REVIEW

ワンス・アポン・ア・タイム

  • follow us in feedly
  • RSS
海外ドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム ファイナル・シーズン』

ファイナル・シーズン

おとぎ話のキャラクターといえば、まだ他にもいるけど出てきてないな〜と思ったら、今シーズンで皆さんの知るキャラクターが複数登場します。元々のお話では関連のないキャラクター達が親子だったり恋人だったりという設定が本シリーズの魅力ですが、今シーズンでもユニークな組合せがたくさん出てきますよ。

海外ドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム ファイナル・シーズン』ラナ・パリーヤ

そして、今シーズンの主人公はヘンリーです。ストーリーブルックの中で唯一“ おとぎ話の国の人”ではないヘンリーが、自分自身の物語を探しに行きます。物語の軸は別の世界へ移り、ストーリーラインも新たに作られ、一部のキャラクターだけが続投。最後にちらっと勢ぞろいしますが、今シーズンのメインキャラクターはヘンリーとレジーナ、フック、ルンペルシュテルツキンと新キャラで、途中からゼリーナなどが加わるといった感じです。この名前を見ていただいてもわかる通り、元々悪役だったキャラクターが主流のストーリーになっているわけですが、今シーズンをファイナル・シーズンとした意味はそういうところにもあるのだろうと思います。真相は最後まで観て頂ければわかると思うのでここでは触れませんが、オールラストまで観ると、これぞうまい締めくくりだなと言う感じで終わります。

海外ドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム ファイナル・シーズン』ジャレッド・ギルモア

今シーズンもちょっとツッコミどころはありつつも、後半で伏線を回収したり、つじつまがおかしいのではと思っていたところにもカラクリがあって「なるほど!」となったり、ストーリーの構造が複雑ながらもよくぞここまで作り上げたなと思います。毎話続きが気になってすごい勢いで観ましたが、とてもおもしろいドラマでした。ちょいちょいリアルな世界で流行っているエンタメの実名なども出てきたり、洒落の効いた演出も見どころです。海外ドラマは大人のほうがユーザーが多い印象ですが、このシリーズは親子でも観られるので、広い層にオススメです。

海外ドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム ファイナル・シーズン』

『ワンス・アポン・ア・タイム ファイナル・シーズン』
2021年2月19日よりディズニープラスにて配信中/2022年6月8日よりデジタル配信開始
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

© 2022 ABC Studios

TEXT by Myson


シーズン6

海外ドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1』ジェニファー・モリソン
上写真:シーズン1より

神まで出てきてそれ以上のものはないだろと思っていたら、今シーズンでは意外な悪役が登場します。もうここまでくると、“ドラゴンボール”で最強だと思っていたキャラクターよりもっと強いのがどんどん出てくる展開に似ていて、何だか笑えてきます。でもそんなところはツッコミどころがありつつも、ストーリーとしてはまだまだ人間関係がこじれていくので、ファンタジーのおもしろさはもちろん人間ドラマとしてのおもしろさも健在です。

海外ドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3』ジェニファー・モリソン/コリン・オドナヒュー
上写真:シーズン3より

そして、シーズンを重ねる毎に思うのは、本作のストーリーのおもしろさは悪役にあるんだなということ。善が悪に流れる葛藤も見応えがありますが、性悪説に基づくキャラクターの変化を観るほうがつかみどころがない点で展開が読めないおもしろさがあるのかなと思いました。今シーズンのラストはとても美しい終わり方をするので、これでオールラストでも良いのかなという感じですが、ここで終わらないところがミソなんです。じゃあこれを超えるオールラストってどんな内容なのかと次なるファイナル・シーズンへの期待を煽ります。

『ワンス・アポン・ア・タイム シーズン6』
2021年2月19日よりディズニープラスにて配信中
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

© 2021 ABC Studios.

TEXT by Myson


シーズン5

海外ドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1』ジニファー・グッドウィン/ジョシュ・ダラス
上写真:シーズン1より

今シーズンで、エマ達はいろいろな国に行くことになります。前シーズンで登場したヴィラン達も引き続き物語を掻き回し、だいぶ前にいなくなったと思っていた何名かのキャラクターも何らかの形で再登場します。そして、エマ達が舞い込むのはおとぎの国に限らないから厄介。「そんなストーリーまで織り交ぜてくるのか!」というところまでスケールアップします。もう何でもアリになってきたなという感じは否めませんが、そもそも魔法が要になっている時点でもともと何でもアリな設定だと思えば、そこまで気になりませんよ(笑)。
そして今シーズンは、エマにとって最大と言っても良いくらいの試練が訪れます。同時に、心を入れかえたレジーナも、闇と光の力の間で苦悩します。闇の力の大きさを見せつけるストーリーになっていて、他のキャラクター達も善と悪で揺れ動く展開が物語を盛り上げていきます。シーズン毎に鍵を握るキャラクターも若干変わりますが、今シーズンではレジーナの姉ゼリーナに要注目!彼女のストーリーはとても斬新で、ある意味人間臭いところもあるので、シーンによっては共感も沸いてきます。さらに今シーズンから数々の人気ドラマに出演するグレッグ・ジャーマンも登場。すご〜く灰汁の強いキャラを演じていますので、彼にもぜひご注目ください。

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン5 コンパクト BOX [DVD]

『ワンス・アポン・ア・タイム シーズン5』
2018月6月6日よりDVDレンタル、発売中/デジタル配信中
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
公式サイト

© 2021 ABC Studios.

TEXT by Myson

シーズン1〜シーズン4のREVIEWはこちら

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1 コンパクト BOX [DVD]

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1
DVDレンタル、発売中/デジタル配信中

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2 コンパクト BOX [DVD]

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2
DVDレンタル、発売中/デジタル配信中

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3 コンパクト BOX [DVD]

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3
DVDレンタル、発売中/デジタル配信中

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン4 コンパクト BOX [DVD]

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン4
DVDレンタル、発売中/デジタル配信中

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』福原遥 福原遥【プロフィールと出演作一覧】

1998年8月28日生まれ。埼玉県出身。 主な映画出演作に…

中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード 中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース マッドマックス:フュリオサ【レビュー】

直感的におもしろいと感じられるので、わざわざ言語化、文章化せずに…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  2. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  3. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ
  4. 映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース
  5. 海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP