REVIEW

フード・ラック!食運

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『フード・ラック!食運』EXILE NAOTO/土屋太鳳

美味しそうな食べ物がたくさん登場するので、観賞後は飲食店に駆け込みたくなること間違いなしです(笑)。本作は、食通としても有名なダチョウ倶楽部の寺門ジモン初監督作品で、食を通じて親子愛や人生の悲喜こもごもを描いています。主演は、EXILE NAOTOと土屋太鳳で、この2人がグルメライターと編集者として、さまざまな焼肉店を巡ります。食事シーンのこだわり具合は、さすが寺門ジモン!EXILE NAOTOが演じる良人が、お肉の焼き加減や食べるタイミングにこだわる姿を観ていると、「監督も実生活ではこんな感じなのかな」と想像してしまいます(笑)。
そして、物語のキーとなっているのが母の味。どんなに高級店に行って美味しいものを食べることができても、やっぱり母の味だけは母にしか出せないもの。本作では、良人がある食べ物で母の味を再現しようとしますが、なかなか上手くいきません。その行く末は本編をご覧いただくとして、食はただ美味しい不味いだけでなく、人間関係にも大きく影響していることを感じます。美しく映る食事は本当に食欲をそそりますし、映画好き、食好き共に楽しめる作品です。ただし、鑑賞中にお腹が鳴るのだけは注意してくださいね(笑)。

デート向き映画判定
映画『フード・ラック!食運』EXILE NAOTO/土屋太鳳

デートにもオススメです。美味しそうな食事シーンがたくさん登場するので、観賞後に、そのままの流れで食事にも誘いやすいと思います。ただ、良人のような食通で、焼肉の焼き方や食べるタイミングなど、あまりこだわりを全面に押し出してしまうと、相手によっては引いてしまうので、相手と一緒に食事を楽しむことを忘れないようにしてください。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『フード・ラック!食運』りょう

キッズもティーンも良人の子ども時代の視点で楽しめると思います。本作の親子関係はあることをきっかけにこじれてしまいますが、その原因は何だったのか、また、皆さんならどうするか考えながら観てみてください。そして、今まさに家庭の味を食べている皆さんは、これを機に食事作りを手伝ってみたり、好きな家庭料理の味を教わってみるのも良いと思います。

映画『フード・ラック!食運』EXILE NAOTO/土屋太鳳

『フード・ラック!食運』
2020年11月20日より全国公開
松竹
公式サイト

TEXT by Shamy

関連記事

© 2020松竹

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『マッチング』土屋太鳳 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年2月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年2月】のアクセスランキングを発表!

映画『DOGMAN ドッグマン』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ DOGMAN ドッグマン【レビュー】

本作はリュック・ベッソンが実際の事件に着想を得て脚本、監督を担当し、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズを主演に迎えて制作した…

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『i ai』富田健太郎/堀家一希 i ai【レビュー】

GEZANのフロントマンであり、小説執筆や映画出演、フリーフェス「全感覚祭」や反戦デモの主催など…

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『マッチング』土屋太鳳
  2. 映画『DOGMAN ドッグマン』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
  3. 映画『i ai』富田健太郎/堀家一希
  4. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  5. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP