REVIEW

ハリエット

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ハリエット』シンシア・エリヴォ

本作は実在した奴隷解放運動家のハリエット・タブマンの物語。彼女は6歳の頃から奴隷として働き、虐待を受けて育ちました。13歳の時に奴隷監督が投げた秤の分銅が頭に当たったのが原因で頭蓋骨が陥没する重傷を負い、後遺症として急激に強い眠気に襲われる睡眠障害、ナルコレプシーに生涯悩まされました。さらに奴隷主の借金返済のため、姉達は売り飛ばされ、彼女自身も売り飛ばされそうになりますが、その時に命がけで奴隷制が廃止された自由州に脱走し、後に奴隷達の逃亡に貢献します。一見無謀な救助計画でも鉄の意志で多くの人を救おうとする背景には、彼女が受けてきた辛過ぎる体験があるからこそですが、本作では神に導かれているとも思える彼女の神秘的な力も印象的に描かれています。神の存在の描写は観る人の宗教観などによっては縁遠い話に思えるかも知れませんが、本作には客観的視点が感じられると同時に、ものの見え方に押しつけがないので、自然に彼女が天命によって運動家になったと思える描写になっています。歌が仲間同士の合い言葉のように使われているシーンも印象的で、歌には戦う意志や希望が込められていて、黒人文化における音楽の存在価値がいかに大きいかが伝わってきます。シンシア・エリヴォの歌声が強く美しく、テーマ曲“スタンド・アップ”は一度聴いたら忘れられません。運動家としての偉業だけでなく、女性として大きな苦難を乗り越えたハリエットは、私達日本人女性にとっても共感できる女性です。ぜひ彼女の物語を多くの人に知って欲しいです。

デート向き映画判定
映画『ハリエット』シンシア・エリヴォ

恋愛的展開には切ない部分も出てきますが、自分達と重ね合わせて観るというよりは、ハリエットの命がけの闘いぶりに釘付けになると思います。夫婦として普通に生活することもままならない状況が描かれているので、自由恋愛ができる私達の生活がいかに恵まれているかを実感できるでしょう。良い意味で、身を引き締めるきっかけになるかも知れません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ハリエット』シンシア・エリヴォ

人間としての尊厳を捨てず、家族のため、仲間のために命をかけて戦ったハリエットという女性の生き様を、ぜひ皆さんにも知って欲しいと思います。アメリカ史に詳しくなくても、奴隷制があったことを知っていれば理解できます。本作を観ることでよりアメリカ史に興味を持てたら、勉強にも繋がって一石二鳥ですね。テーマ的に難しい印象があるかも知れませんが、歌のシーンもカッコ良く、ドラマチックなストーリーなので、2時間を越える上映時間も長さを感じないはずです。

映画『ハリエット』シンシア・エリヴォ/レスリー・オドム・Jr/ジャネール・モネイ

『ハリエット』
2020年6月5日より全国公開
パルコ
サイト

© 2019Universal Pictures International, Focus Features LLC and Perfect Universe Investment Inc.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』福原遥 福原遥【プロフィールと出演作一覧】

1998年8月28日生まれ。埼玉県出身。 主な映画出演作に…

中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード 中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース マッドマックス:フュリオサ【レビュー】

直感的におもしろいと感じられるので、わざわざ言語化、文章化せずに…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  2. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  3. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ
  4. 映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース
  5. 海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP