心理学

心理学から観る映画6-1:非常事態における意思決定に影響するもの【共有情報バイアスと集団性脳炎】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』渡辺謙

2020年3月現在、世界中で新型コロナウィルスの感染者が増加し続けています。日本政府は“ようやく”対応に本腰を入れ始めましたが、もっと早く、もっと適切な対応をできたのではないかと思っている人も多いのではないでしょうか。ちまたではさまざまな立場から、どんな方法が有効かが議論されていながら、なぜ政府が発表する対策や情報に違和感を持ってしまうのでしょうか。政府の判断や対応が正しいのか間違っているのかが結果として表れるのは後になってからですが、今回は集団が物事を決定する際に問題となる要因を考えてみたいと思います。

<参考・引用文献>
無藤隆、森敏昭、遠藤由美、玉瀬耕治(2018)「心理学」有斐閣
堀洋道、吉田富二雄、松井豊、宮本聡介ほか(2017)「新編 社会心理学〔改訂版〕」福村出版
下記は、上記で語られている内容から一部引用しまとめた上で、映画に関するところは本記事筆者の考察を掲載しています。

共有情報バイアス

例えば10人で会議をしようとする場合、全員が持っている情報は必ずしも一致していません。個々に持っている知識や情報もあれば、皆が共通して知っていることもあります。議論をする前の準備や議論の時間を長く確保できる場合は、全員にとってそこで必要な情報をすべて共有してから議論に臨むのが1番良いですが、切迫した状況で判断を急ぐ場合においてはそれができていない状態で議論されることになります。

集団による意思決定の場合、共有情報と非共有情報では、共有情報に関する議論に多くの時間やエネルギーが費やされるとされています。これは共有情報バイアスと呼ばれ、人は自分が知らないことについてはあまり話し合おうとせず、既に知っていることについて話し合おうとするために、共有情報が強く決定や判断に影響することになるというものです。

また決断が急がれる場合、他のメンバーからの支持を得たいという心理的対人的欲求なども働き、共有情報に一層注意が向けられる傾向があるといいます。さらに、非共有情報よりも共有情報について話す人のほうが知識が豊富で有能で信頼できると評価される傾向もあるとされています。そうなると、多数派の意見に疑問を呈する客観的な意見や画期的な意見はあまり歓迎されないか、聞いてもらえても皆がピンとこずに、限られた共有情報の中で無難な判断にいきつくのも想像に難くありません。

集団性脳炎

専門家なども含めた優秀なメンバーで行われた意思決定でも、後に誤りだったとされたケースは少なくないようです。例として挙げられるのは、アメリカのスペースシャトル・チャレンジャーやコロンビアの爆発事故や、真珠湾の防衛、キューバ侵攻作戦の失敗、ベトナム戦争の拡大、ウォーターゲート事件などです。ジャニスは、集団力学の観点から、「優秀なメンバーを揃えながら誤った決断を下したグループは、“集団性脳炎”という一種の病気にかかっていた」と表しました。同じ価値観を持つ結束の堅いグループが特殊な緊張下で意思決定を行う時、仲間意識的ムードを損なわずに全員の合意を得ようとして、意見の対立を避けようとするからだと考えられています。

こういったグループの議論では、自分の意見が正しいと思っていても大勢の意見に反するのではないかと自己規制してしまったり、直接的間接的に同調するような圧力が働いていたりするため、全員一致しているかのような幻想が起こり、極度の楽観的幻想が生じることもあると言われています。

映画『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』佐藤浩市

映画『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』では、東日本大震災で起きた福島第一原発の事故の裏側で、各立場の人間がどんな議論を交わしていたかが描かれています。事故現場の対応にあたる社員達、その近くに設置された緊急対策室の社員達、離れた場所にいる企業幹部と政府関係者といった3つの拠点でのやりとりには、現場経験の有無による知識や情報の差、緊張度の違いなどが現れています。権限は現場から一番遠い人達にあるがゆえに、すぐに対応すべき事柄でも現場は待機しなければいけなかったり、もどかしい状況が見て取れますが、新型コロナウィルスの問題を対応する関係各所の背景にも似たような状況があるのではないでしょうか。

今回の新型コロナウィルスについての政府関係者間の議論の場で上記のようなことが起きているかどうかはわかりませんが、いずれにしても、客観的な視野をもった適切な判断がされることを願います。こういったバイアスがなるべくかからないようにするためには、同じ価値観のメンバーに偏ることなく、スタンス、見識が違うメンバーでも歓迎すること、意見を出しやすいムードを作ること、リーダーはどんな意見も公平に聞くことなどが必要ということになります。現在の状況が変化し続けて時間が経つと、個々の判断も増えていくかも知れません。今後自分達の集団で判断を下す際は、こういったポイントを注意したいところです。

次回は“同調”について考えます。

映画『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』佐藤浩市/渡辺謙/吉岡秀隆/緒形直人/安田成美

『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』
2020年3月6日より全国公開
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

東日本大震災の時、福島第一原発の事故の裏側では、どんな議論が繰り広げられていたのか…。政府の顔色を窺う企業の上層部と、命がけで問題に対処する現場社員の知識や経験の違い、緊張度の違いが描かれている。

© 2020『Fukushima 50』製作委員会

TEXT by Myson(認定心理士)

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『SKIN/スキン』ジェイミー・ベル SKIN/スキン

本作の前に作られた短編も観ることができたのですが、短い間にドラマが凝縮されていて、この物語が伝えたいことがバシッと表現された衝撃的なラストに圧倒されました。そして、その世界に存在する…

映画『WAVES/ウェイブス』ケルヴィン・ハリソン・Jr/テイラー・ラッセル WAVES/ウェイブス

2部構成となっている本作の前半は“タイラーの罪”と題して、裕福な家庭に長男として生まれたタイラーの物語が綴られています。一家が裕福であるのは父の苦労と努力の…

映画『ルース・エドガー』ナオミ・ワッツ/オクタヴィア・スペンサー/ケルヴィン・ハリソン・Jr. ルース・エドガー

人種差別に関する映画はたくさんありますが、こういった視点のものはあまりなかったのではないでしょうか。勉強もスポーツも万能で…

水間ロン、アーティスト写真 『燕 Yan』水間ロンさんインタビュー

日本と台湾の高雄を舞台に、離ればなれになった家族がそれぞれの苦しく切ない感情を抱えながら、もがき成長する姿が描かれたヒューマンドラマ『燕 Yan』。今回は本作で初主演を飾り、さらに企画と脚本にも携わっている水間ロンさんにリモート取材させて頂きました。企画段階から本作へ参加した感想や、また、水間さん自身、中国の大連出身で、日本の大阪育ちという経歴をお持ちということで、ご自身のアイデンティティ形成についても聞いてみました。

映画『罪と女王』トリーヌ・ディルホム/グスタフ・リン 罪と女王

いや〜いろんな意味でゾッとしました。それくらいドラマチックで、映画だからこそ描ける“罪”であって欲しい衝撃的な内容です。主人公は…

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

映画『燕 Yan』水間ロン 水間ロン(みずま ろん)

1989年生まれ。中国、大連出身、大阪育ち。大学を卒業後に上京し、俳優活動を始める。主なテレビドラマ出演作に…

映画『生きてるだけで、愛。』趣里/菅田将暉 心理学から観る映画12-2:自己注目が抑うつを引き起こす

人間というものを理解しようとする時、“自己”という概念がとても重要になります。自分をどう認知しているか、自分をどう見せたいか、自分はどう見られていると思うか…など、あらゆる視点やとらえ方が、心の健康及び病に影響をもたらします。そこで今回は自己注目と抑うつの関係について考察します。

映画『未成年』キム・ヘジュン/パク・セジン 未成年

不倫の末に妊娠してしまった女性の子どもと、不倫相手の娘が高校で同級生というなさそうでありそうな…

映画『アンティークの祝祭』カトリーヌ・ドヌーヴ アンティークの祝祭

神のお告げがあったと言って、急に身の回りのものを処分しようとガレッジセールを開く主人公。彼女の家にはたくさんのアンティークがあり、それぞれにまつわる思い出が映像の中で描かれていきます。一方、現在の彼女は孤独で…

おすすめ記事

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

映画『レヴェナント:蘇えりし者』ジャパンプレミア、レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 演技力部門編>

今回は演技力部門のランキングを発表します!これだけ演技派揃いの俳優の中でトップに輝いたのは誰だった…

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ禍のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ禍の映画生活について、調査しました。

銃イメージ画像 あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『レオン』

「勝手にキャスティング企画!」第3回は『レオン』。まだ子役だったナタリー・ポートマンが、当時から可愛くて、演技も素晴らしく、虜になった方も多かったのではないでしょうか?今回はそんな本作をリメイクするとしたら、ジャン・レノが演じたレオン・モンタナ、ナタリー・ポートマンが演じたマチルダ・ランドーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『エジソンズ・ゲーム』ベネディクト・カンバーバッチ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 個性・ユーモア部門編>

今回は個性・ユーモア部門のランキングを発表します。どの俳優もなかなかの個性派ですが、果たして結果はどうなったのでしょうか!?

映画『ケープタウン』来日会見、オーランド・ブルーム イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 ルックス・セクシー部門編>

今回からイイ男セレクションランキング海外40代俳優編の結果を発表!編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている海外40代(1971年以降、1980年以前の生まれ=数え年で40代)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい方を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。まずは、ルックス・セクシー部門の結果を発表します!

映画『アトミック・ブロンド』シャーリーズ・セロン 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜アクション俳優編〜

楽しい妄想シリーズとして、新たに「1日あの人になってみたい!」企画をスタート。第1弾は“アクション俳優編”です。皆さんがもし1日だけアクション俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想しながら回答頂きました!

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『タイタニック』

「勝手にキャスティング企画!」第2回は『タイタニック』。名作中の名作で、日本でも一大ムーブメントを起こしたあの頃が懐かしいですね。今回はそんな本作をリメイクするとしたら、レオナルド・ディカプリオが演じたジャック・ドーソン、ケイト・ウィンスレットが演じたローズ・デウィット・ブカターを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『ルーム』ブリー・ラーソン/ジェイコブ・トレンブレイ ここが手掛ける映画は間違いない!映画好き女子が選んだ【A24】ランキング

皆さんは“A24”というスタジオをご存知でしょうか?「あれもこれもここが手掛けたの!」と驚くほど、…

REVIEW

  1. 映画『SKIN/スキン』ジェイミー・ベル
    SKIN/スキン

  2. 映画『WAVES/ウェイブス』ケルヴィン・ハリソン・Jr/テイラー・ラッセル
  3. 映画『ルース・エドガー』ナオミ・ワッツ/オクタヴィア・スペンサー/ケルヴィン・ハリソン・Jr.
  4. 映画『罪と女王』トリーヌ・ディルホム/グスタフ・リン
    罪と女王

  5. 映画『未成年』キム・ヘジュン/パク・セジン
    未成年

  6. 映画『アンティークの祝祭』カトリーヌ・ドヌーヴ
  7. 映画『デッド・ドント・ダイ』ビル・マーレイ/アダム・ドライバー/クロエ・セヴィニー
  8. 映画『エジソンズ・ゲーム』ベネディクト・カンバーバッチ
  9. 映画『ポップスター』ナタリー・ポートマン
    ポップスター

  10. 映画『お名前はアドルフ?』フロリアン・ダーヴィト・フィッツ/クリストフ=マリア・ヘルプスト/ユストゥス・フォン・ドホナーニ/カロリーネ・ペータース

部活・イベント

  1. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  2. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP