特集

映画史を物語るクリーチャー映画特集

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』ローラ・ダーン/ディワンダ・ワイズ

クリーチャーが登場する映画はあらゆる技術を駆使して作られています。クリーチャー・デザインの歴史は映画史そのものといっても良いくらい、映画が発展してきた過程がみてとれます。そこで今回は、あらゆる特殊効果が使われている作品を一挙にご紹介します。

まずは最新作をチェック!

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』クリス・プラット

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者

2022年7月29日より全国公開
監督:コリン・トレボロウ
出演:クリス・プラット/ブライス・ダラス・ハワード/ローラ・ダーン/ジェフ・ゴールドブラム/サム・ニール/ディワンダ・ワイズ/マムドゥ・アチー/BD・ウォン/オマール・シー/イザベラ・サーモン/キャンベル・スコット/ジャスティス・スミス/スコット・ヘイズ/ディーチェン・ラックマン/ダニエラ・ピネダ
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定(後日UP)

特集効果といえば、本シリーズ。恐竜達がまだ現代にいるのではないかと思ってしまう衝撃のリアルさで観客を驚かせてきました。新作を作る度にいろいろな技術を試してそうですね。最新作も楽しみです。

映画『クリーチャーズ/宇宙から来た食人族』

クリーチャーズ/宇宙から来た食人族

2022年6月17日より全国公開
監督:トニー・ジョピア
出演:ロマン・バルベイ/斎藤莉奈/クリス・キリアコウ/アンドリュー・グリーヴス
公式サイト 

『エイリアン』『グレムリン』『ヒドゥン』『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』『マーズ・アタック!』など、映画史に名を残す数々の名作へのオマージュが散りばめられています。B級感がたまらなく愛おしい作品(笑)ですが、特殊効果には気合いが入っています。視覚効果スーパーバイザーは、『トータル・リコール』『バーフバリ 王の凱旋』のプラカーシュ・クマララジャン、特殊メイクと特殊効果スーパーバイザーは『DUNE/デューン 砂の惑星』のテオドール・ローワン・サリスバリーと、確固たる実績を持つスタッフが手掛けています。

映画『クリーチャー・デザイナーズ ハリウッド特殊効果の魔術師たち』

クリーチャー・デザイナーズ ハリウッド特殊効果の魔術師たち

2022年5月20日より全国公開中
監督:ジル・パンソ/アレクサンドル・ポンセ
出演:ギレルモ・デル・トロ/ジョー・ダンテ/ジョン・ランディス/ケビン・スミス/フィル・ティペット/デニス・ミューレン/リック・ベイカー
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

本作を観れば、特殊効果の歴史を一通り知ることができます。時代の変化に伴い、映画職人達が生き残りをかけて映画を作っていることもわかります。本作で取り上げられている作品を、下記にずらっとご紹介していますので合わせてご覧ください。

映画史における特殊効果の発展

映画『猿の惑星:新世紀(ライジング)』アンディ・サーキス

既に配信中やブルーレイ、DVDがリリースされている作品は、ジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びます。

1925年

オペラ座の怪人

監督:ロン・チェイニー
出演:ロン・チェイニー
Amazonプライムビデオで観る

1931年

フランケンシュタイン

Amazonプライムビデオで観る

1954年

ゴジラ

出演:宝田 明/河内桃子/平田昭彦/志村 喬
Amazonプライムビデオで観る

1957年

千の顔を持つ男

出演:ジェームズ・ギャグニー

本作は、特殊メイクの先駆者ロン・チェイニーの伝記映画です。

1968年

猿の惑星

監督:フランクリン・J・シャフナー
Amazonプライムビデオで観る

1973年

エクソシスト

監督:ウィリアム・フリードキン
出演:リンダ・ブレア/ エレン・バースティン/ジェイソン・ミラー/マックス・フォン・シドー
Amazonプライムビデオで観る

1975年

ジョーズ

監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:ロイ・シャイダー/ロバート・ショウ/リチャード・ドレイファス
Amazonプライムビデオで観る

1977年

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望

監督・脚本:ジョージ・ルーカス
出演:マーク・ハミル/ハリソン・フォード/キャリー・フィッシャー/アレック・ギネス
Amazonプライムビデオで観る

1979年

エイリアン

監督:リドリー・スコット
出演:シガニー・ウィーバー
Amazonプライムビデオで観る

1981年

ハウリング

監督:ジョー・ダンテ

狼男アメリカン

監督:ジョン・ランディス

1982年

遊星からの物体X

監督:ジョン・カーペンター
出演:カート・ラッセル,/ウィルフォード・ブリムリー/リチャード・ダイサート
Amazonプライムビデオで観る

1984年

グレムリン

監督:ジョー・ダンテ 出演:ザック・ギャリガン/フィービー・ケイツ
Amazonプライムビデオで観る

エルム街の悪夢

監督:ウェス・クレイヴン
出演:ロバート・イングランド
Amazonプライムビデオで観る

1987年

ロボコップ

監督:ポール・ヴァーホーヴェン
出演:ピーター・ウェラー/ナンシー・アレン/ダン・オハーリヒー/ロニー・コックス/カートウッド・スミス
Amazonプライムビデオで観る

プレデター

監督:ジョン・マクティアナン
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー
Amazonプライムビデオで観る

1989年

アビス

監督:ジェームズ・キャメロン
出演:エド・ハリス/マイケル・エリザベス/マイケル・ビーン

1991年

ターミネーター2

監督:ジェームズ・キャメロン
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー/エドワード・ファーロング/リンダ・ハミルトン/ロバート・パトリック
Amazonプライムビデオで観る

1993年

ジュラシック・パーク

監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:サム・ニール/ローラ・ダーン/ジェフ・ゴールドブラム/リチャード・アッテンボロー
Amazonプライムビデオで観る

1997年

スターシップ・トゥルーパーズ

監督:ポール・バーホーベン
出演:キャスパー・ヴァン・ディーン/ディナ・メイヤー/デニス・リチャーズ
Amazonプライムビデオで観る(吹き替え版)

1999年

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス

監督・脚本・製作総指揮:ジョージ・ルーカス
出演:リーアム・ニーソン/ユアン・マクレガー/ナタリー・ポートマン/ジェイク・ロイド/レイ・パーク/サミュエル・L・ジャクソン/キーラ・ナイトレイ
Amazonプライムビデオで観る

映画職人さん達の間では、本作のヨーダの描写が物議を醸していたようです。

2001年

ロード・オブ・ザ・リング

監督:ピーター・ジャクソン
出演:イライジャ・ウッド/イアン・マッケラン/ヴィゴ・モーテンセン/リヴ・タイラー/オーランド・ブルーム/ショーン・アスティン/ケイト・ブランシェット/ドミニク・モナハン/ビリー・ボイド/ショーン・ビーン/アンディ・サーキス/ヒューゴ・ウィーヴィング/イアン・ホルム/ジョン・リス=デイヴィス
Amazonプライムビデオで観る

PLANET OF THE APES/猿の惑星

監督:ティム・バートン
出演:マイケル・ウォルバーグ/ヘレナ・ボナム=カーター/ティム・ロス/エステラ・ウォーレン
Amazonプライムビデオで観る

2004年

スパイダーマン2

監督:サム・ライミ
出演:トビー・マグワイア/キルスティン・ダンスト/アルフレッド・モリーナ/ジェームズ・フランコ
Amazonプライムビデオで観る

ヘルボーイ

監督:ギレルモ・デル・トロ
出演:ロン・パールマン/セルマ・ブレア

2008年

クローバーフィールド/HAKAISHA

監督:マット・リーヴス
出演:マイケル・スタール=デヴィッド/マイク・ヴォーゲル/オデット・ユーストマン/ジェシカ・ルーカス/リジー・キャプラン/T・J・ミラー
Amazonプライムビデオで観る

ヘルボーイ ゴールデン・アーミー

監督:ギレルモ・デル・トロ
出演:ロン・パールマン/セルマ・ブレア
Amazonプライムビデオで観る

2009年

アバター

監督:ジェームズ・キャメロン
出演:サム・ワーシントン/ゾーイ・サルダナ/シガニー・ウィーバー/スティーヴン・ラング/ミシェル・ロドリゲス/ジョヴァンニ・リビシ
Amazonプライムビデオで観る

2013年

パシフィック・リム

監督:ギレルモ・デル・トロ
出演:チャーリー・ハナム/イドリス・エルバ/菊地凛子/ロン・パールマン/芦田愛菜/バーン・ゴーマン/チャーリー・デイ
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
Amazonプライムビデオで観る

2014年

猿の惑星:新世紀(ライジング)

監督:マット・リーヴス
出演:アンディ・サーキス/ゲイリー・オールドマン/ジェイソン・クラーク/ケリー・ラッセル/トビー・ケベル
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
Amazonプライムビデオで観る


こうして振り返ると、特殊効果を使った作品は一代ムーブメントを巻き起こしたものが多いことがわかります。クリーチャーと聞いただけで観ず嫌いになっている方もいると思いますが、視点を変えるとその奥深さがわかり、興味が増してきます。ぜひホラーも敬遠せずに観てみてください。

© 2021 Universal Studios and Amblin Entertainment. All Rights Reserved.
© 2021 Universal Studios and Storyteller Distribution LCC. All Rights Reserved.
©2020 CREATURES MEDIA
© FRENETICARTS
© 2014 Twentieth Century Fox

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:オースティン・バトラー、バズ・ラーマン監督 エルヴィスの魂を見つけることがとても大事だった『エルヴィス』オースティン・バトラー&バズ・ラーマン監督来日

日本での劇場公開を目前に控え、主演のオースティン・バトラーと、バズ・ラーマン監督が来日しました。

映画『エルヴィス』オースティン・バトラー エルヴィス

エルヴィス・プレスリーが伝説の大スターであることは知られていますが…

映画『バズ・ライトイヤー』 バズ・ライトイヤー

“トイ・ストーリー”シリーズで、アンディ少年のお気に入りのおもちゃとして登場する“バズ・ライトイヤー”は、実は…

映画『三姉妹』ムン・ソリ ムン・ソリ

1974年7月2日韓国、プサン生まれ。成均館大学在学中に演劇活動を始め…

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:ソン・ガンホ/カン・ドンウォン/イ・ジウン/イ・ジュヨン/是枝裕和監督 是枝監督をはじめ皆の夢が1度に叶った『ベイビー・ブローカー』ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン、イ・ジュヨン来日記念舞台挨拶

第75回カンヌ国際映画祭で最優秀男優賞(ソン・ガンホ)、エキュメニカル審査員賞を受賞した『ベイビー・ブローカー』のキャスト、スタッフが、劇場公開から3日目となる2022年6月26日に舞台挨拶を行いました。

映画『ONE PIECE FILM RED』試写会ビジュアル 『ONE PIECE FILM RED』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ONE PIECE FILM RED』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』シガニー・ウィーバー シガニー・ウィーバー

1949年10月8日アメリカ、ニューヨーク州マンハッタン出身。父親はテレビ局の重役でプロデューサーの…

映画『バズ・ライトイヤー』ノート&ステッカー 『バズ・ライトイヤー』オリジナルグッズ(ノートブック&ステッカー) 3名様プレゼント

映画『バズ・ライトイヤー』オリジナルグッズ(ノートブック&ステッカー) 3名様プレゼント

映画『1640日の家族』メラニー・ティエリー/ガブリエル・パヴィ 『1640日の家族』“感涙”試写会 10組20名様ご招待

映画『1640日の家族』“感涙”試写会 10組20名様ご招待

映画『ブラック・フォン』メイソン・テムズ ブラック・フォン

公式サイトでは「恐怖が同時進行する」という表現を使っている点はまさにその通りで…

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:ミーティング by Klas_lu
  2. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2

おすすめ記事

Pixabayによる写真:ミーティング by Klas_lu 編集部にカモン!【記事作成部活】2022年7月度参加者募集

【記事作成部活】では、トーキョー女子映画部WEBサイト内の記事作成に参加できます!

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ショーシャンクの空に』

今回は『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてアンディ(アンドリュー・デュフレーン)役のティム・ロビンスとレッド(エリス・ボイド・レディング)役のモーガン・フリーマンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより 『神様のえこひいき』みんなのレビュー

今回は、Huluオリジナル『神様のえこひいき』3話までを正式部員の皆さんに観ていただきました。ジェンダー、性指向、アイデンティティがテーマとなっており、表現について奇譚のないご意見もいただきました。さまざまな感想があがっていて、本作の見どころが伝わってきます。

映画『ゴッドファーザー』マーロン・ブランド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ゴッドファーザー』

掟を重んじるマフィア一族の盛衰を、家族愛と壮絶なバイオレンスで描き、2度のアカデミー賞作品賞を受賞した名作“ゴッドファーザー”。今回は『ゴッドファーザー トリロジー 50th アニバーサリー 4K Ultra HD+ブルーレイセット』の発売にちなんで「勝手にキャスティング企画!」として、ドン・コルレオーネ役のマーロン・ブランドとマイケル・コルレオーネ役のアル・パチーノをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに俳優名を挙げていただきました。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 映画好きが選んだ2021邦画ベスト

今回は、日本アカデミー賞(2022年は3月11日に発表)の時期にちなんで、私達も2021年の邦画ベストを選んでみました。候補作品は2021年に劇場公開した邦画(実写)の中から編集部独断で選抜したほか、日本アカデミー賞ノミネート作品も含め、正式部員の皆さんに好きな作品へ投票していただきました。どの作品が2021年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングでご確認ください!

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会 4Kニューマスター版』トム・ハンクス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『フォレスト・ガンプ/一期一会』

ロバート・ゼメキス監督と名優トム・ハンクスがタッグを組み、米アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した不朽の名作『フォレスト・ガンプ/一期一会』。今回は本作4Kニューマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてフォレスト・ガンプ役のトム・ハンクス、ジェニー・カラン役のロビン・ライトをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

REVIEW

  1. 映画『エルヴィス』オースティン・バトラー
    エルヴィス

  2. 映画『バズ・ライトイヤー』
  3. 映画『ブラック・フォン』メイソン・テムズ
  4. 映画『神は見返りを求める』ムロツヨシ/岸井ゆきの
  5. 映画『彼女たちの革命前夜』キーラ・ナイトレイ/ジェシー・バックリー
  6. 映画『ルッツ 海に生きる』ジェスマーク・シクルーナ
  7. 映画『わたしは最悪。』レナーテ・レインスヴェ
  8. 映画『リコリス・ピザ』アラナ・ハイム/クーパー・ホフマン
  9. 映画『炎の少女チャーリー』ライアン・キーラ・アームストロング
  10. 映画『ザ・ロストシティ』サンドラ・ブロック/チャニング・テイタム
PAGE TOP