REVIEW

ハロウィン

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ハロウィン』ニック・キャッスル

何が怖いかって殺人シーンよりも、殺人鬼のマイケル・マイヤーズがずっと無言というのが一番不気味。40年間、一言も話さず一見大人しいマイケルが、ブギーマンのマスクが引き金となって、また殺人を犯していき、因縁の対決を再びするためにローリー(ジェイミー・リー・カーティス)を探し、ローリーもまた今回こそ彼にトドメを刺そうと、対決に備えます。ホラーでは王道の設定、“強い女性vs.殺人鬼”という構図が今回も活かされていますが、単純に2人の対決に留まらず、それが次の世代に受け継がれていく展開が、1978年版の続編となる本作の見どころの一つとなっています。
ホラーでギョエーっとなるきっかけって、人それぞれだと思いますが、私の場合はリアルに痛そうなシーンが苦手。グサッと刺されたりは観慣れてますが(笑)、歯を全部抜かれたり、骨を砕かれたり、指だけ切られたりするほうが、生々しく痛さを想像してしまいます。でも、そんなシーンで心臓をバクバクさせることこそ、ホラーの醍醐味なはずなので、楽しまねば損ですよね。一方で“してやったり!”という爽快感を得られるのも魅力なので、女子の皆さんにもぜひ観て欲しいと思います。

デート向き映画判定
映画『ハロウィン』ジェイミー・リー・カーティス

ホラーを観慣れているカップルは良いと思いますが、ホラーが苦手な人は男女ともにそれなりにいるので、ここまでこってりホラーだと誘う相手は限られそうな気がします。でも、吊り橋効果があるかないかという限度を通り越して、ずっと緊張が続くので、映画鑑賞中はくっついていたい気持ちにはなるはず。一緒に観賞した仲間意識は芽生えるかも知れません(笑)。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ハロウィン』ジュディ・グリア

R-15+なので高校生以上の人は観られますが、ホラーを観慣れていないと相当怖いと思います。今では日本でもハロウィンが流行ってきているので、もしかしたらこういう人も仮装の人達に紛れているかも知れないと、注意喚起の意味で観てみると、少々役に立つことがあるかも知れません。観賞チャレンジをしたい人は、午前中か真っ昼間に観て、その後気分転換すると克服できるでしょう。

映画『ハロウィン』ニック・キャッスル

『ハロウィン』
2019年4月12日より全国公開
R-15+
公式サイト

© 2018 UNIVERSAL STUDIOS

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『返校 言葉が消えた日』ワン・ジン 返校 言葉が消えた日

1962年に台湾のある高校で起こった読書会迫害事件を基に描いた作品。台湾では…

映画『ゴジラvsコング』ミリー・ボビー・ブラウン ミリー・ボビー・ブラウン

2004年2月19日スペイン生まれ、イギリス出身。Netflixオリジナル『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で…

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『アウシュヴィッツ・レポート』ノエル・ツツォル/ペテル・オンドレイチカ アウシュヴィッツ・レポート

本作は、アウシュヴィッツ強制収容所を脱走した2人の若いスロバキア系ユダヤ人のレポートにより…

映画『幸せの答え合わせ』ジョシュ・オコナー ジョシュ・オコナー

1990年5月20日イギリス、チェルトナム生まれ。ブリストル・オールド・ヴィック演劇学校で俳優としての訓練を受け…

映画『茜色に焼かれる』和田庵 和田庵(わだ いおり)

2005年8月22日東京都生まれ。8歳から芸能活動をスタート。映画『ミックス。』で…

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

海外ドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1』ジェニファー・モリソン ワンス・アポン・ア・タイム

シーズン5からファイナル・シーズンまでのレビューを一気に掲載。下からお読みください。

映画『ホムンクルス』石井杏奈 石井杏奈(いしい あんな)

1998年7月11日、東京都生まれ。E-girlsのパフォーマーとして活動する傍ら、俳優として…

映画『イン・ザ・ハイツ』 イン・ザ・ハイツ

歌良し、ダンス良し、ストーリー良し、キャスト良しの何拍子も揃った秀作…

部活・イベント

  1. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  2. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  3. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  4. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  5. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年

おすすめ記事

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

REVIEW

  1. 映画『返校 言葉が消えた日』ワン・ジン
  2. 映画『アウシュヴィッツ・レポート』ノエル・ツツォル/ペテル・オンドレイチカ
  3. 海外ドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1』ジェニファー・モリソン
  4. 映画『イン・ザ・ハイツ』
  5. 映画『復讐者たち』アウグスト・ディール
    復讐者たち

  6. 映画『犬部!』林遣都/中川大志
    犬部!

  7. 映画『ココ・シャネル 時代と闘った女』ココ・シャネル
  8. 映画『少年の君』チョウ・ドンユイ/イー・ヤンチェンシー
    少年の君

  9. 映画『SEOBOK/ソボク』コン・ユ/パク・ボゴム
    SEOBOK/ソボク

  10. 映画『竜とそばかすの姫』
PAGE TOP