キャリア・仕事

あなただけのキャリア4:あなたらしく働くために役立つ視点【キャリア・アンカー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『博士と狂人』メル・ギブソン

2020年は、新型コロナウィルス感染症の影響により、世界的規模で働き方が大きく変わりました。また離職を余儀なくされる状況も出てきていて、自身の仕事について、将来について見直そうと感じている人も多いと思います。そこで今回はキャリアを見直す意味で重要な“キャリア・アンカー”を取り上げます。

キャリア・アンカーは、組織心理学者でありサイコセラピストでもあるエドガー・シャインが提唱した、分類です。渡辺(2018)では、キャリア・アンカーは「キャリア、職業における自己概念/セルフイメージ」と定義されています。また、具体的には「自分が職務遂行に当たって、〜が得意である、〜によって動機付けられる、仕事を進める上で何に価値を置いているのか、についての自分自身の認識である」とたとえられています。アンカーは碇(いかり)のことで、船の碇が船をつないで安定させるのと同じく、キャリア・アンカーはキャリアを安定させるのに役立つとされています。シャインはキャリア・アンカーとして、8つのパターンを挙げています。

<8つのキャリア・アンカー>
1:特定専門分野/機能別のコンピテンス:特定の業界、職種、分野にこだわる。
2:全般管理コンピテンス:総合的な管理職位を目指す。1とは対照的に組織全体にわたる様々な経験を求める。
3:自律/独立(自由):制限や規則に縛られず、自律的に職務が進められることを重要とする。
4:保証/安定:生活の保障、安定を第一とする。
5:起業家的創造性:新規に自らアイデアで起業・創業することを望む。
6:純粋な挑戦:チャレンジングなことに取り組むこと、挑戦し続けること自体に価値を置く。
7:奉仕/社会献身:仕事の上で人の役に立っているという感覚を大切にする。
8:生活様式:仕事生活とその他の生活との調和を保つことを重要視する。
渡辺(2018)

皆さんはどれが1番強いですか?もちろん1つだけ当てはまるというのではなく、それぞれの強弱のバランスによって、自身のキャリア・アンカーが見えてくるということです。ただ、注意したい点がいくつかあります。

渡辺(2018)は、「キャリア・アンカーを直接職業と結びつけないこと、また、キャリア・アンカーは、自己イメージのパターンであって、外部から定めることはできず、みずから語らせ、認識することが重要である」としています。そして、「いくら自分らしい、セルフイメージにあうキャリアを追究しても(キャリア・アンカー)、それが仕事として現実に実現できなれば、仕事としては成立しない」ということも述べています。

映画『博士と狂人』メル・ギブソン/ヨアン・グリフィズ

仕事にならなきゃ意味がない、そりゃそうですね(苦笑)。でも、考え方によっては、キャリア・アンカーに100%合う仕事を始めから見つけられたら、おもしろくないかもしれません。というのも、人間は変化していくし、頭で考えていることと、感情的・感覚的に満足することとは必ずしも同じではありません。キャリア・アンカーは経験や人間関係によっても変化し続けていくものであり、だんだん顕著になっていくものなので、「この時点で持っているキャリア・アンカーが完全体」というのはないと考えることができるでしょう。

なので、就職、転職の上でキャリア・アンカーは役に立ちますが、ガチガチに考えずに、探究心を持って、だんだんとそれに合うものを見つけていくのが楽しいのではないでしょうか。

では、キャリア・アンカーはどうやって確かめれば良いのでしょうか。ここにいシャインが有効だと述べた、3つの質問を紹介します。

1.才能と能力について「何が得意か」。
2.動機と欲求について「何がやりたいのか」。
3.意味と価値について「何をやっている自分が充実しているのか」。
渡辺(2018)

前述でキャリア・アンカーは外部から定めることはできないとありましたが、参考までに、キャリア・アンカーが垣間見える映画のキャラクターをご紹介します。

映画『罪の声』小栗旬

『罪の声』では、小栗旬が演じる新聞記者の阿久津英士が記者としての在り方、生き方で悩んできた様子も描かれています。彼が取材の際に見せる姿勢や、一緒に事件の真相を追いかける曽根俊也(星野源)との会話に、阿久津が何を大事にしたいかが見えます。

そして、『博士と狂人』でメル・ギブソンが演じるジェームズ・マレー博士の仕事ぶり、生き様にも、彼が貫き通そうとするものが映し出されています。ジェームズ・マレー博士は実在の人物で、オックスフォード大学が20年間かけて出版しようとしていた英語辞典の編纂責任者に選ばれました。でも、当初マレー博士は学位を持っていませんでした。オックスフォード大学という組織の中で、学位を持たない人物を重要なポジションに任命することは異例中の異例であり、マレー博士は実力を証明し、自分の価値を認めてもらうために並々ならぬ努力をしました。ここで彼が折れないで続けられたのは、家族や仲間の支えはもちろん、キャリア・アンカーがしっかりあったからだと見て取れます。

映画の役の話とは離れますが、メル・ギブソン自身も以前莫大な私財を投じて『パッション』という映画を作りました。そんなところにもキャリア・アンカーが垣間見えますね。

キャリア・アンカーは、働くうちに築かれていくものなので、学生や新卒者の皆さんにはまだピンとこないと思いますが、これから働いていくなかで考えてみてください。そして、だんだんと自分にあった仕事に近づいていけば良いのではと思います。既に働いている皆さんも、これを機にキャリア・アンカーを見直してみると、この変化の時代に考えて決断すべきことの答えが見えてくるかもしれません。

<参考・引用文献>
渡辺三枝子ほか(2018)「新版 キャリアの心理学[第2版]キャリア支援への発達的アプローチ」ナカニシヤ出版

オススメのお仕事映画

映画『博士と狂人』メル・ギブソン/ショーン・ペン

『博士と狂人』
2020年10月16日より全国公開

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

かなりアウェイな状況で、黙々と英語辞典完成に向けて尽力するマレー博士の仕事ぶりから、勇気と希望をもらえます。

© 2018 Definition Delaware, LLC. All Rights Reserved.

映画『罪の声』小栗旬/星野源

『罪の声』
2020年10月30日より全国公開

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

「なぜ文化部の阿久津が、昭和史最大の未解決事件の謎を追ってるの?」と思いながら観ていたら、「そういうことだったのか!」となります。

© 2020 映画「罪の声」製作委員会

TEXT by Myson(国家資格キャリアコンサルタント/認定心理士)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『エターナルズ』オリジナルグッズ 『エターナルズ』オリジナルスマホリング&Tシャツ 2名様プレゼント

映画『エターナルズ』オリジナルスマホリング&Tシャツ 2名様プレゼント

映画『アレックス STRAIGHT CUT』モニカ・ベルッチ アレックス STRAIGHT CUT

オリジナルの公開当時1人で映画館で観て、強烈な内容だったので今まで忘れることは…

映画『凜‐りん‐』佐野勇斗 佐野勇斗(さの はやと)

1998年3月23日愛知県生まれ。2015年に映画『くちびるに歌を』で俳優デビューし…

映画『CUBE 一度入ったら、最後』 CUBE 一度入ったら、最後

この映画を日本で作るとはちょっと意外に感じましたが、一方でオリジナルがすごくおもしろくて個性的なので、もっと早く…

映画『ビルド・ア・ガール』ビーニー・フェルドスタイン ビルド・ア・ガール

本作は、原作者であり本作の脚本も担当しているキャトリン・モランの半自伝的小説“How To Build A Girl”を映画化したものです。キャトリン・モラン自身、15歳で…

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ラシャーナ・リンチ ラシャーナ・リンチ

1987年11月27日イングランド生まれ。『キャプテン・マーベル』に出演し…

映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』グレタ・トゥーンベリ グレタ ひとりぼっちの挑戦

環境保護の活動家グレタさんのことは知っていましたが、彼女の詳しい背景について本作を観て知り、驚かされました…

映画『にがくてあまい』川口春奈/林遣都 映画で“食”について考えてみよう16:夏の疲れを癒やす秋の食材

いよいよ“食欲の秋”が到来ということで、今回は今が旬の秋の食材について特徴や栄養を紹介したいと思います。

映画『最後の決闘裁判』ベン・アフレック ベン・アフレック

1972年8月15日アメリカ生まれ。監督、俳優、脚本家、プロデューサーとして活躍し…

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』 ロン 僕のポンコツ・ボット

スマホよりも高性能で友達まで探してくれる最新式ロボット型デバイス“Bボット”。主人公バーニーが通う中学校では皆持っているような状況…

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:ママと赤ちゃん
  2. 映画『おとなの事情』
  3. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)zoom開催イメージ
  4. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  5. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶

おすすめ記事

Pixabayによる写真:ママと赤ちゃん 子育てと映画生活について語ろう!トーキョー女子映画部“交流会”vol.4参加者募集

交流会第4回は時間帯を変えて実施します。テーマは「子育てと映画生活」ということで、子育て中の皆さんは今どんな風に映画と触れあっていらっしゃるのか、子育てを終えられた方は当時どんな風に映画と接してらっしゃったか、これから出産予定の方は先輩ママから教えて欲しいことなど、情報交換の場となれば嬉しいです。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン お気に入りのスパイ映画はどれ?スパイ映画人気ランキング

シリアスな展開やハラハラドキドキするアクションシーンも楽しめるスパイ映画。今年は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『キングスマン:ファースト・エージェント』など超目玉作品の公開が続きます。そこで今回は、編集部独断でスパイ映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品を聞いてみました!

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

REVIEW

  1. 映画『アレックス STRAIGHT CUT』モニカ・ベルッチ
  2. 映画『CUBE 一度入ったら、最後』
  3. 映画『ビルド・ア・ガール』ビーニー・フェルドスタイン
  4. 映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』グレタ・トゥーンベリ
  5. 映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』
  6. 映画『ひらいて』山田杏奈
    ひらいて

  7. 映画『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』ヘンリー・ゴールディング
  8. 映画『アミューズメント・パーク』リンカーン・マーゼル
  9. 映画『THE MOLE(ザ・モール)』ウルリク・ラーセン
  10. 映画『〈主婦〉の学校』
PAGE TOP