REVIEW

殺人を無罪にする方法【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
海外ドラマ『殺人を無罪にする方法 シーズン1』ヴィオラ・デイヴィス

シーズン6(ファイナル)

シリーズ開始当初から、この設定でどこまで話が続けられるのかが想像がつきませんでしたが、思った以上にいろいろな展開があって、このシーズン6でファイナルとなりました。意図せず犯した殺人を強引に隠し通して、それが次から次へとさらなる殺人事件を生んでしまう。その渦中にいるアナリーズ達は生きた心地がしない生活をずっと続けているわけですが、これが実話だったらメンタルがやられていると思います(笑)。そこがドラマだからこそ、どんな弁護をするのか、どう法律を使いこなすのかが楽しめて、実用的とは言わないまでも法廷ドラマとして見応えがあります。
また、シリーズを追う毎にやりたい放題加減が増してきたなと思うところもありますが(笑)、追い詰められて冷静さを失い、暴走してしまう面々の行動にはそれなりのリアリティがある点で、人間ドラマとしても惹きつけるものがあります。解決しそうになっては後戻りをするもどかしさと同時にスリルも増して、続きが観たくなる演出はシリーズを通して維持されていたと思います。今シーズンでは仲間の中でもそれぞれの選択が大きな意味を持ち、ハラハラドキドキな展開が最高潮になっている点でもファイナルにふさわしいストーリーと言えるでしょう。最後の最後は力業で片付けた感が若干残る部分もありますが(苦笑)、これが1番綺麗な終わり方だったのかもしれません。そして、何よりアナリーズというキャラクターの変遷から、主演のヴィオラ・デイヴィスがこの作品にそそぐ熱量がうかがえます。いろいろな角度で見どころがあるドラマです。1話完結に近い法廷ドラマも良いですが、続きものとして観るほうがお好きな方は観てみてください。

『殺人を無罪にする方法 シーズン6』
Netflixにて配信中
Netflix公式サイト

TEXT by Myson


シーズン5

海外ドラマ『殺人を無罪にする方法 シーズン3』ヴィオラ・デイヴィス/ライザ・ウェイル
上写真:シーズン3より

一難去ってまた一難ということで、前シーズンのラストでは、謎の人物が登場しました。今シーズンはそれが誰なのかというのが鍵となり物語が展開していきます。そしてアナリーズ、ボニー、フランクの過去が紐解かれていき、あの3人がなぜあんなに因縁が深いのかがわかる点で興味深く観られます。アナリーズのためなら何でもやるボニーですが、彼女の意外な一面が見えてくるのも今シーズンの見どころ。さらにボニーの恋愛が波乱を呼ぶことになりますが、理性の塊のようなボニーが感情で揺さぶられるシーンの数々が印象に残るシーズンとなっています。
さらにネイトの父の事件を含めた集団訴訟が進んでいくなかで、新たな敵が浮上。今回は、政治的なストーリーが色濃くなっていて、法廷外での頭脳戦も見ものです。アナリーズ達が優勢となりホッとできたかと思うと、また騙されたり、今シーズンも油断ができず、一気に観てしまいます。ラストまで観て、なんだかんだで結局そこに行き着くのかと思える要素もありますが、そこまで引っ張るほどおもしろいカラクリをまだ用意しているのかもしれないという期待は持てます。

『殺人を無罪にする方法 シーズン5』
Netflixにて配信中
Netflix公式サイト

TEXT by Myson


シーズン4

海外ドラマ『殺人を無罪にする方法 シーズン1』ヴィオラ・デイヴィス
上写真:シーズン1より

『殺人を無罪にする方法』というタイトルなので、殺人が起こるのは当然なのですが、前シーズンで衝撃的な展開があったので、今シーズンも誰が亡くなるのかわからない緊張感があります。そして、冒頭から意外な展開で、これまでチームワークで危機を乗り切ってきた彼らが、アナリーズの一存で解散。皆バラバラに活動することになりますが、アナリーズが自分達を見放したと感じて反発したり、復讐じみた行為をしたり、新たな波乱が巻き起こります。とはいえ、過去に囚われている状況は変わらず、なんだかんだで繋がりを保ち続けているのですが、あれだけの信頼関係ができていただけに、誰が敵か味方かわからない点で、これまでとは違った展開が楽しめます。
そして、今回は妊娠していたローレルがドラマを大きく動かす鍵となっていて、子どもは無事生まれたのかどうかというところから、展開が広がっていきます。さらにウェスの事件に関わる新たな事実が出てきたり、生徒一人ひとりのキャラクターもどんどん掘り下げられて、意外な一面が見えてくるので、まだまだ読めない展開が出てきそうだと期待が膨らみます。個人的にコナーの恋人オリバーが癒し系でお気に入りなのですが、今シーズンではメインキャラクターの1人として物語を大きく動かす役割を担っています。チームが解散したことで、別の組織や新たなキャラクターも加わり、新鮮味もあります。今シーズンも一気に観てしまうおもしろさがありますよ。

海外ドラマ『殺人を無罪にする方法 シーズン2』ジャック・ファラヒー/カーラ・ソウザ/アヤ・ナオミ・キング
上写真:シーズン2より

『殺人を無罪にする方法 シーズン4』
Netflixにて配信中
Netflix公式サイト

TEXT by Myson

シーズン1〜3のREVIEWはこちら

海外ドラマ『殺人を無罪にする方法 シーズン1』ヴィオラ・デイヴィス/アルフレッド・イーノック/ジャック・ファラヒー/カーラ・ソウザ/アヤ・ナオミ・キング

殺人を無罪にする方法 シーズン1
DVDレンタル中・発売中

© 2016 ABC Studios.

海外ドラマ『殺人を無罪にする方法 シーズン2』ヴィオラ・デイヴィス/アルフレッド・イーノック/ジャック・ファラヒー/カーラ・ソウザ/アヤ・ナオミ・キング

殺人を無罪にする方法 シーズン2
DVDレンタル中・発売中

© 2017 ABC Studios.

海外ドラマ『殺人を無罪にする方法 シーズン3』ヴィオラ・デイヴィス

殺人を無罪にする方法 シーズン3
DVDレンタル中・発売中

© 2019 ABC Studios.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  2. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  3. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  4. 映画『ザ・タワー』
  5. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP