REVIEW

カオス・ウォーキング

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『カオス・ウォーキング』トム・ホランド/デイジー・リドリー

ガーディアン賞やカーネギー賞などの名だたる文学賞を受賞したパトリック・ネスのSF小説を映画化した本作は、まず設定が興味深いです。物語の舞台となる“ニュー・ワールド”では、男は頭の中で考えたことや気持ちを言葉で発しなくても“ノイズ”として他者に見られたり聞かれてしまいます。そして、女は死に絶えたとされています。なので、この星で生まれた主人公のトッド(トム・ホランド)は女性を一度も見たことがありません。そんななか、ある日トッドは1人の不審者を目撃し、その人物の騒動に巻き込まれたことによって、彼が知らなかった真実に辿り着きます。
男は思考がすべてさらけ出されてしまうという設定によって、思考を相手に読まれないようにするテクニック、“ノイズ”を上手に利用するテクニックがこの世界では必要であり、それが支配される側、支配する側を決めています。そこへ外部からやってきた人間が加わることによって、“ニュー・ワールド”はどう変わっていくのかというのが本作の見どころです。
“ニュー・ワールド”は私達が暮らしている世界とは異なりますが、人間ってどこでどうなっても根本は良くも悪くも変わらないのだなと実感させられます。そんな人間の二面性があるからこそ、人類は滅びる可能性もあれば生き延びる可能性もあり、それは一人ひとりの選択にかかっていて、一人ひとりが自分で考え行動しなければ特定の人間によって都合の良い世界になるのだとわかります。たまたま本作を観た時期が衆議院選挙の時期と重なっていたので、選挙と政治もこういうことだなと感じるところもありました。もちろんそんな堅い観方をせずとも純粋にエンタメ作品として楽しめますので、いろいろな観方をしてみてください。キャストもトム・ホランド、デイジー・リドリー、マッツ・ミケルセン、シンシア・エリヴォ、デヴィッド・オイェロウォなどが出演していて豪華なので、映画好きにオススメの作品です。

デート向き映画判定
映画『カオス・ウォーキング』トム・ホランド/デイジー・リドリー

なぜこの世が男性社会になっているのかというところにも繋がるようなストーリーで、デートのムードが盛り上がるようなタイプの作品ではありません。ただ、自分達の世界を違う設定に落とし込んだ状態で客観視できるので、一緒に観て語り合うのも良いと思います。いろいろな観方ができるので、お互いの解釈を述べ合うことで普段世の中をどう見ているかといった思想的な面も知ることができるのではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『カオス・ウォーキング』マッツ・ミケルセン

シンプルなストーリーなので、小学生高学年以上なら十分理解できる内容だと思います。自分自身の思考をコントロールしたり、“ノイズ”を逆に利用して相手を欺いたりといった駆け引きも観ていておもしろいので、皆さんも好きな世界観ではないでしょうか。隠された真実について推理しながら観るのも楽しいですよ。

映画『カオス・ウォーキング』トム・ホランド/デイジー・リドリー

『カオス・ウォーキング』
2021年11月12日より全国公開
キノフィルムズ
公式サイト

© 2021 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』福原遥 福原遥【プロフィールと出演作一覧】

1998年8月28日生まれ。埼玉県出身。 主な映画出演作に…

中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード 中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース マッドマックス:フュリオサ【レビュー】

直感的におもしろいと感じられるので、わざわざ言語化、文章化せずに…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  2. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  3. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ
  4. 映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース
  5. 海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP