REVIEW

パージ:エクスペリメント

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『パージ:エクスペリメント』イラン・ノエル/レックス・スコット・デイヴィス

ヒットメーカー、マイケル・ベイとジェイソン・ブラムが製作を務める“パージ”シリーズは、これまで『パージ』『パージ:アナーキー』『パージ:大統領令』と3作が公開され、シリーズ累計興行収入500億円突破の超ヒットシリーズとなりました。今作は、12時間だけ殺人が合法になるパージ法の始まりと秘密を描くストーリーとなっています。時系列としては今作が1番最初になるので、今作から観ても問題ありません。本作では、パージ法を施行すると人々はどんな反応をするのかを観察する目的で、ニューヨーク州のスタテン島で最初の実験が行われます。黒人の貧困層が多く住む地域を舞台に実験が行われるという設定は、現代のアメリカ社会の根深い問題を象徴していて、過激な殺人シーンも観ていてゾッとするのですが、本当に怖いのはこの法律の裏にある本当の目的だと知ることになります。こういった社会的メッセージを含んでいるところが、ただのホラー映画に留まることなく、シリーズがヒットしてきた理由とも言えそうです。ユニークというと語弊があるかも知れませんが、こういった設定は映画でしか描けないし、後半は急に『ダイ・ハード』みたいな展開になって、アクションシーンも見応えあり。「なぜ急にタンクトップになった?」「あれ?君、そういうキャラ?」とツッコミを入れながら観て楽しみつつ、こんな世界にならないように祈る気持ちで観てください。

デート向き映画判定
映画『パージ:エクスペリメント』イラン・ノエル/レックス・スコット・デイヴィス

殺傷シーンほか過激なシーンは当然多いので、こういった映画にある程度耐性がないと、観た後にグッタリして、デートが盛り下がるかも知れません。今までいろいろな映画を一緒に観たことがあり、お互いの好みや許容範囲がわかっている場合は良いですが、初デートや付き合いたてのカップルはわざわざデートで観ることはないと思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『パージ:エクスペリメント』ジョイヴァン・ウェイド/クリステン・ソリス

R-15なので、15歳未満の人は観られません。本作の過激で狂気的なところだけに目を向けるのではなく、パージ法という極端な設定を通して、人間の存在価値や生き方について問う内容になっていること、根底にあるテーマについて考えながら観てもらえると嬉しいです。

映画『パージ:エクスペリメント』

『パージ:エクスペリメント』
2019年6月14日より全国公開
R-15+
シンカ、パルコ
公式サイト

© 2018 UNIVERSAL STUDIOS © Universal Pictures

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

映画『引っ越し大名!』星野源/高橋一生/高畑充希 引っ越し大名!

昔、引っ越し大名っていう役職は本当にあったようですね。今で考えると大企業がごそっと皆で家族も連れて拠点を変えるようなものなので…

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

物語の舞台は1969年、主人公は1950年代、60年代初頭にヒットした『バウンティ・ロー』で主役を演じたリック・ダルトンと、彼のスタントマンであるクリフ・ブース。他にロマン・ポランスキー監督や、その妻シャロン・テートなど実在の人物と、フィクションの人物も登場します。1969年8月9日に起こった、チャールズ・マンソンを信奉するカルト集団によるシャロン・テート殺人事件…

映画『ライオン・キング』ジャパンプレミア、江口洋介 江口洋介(えぐち ようすけ)

1968年1月1日東京都生まれ。1987年に『湘南爆走族』でデビュー。さまざまなドラマや映画で活躍している。近年の映画出演作には…

映画『ドッグマン』マルチェロ・フォンテ ドッグマン

本作は1980年代の終わりにイタリアで実際にあった事件からインスピレーションを受けて作られたそうで、犬のトリマーやドッグショーをやっていたマルチェロは実在の人物…

映画『アルキメデスの大戦』田中泯 田中泯(たなか みん)

1945年3月10日生まれ、東京都出身。舞踊家。クラシック・バレエとモダンダンスを学び、独自の踊りのスタイル“ハイパーダンス”を展開し、海外で高く評価され…

映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾 葬式の名人

実は舞台になっている大阪府茨木市は、私の地元なので馴染みのある場所がたくさん映るだけでも…

おすすめ記事

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

映画『フォルトゥナの瞳』神木隆之介 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 演技力部門編>

20代国内俳優第3弾の今回は、演技力部門TOP20を発表!映画ファンとしてこの結果はかなり気になります。

映画『タロウのバカ』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 個性・ユーモア部門編>

20代俳優第2弾の今回は、個性部門TOP20&ユーモア部門TOP10を発表!前回発表したルックス&セクシー部門から順位がどう入れ替わっているのかも注目です。

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

映画『キングダム』吉沢亮 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 ルックス・セクシー部門編>

トーキョー女子映画部の名物コーナー「イイ男セレクション」にちなんだ企画をスタート!まずは編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている国内20代(1990年以降の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい30名を選抜。各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。第1弾の今回は、ルックス部門TOP20&セクシー部門20代俳優TOP10を発表!

REVIEW

  1. 映画『引っ越し大名!』星野源/高橋一生/高畑充希
  2. 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット
  3. 映画『ドッグマン』マルチェロ・フォンテ
    ドッグマン

  4. 映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾
    葬式の名人

  5. 海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ
  6. 映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』太賀/吉田羊
  7. 映画『天気の子』
    天気の子

  8. 映画『二ノ国』
    二ノ国

  9. 映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』田中圭/林遣都/沢村一樹/志尊淳/吉田鋼太郎
  10. 海外ドラマ『レジデント 型破りな天才研修医 シーズン2』マット・ズークリー

部活・イベント

  1. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  2. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  3. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP