心理学

心理学から観る映画35:自動思考がもたらす害

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『カオス・ウォーキング』トム・ホランド

自分や他者の思考がむき出しになっている世界を描いた『カオス・ウォーキング』。この映画を観ていると、人間にとって“何も考えないようにすること”はとても難しいことがわかります。そこで今回は“自動思考”による影響についてご紹介します。

普段私達は何かを見たり聞いたりした時に「綺麗だな」「楽しそうだな」「あの人は嫌いだ」「何だか不愉快だ」などというように感情や評価が自然に湧いてきます。でも、その一つひとつに毎回意識を向けているわけではありません。それが映画『カオス・ウォーキング』では、いちいち自分の思考が表面に見える形で表れてしまうために、本人もそれを意識することになります。そうなると「そんなことを考えるなんておかしな人だと思われる!」「あの人に本心を知られたら恥ずかしい」「秘密がバレてしまう」という不安が湧いてきます。それってすごく疲れるし、しんどいですよね。だからまさに『カオス・ウォーキング』で描かれる状況は、“カオス(混沌)”なのだと言えます。

映画『カオス・ウォーキング』トム・ホランド/デイジー・リドリー

私達の実世界で考えてみた場合、他者に心の中を本当の意味で覗かれることはないにしても、自分をごまかすことはできません。だから、「嫌われたらどうしよう」「失敗したらもう立ち直れない」「こんな発言をしたらバカにされてしまうかも」というように、ネガティブな思考に毎度意識が向いてしまうとどんどん辛くなっていきます。また、例えば友達に挨拶をした時にその友達が挨拶を返さなかった場合に、ある人は「気付かなかっただけだろうな」とやり過ごすのに対して、ネガティブな思考がクセになっている人は「無視された、嫌われてるんだ」と捉えてしまうというように、出来事一つひとつの受け止め方がネガティブになってしまいます。そして、そういった経験が積み重なってくると、不安症やうつ病になる可能性が出てきます。

映画『カオス・ウォーキング』マッツ・ミケルセン

ベックの認知理論では、うつ病患者の情報処理について、出来事を事実よりも否定的なものとして処理したり、情報の一部のみを処理したりするなどの偏りが生じているとされ、それを「体系的な推論の誤り」と呼びました。この処理によってネガティブに歪められた情報が自動思考となって体験されることになります。また、体系的な推論の誤りが生じるメカニズムには“スキーマ”が深く関わるとされています。スキーマとは、「…すべきだ」「いつも…である」というような信念や前提であり、幼少期から学習され維持されてきた安定的な認知構造のことです。このスキーマと出来事が合致することでスキーマが活性化され、体系的な推論の誤りが生じることになります(丹野ほか,2015)。

【推論の誤り】の例
全か無か思考
未来の否定的予測
肯定的な面の否定や軽視と、否定的な面の不合理な重視
レッテル貼り
全体を見ずに否定的で些細なことに極端に注目する
他人の態度を何でも自分のせいだと思い込む
…etc.

自動思考は無意識に出てくるものなのでそれを制御するのは難しいですが、認知理論の考え方からすると出来事の受け止め方や捉え方次第だとも言えます。いつもネガティブな思考に辛い思いをされている方は、幼少期から根付いてしまっているものを変えるのは簡単ではありませんが、一旦自分の思考のクセを俯瞰して、推論の誤りかもしれないと客観視するところから変えてみても良いのではないでしょうか。

<参考・引用文献>
丹野義彦・石垣琢磨・毛利伊吹・佐々木淳・杉山明子(2015)「臨床心理学」有斐閣

映画『カオス・ウォーキング』トム・ホランド/デイジー・リドリー

『カオス・ウォーキング』
2021年11月12日より全国公開

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

思考がむき出しになっているこの世界では、自分の思考をコントロールすることに長けている人物が権力を保持しています。彼は人間的なお手本とはいえませんが、自分の思考に振り回されている間は何事にも不利になるということが客観視できます。

© 2021 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.

『サトラレ』
DVDレンタル・発売中

思考を周囲の人に知られてしまう主人公の物語。主人公は他人に自分の思念を知られていることに気付いていないというところがミソ。

サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS [DVD]

TEXT by Myson(認定心理士)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム マダム・ウェブ【レビュー】

マーベル作品で蜘蛛といえば“スパイダーマン”ということで、何か関連が…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 18組36名様ご招待

映画『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 18組36名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット 『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李 52ヘルツのクジラたち【レビュー】

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を映画化した本作は、声に出して助けを求められない孤独な人々が出会い…

映画『夜明けのすべて』上白石萌音 上白石萌音【プロフィールと出演作一覧】

1998年1月27日生まれ。鹿児島県出身。2011年、第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞。同年…

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム
  2. 映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李
  3. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  4. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  5. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP