心理学

心理学から観る映画24:犯罪現場で起こる不思議な心理現象【ストックホルム症候群】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ストックホルム・ケース』イーサン・ホーク/ノオミ・ラパス/マーク・ストロング

皆さんはストックホルム症候群という言葉を聞いたことがありますか?これは誘拐、監禁、ハイジャック等の状況下で、被害者が陥ることがある心理現象です。被害者が犯人に対して好意を抱いたり、恩義を感じたりといった心理現象で、ストックホルムで実際に起きた銀行強盗事件の被害者にこの現象が見られたことで、それが語源となっています。今回は、ストックホルム症候群を起こす背景を取り上げます。

児童虐待や家庭内暴力の被害者にもこの原理が働いている!?

ストックホルム症候群の語源となった事件は、1973年8月にスウェーデンの首都ストックホルム市内の銀行で起こりました。この事件を基にして描かれた映画『ストックホルム・ケース』がありますが、映画は実際の事件と設定が異なる部分があるため、ここでは実際の事件の内容を基にお伝えします。

映画『ストックホルム・ケース』イーサン・ホーク/ノオミ・ラパス

<ストックホルムで起きた銀行強盗事件の基本情報>
1973年8月23日、ストックホルムの銀行にマシンガンを持った2人組の強盗団が押し入り,4人の若い人質を取って、131時間立てこもりました。人質の年齢は21,23,25,31歳(女性3名、男性1名)、強盗団は26歳と32歳の男性でした。被害者達は犯人達よりも警察のほうを恐れ、解放後、「犯人達は警察から自分達を守ってくれた」と犯人への共感を表し、警察や政府へは敵意と恐怖を語ったとされています。また、被害者の女性のうち1人はその後犯人と結婚しました(作田, 2002;佐藤・小畠・田中, 1997;重村, 2008)。

別の事例として、作田(2002)は2件の誘拐・監禁事件を紹介しています。1974年に起きたバトリシア・バースト事件の被害者、サンフランシスコ・エグザミナー誌のオーナーであった大富豪の長女パトリシアは,やがて自分を監禁した政治的グループ“SLA”に共鳴し,自ら銀行強盗に参加するまでに至ったとのことです。一方で、1990年11月に,9歳の少女が新潟県内で誘拐され、10年間監禁されていた事件では,被害者が犯人に対して肯定的感情を抱いたことは一度もなかったと考えられ,ストックホルム症候群は否定されたとされています。

重村(2008)は、2002年に起きたモスクワの劇場をチェチェン系武装勢力が占拠した事件で,人質10人に同症候群が見られた一方で、FBI(米国連邦捜査局)による1200件以上の人質・立てこもり事件のデータ検証では,92%もの被害者には同症候群の徴候は見られなかったことを提示。人質事件において同症候群が起こる確率は稀であると指摘されている点について言及しています。佐藤・小畠・田中(1997)でも、同筆者等が24年間にわたり行った司法精神鑑定例約250件において,被害者が同症候群の諸特徴を十分に満たした狭義の事例は存在しなかったと述べています。

このように、人質事件で起こる確率は決して多いとは言えないながらも、ストックホルム症候群が起こる場合、一定の条件が揃っていると定義されています。

Ochbergの定義
①人質が監禁者に対する肯定的な感情、好意的な感情を抱くこと
②警察・司法当局に対して否定的な感情を抱くこと
③こうした特異な感情がしばしば犯人によって報いられていること
(作田, 2002;佐藤・小畠・田中, 1997)

映画『エンテベ空港の7日間』ダニエル・ブリュール

ストックホルム症候群について考える上で、これは誘拐や監禁など犯罪現場だけでなく、児童虐待や、夫やパートナーから暴力を受ける状況でも起こっているという考え方があります。被害者の内面には、助かりたいという気持ち、少しでも苦痛から逃れたいという気持ち、自分への過小評価があると考えられています。

佐藤・小畠・田中(1997)は、「外界から隔離された状況下での支配的な人間関係から生じる点でカルトの洗脳・マインドコントロールの際の教祖と信者との関係もまたこれに相当する。しかし,いずれにせよ,これらは自己の存在が脅かされる程の過大なストレスに対する対処行動の一つであることに変わりはない」としています。またアンナ・フロイトが『自我と防衛』の中で述べている“攻撃者への同一化”についても取り上げています。アンナ・フロイト(ジークムント・フロイトの娘)は「このような同一化は,不安を増大させている権威的存在から自我を守るために自我そのものにより惹起されているのであり,相手の攻撃や懲罰を避けることを目的とする」という見解を持っていたようです。

監禁された人や虐待の被害者が、逃げられない、逃げない理由の裏には、こういった心理が働いている場合があると考えると、解決が容易でないことも理解できます。

映画『ベル・カント とらわれのアリア』ジュリアン・ムーア/加瀬亮

ストックホルム症候群と対で、リマ症候群という心理現象もあります。これはストックホルム症候群とは逆に、加害者が被害者に対して抱く心理現象です。加害者は被害者に次第に親近感を抱き、攻撃態度から共感的態度に変化していくというものです。ストックホルム症候群と共通して、緊迫した状況下で一緒にいることは心理に何らかの影響を及ぼすということが言えると思います。誘拐や監禁の被害に遭うことは稀かもしれませんが、虐待やDVは身近にあることなので、こうした心理が働き、問題を複雑化させる可能性があることを頭に入れておきたいですね。

<参考・引用文献>
作田明(2002)「245.ストックホルム症候群[英]Stockholm syndrome」臨床精神医学, Vol.31(10), pp.1242-1243
佐藤親次・小畠秀悟・田中速(1997)「ストックホルム症候群」臨床精神医学26(3)pp.301-306
重村淳(2008)「[レクチャーシリーズ]用語集⑧ストックホルム症候群」トラウマティック・ストレス第6巻,第2号

映画『ストックホルム・ケース』イーサン・ホーク/ノオミ・ラパス/マーク・ストロング

『ストックホルム・ケース』
2020年11月6日より全国公開

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ストックホルム症候群の語源となった事件を映画化。あくまで映画の設定として観てですが、犯人のキャラもかなり影響があるように思えます。

© 2018 Bankdrama Film Ltd. & Chimney Group. All rights reserved. 

『ベル・カント とらわれのアリア』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

1996年12月16日(日本時間17日)に、南米ペルーのリマにある日本大使公邸で起こったテロ事件を映画化。本作では、ストックホルム症候群とリマ症候群の両方が起こっているのがわかります。リマ症候群はこの事件が語源となっています。

ベル・カント とらわれのアリア(字幕版)

© 2017 BC Pictures LLC

『エンテベ空港の7日間』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

1976年に起きた、イスラエル・テルアビブ発パリ行きのエールフランス機ハイジャック事件を映画化。240名の乗客に対してハイジャック犯は4人という状況ですが、一部ストックホルム症候群、リマ症候群と見られる関係がうかがえます。

エンテベ空港の7日間(字幕版)

© 2017 STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC. All Rights Reserved.

TEXT by Myson(認定心理士)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『バクラウ 地図から消された村』ソニア・ブラガ バクラウ 地図から消された村

伝統を重んじ、村独自の文化を保ちながら人々が暮らすバクラウ。最初は…

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 信じる力と挑戦する勇気をくれる『映画 えんとつ町のプペル』を全力で応援しよう部活参加者募集!

コロナ禍が続く状況が映画界にとっても試練となっていますが、そんななか劇場公開に踏み切った本作の挑戦を、ぜひ映画好きの皆さんに応援していただきたく、この度部活を企画しました。

映画『ビューティフルドリーマー』升毅 升毅(ます たけし)

1955年12月9日東京都生まれ。近畿大学経済学部卒業。1976年…

映画『君の誕生日』ソル・ギョング/チョン・ドヨン 君の誕生日

ソル・ギョングとチョン・ドヨンが共演ということで、これは観ないわけにはいきません!結論から…

映画『ホテルローヤル』稲葉友 稲葉友(いなば ゆう)

1993年1月12日生まれ、神奈川県出身。2009年、第22回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで…

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『佐々木、イン、マイマイン』藤原季節/細川岳/遊屋慎太郎/森優作 佐々木、イン、マイマイン

目指すものがあったらあったで、そこに近づけない自分に…

映画『リトル・サブカル・ウォーズ 〜ヴィレヴァン!の逆襲〜』本多力 本多力(ほんだ ちから)

1979年6月12日生まれ、京都府出身。1999年、第2回公演よりヨーロッパ企画に…

映画『ばるぼら』稲垣吾郎/二階堂ふみ ばるぼら

本作は、1973年から1974年にかけて「ビッグコミック」で連載された、手塚治虫による大人向け漫画「ばるぼら」を…

映画『スパイの妻』笹野高史 笹野高史(ささの たかし)

1948年6月22日、兵庫県生まれ。1983年に映画『ふしぎな國 日本』で…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 信じる力と挑戦する勇気をくれる『映画 えんとつ町のプペル』を全力で応援しよう部活参加者募集!

コロナ禍が続く状況が映画界にとっても試練となっていますが、そんななか劇場公開に踏み切った本作の挑戦を、ぜひ映画好きの皆さんに応援していただきたく、この度部活を企画しました。

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『オフィシャル・シークレット』マット・スミス/マシュー・グード ジャーナリズムの意義を問う映画特集

現代は情報に溢れており、不確かなニュースを判別することも難しくなってきました。でも、誰も正しい情報を伝えようとする努力をしなくなった時、世界はどうなって…

【恋のまち パリvsニューヨーク】特集イメージ:エッフェル塔&自由の女神 【恋のまち パリvsニューヨーク】特集

多くの恋愛映画の舞台となっているパリとニューヨーク。今回はそれぞれが舞台となっている恋愛映画の中で、どの作品が好きか投票を行い、ランキングと総合結果を出しました。パリvsニューヨークの結果はいかに!?

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

REVIEW

  1. 映画『バクラウ 地図から消された村』ソニア・ブラガ
  2. 映画『君の誕生日』ソル・ギョング/チョン・ドヨン
    君の誕生日

  3. 映画『佐々木、イン、マイマイン』藤原季節/細川岳/遊屋慎太郎/森優作
  4. 映画『ばるぼら』稲垣吾郎/二階堂ふみ
    ばるぼら

  5. 映画『エイブのキッチンストーリー』ノア・シュナップ
  6. 映画『滑走路』水川あさみ/浅香航大/寄川歌太
    滑走路

  7. 映画『おろかもの』笠松七海/村田唯
    おろかもの

  8. 映画『家なき子 希望の歌声』ダニエル・オートゥイユ/マロム・パキン
  9. 映画『フード・ラック!食運』EXILE NAOTO/土屋太鳳
  10. 映画『ホモ・サピエンスの涙』
PAGE TOP