedly
  • RSS
ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル

『女医フォスター 夫の情事、私の決断』部活リポート

海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』
2019年8月2日DVDレンタル開始、9月6日DVD-BOX発売
公式サイト ドラマ批評

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

男性は浮気する生き物?疑いだしたらすべて怪しい!!

マイソン:まずは感想をお願いします。

Aさん:何となくストーリーを想像していましたが、実際に観たらもっとドキドキハラハラするような感覚がありました。音響がすごく物語っていて、深刻さを増すような感じがしました。リアルだし、復讐の要素もあって、続きが気になりました。

Bさん:あんな人がお医者さんだったら嫌だなと思いました(笑)。主人公のジェマにはちょっと感情移入が難しくて、もし私が彼女と同じ立場になったらわかりませんが、愛している人に浮気をされて悲しいってことよりも、彼女自身がものすごく誇り高くて1番だと思っているように見えました。それでプライドを傷付けられたことにものすごく激高して、自分の感情が整理できなくなって、仕事までないがしろになっていて、すごいなって。イギリスだからなのか、日本人とは感覚が違うのかも知れないって感じました。

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ

Cさん:私は逆にあまりの激しさにジェマに感情移入しながら観ました。このドラマは、奧さん視点がメインになっていて、もしこれで旦那視点も入って、「浮気が気付かれているかも知れない」みたいなシーンが入っちゃうと、引いちゃっただろうなって思うし、そこが構成として上手だなと思いました。続きもすごく観たくなりました。

Dさん: 2話まででかなり話が進んだので、この先どこをどうやって引っ張っていくんだろうって思いました。普通なら無理じゃないですか、でもこの夫婦はどこまで家族で居続けるのか、どこまで体裁を取り繕っていくのか興味があります。あと、ジェマが誕生日会で帰りたくなって「帰る」って言った時に、旦那にキスをされてすごく嫌な顔をしたり、そういう奧さんとしての表情にもインパクトがあって、別の視点からも楽しめました(笑)。実際にジェマと同じように旦那に浮気された友達がいて、職場のBBQで同じようなシチュエーションに遭遇したことがあるんです。

一同:すごい!!

Dさん:10数年前のことですが、着信履歴を取ったら浮気相手との通話の照会ができて、「この女じゃん!」ってなったんです。実際にそういう状況を目の当たりにしたので、悪いことをするとやっぱり出てきちゃうし、このドラマもこれからちょっとずついろいろなことが出てきておもしろくなるんだろうなって。すごく先が観たくなりました。

Eさん:男の人って結局浮気する生き物なのかなって思いました(笑)。結構リアルで、夫婦関係じゃなくても、恋人同志でも男性に疑惑があったら、仕事にも手が付かなくなったり、プライベートを左右されたりっていうことがあると思いますし、おもしろかったです。

マイソン:こんな風に狂っていくんだなって思いますよね。1〜2話では、誰と浮気しているんだろうから始まりましたが、後半はさらに違う驚きがいっぱいあるので、続きも絶対に観て欲しいなって思います。

一同:観たい!!

マイソン:では、皆さんは主人公のジェマの気持ちに共感できましたか?

■気持ちはわかる:3名

マイソン:浮気相手の女性はどうですか?

Dさん:彼女のキャラクターがまだあまりわかりませんが、既婚者ってわかっていて付き合うとか、こういう人いるなくらいの印象です。奧さんは浮気している旦那が嫌だけど、子どもがいる状況で、やり取りを観ていると正常じゃない部分もあって、早く別れちゃえばいいのにと思うけど、何かわかる部分もありました。

マイソン:他に気になったキャラクターはいますか?

Bさん:私はカーリーですね。あの子は一見悪そうだけど、1番常識的かなって。優しいし、純粋な感じがしたので、ちょっと安心して観られました。

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

Cさん:私は同僚のロスが気になりました。彼女は、私は別に関係ないわよみたいな、どっちの味方でもなく、中立っぽいことを言っていたけど、何かやってるんじゃないか、どっちサイドなんだろうって。

Dさん:旦那の知り合いは皆怪しいですよね(笑)。あと皆、金髪だったり。

マイソン:この金髪じゃないあの金髪じゃないってなりましたよね(笑)。

Aさん:私もロスが意外と何かあるんじゃないかなって。疑い出したらすべて疑えてきました。

マイソン:そうですよね。そういうところの演出がすごく上手ですよね。

もしパートナーに浮気をされたらどうする?

マイソン:もしジェマの立場だったら、皆さんはどう行動しますか?主人公は最初に髪の毛を見つけましたが、それは気にしますか?

一同:気にします!

Cさん:でもイコールすぐ浮気とはなりませんね。

Bさん:付いている場所にもよりますよね。

Dさん:絶対に付くはずのないところに、あるはずのない長さの髪の毛が付いていたら「え?」ってなるけど、あそこまで女がいるとか探りはしないし、それですぐ携帯を見ようとかはないです。

Aさん:私だったら香りとかも気になります。マフラーからいつもと違う香りがしたら気になるかも。

Cさん:あと最初の赤いリップとか。海外仕様だったからあんまりわからなかったですけど、普通既婚の40代のおじさんが付けないですよね(笑)。「スタッフのが紛れ込んだのかな?」とか言われたら気付かないと思いますが。

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』バーティ・カーヴェル

マイソン:怪しかったですよね。他に気になったことはありますか?

Bさん:私はすっごく気にしいだから、ああいうことがあったら寝込んじゃうと思います。主人公みたいに強くないから、ヘロヘロになっちゃって、何も食べられないと思います。だからあんなに強いっていうのが、逆に怖くて。でも人間って、ああいう風になっちゃうと、滑稽ですよね。もし浮気されてるとわかったら、私だったらもうちょっと冷静に考えたいですし、黙って子どもを連れて家を出ると思います。

Aさん:私だったら自分が家を出るんじゃなくて、追い出すかも。夫を追い出そうとして、スーツケースを置いていましたけど、家の中じゃなくて、外に置いておけば良かったのにって。奧さんのほうが医者で稼ぎが良さそうだったし、家も奧さんが買っているんじゃないかなって。だから自分が出て行く必要はないと思いました。

Bさん:あのダメ男を昔から知ってる人が大勢いる土地だから、あそこにいたくないっていうのはありますね。だから私なら壊すだけ壊して暴れて、何も言わずに出て行きます(笑)。

Dさん:旦那が帰ってきてトイレに行って、その後にベッドにドーンって横になるシーンがありましたが、浮気がわかる前なら「愛してる」とか言っていたけど、愛情がなくなった時の酔っ払いの寝顔ほど殺意を覚えるものってないんだなって思いました(笑)。

Eさん:私はあんまり髪の毛は気にしないかも知れませんが、そういうのがあったらすぐに「これは何?」と話をすると思います。

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ

マイソン:それが関係を修復する上で1番健全な気がしますね。すぐに言うってことはたぶん許す気があるように思いますが、そんなことないですか?

Dさん:でも浮気の証拠を掴むまでは言わないほうがいいですよ。

Bさん:そこで白状する人ってまずいないですよ。1回は「いや、そんなことない」って絶対に言うと思います。

Dさん:それで次からはそれを始末するようになるんですよ。だから言っちゃいけないんです(笑)。

マイソン:なるほど〜(笑)。では体だけの関係とか、感情が入っていないパターンの浮気はどうですか?

■ダメ:5名全員

Bさん:できればアウトにしたいですよね。

Dさん:感情が入っていなくて体だけなら良いって言いたいけど、体だけの人って繰り返すんです。だからやっぱり嫌ですね。「たまたま魔が差してそうなっちゃった。ごめんなさい」じゃなくて、そういう人って出会い系とかを何回も何回もやるだろうし。

Cさん:体の関係だけじゃなくて、そこに至るまでの行程も含めて嫌ですよね。

一同:うんうん!

本作を観たらパートナーの浮気への対処が上手になりそう!

マイソン:今後このドラマはどう展開すると思いますか?

Dさん:浮気相手の彼女のことももっと追って欲しいです。2話までではまだ少ししか明かされていないので、今までのことなども観てみたいです。

マイソン:サイモンは奧さんのことをすごく褒めたり、キスしてから出掛けたりと、すごくラブラブでしたよね。でもそれって見ようによっては怪しい気もするじゃないですか。もしまだ浮気に気付いていなくて、夫がああいう行動をしたら素直に受け入れますか?

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ

Aさん:あれはずっとそうだったのかなって思いました。

Dさん:私も元々ああいう人なんだと思いました。でも誕生日会のやりとりは、何て最低な男なんだろうって本当に腹立たしかったです。

Cさん:奧さんにも浮気相手に対しても酷いですよね。

Aさん:夫婦の愛を見せつけられたら、浮気相手の子もこっちも負けられないぞって思いそうですよね。

マイソン:何か3人共ずる賢く見えますし、こういうドラマを観ていたら自分が1番嘘を隠すのが上手になりそうですね(笑)。

Bさん:確かに!この人達愚かだなって思いつつ、私だったらもうちょっと上手くやるなって思いました(笑)。

マイソン:やっぱり実際こういう状況になってみないとわからないですよね。最後にこの作品をどんな人にオススメしますか?

Cさん:浮気の証拠を残したくない男性とか(笑)。でも男性よりも女性が観たほうが話自体は楽しめますよね。

マイソン:これだけ座談会が盛り上がってますもんね!

一同:そうそう!ハハハハ(笑)。

Bさん:でも実際に旦那さんに疑いを持っている人が観たらちょっとね…。だから熟年夫婦で笑って観られる人が良いかも知れません。「浮気したことあるんじゃないの?」「俺、やってないよ」くらいの感じで観るとか(笑)。

Aさん:結婚を控えている人だとどうでしょうね。

マイソン:反面教師的に観て、「怪しいからこの人と結婚するのやめよう」とか。

Dさん:男性ってこういうドラマをどういう風に観るんでしょうね。浮気していなくてもドキドキしちゃうのか、それともちょっとやましいところがあるから「こんなの観たくないよ」ってなるのか。どうなんでしょう。

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ

Bさん:でもきっと疑われるのが嫌だから、ドキドキしながら観て、時々トイレに行ったりしそうな気がします(笑)。

一同:ハハハハ!

Dさん:本当に俯瞰して観られる人だったら、男性でも女性でもいくらでも楽しめそうですね。お母さんや友達の立場だとツッコミどころがあるし、自分が主人公や旦那の立場になると、ドキッとしそうですね。

Bさん:男性だけで観てもおもしろいかも知れないですね。男女で全然観方が違うと思うから、男性にも感想を聞いてみたいです。

Dさん:唯一サイモンに共感できるとしたら男性しかいませんもんね。

マイソン:そうですよね。男性同士だと「俺はこんなことでヤバかった」とかそういう話になるんですかね(笑)。

Bさん:「実はさ…」ってなるかも知れないし、おもしろそうですね。

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』部活座談会

マイソン:まだ結婚していない若い人だとどうでしょう?

Eさん:普通におもしろく楽しめると思います。

Dさん:若い子のほうが彼氏の浮気とか二股とかのドロドロした話が身近にあるかも知れませんよね。

Bさん:きっと将来、「あ〜!あの時観たドラマと同じだ」とかあるかも知れないですね。

———この後も女子トークは続き、大盛り上がり!———

未婚、既婚両方の女子に参加頂きましたが、皆さんそれぞれの視点から本作を楽しんだようです。「どんな浮気でも嫌!」という意見は皆さん一致し、上記以外にもどのタイミングで夫に言うべきか、夫or彼氏のスマホチェックをするかどうかなどの話題も挙がっていました。本作の主人公が夫の浮気に気付いてからの行動は本当にリアルなので、実際に身近で起こったら嫌ですが、ドラマを通して疑似体験してみる分には相当おもしろいです。ドラマとしても展開が早くて観やすいので、ぜひ多くの方に観て頂きたいと思います。

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ

『女医フォスター 夫の情事、私の決断』
 2019年8月2日DVDレンタル開始、9月6日DVD-BOX発売
KADOKAWA
公式サイト ドラマ批評

夫に浮気の疑惑を持ち始めた妻は、あらゆる方法で真相を突き詰めようとする。一方、夫も妻の不穏な行動に気付き始め、警戒心を抱く。妻は真相に徐々に近づいていくが、妻が何か次の行動を起こそうとする度に思いとどまらせる出来事が起こる。

Phil Fisk ©Drama Republic Limited2015

2019.7.9 event

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アルキメデスの大戦』田中泯 田中泯(たなか みん)

1945年3月10日生まれ、東京都出身。舞踊家。クラシック・バレエとモダンダンスを学び、独自の踊りのスタイル“ハイパーダンス”を展開し、海外で高く評価され…

映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾 葬式の名人

実は舞台になっている大阪府茨木市は、私の地元なので馴染みのある場所がたくさん映るだけでも…

映画『サマー・オブ・84』グラハム・バーチャー グラハム・バーチャー

2002年2月4日、カナダのバンクーバー生まれ。双子の兄弟とともに演技のクラスを受講したことから役者としての活動を始める。最初の仕事は…

映画『ロケットマン』ジャパンプレミア:タロン・エガートン(タロン・エジャトン)、デクスター・フレッチャー監督 全曲生歌で見事に演じたタロンをデクスター・フレッチャー監督が大絶賛!『ロケットマン』ジャパンプレミア

エルトン・ジョンの半生を描いた映画『ロケットマン』PRのため、主演のタロン・エガートン(タロン・エジャトン)、デクスター・フレッチャー監督が来日…

映画『よこがお』須藤蓮 須藤蓮(すどう れん)

1996年7月22日生まれ、東京都出身。特技は英語、ダンス、そして虫に詳しいこと。 2018年、NHKBSプレミアムのドラマ『ワンダーウォール』、短編映画『ブレイカーズ』…

海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ 女医フォスター 夫の情事、私の決断

「夫が浮気してるかも?」と疑い始めてから、それを突き止めようとしたり、突き止めたと思ったらそこから夫との駆け引きが始まったり…

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 5組10名様 来日舞台挨拶付ジャパンプレミア試写会&レッドカーペットイベントご招待

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 5組10名様 来日舞台挨拶付ジャパンプレミア試写会&レッドカーペットイベントご招待

おすすめ記事

映画『フォルトゥナの瞳』神木隆之介 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 演技力部門編>

20代国内俳優第3弾の今回は、演技力部門TOP20を発表!映画ファンとしてこの結果はかなり気になります。

映画『タロウのバカ』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 個性・ユーモア部門編>

20代俳優第2弾の今回は、個性部門TOP20&ユーモア部門TOP10を発表!前回発表したルックス&セクシー部門から順位がどう入れ替わっているのかも注目です。

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

映画『キングダム』吉沢亮 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 ルックス・セクシー部門編>

トーキョー女子映画部の名物コーナー「イイ男セレクション」にちなんだ企画をスタート!まずは編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている国内20代(1990年以降の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい30名を選抜。各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。第1弾の今回は、ルックス部門TOP20&セクシー部門20代俳優TOP10を発表!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

REVIEW

  1. 映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾
    葬式の名人

  2. 海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ
  3. 映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』太賀/吉田羊
  4. 映画『天気の子』
    天気の子

  5. 映画『二ノ国』
    二ノ国

  6. 映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』田中圭/林遣都/沢村一樹/志尊淳/吉田鋼太郎
  7. 海外ドラマ『レジデント 型破りな天才研修医 シーズン2』マット・ズークリー
  8. 映画『マイ・エンジェル』マリオン・コティヤール
  9. 映画『永遠に僕のもの』ロレンソ・フェロ
  10. 映画『トールキン 旅のはじまり』ニコラス・ホルト

部活・イベント

  1. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  2. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  3. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP