REVIEW

フラッグ・デイ 父を想う日【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『フラッグ・デイ 父を想う日』ショーン・ペン

1992年、アメリカ最大級といわれる贋札事件の犯人による逃亡劇が全米に衝撃を与えました。本作はその犯人ジョン・ヴォーゲルについて娘ジェニファーが綴った回顧録を映画化したものです。父ジョン(ショーン・ペン)は、自称、起業家としてあらゆるビジネスを始めては失敗し、家族の前から姿を消すという繰り返し。そんな父でも大好きな気持ちは変わらないジェニファー(ディラン・ペン)は、時に父を頼り、時には父を立ち直らせようと奮闘します。信じては裏切られの繰り返しが観ていて本当に辛いですが、娘を失望させまいと必死なジョンの姿を観ていると、ジェニファーが父を嫌いになれない複雑な心情に共感できます。また、大きな夢を語ってはすぐに挫折してしまうジョンの姿を観ていると、何かしら夢を追いかけている人は複雑な思いに駆られることでしょう。失敗しても懲りずにトライする姿勢は最終的に大成する人と同じなはずなのに、根気がなく間違った選択に走ってしまう点がとても切ないです。彼は根っからの悪人ではないのになぜ罪を犯してしまうのかを考えると、人は必ずしも悪意でなく失意から間違った方法で目的を果たそうとしてしまうのだなと感じます。さらに、なぜジョンがこんなパーソナリティになったのかという理由の1つに、“フラッグ・デイ”の由来が出てくる点も興味深いです。
そして本作では、ショーン・ペンが監督と父親ジョン役を務め、実の娘ディラン・ペンが主演、実の息子ホッパー・ジャック・ペンも出演しています。ちなみにディランとホッパーの実母はロビン・ライトです。劇中でディランはすごく存在感があって、「この綺麗な俳優さんは誰なんだろう?」と思っていたら、エンド・クレジットで実の親子共演だったと知りました。ジョン(ショーン・ペン)とジェニファー(ディラン・ペン)の空気感がすごくリアルだなと思いながら観ていたので、2人の高い演技力はさることながら、ホンモノ親子の空気感も相まっていたのだなと納得できます。ショーン・ペンは本作の構想に15年かけたという背景を知ると、なお感慨深いものがあります。ショーン・ペン自身も父としていろいろ思うところがあったのかもしれない…など、彼がどんな思いで本作を作ったのかということにも想像を膨らませながら観るのもオススメです。

デート向き映画判定
映画『フラッグ・デイ 父を想う日』ディラン・ペン/ショーン・ペン

父と娘の物語なので、デートの雰囲気が盛り上がるという感じではありませんが、本作を一緒に観ると家族の話をしたくなるので、お互いのことをもう少し知りたいと思っているなら一緒に観て、会話のきっかけにするのも良さそうです。ただ、普段から家族の話をしたがらない様子なら、複雑な関係なのかもしれず、気まずい雰囲気になる可能性があるので、どこまで踏み込んで大丈夫かどうかは慎重に考えましょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『フラッグ・デイ 父を想う日』ディラン・ペン

内容的に中学生くらいになってから観るほうが、大人の複雑な事情もより具体的に想像しながら観られると思います。親に助けてもらえないだけでなく、親が原因で辛い状況に陥ったジェニファーは、自力で苦難を乗り越えていきます。彼女の姿を観ていると少し希望と勇気が湧いてくる部分があると思います。切ない物語ではありますが、家族というものを客観視するために観てみるのも良いと思います。

映画『フラッグ・デイ 父を想う日』ディラン・ペン/ショーン・ペン

『フラッグ・デイ 父を想う日』
2022年12月23日より全国公開
PG-12
ショウゲート
公式サイト

© 2021 VOCO Products, LLC

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

海外ドラマ『グレイズ・アナトミー シーズン19』スコット・スピードマン スコット・スピードマン【プロフィールと出演作一覧】

1975年9月1日生まれ。イギリス、ロンドン出身。 主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『ザ・タワー』
  2. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  3. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  4. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー
  5. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP