REVIEW

ゴジラ-1.0【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ゴジラ-1.0』

REVIEW

歴代のゴジラの中で、1番恐ろしいといえるほど恐怖心を煽る圧倒的な強さを感じます。見た目にも爬虫類感が増したのか、不気味さが倍増しています。そして、1940年代後半の戦後を物語の舞台にしている点で絶望感も増し、八方塞がりとなったキャラクター達から離せません。
昨今、自然災害や、新型コロナウィルス感染症の蔓延、世界中で勃発した複数の戦争など、地球全体が暗い時代に入っているように感じます。現代を生きる私達自身が個々の人間では立ち向かえない困難に直面しているなか、本作のキャラクター達に自分を重ねて観る方も多いのではないでしょうか。時代は違えど、現代の私達に通じる部分がある分、作品が訴えかけてくるメッセージもズシッと重く感じると思います。また、山崎貴監督が作り出す壮大な世界観と、豪華キャストの共演によって、エンタテインメント性は確保されつつ、逆にそんなことも気に留める心の余裕がなくなるほど、キャラクター達のさまざまな苦渋の選択に心を奪われます。
とにかくまずどんなに苦しくても生きていくことが大切だと感じると共に、人との繋がりの尊さを実感させられます。人間への戒めを感じるストーリーとしては、ある意味原点回帰ともいえそうで、さらに「0=ゼロ」でもなく、「-1.0」とタイトルについている背景にもさまざまな想像が膨らみます。

デート向き映画判定
映画『ゴジラ-1.0』神木隆之介/浜辺美波

ポップコーンムービー的なムードというより、重みのある人間ドラマのムードが強いので、“映画観”が似ている人と観るほうが楽しめそうではあります。大切な人の存在を一層尊く感じるストーリーという点では、カップルで観るのも良いでしょう。見応えがかなりあるので、いろいろなメニューを詰め込んだ日のデートで観るよりは、映画鑑賞をメインメニューにしたデートで観るのがオススメです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ゴジラ-1.0』

“ゴジラ”シリーズがただの怪獣映画ではないこと、これだけ長い間、世界中で愛されてきている所以を改めて実感できると思います。ゴジラは人間にとってどんな存在なのか、いろいろな解釈をしてみてください。過去の“ゴジラ”シリーズと観比べるのも良いと思います。特に1作目の1954年の『ゴジラ』を観てみると、“ゴジラ”がどんな思想のもとに生まれたのか、解釈が深まると思います。

映画『ゴジラ-1.0』

『ゴジラ-1.0』
2023年11月3日より全国公開
東宝
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2023 TOHO CO., LTD.

TEXT by Myson

第96回アカデミー賞®ノミネート:★視覚効果賞、計1部門
(★)は受賞した賞です。


関連作

『ゴジラ』(1954)
Amazon Prime Videoで観る U-NEXTで観る Huluで観る
REVIEW 映画史を物語るクリーチャー映画特集

『ゴジラ』(1984)
Amazon Prime Videoで観る U-NEXTで観る Huluで観る

『ゴジラ2000 ミレニアム』(1999)
Amazon Prime Videoで観る U-NEXTで観る Huluで観る

『シン・ゴジラ』(2016)
Amazon Prime Videoで観る U-NEXTで観る Huluで観る
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

『GODZILLA』(1998/ハリウッド版)
Amazon Prime Videoで観る U-NEXTで観る Huluで観る

『GODZILLA ゴジラ』(2014/ハリウッド版)
Amazon Prime Videoで観る U-NEXTで観る Huluで観る
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 海外で作るとこうなる!日本の原作が外国で映像化された作品特集

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2023年11月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』福原遥 福原遥【プロフィールと出演作一覧】

1998年8月28日生まれ。埼玉県出身。 主な映画出演作に…

中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード 中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース マッドマックス:フュリオサ【レビュー】

直感的におもしろいと感じられるので、わざわざ言語化、文章化せずに…

映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き9】印象深い怖い映画と思い出

小さい頃に観てトラウマになりそうだった映画という話題から、怖いけど笑える映画、胸糞映画などのお話に…

海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之 SHOGUN 将軍【レビュー】

真田広之ハリウッド初主演&プロデュース作品ということで、観る前から注目していた方も多いのではないでしょうか。本作は…

映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』 デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章【レビュー】

本作では、門出と凰蘭が大学生となり、新たな友人や先輩が仲間に加わります。そして…

映画『リバウンド』アン・ジェホン アン・ジェホン【プロフィールと出演作一覧】

1986年3月31日韓国生まれ。2009年、短編映画でデビューを飾る。主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ
  2. 映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース
  3. 海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之
  4. 映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』
  5. 映画『関心領域』

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP