心理学

心理学から観る映画24:犯罪現場で起こる不思議な心理現象【ストックホルム症候群】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ストックホルム・ケース』イーサン・ホーク/ノオミ・ラパス/マーク・ストロング

皆さんはストックホルム症候群という言葉を聞いたことがありますか?これは誘拐、監禁、ハイジャック等の状況下で、被害者が陥ることがある心理現象です。被害者が犯人に対して好意を抱いたり、恩義を感じたりといった心理現象で、ストックホルムで実際に起きた銀行強盗事件の被害者にこの現象が見られたことで、それが語源となっています。今回は、ストックホルム症候群を起こす背景を取り上げます。

児童虐待や家庭内暴力の被害者にもこの原理が働いている!?

ストックホルム症候群の語源となった事件は、1973年8月にスウェーデンの首都ストックホルム市内の銀行で起こりました。この事件を基にして描かれた映画『ストックホルム・ケース』がありますが、映画は実際の事件と設定が異なる部分があるため、ここでは実際の事件の内容を基にお伝えします。

映画『ストックホルム・ケース』イーサン・ホーク/ノオミ・ラパス

<ストックホルムで起きた銀行強盗事件の基本情報>
1973年8月23日、ストックホルムの銀行にマシンガンを持った2人組の強盗団が押し入り,4人の若い人質を取って、131時間立てこもりました。人質の年齢は21,23,25,31歳(女性3名、男性1名)、強盗団は26歳と32歳の男性でした。被害者達は犯人達よりも警察のほうを恐れ、解放後、「犯人達は警察から自分達を守ってくれた」と犯人への共感を表し、警察や政府へは敵意と恐怖を語ったとされています。また、被害者の女性のうち1人はその後犯人と結婚しました(作田, 2002;佐藤・小畠・田中, 1997;重村, 2008)。

別の事例として、作田(2002)は2件の誘拐・監禁事件を紹介しています。1974年に起きたバトリシア・バースト事件の被害者、サンフランシスコ・エグザミナー誌のオーナーであった大富豪の長女パトリシアは,やがて自分を監禁した政治的グループ“SLA”に共鳴し,自ら銀行強盗に参加するまでに至ったとのことです。一方で、1990年11月に,9歳の少女が新潟県内で誘拐され、10年間監禁されていた事件では,被害者が犯人に対して肯定的感情を抱いたことは一度もなかったと考えられ,ストックホルム症候群は否定されたとされています。

重村(2008)は、2002年に起きたモスクワの劇場をチェチェン系武装勢力が占拠した事件で,人質10人に同症候群が見られた一方で、FBI(米国連邦捜査局)による1200件以上の人質・立てこもり事件のデータ検証では,92%もの被害者には同症候群の徴候は見られなかったことを提示。人質事件において同症候群が起こる確率は稀であると指摘されている点について言及しています。佐藤・小畠・田中(1997)でも、同筆者等が24年間にわたり行った司法精神鑑定例約250件において,被害者が同症候群の諸特徴を十分に満たした狭義の事例は存在しなかったと述べています。

このように、人質事件で起こる確率は決して多いとは言えないながらも、ストックホルム症候群が起こる場合、一定の条件が揃っていると定義されています。

Ochbergの定義
①人質が監禁者に対する肯定的な感情、好意的な感情を抱くこと
②警察・司法当局に対して否定的な感情を抱くこと
③こうした特異な感情がしばしば犯人によって報いられていること
(作田, 2002;佐藤・小畠・田中, 1997)

映画『エンテベ空港の7日間』ダニエル・ブリュール

ストックホルム症候群について考える上で、これは誘拐や監禁など犯罪現場だけでなく、児童虐待や、夫やパートナーから暴力を受ける状況でも起こっているという考え方があります。被害者の内面には、助かりたいという気持ち、少しでも苦痛から逃れたいという気持ち、自分への過小評価があると考えられています。

佐藤・小畠・田中(1997)は、「外界から隔離された状況下での支配的な人間関係から生じる点でカルトの洗脳・マインドコントロールの際の教祖と信者との関係もまたこれに相当する。しかし,いずれにせよ,これらは自己の存在が脅かされる程の過大なストレスに対する対処行動の一つであることに変わりはない」としています。またアンナ・フロイトが『自我と防衛』の中で述べている“攻撃者への同一化”についても取り上げています。アンナ・フロイト(ジークムント・フロイトの娘)は「このような同一化は,不安を増大させている権威的存在から自我を守るために自我そのものにより惹起されているのであり,相手の攻撃や懲罰を避けることを目的とする」という見解を持っていたようです。

監禁された人や虐待の被害者が、逃げられない、逃げない理由の裏には、こういった心理が働いている場合があると考えると、解決が容易でないことも理解できます。

映画『ベル・カント とらわれのアリア』ジュリアン・ムーア/加瀬亮

ストックホルム症候群と対で、リマ症候群という心理現象もあります。これはストックホルム症候群とは逆に、加害者が被害者に対して抱く心理現象です。加害者は被害者に次第に親近感を抱き、攻撃態度から共感的態度に変化していくというものです。ストックホルム症候群と共通して、緊迫した状況下で一緒にいることは心理に何らかの影響を及ぼすということが言えると思います。誘拐や監禁の被害に遭うことは稀かもしれませんが、虐待やDVは身近にあることなので、こうした心理が働き、問題を複雑化させる可能性があることを頭に入れておきたいですね。

<参考・引用文献>
作田明(2002)「245.ストックホルム症候群[英]Stockholm syndrome」臨床精神医学, Vol.31(10), pp.1242-1243
佐藤親次・小畠秀悟・田中速(1997)「ストックホルム症候群」臨床精神医学26(3)pp.301-306
重村淳(2008)「[レクチャーシリーズ]用語集⑧ストックホルム症候群」トラウマティック・ストレス第6巻,第2号

映画『ストックホルム・ケース』イーサン・ホーク/ノオミ・ラパス/マーク・ストロング

『ストックホルム・ケース』
2020年11月6日より全国公開

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ストックホルム症候群の語源となった事件を映画化。あくまで映画の設定として観てですが、犯人のキャラもかなり影響があるように思えます。

© 2018 Bankdrama Film Ltd. & Chimney Group. All rights reserved. 

『ベル・カント とらわれのアリア』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

1996年12月16日(日本時間17日)に、南米ペルーのリマにある日本大使公邸で起こったテロ事件を映画化。本作では、ストックホルム症候群とリマ症候群の両方が起こっているのがわかります。リマ症候群はこの事件が語源となっています。

ベル・カント とらわれのアリア(字幕版)

© 2017 BC Pictures LLC

『エンテベ空港の7日間』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

1976年に起きた、イスラエル・テルアビブ発パリ行きのエールフランス機ハイジャック事件を映画化。240名の乗客に対してハイジャック犯は4人という状況ですが、一部ストックホルム症候群、リマ症候群と見られる関係がうかがえます。

エンテベ空港の7日間(字幕版)

© 2017 STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC. All Rights Reserved.

TEXT by Myson(認定心理士)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ロード・オブ・カオス』ロリー・カルキン 俳優ファミリー特集Vol.1

この特集では親子、兄弟姉妹、親戚揃って活躍する俳優達をご紹介します。一度ではご紹介しきれないので、シリーズ化して、随時お届けしようと思います。今回はその第1弾です。

映画『ビバリウム』ジェシー・アイゼンバーグ/イモージェン・プーツ ビバリウム

「新居を探しに行ったらエライ目に遭ってもうた!」というストーリーで…

映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア バルトシュ・ビィエレニア

1992年5月15日ポーランド生まれ。2016年クラコフにある国立アカデミー・オブ・シアター・アーツを…

映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実

本作は、ベトナム戦争中の1966年4月11日に行われた救出作戦で、アメリカ空軍の落下傘救助隊の医療兵として60人以上の兵士達を救い戦死した、ウィリアム・H・ピッツェンバーガーについての実話…

海外ドラマ『シカゴ・ファイア シーズン7』ジェシー・スペンサー ジェシー・スペンサー

1979年2月12日、オーストラリアのビクトリア州生まれ。主な出演作に、ドラマ…

映画『ラーヤと龍の王国』 ラーヤと龍の王国

かつて聖なる龍達に守られていた“龍の国”クマンドラは、ドルーンと呼ばれる魔物に襲われ…

Netflix映画『Mank/マンク』チャールズ・ダンス チャールズ・ダンス

1946年10月10日、イギリス生まれ。俳優で映画監督。これまで多くの作品に俳優として…

Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン ここだけの話15:パートナーと収集のつかない喧嘩をした後、気持ちをどう整理する?

PodCast【トーキョー女子映画部ここだけの話】では、トーキョー女子映画部のマイソンが、記事には…

映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真 太陽は動かない

心臓に爆弾を埋め込まれ、任務から逃げられない運命にある主人公の奮闘を…

Nerflixドラマ『ザ・ポリティシャン』ベン・プラット ベン・プラット

1993年9月24日アメリカ、ロサンゼルス生まれ。映画『ピッチ・パーフェクト』へ…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

REVIEW

  1. 映画『ビバリウム』ジェシー・アイゼンバーグ/イモージェン・プーツ
    ビバリウム

  2. 映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート
  3. 映画『ラーヤと龍の王国』
  4. 映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真
  5. 映画『野球少女』イ・ジュヨン
    野球少女

  6. Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ
  7. Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン
  8. 映画『DAU. ナターシャ』ナターリヤ・ベレジナヤ/オリガ・シカバルニャ/リュック・ビジェ
  9. Netflix映画『時の面影』キャリー・マリガン/レイフ・ファインズ
    時の面影

  10. 映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥
PAGE TOP