REVIEW

博士と狂人

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『博士と狂人』メル・ギブソン/ショーン・ペン

メル・ギブソンとショーン・ペンが共演というだけで、この映画に観ないという選択肢はありません(笑)。本当にこの2人の掛け合いを観ているだけでも鳥肌が立つのですが、ストーリーそのものの吸引力もスゴい!本作は、南北戦争の体験で精神を患い、人違いで殺人を犯してしまった元軍医のウィリアム・チェスター・マイナーと、オックスフォード大学で英語辞典の編纂責任者を務めたジェームズ・マレーにまつわる実話を基に映画化された作品です。舞台は、1872年の英国ロンドンから始まり、殺人の罪で捕まったウィリアムは心の病を理由に無罪になりますが、精神病院に送られます。一方ジェームズは、家庭の事情で進学を諦め、独学でフランス語、ドイツ語、ギリシャ語、ラテン語を体得しただけでなく、地質学、地理学、天文学、歴史、考古学にも精通していました。彼は、オックスフォード大学が20年間かけて出版しようとしていた英語辞典の編纂責任者候補として呼ばれますが、彼が学位を持っていないという理由で、大学の理事会にいぶかしがられます。それでもジェームズは実力を示し、編纂責任者となりますが、このジェームズと精神病院にいるウィリアムが、どこでどうやって繋がるのか、最初はまったく想像がつきません。2人がどう出会うかは本編を観て頂くとして、そんな2人が繋がりをもつきっかけがまさに学問であり、天才同士だからこそ意気投合し、不器用ながら真っ直ぐな性格同士ゆえに強固な絆を築いていきます。そこが本作の醍醐味であり、さらにその友情が2人の運命を推進させる原動力になっている点で、心を動かされます。そして、オックスフォード大学が出版しようとしている辞典は、ただの辞典ではなくこだわりがすごくて、1語ずつ言葉の歴史や背景を網羅している辞典ということで、その英語辞典が作られていく過程もとてもドラマチックです。どんな学問でも研究が好きな人にとってすごく共感できるシーンが多く、特別研究者でなくても夢中になれることがある人は特に共感できるストーリーです。主演の2人以外の俳優も実力派揃いの豪華キャストなので、エンタテインメントとしても満足度が抜群です。

デート向き映画判定
映画『博士と狂人』ナタリー・ドーマー/エディ・マーサン

ジェームズとエイダの夫婦愛、ウィリアムとある人の複雑な関係など、ロマンチックな部分もあり、デートで観るのも良いでしょう。何か夢中になるものがあって、それを追究しようとする時、独り身なら決めやすいですが、家庭があるとそう簡単にはいきません。ジェームズの偉業を妻のエイダがどう支えたかは、とても参考になると思います。これが正解という意味ではなく、一つの例として観ることで、同じような関係性のカップル、夫婦は何かヒントを得られるかも知れません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『博士と狂人』メル・ギブソン

何か夢中になるものがあると、それを突き詰めていく上での苦しみもありますが、逆にそれに救われることもあります。本作の主人公ジェームズとウィリアムは、まさにその2つをそれぞれに体現して見せてくれます。少し衝撃的なシーンもあるので、中学生くらいになってから観るのが良いかなと思いますが、学問の素晴らしさとおもしろさ、友情、愛…と、大切なことをたくさん教えてくれる作品なので、ぜひ観てください。

映画『博士と狂人』メル・ギブソン/ショーン・ペン

『博士と狂人』
2020年10月16日より全国公開
ポニーキャニオン
公式サイト

© 2018 Definition Delaware, LLC. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ソングバード』ソフィア・カーソン ソングバード

物語の舞台は2024年。コロナウイルスの猛威がさらにエスカレートし…

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

映画『アイ・アム まきもと』でんでん でんでん

1950年1月23日、福岡県生まれ。渥美清に憧れ弟子入りしたく高校卒業後に上京…

映画『1950 鋼の第7中隊』ウー・ジン 1950 鋼の第7中隊

ツイ・ハーク、チェン・カイコー、ダンテ・ラムが監督を務め、製作費270億円が投じられた本作は…

映画『NOPE/ノープ』キキ・パーマー キキ・パーマー

1993年8月26日アメリカ、イリノイ州ハーヴェイ生まれ。シンガー、俳優、声優など…

映画『ドライビング・バニー』エシー・デイヴィス/トーマシン・マッケンジー ドライビング・バニー

キービジュアルから、ポップで可愛い映画なのかと思いきや…

映画『ぼくらのよあけ』 『ぼくらのよあけ』一斉試写会 10組20名様ご招待

映画『ぼくらのよあけ』一斉試写会 10組20名様ご招待

映画『スーパー30 アーナンド先生の教室』リティク・ローシャン リティク・ローシャン

1974年1月10日インド、ムンバイ生まれ。父はプロデューサー、監督、脚本家、俳優である…

映画『アムステルダム』ワールドプレミア、クリスチャン・ベール夫妻 クリスチャン・ベール、マーゴット・ロビーら豪華キャスト&スタッフ集結!『アムステルダム』ワールドプレミア

デヴィッド・O・ラッセル監督による7年ぶりの新作『アムステルダム』が、2022年10月28日より全国公開となります。先日、ニューヨークにてワールドプレミアが開催され、クリスチャン・ベール、マーゴット・ロビー、ジョン・デヴィッド・ワシントンをはじめ、ラミ・マレック、ロバート・デ・ニーロら豪華キャスト&スタッフが一堂に会しました。

海外ドラマ『デビアスなメイドたち シーズン1』アナ・オルティス/ダニア・ラミレス/ロゼリン・サンチェス/ジュディ・レイズ デビアスなメイドたち

『デスパレートな妻たち』が好きな人にオススメ!

部活・イベント

  1. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  2. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  3. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ

おすすめ記事

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回…

記事作成部活20220720:初秋最新作 あなたの映画愛、ドラマ愛を形に!【記事作成部活】2022年9月度参加者募集

9月は韓国ドラマの回もオンラインで実施します!

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』ジム・キャリー “俳優引退!?”記念 ジム・キャリー人気作品ランキング

『マスク』『エターナル・サンシャイン』『トゥルーマン・ショー』など、数々の名作に出演の名俳優、ジム…

映画『ブレット・トレイン』ブラッド・ピット/アーロン・テイラー=ジョンソン 映画好き目線でそそる2022年初秋公開映画を紹介

今回は一足お先に初秋の映画をご紹介。正式部員から立候補してくださった皆さんと「映画好き目線でそそる初秋公開映画」を選びました。そそる項目も皆で決めてチャートも作ってみました。参考にしてみてください。

映画『なまず』イ・ジュヨン キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年7月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッ…

REVIEW

  1. 映画『ソングバード』ソフィア・カーソン
    ソングバード

  2. 映画『1950 鋼の第7中隊』ウー・ジン
  3. 映画『ドライビング・バニー』エシー・デイヴィス/トーマシン・マッケンジー
  4. 海外ドラマ『デビアスなメイドたち シーズン1』アナ・オルティス/ダニア・ラミレス/ロゼリン・サンチェス/ジュディ・レイズ
  5. 映画『マイ・ブロークン・マリコ』永野芽郁
  6. 映画『アイ・アム まきもと』阿部サダヲ
  7. 映画『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』ヒュー・ボネヴィル/ローラ・カーマイケル/ジム・カーター/ブレンダン・コイル/ミシェル・ドッカリー/ケヴィン・ドイル/ジョアン・フロガット/マシュー・グード/ハリー・ハッデン=パトン/デヴィッド・ヘイグ/ジェラルディン・ジェームズ/ロブ・ジェームス=コリアー/サイモン・ジョーンズ/アレン・リーチ/フィリス・ローガン/エリザベス・マクガヴァン/ソフィー・マックシェラ/タペンス・ミドルトン/スティーヴン・キャンベル・ムーア/レスリー・ニコル/ケイト・フィリップス/マギー・スミス/イメルダ・スタウントン/ペネロープ・ウィルトン/ヒュー・ダンシー/ローラ・ハドック/ナタリー・バイ/ドミニク・ウェスト
  8. 映画『スーパー30 アーナンド先生の教室』リティク・ローシャン
  9. 映画『秘密の森の、その向こう』ジョセフィーヌ・サンス/ガブリエル・サンス
  10. 映画『LAMB/ラム』ノオミ・ラパス/ヒルミル・スナイル・グズナソン
    LAMB/ラム

PAGE TOP