REVIEW

博士と狂人

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『博士と狂人』メル・ギブソン/ショーン・ペン

メル・ギブソンとショーン・ペンが共演というだけで、この映画に観ないという選択肢はありません(笑)。本当にこの2人の掛け合いを観ているだけでも鳥肌が立つのですが、ストーリーそのものの吸引力もスゴい!本作は、南北戦争の体験で精神を患い、人違いで殺人を犯してしまった元軍医のウィリアム・チェスター・マイナーと、オックスフォード大学で英語辞典の編纂責任者を務めたジェームズ・マレーにまつわる実話を基に映画化された作品です。舞台は、1872年の英国ロンドンから始まり、殺人の罪で捕まったウィリアムは心の病を理由に無罪になりますが、精神病院に送られます。一方ジェームズは、家庭の事情で進学を諦め、独学でフランス語、ドイツ語、ギリシャ語、ラテン語を体得しただけでなく、地質学、地理学、天文学、歴史、考古学にも精通していました。彼は、オックスフォード大学が20年間かけて出版しようとしていた英語辞典の編纂責任者候補として呼ばれますが、彼が学位を持っていないという理由で、大学の理事会にいぶかしがられます。それでもジェームズは実力を示し、編纂責任者となりますが、このジェームズと精神病院にいるウィリアムが、どこでどうやって繋がるのか、最初はまったく想像がつきません。2人がどう出会うかは本編を観て頂くとして、そんな2人が繋がりをもつきっかけがまさに学問であり、天才同士だからこそ意気投合し、不器用ながら真っ直ぐな性格同士ゆえに強固な絆を築いていきます。そこが本作の醍醐味であり、さらにその友情が2人の運命を推進させる原動力になっている点で、心を動かされます。そして、オックスフォード大学が出版しようとしている辞典は、ただの辞典ではなくこだわりがすごくて、1語ずつ言葉の歴史や背景を網羅している辞典ということで、その英語辞典が作られていく過程もとてもドラマチックです。どんな学問でも研究が好きな人にとってすごく共感できるシーンが多く、特別研究者でなくても夢中になれることがある人は特に共感できるストーリーです。主演の2人以外の俳優も実力派揃いの豪華キャストなので、エンタテインメントとしても満足度が抜群です。

デート向き映画判定
映画『博士と狂人』ナタリー・ドーマー/エディ・マーサン

ジェームズとエイダの夫婦愛、ウィリアムとある人の複雑な関係など、ロマンチックな部分もあり、デートで観るのも良いでしょう。何か夢中になるものがあって、それを追究しようとする時、独り身なら決めやすいですが、家庭があるとそう簡単にはいきません。ジェームズの偉業を妻のエイダがどう支えたかは、とても参考になると思います。これが正解という意味ではなく、一つの例として観ることで、同じような関係性のカップル、夫婦は何かヒントを得られるかも知れません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『博士と狂人』メル・ギブソン

何か夢中になるものがあると、それを突き詰めていく上での苦しみもありますが、逆にそれに救われることもあります。本作の主人公ジェームズとウィリアムは、まさにその2つをそれぞれに体現して見せてくれます。少し衝撃的なシーンもあるので、中学生くらいになってから観るのが良いかなと思いますが、学問の素晴らしさとおもしろさ、友情、愛…と、大切なことをたくさん教えてくれる作品なので、ぜひ観てください。

映画『博士と狂人』メル・ギブソン/ショーン・ペン

『博士と狂人』
2020年10月16日より全国公開
ポニーキャニオン
公式サイト

© 2018 Definition Delaware, LLC. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP