REVIEW

ピーター・パン&ウェンディ【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ピーター・パン&ウェンディ』アレクサンダー・モロニー/エヴァー・アンダーソン

ピーター・パンのお話は、ディズニーアニメーションを含め、何度も映像化されています。だから、意外にあらゆる“ピーター・パン”作品の原作のあらすじを知らないという方も多いのではないでしょうか。私もその1人です(汗)。そこでいろいろ調べてみたところ、“ピーター・パン”の原点は、1904年に初演された、ジェームス・マシュー・バリーの戯曲「ピーター・パンあるいは大人にならない少年」(題名の訳も微妙に異なるものが複数あります)とみて間違いなさそうです。そして、この戯曲を小説化した「ピーター・パンとウェンディ」が1911年に出版されました。本作は『ピーター・パン&ウェンディ』というタイトルからも、1911年の小説を原作としていると考えられます。原作のあらすじにも諸説ある(日本語訳も複数あるので、意訳の仕方によって余計にバリエーションが増えたとも考えられます)ので、原著を読んでみないことには正確に照らし合わせることは難しいですが、原作の内容にまつわる複数の情報を基にすると、本作は原作に忠実な部分と、ディズニーアニメーションの『ピーター・パン』(1953)の流れを組む部分が織り交ぜられていると見受けられます。
少し話は逸れますが、海外ドラマの『ワンス・アポン・ア・タイム』に登場するピーター・パンはどちらかというと悪役です。ディズニーアニメーションのピーター・パンに馴染みのある方にとっては意外に思えるかもしれませんが、原作ではピーター・パンには恐ろしい一面もあるという説が存在します。子ども達が大人になることを頑なに阻止しようとする場面で、ピーター・パンの暗い一面が出てくるようです。本作でも明るいスター的な存在としてばかり描かれているわけではなく、人が大人になることに否定的で、友達が大人になり自分のもとを去って行くことを恐れる姿が強調されています。ただ、本作のピーター・パンはウェンディ達との交流によって大切なことを学んでいき、怖いストーリーになっているわけではないのでご安心ください。クライマックスでは、ウェンディが大人になることをどう捉えるか語っており、その言葉は前向きでとても素敵です。機知に富んだその言葉は哲学的ともいえて、大人の心にも響きます。
本作でウェンディ役を演じているのは、ミラ・ジョヴォヴィッチとポール・W・S・アンダーソン監督の実の娘、エヴァー・アンダーソン。両親の面影がすごくあって、ソックリだなと思いながら観つつ、堂々たる演技に感心します。途中アクションシーンもあり、ミラ・ジョヴォヴィッチの血筋を感じさせる身のこなしも見られますよ。身体の動かし方から体幹がしっかりしているのがわかります(笑)。そして、フック船長はジュード・ロウが演じていて、作品に重厚感が出ています。本作は、子どもも大人も楽しめる作品となっています。心の中に子どもの部分を持ち続ける大切さと共に、大人になることの意味を噛みしめることができますよ。

デート向き映画判定

観る方の年齢を問わないストーリーなので、デートでも気楽に観られます。大人が観ても楽しめるように作られていて、大人は大人で考えるところが出てくると思います。子ども心を忘れがちな方、子ども過ぎて大人になりきれない方と交際中の方は、やんわり気付いてもらう期待を込めて一緒に観てはどうでしょうか(笑い)。

キッズ&ティーン向き映画判定

友情の物語という点では、友達と観るのも良いですし、母と子の物語でもある点では、親子で観るのもオススメです。ディズニーアニメーションや他の映像化作品で“ピーター・パン”の物語を知っている方は、「ピーター・パンってそもそもどんな話なんだっけ?」と知りたくなると思います。これを機に図書館で小説を探して読んでみるのもおもしろいかもしれません。

映画『ピーター・パン&ウェンディ』ジュード・ロウ/アレクサンダー・モロニー/エヴァー・アンダーソン

『ピーター・パン&ウェンディ』
2023年4月28日よりディズニープラスにて配信開始
公式サイト

© 2023 Disney Enterprises, Inc.


関連作:アニメーション版

『ピーター・パン』

ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
Amazon Prime Videoで観る

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン ナイトスイム【レビュー】

難病の発症を機に引退した元メジャーリーガーのレイ(ワイアット・ラッセル)は、心機一転、新しい家を探し…

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』福原遥 福原遥【プロフィールと出演作一覧】

1998年8月28日生まれ。埼玉県出身。 主な映画出演作に…

中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード 中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン
  2. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  3. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  4. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ
  5. 映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP